姓名判断

姓名判断で重要な3つの画(格)!優先順位を解説

姓名判断の五格

姓名判断は多くの流派があり、鑑定士によって占い方が違うため結果も大きく異なります。

これでは名付けに迷ってしまいますよね。

凶運を自ら招くような名前を付けると、その後の人生にも不可抗力でトラブルが付き纏うことになるため避けるべきといえます。

姓名判断では、凶作用の暗示がある漢字や凶数の画数を避けることが大前提ですが、何を基準にどのように名付ければいいのか悩みどころですよね。

姓名判断は苗字と名前のバランスが画(格)の質(結果)を左右します。

さまざまな考え方がありますが、姓名判断の基本的な部分は共通しています。

姓名判断は5つの画(五格)に分けられ、その中で影響が大きいとされる優先すべき画数があります。

この基本を押さえておくだけで、姓名判断で凶作用を回避し、良い画数や運勢となる名づけができるでしょう。

ここでは、基本・基礎となる部分や、名付けで重要な名前の画数の意味を徹底解説しています。

基本を知っているだけで、流派に左右されることがなくなり、良い名付けができるようになりますよ!

姓名判断で優先する画(格)とは?

姓名判断にある5つの格の意味は後述していますが、この5つは全て同じ影響があるわけではなく、パーセンテージが異なります。

影響の度合いの目安は、人格>総格>地格>外格>天格となっています。

左から3つまでの格が最も影響が強く、一応優先順位をつけていますが、3つとも同等の優先順位です。

影響の度合いは3つでおおよそ80%~90%を占めます。

これが姓名判断の基本となる部分です。

姓名判断の画(格)の意味

姓名判断で重要な格を知るうえで、まずはそれぞれの格を知りましょう!

既にご存じの方も多いかと思いますが、姓名判断とは、名前の画数がそれぞれもつ「五格」をもとに鑑定される手法です。

五格には、天格、地格、人格、外格、総格があり、それぞれ影響する運勢の種類が異なります。

いずれも最高の運気と呼ばれる「大吉」まで運勢を引き上げられるように、画数を吉数にして名前を考えるのが一般的ですね。

天格

天格とは姓(苗字)の合計画数のこと。
祖格とも言われ、先祖から受け継いだ先天運・先祖運を表します。

霊数を加えたりはせず、晩年に近づけば近づくほど影響力がある画数です。

姓は先祖代打受け継がれ、あらかじめ決まっている画数なので、これだけで個人的な吉凶を占うことはありません。

人格

苗字の最後の1文字と名前の最初の1文字を足した画数。

主格・主力運と言われ、姓名の中心である主運を表します。

その人の意思決定力、本質的な性格など、あらゆる運勢のバックボーンを表します。

外格

総格から人格を引いた画数。
(苗字と名前を繋ぐ部分以外の漢字を使う)

副運とも言われ、対人関係・周囲の環境(家庭や職場)などを左右し、流派によって霊数を加えたり加えなかったりします。

地格

地格とは名前の合計画数。

人生の前半部分(出生~35歳)の基礎運がわかります。

幼少期の成長過程(人格形成)に強く影響し、親子関係や家庭環境などが判断できます。

他にも、人格が人の内面を表すのに対し、地格は「他人に対する自分の印象」を表します。吉数であれば、対人運が良く、他人から好意的に見られ印象も良くなります。

総格

姓と名を全て足した総画数。

総画は総運として全体的な運勢に影響します。

努力することで花開く芸当、金銭との関わり・転機・健康・家庭運など。

総運が吉数だと人生を重ねるにつれて運勢が良くなります。

姓名判断の画(格)の優先順位

姓名判断はどの格(画数)も重要ですが、中でも最重要とされる格の優先順位は、人格・総格・地格です。

人(鑑定士)によって、総画が最重要と言われることもあるので、姓名判断にこだわるなら、人格もしくは総画が吉であることが必須と言えますね。

優先順位は姓名判断の流派によるので、総画が1番だったりもしますが、3つの格(画)が重要というのは変わりません。

姓名判断で名付ける基準
姓名判断で最高の名付けをする基準は3つ!時代に左右されない方法名付けで一番大事なのは子供のことを一番に考えて名付けた名前や大切にできる名前にすることですが、姓名判断の観点から運が良い名付けたい方もい...

1.主運を表す人格

姓名判断で最も重要な画数は人格(主運)です。

人格は姓と名の双方の画数を用いることから、 姓名の中心・五格の中心を成し、一生の運勢を左右するからです。

姓名判断は5格のバランスが大切ですが、主運は運勢の中心的役割を担うため、人格が最も重要な画数とされています。

2.人生の総合運を表す総格

総画は、性格・才能・健康など、すべてを総合した全体運として、生涯を通じて影響するため重要な格です。

鑑定士によって総格が一番重要と言われることもあるので、人格と優先順位は同じです。

晩年に向かって影響する運気ですが、人生全体に影響するため、他の格に凶数があっても、総格が吉であればそれなりにバランスが取れるとの考えもあります。

たとえば、天格や人格が悪くても総画が良ければOKといった具合。

姓名判断でよくある、総画だけを気にして吉数にした名付け方は、あながち間違ってはないようですね。

3.成長過程に強く影響する地格

人格と総格以外に地格も重視される傾向です。

出生から35歳までの運勢ですが、地格も生涯に影響します。

人格も総格も苗字を含んで画数を計算しますが、地格は名前の画数なので、もし、あなたの苗字が変わる可能性があるなら、地格だけでも吉数にしておくと良いようです。

よく言われるのは、女性ですが、男性でも苗字が変わる可能性があるなら地格を吉数にしておきましょう。

姓名判断で優先したい運勢や画を選ぼう

姓名判断はバランスが大切ですが、単純に全ての画数を吉にすればいいというわけではありません。

いくらバランスよく吉数の名前にしても、鑑定士(流派)の間で結果が大きく変わります。

運勢を引き上げる名前の付け方とは、それぞれの格ごとの運勢を確認し、人格、総格など一生涯を送る上で関係性の深い部分を凶数にしないのがポイントです。

そして、あなたが何を重視するのか。

一生の運勢を左右する主運を考慮するなら人格を吉数にする、全てをカバーする総合運を考慮するなら総画を吉数にするなど、優先したい部分が何なのかを考えましょう。

画数だけにこだわるなら別ですが、名付け方法なども注意いたほうが良いでしょう。

凶作用のある名付け
「恐怖」絶対に名前に使ってはいけない!子供の名付けランキング姓名判断で 「絶対に子供の名前につけてはいけない!」 「凶作用の暗示がある」 とされている漢字があります。 でも、凶...

姓名判断いよる画(格)の優先順位のまとめ

姓名判断で重要な画(格)の優先順位は、鑑定士によって若干異なりますが、総画・人格・地格の3つが基本です。

姓名判断で名前をつけるなら、この3つは必ず押さえておきましょう。