「戸籍改名の相談所」手続き方法を成功者が徹底解説

名前コンプレックス

 

「戸籍改名の相談所-手続き方法を徹底解説-」へ訪問していただきありがとうございます。

 

当サイトは自分で戸籍改名を成功させた「とし」が運営しています。

 

名前コンプレックスや戸籍改名でお悩みのあなたに向けて、「戸籍改名を成功させる方法」を提供する情報支援サイトです。

 

改名の手続き方法・子供から大人までの戸籍改名に関する「基礎知識」・成功者だからわかる「家庭裁判所へ申し立てるコツ」・改名許可後に必要になる手続き方法など、あらゆる情報を提供しています。

 

私が改名した当初はネットで調べても改名の情報はほとんど得られず、それは今も変わっていないことに気付きました。

 

サイト運営を始めてからありがたいことに改名のご相談をいただくようになりましたが、今も昔も戸籍改名の情報があまりにも少なすぎると実感しています。

 

 

  • 誰に相談したらいいのかわからない
  • 相談したくてもできない
  • 改名の手続き方法が知りたい
  • 却下されてしまってどうしたらいいのか悩んでいる

 

 

いろんなお悩みがあるかと思いますが、当サイトをぜひお役立てください。

名前のコンプレックスは改名でしか解決できない

 

私は名前がコンプレックスだったのですが、同じように名前でお悩みの方はたくさんいるでしょう。

 

誰にも名前の悩みを相談できず、一人で悩まれている方もいると思います。

 

 

  • 名前が古くさい・・
  • 人とよくかぶる・・
  • もっと普通の名前がよかった・・
  • 恥ずかしい・・
  • 自分の名前が嫌い・・
  • 名前にトラウマがある・・

 

 

さまざまな理由で名前にコンプレックスを抱える人は少なくありません。

 

名前の悩みを友達や家族に相談された方もいると思いますが、名前の苦しみはなかなか理解されないんですよね・・

 

中には子供の名づけに後悔して「戸籍の名前を変えてあげたい」とお悩みの方もいると思います。

 

あなたもそうではありませんか?

 

戸籍の名前を改名したい理由は人それぞれあり、事情も異なります。

 

名前のコンプレックスはダイエットのように自分の努力だけではどうにもなりません。

 

戸籍改名は理想の名前にできる唯一の解決方法です。

 

だから私は戸籍の名前をすべて変更しました。

 

苦労はありましたが、自分一人で家庭裁判所へ申し立てて改名手続きを行い、自力で戸籍の名前を改名することに成功しました!

 

改名の手続きは家庭裁判所で行いますが、しっかり知識があれば自分で改名することが可能です。

 

戸籍改名する方法と手続きの流れ

 

実際にどのようにして戸籍の名前を変更するのか、その手続き方法はいくつかあります。

 

家庭裁判所や役所で戸籍の名前変更の手続きしないといけないので、けっこう大事に感じますが、それぞれの手続き自体は簡単です。

 

たとえば、申し立てなんて家庭裁判所へ必要書類を提出するだけですし、その後の手続きも未成年の子供でもできるくらいわかりやすいですから。

 

そして、忘れてはならないのが、戸籍の名前を変更するためには許可条件をクリアすること。

 

どのようにして戸籍改名するのか、家庭裁判所や役所での手続き方法と流れ、許可条件、成功させる方法は以下の通りです。

 

戸籍改名の手続き場所は家庭裁判所

 

戸籍改名といっても、名前の読み方なのか、漢字なのか、両方なのか、名前の何を変更するのかで手続き方法が変わります。

 

読み方だけの場合は家庭裁判所ではなく、役所で名前の読み方の変更手続きを行います。

 

戸籍名の漢字を変えたり、ひらがなの名前にするなど、名前の読み方以外の改名は家庭裁判所へまずは名前の変更に関する申し立て手続きを開始します。

 

家庭裁判所から戸籍の名前変更の許可が出たら役所で戸籍名の変更手続きを行うという流れです。

 

