最短の期間で改名できる!許可されるまで手続きは何日?

改名を最短期間で終える方法

改名が許可されるまでどれくらいの期間が必要なのでしょう。

 

長期的な期間が必要だと思っている方もいると思います。

 

改名が許可されるまでの期間は、裁判所の手続きの進行具合や、どのような理由で申し立てたのかによるので、改名できるまでの期間は各裁判所や人によってバラバラです。

 

手続きといっても、申し立ての手続き、申し立て後の手続き、裁判所から許可された後の手続きなどがあり、誰もが全ての手続きを終えるまで一定の期間を要します。

 

ですが、裁判所に早く改名の許可をしてもらい、改名できるまでの期間を最短にすることは不可能ではありません。

 

早く最短で改名が許可される方法があるなら、誰だってそうしたいですよね。

 

私も名前で苦労したので、最短の期間で改名したい、許可されるまでの期間を早くしたい、というお気持ちはよくわかります。

 

ここでは、改名の申し立てから許可されるまでの手続きの期間や、最短の期間で改名する方法について細かく解説しています。

最短の期間で改名が許可される方法

 

改名の手続きを始めてから、許可されるまでの期間を最短で進めるためには、改名の準備がカギです。

 

改名が許可されるまでの手続き
  1. 申し立ての準備
  2. 申し立て
  3. 書面照会・面談
  4. 審判(結果)
  5. 許可後の手続き

 

このように改名の手続きは手順がありいくつかに分けられるため、申し立てから数日という期間で許可されるということはまずありません。

 

各手続きの期間の詳細は後述していますが、改名の準備の期間を抜いて、最短でも申し立てから改名が許可されるまでの期間だけで数週間はかかります。

 

改名の手続きの中で期間を短縮できるのは申し立て後の手続きです。

 

家庭裁判所での改名の申立て手続きとその後の流れとは?全4パターンを解説」でお伝えしていますが、書面照会や面談は実施されないケースもあり、たとえ実施されても「どのように申し立てたのか」で比較的早い期間で許可されることがあるためです。

 

改名の手続きを開始して結果がわかるまでの期間は、改名を許可するのか判断が難しくなれば、それだけ裁判所から結果が出るまでの期間が長くなります。

 

逆に判断しやすい場合には、家庭裁判所の混み具合にもよりますが、最短で結果が出る可能性が高いです。

 

つまり、最短の期間で改名が許可されるためには家庭裁判所が短い期間で許可しやすい理由で申し立てる必要があると言えます。

 

最短の期間で改名する方法
  • 最短の期間で改名できる理由にする
  • 申立書の作成や証拠集めの効率化
  • 弁護士に改名の手続きを依頼する

 

1.最短の期間で改名が許可される理由

 

最短の期間で改名するためには、改名を申し立てる理由が一つ目のポイントです。

 

なぜなら、絶対に最短の期間で改名できない理由、最短の期間で許可されない理由があるからです。

 

最短で改名が許可されない理由とは「永年使用」という改名の理由です。

 

最短で改名できないというのは、申し立ててから許可が出るまでの期間という意味ではなく、改名を申し立てるための準備の期間という意味です。

 

あなたが改名について調べているならご存じかもしれませんが、永年使用は永年という長い期間で通称名を使用した際に家庭裁判所から許可が出る改名の理由だからです。

 

永年という期間の判断は各家庭裁判所により異なるのですが、最低でも期間は5年が必要で、許可が出るまで平均5年〜10年の期間が目安です。

 

改名の準備の期間だけで数年かかってしまい、許可の条件も「永年」という期間を満たすことなので、こういったことから、最短の期間で改名するなら「永年使用以外の理由」で申し立てるしかありません。

 

最短の期間で改名が許可される理由の例として、命の危機があるような緊急性の高い理由だと最短で改名できます。

 

改名は「正当な事由」があれば許可されるので、「誰がみても改名の必要性が高い」いう改名理由がある場合は最短の期間で早く許可されるでしょう。

 

 

2.申立書の作成や証拠作りの効率化

 

改名の手続きの中で、最短で改名するためのポイントとなるのが書面照会や面談です。

 

最初にお伝えしたように、書面照会や面談は必ず実施されるものではないからです。

 

しっかり改名が許可される条件を満たした準備ができていれば、申し立て→許可(審判)と本来なら行われるはずの書面照会や面談をパスして最短のルートで改名がきょかされる可能性が高いです。

 

改名を許可しないという結果を出す場合で、面談などの審査に進むことなく申し立て→却下(審判)となることもあるので、ある意味、最短の期間で結果がわかることもあります。

 

