脱名前コンプレックス!改名する方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加

許可されるポイント記事一覧

改名は申立書(正式には名の変更許可申立書)の書き方によって、申し立てが受理されなかったり、受理されてもその後の審査で不利になってしまいます。申立書の作成は簡単ですが、改名の必要性を判断してもらうための重要な書類です。改名審査を有利に進めてスムーズに許可を得るために、赤ちゃんから大人まで使える、申立書の改名理由の書き方のコツを紹介します。まずは、申し立て自体が却下されないことが最初の関門。申立書の書...

改名と聞くと、ほとんど人は身構えてしまうのではないでしょうか。中には「改名なんてできないでしょ!?」と思っている人もいるでしょう。改名の情報なんて簡単に手に入るものではなく、改名したことを積極的に人に言うこともないので、そう思うのは当たり前だと思います。ですが、法律で定められている許可条件さえクリアすれば、改名はどんな人でもできます!一体どんな理由なら認められるのか、改名の許可条件や認められやすい...

改名は、通称名(新たな名前)で生活をして、通称名の使用実績を作ることが非常に重要です。既に通称名の使用実績を作り始めている人もいると思いますが、「使用実績がなかなか集まらない・・」とお悩みの方がけっこう多いんですよね。「通称名が使える範囲がわからない・・」「どうやって通称名を使えばいいの?・・」と疑問に感じている人もいるでしょう。ここでは、通称名の使用範囲や通称名を使う上での注意点について書いてい...

問い合わせで増えているのが「とにかく早く改名したい!」「改名期間を短縮できないのか?」というご相談。精神的ダメージが深いと体調を崩すこともあり、日常的に使う名前の苦痛は耐えがたいものです。僕も名前で苦労したので、早く改名したいお気持ちはよくわかります。そこで、改名期間を短くして一刻も早く改名したいあなたに向けて、重要なポイントをまとめました。

改名で最もポピュラーなのが「永年使用」を理由にしたものです。永年使用は許可を得やすい面があり、既に永年使用で改名する準備をしている人もいるでしょう。しかし、必ずしも永年使用で改名できるわけではなく、厄介なデメリットもあります。一体、永年使用とはどんな方法なのか、永年使用の特徴や申し立て方法について解説します。

改名で重要になるのが証拠書類=主に通称名の使用実績です。当サイトで「改名は長期的な通称名の使用実績作りが重要」と何度もお伝えしていますが、実は必須ではありません。場合によっては、証拠集めが無意味になることさえあります。「使用実績(証拠)がなにもない!」という方もいると思いますが、改名の特例に当てはまる場合を除き、証拠は絶対にあった方が良いです。では、どんな改名理由なら長期的な通称名の使用実績が必要...

改名に通称名の使用実績が大切なのはよく知られていると思いますが、使用期間に関する情報はバラバラです。許可されるためには、数か月から数年といわれることもあれば、10年は必要といわれることもあります。実際のところ、改名の申し立てで通称名の使用期間はどのくらい必要なのでしょう。ここでは、改名するために必要な通称名の使用期間の目安について解説します。

通常、改名の申し立てが受理されると、ほとんどの人が家庭裁判所で面談(面接)があります。面談は審議官(裁判官や書記官)による改名を許可するか否かの事前審査です。面談ではどのようなことを聞かれるのか、僕の経験談や注意点などをまとめました。

姓名判断は人気の占いの一つで、苗字と名前のバランスで運勢が決まるとされています。姓名判断を強く信じていたり、運気がどうしても気になるなど、名前の画数が原因で悩んでしまうこともありますよね。実は、あなたのように、今も昔も名前の画数が悪くて改名を希望する人は多く、運勢を変えたいという考えは根強いのです。しかし、残念ながら「姓名判断で良くなかった」「名前の画数が悪いから」といった理由では改名の許可はおり...

近年、精神的苦痛による改名が増えていると言われています。どんな改名も通称名の使用実績だけでなく、その理由に沿った説明と証拠作りが大切です。ここでは、精神的苦痛を理由とした改名方法のコツとして、「精神的苦痛を証明する方法」を紹介します。名前を変えたいと切実に考えている人は、精神的苦痛を伴うことが多いと思うので、主な改名理由が精神的苦痛ではない人も参考にしてくださいね。

子供の改名は社会人(成人)と比べて、改名できるまでの期間が短く済むことが多いです。ですが、社会人も子供の改名と同じように"あるタイミング"を狙えば、短期間で改名できる可能性があります。