名前を変える改名は、家庭裁判所が権限をもっているため、家庭裁判所での手続きが絶対です。

 

まずは、必要書類をもって家庭裁判所へ申し立てて戸籍改名の手続きを行いましょう。

 

 

そして、家庭裁判所へ申し立てたらすぐに結果がでるわけではありません。

 

申し立てが受理されたら、その後の家庭裁判所での手続き方法は4パターンあります。

 

  1. 書面照会
  2. 面談
  3. 書面照会+面談
  4. 審判(結果)

 

自分がどの手続き内容になるのかはわかりません。

 

家庭裁判所の判断で申し立て後の手続き方法が分かれます。

 

ちなみに私は2の手続き方法でした。

 

家庭裁判所での手続きは書面照会がなく、家庭裁判所で面談が行われたのみです。

 

これは私のパターンですので、あなたがどの手続き方法になるのかは家庭裁判所次第です。

 

 

戸籍改名を成功させる許可条件

 

ここまで戸籍改名に必要な手続き方法を解説しましたが、成功させる方法として最も重要なのはどんな改名理由なら許可されるのかということを把握すること。

 

どんな理由でも家庭裁判所が許可するわけではなく、法律で定められている許可条件があります。

 

許可するのかどうかの判断は各家庭裁判所の裁量が大きく影響しますが、どのような許可条件があるのかを知ることが成功への第一歩です。

 

厄介な部分はあれど、改名の許可条件はそこまで複雑ではないので、基本的にほとんどの方は条件に当てはまるでしょう。

 

条件さえ満たせば、家庭裁判所は戸籍改名の許可を出します。

 

 

また、どのような理由で家庭裁判所へ申し立てれば認められるのか、どんな理由で戸籍改名する人がいるのか、ということも頭に入れておきましょう。

 

過去の判例のように、実際に家庭裁判所が認めた例をみると参考になりますよ。

 

 

正しい知識があれば、難しいと言われる戸籍改名を成功させることができます。

 

条件さえそろえば、あなたが想像するよりもはるかに簡単に家庭裁判所は許可を出してくれるのです。

 

改名申請が却下された後の手続き方法

 

家庭裁判所での戸籍改名の手続きがスムーズに進めばいいですが、正直、家庭裁判所の判断は厳しいので、誰もが戸籍改名の申請が一度目で成功するとは限りません。

 

ですが、たとえ戸籍改名の申請が却下されてしまっても、再度、改めて家庭裁判所で手続きを行うだけです。

 

却下後の手続き方法は最初と同じで、家庭裁判所へ申し立てて手続きを進めます。

 

幸いなことに、家庭裁判所は戸籍改名の申請を何度でも受け付けているので、準備ができたら改めて手続きを行いましょう。

 

何度も申し立ての手続きを行う方は珍しくないので、そこはご心配なく!

 

また、審判に不服があれば「即時抗告」という方法もあるので、検討しましょう。

 

 

家庭裁判所から許可が出た後の手続き方法

 

晴れて家庭裁判所で改名許可が出たら、その後は現住所を管轄する市区町村の役所で、戸籍の名前の変更手続きを行います。

 

家庭裁判所は許可を出すだけなので、その後の戸籍の名前変更手続きは自分で行う必要があります。

 

役所で戸籍の名前変更の手続きを行った時点で、ようやく正式に戸籍名の改名が完了します。

 

戸籍謄本や戸籍抄本への新しい名前の反映は日数がかかることがありますが、住民票の名前はすぐに反映するのでが新しい名前になっているか確認しておきましょう。

 

市区町村の役所で正式に戸籍名を変更したら、戸籍改名に伴うあらゆる名義変更の手続きをしましょう。

 

免許証・保険証・年金手帳・銀行口座・印鑑(実印登録)など、あなたの名前が登録されているものは全て名前の変更手続きが必要です。

 