最短の期間で改名するために改名の準備で最重要なことは、許可されるための申立書の作成と、改名する理由を裏付ける証拠集めです。

 

改名が許可される条件は「正当な事由」のみですが、改名する理由を裏付ける証拠資料があれば、許可の判断も安易になり、最短の期間で改名が許可される確率が高くなります。

 

証拠がなくても改名は許可される場合がありますが、許可されやすくするなら用意するのが賢明です。

 

また、証拠資料は仮に改名が却下されて再申し立てとなった場合、今よりも強力な証拠集めが必要になるので結構厄介です。

 

なので、初回の申し立てで裁判所から最短の期間で確実に許可をもらうためには、いかに効率的に有効な証拠集めをして、効果的な申立書を作成するのかがカギ。

 

早く改名したくても「証拠がまったくない・・!」「時間がかかる」という方がとても多いのですが、あなたの改名する理由で証拠が強く要求される場合はその準備を早く終わらせましょう。

 

そして、何よりも改名が許可されるためには、証拠の有無よりもどのような理由で申し立てるのかが最も重要です。

 

改名が許可されるか以前に改名の申し立てなどの手続きで、必要な書類に不備があればそれだけ改名の手続きが長引き、事務手続きだけで期間がどんどん延びてしまいます。

 

最短で改名するためには、書類忘れなどが意外と多いので、申立書の書き方や証拠資料のチェックなど怠らないように注意するのも大切です。

 

 

3.手続きを弁護士に依頼する

 

場合によって、弁護士や司法書士などに依頼することで、最短で改名が許可されて手続きがスムーズになることもあります。

 

基本的に改名の手続きを弁護士に依頼したところで、いくら法律の専門家といえども必ず許可が出るものではないです。

 

さらに、弁護士が改名の手続きを行うからといって裁判所が優先的に手続きを進めたり、改名の許可が出るまでの期間を短縮したり、最短で許可が出るということもありません。。

 

ですが、改名に詳しい弁護士や司法書士などの専門家がいれば、手続きがスムーズですし、最短の期間で改名することも不可能ではないでしょう。

 

とにかく改名できるまでの期間を短くしたい、最短に拘りたい、という方は知識のある弁護士を探してみる価値はあるでしょう。

 

改名が許可されるまでの手続きの期間

 

実際に改名の準備〜許可されるまで、それぞれの手続きはどのくらいの期間がかかるのでしょう。

 

人それぞれ期間が変動するのですが、最短の期間だと改名の準備から許可が出るまで数週間〜1ヵ月程度です。

 

何にどれだけの期間が必要なのか、通常の例として私の例も挙げながら改名が許可されるまでの期間について詳しく解説します。

 

改名の準備の期間

 

目安の期間
  • 最短の期間で数日〜1ヵ月
  • 最長の期間で5年〜10年

 

改名の準備とは、申立書の作成と改名理由を裏付ける証拠集めです。

 

申立書の作成は簡単ですが、申立書の内容が改名審査の第一関門なので、改名理由の書き方を工夫しなければなりません。

 

サクサク書ける方は仕上げるのが早いですが、かなり迷う方もいるでしょう。

 

そして、通称名などの証拠作りに時間がかかることもあります。

 

最短で数週間程度の方もいれば、数年間もの期間がかかる方もいます。

 

最初にお伝えした永年使用なら5年から10年分の使用実績が必要ですし、最短でも申立てまでの期間だけで数年の期間が必要です。

 

他の理由だと、証拠なしや、1ヶ月足らずの資料を提出して最短の期間で許可される方もいます。

 

改名理由や状況によって、準備期間が年単位で変動します。

 

(証拠は改名理由に合うものが重要なので、期間が関係ない場合もある)

 

申し立てから許可が出るまでの期間

 

目安の期間
  • 最短の期間で数週間
  • 最長の期間で1ヵ月以上

 

改名の申し立ては、家庭裁判所に申立書を提出するだけなので、その日のうちに完了します。

 

申立書が受理されてから、家庭裁判所から連絡が来るまで最短で数日〜遅くても数週間かかります。

 

申し立て後の手続き方法
  1. 書類照会
  2. 書類照会+面談
  3. 面談
  4. 審判(書類照会も面談もない)

 

申し立て後の家庭裁判所からの連絡は、書面照会がある場合は書類が郵送され、面談がある場合は電話連絡があり、申立書だけで審判が出される場合は結果が郵送されます。

 

改名が許可されるのか不許可なのか、どのパターンになっても審判が出るまで最短でも期間は数週間かかります。

 

申し立て後の家庭裁判所とのやり取りや手続きが終わるまでの期間は、裁判所の込み具合にもよると思います。

 