ほとんどが名前変更の手続きに期限はないようですが、トラブルがあってからでは遅いので、戸籍名を改名したら早急に変更手続きを行ってくださいね。

 

 

戸籍改名の手続きが終わるまでの期間

 

戸籍改名の手続きは、家庭裁判所と役所で行います。

 

家庭裁判所での手続きはいくつかあり、事務手続きだけでも一定の期間が必要です。

 

たとえば、申し立てた後で家庭裁判所とのやり取り(書面照会や面談などの手続き)が必要になることが多く、さらに、家庭裁判所の審判(結果)がわかるまで時間がかかることもあります。

 

どんな理由で申し立てたのかが重要で、認められにくい理由だと家庭裁判所の判断も難しくなり、手続きが長引く可能性があります。

 

また、家庭裁判所の込み具合にもよるので、断定できませんが、最低でも申し立てから許可が出るまで数週間はみておきましょう。

 

改名期間を短縮する方法もあるので、早く改名を済ませることも可能です。

 

 

戸籍改名は弁護士に相談しなくても知識があれば成功できる

 

ここまで、戸籍改名の手続きについてご紹介しましたが、「改名ってなんだか難しそう・・」と感じた方もいると思います。

 

家庭裁判所で手続きが必要と知ってかなり不安に感じた方もいるのではないでしょうか。

 

もし、戸籍改名の手続きが心配な方は、法律家に依頼することもできます。

 

申し立てから戸籍名の変更まで、家庭裁判所や役所での手続きを全てを代行してもらうことはできませんが、かなり心強いと思います。

 

ただ、手続きの代行や改名の相談といえば弁護士や行政書士などの士業がありますが、相談にのれるほどの専門知識を持っている所が少ないのが現実。

 

相談したところで何も得られない、ネット情報で手に入るような基本知識しか教えてくれない、そんなことも普通にあります。

 

また、戸籍改名にかかる費用は自力とは比べ物にならないくらい高くなりますので覚悟をしてください。

 

 

日本での戸籍改名は難しくハードルが高いと思われがちですが、毎年、多くの方が改名を成功しています。

 

戸籍改名は難易度が高いと思われていますが、条件を満たせばほとんどの改名理由は許可されるものです。

 

弁護士などに相談するもの悪くないですが、自分で改名できるならそれに越したことはありません。

 

正しい知識さえあれば、素人でも戸籍改手続きが可能で、自分で成功させることができるのです。

 

自力で戸籍改名を成功させるポイントは、どのように申し立てるのかです。

 

具体的には申立書の改名理由の書き方と有力な証拠を用意すること。

 

この2つがあれば有利に改名手続きが進み、あなた一人でも苦労せず戸籍改名を成功させることができます。

 

 

改名後の効果や影響はメリットだけではない

 

戸籍改名は名前の苦痛から解放される大きなメリットがあり、改名後の人生は明るいものです。

 

  • 名前のコンプレックスがなくなった!
  • 改名後に運気が上がった!
  • 精神的苦痛がなくなった!

 

このように、名前の悩みは戸籍改名で全て解消されます。

 

私も「戸籍改名して心底よかった!」と感じており、名前の画数でお悩みの方にとっても戸籍改名の効果は抜群です。

 

自分が気に入った名前や悪い画数から良い画数の名前に変更できるのですから。

 

 

ですが、戸籍改名にはデメリットは言い過ぎかもしれませんが、知っておいてほしい影響やリスクもあります。

 

基本的に戸籍改名の手続きをしたからといって、日常生活で困ることや不利になることはなく、私自身、そのような経験は一度もないです。

 

ただ、戸籍の名前を変えるのですから、何も影響がないわけではありません。

 

 

本当にあなたに戸籍改名の手続きが必要なのか、あらゆることを考慮して戸籍の名前変更を検討してくださいね。

 

もし、名前で悩んでいたり、改名で気になることがあれば、気軽にご相談ください。

 

返信率は100%!
基本的にどのようなご相談にも迅速かつ丁寧に対応させていただきます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る