ちなみに改名は卒業、就職などの時期に合わせて改名する方が多いので、そう考えると3月前後の申し立ては混むかもしれませんね。

 

そういえば私も2月から3月あたりに申し立てていました。
(転職に合わせたら偶然そのタイミングになりました)

 

 

私の改名できるまでの期間
  1. 改名準備に1年前後
  2. 申し立てから面談連絡があるまで約3週間
  3. 面談連絡から約1〜2週間後に面談を実施
  4. 面談当日に許可の審判が出る

 

私のケースだと、改名の申し立ての手続きから許可が出るまでトータル約1ヵ月です。

 

改名理由は永年使用ではないですが、改名準備に約1年前後、その後、申し立てから審判までトータルで1か月くらいかかりました。

 

改名の手続きに慎重だったこともあり、1年程度の期間を置いて申し立てました。

 

改名が許可されるか否か、審判は面談当日にわかることもあれば、数日から数週間の期間がかかることもあります。

 

私の場合は、面談直後に「許可します」と口頭で伝えられたので、即日で結果がわかりました。

 

戸籍の名前変更の手続きの期間

 

家庭裁判所から改名が許可されたら、役所に行って自分で正式に戸籍名の変更手続きを行います。

 

戸籍の名前変更の手続き自体は即日で完了しますが、改名後の名前(新しい戸籍名)が戸籍謄本に反映されるまでは、即日から1週間の期間がかかることがあります。

 

本籍地がある場所で戸籍の名前変更の手続きを行えば、戸籍に反映される期間が早くなります。

 

改名の手続きの期間のまとめ

 

改名の期間のまとめ
  1. 改名の準備の期間
  2. 最短で数日から1ヶ月程度の期間
    一般平均は数年の期間

  3. 申し立てから結果がわかるまで
  4. 最短で数週間
    一般的には1ヵ月、長くても2ヵ月程度
    (書面照会や面談は、申し立後約数週間から1ヶ月後に行われることが多い
    結果(審判)は面談当日もしくは数週間後

  5. 戸籍名の変更手続き
  6. 役所での戸籍の名前変更の手続きは即日で完了

 

改名の準備は人によりますが、最短だと数日〜数週間程度、改名の申し立てから許可が出るまでの手続きの期間の目安は約1ヵ月です。

 

申し立て後の手続き(書面照会や面談の有無)が増えるほど期間が伸びます。

 

どれだけ改名の手続きがスムーズに進んでも申し立てから許可が出るまで最短で3週間の期間目安の期間として1ヵ月は見ておく必要があるので、余裕をもって改名手続きを行いましょう。

 

私は改名の準備に1年程度、申し立てから面談(結果)まで約1ヶ月ちょいかかりました。

 

最短の期間で改名が許可される事情とは?

 

どんな方も最短の期間で改名したいと思いますが、抱えている事情によってとにかく早く最短で改名しなければならない方や、最短の期間で改名が許可される事情もあります。

 

最短の期間で改名が必要になる事情

 

最短の期間で改名が必要になる事情
  • 進学や就活を控えている
  • 転職や引っ越しの予定がある
  • 名前が原因で体調が悪化してしまう
  • 入籍や離婚の予定がある
  • ストーカー被害に遭っている

 

改名を急ぐ事情は他にもあると思いますが、今、改名しないとその後の生活に悪影響がでてしまう状況なら一刻も早く最短で改名するべきでしょう。

 

上記の事情や時期は最短で改名ができるチャンスでもあります。

 

ストーカー被害のように誰かに危害を加えられる危険性があるような緊急時は、とにかく早く最短の期間で改名しなければいけません。

 

その事情を上手く裁判所に訴えることができれば、最短で許可されるでしょう。

 

キラキラネームの改名理由とは?成功事例をご紹介!」は、改名の準備の期間から許可されるまでかなり短い期間で改名が許可された事例ですが、裁判所に改名の必要性がうまく伝わればどんな理由でも最短での改名ができるでしょう。

 

また、改名する年齢も早ければ早いほど許可されやすく、最短での改名が狙えます。

 

赤ちゃんの改名は最短で許可される可能性大

 

改名は年齢が早いほど許可されやすい傾向です。

 

大人よりは子供、未成年の子供よりは赤ちゃんの改名の方が許可されやすいです。

 

とくに生後間もない赤ちゃんの改名は、最短の期間で許可される可能性があるので、最短で改名するなら赤ちゃんのうちに改名するのが得策です。

 

赤ちゃんの改名で許可されやすい年齢は、遅くても3歳までです。

 

長期間の改名準備が必要な永年使用による改名でも、通称名を使用した期間が3年程度と成人よりも短く済む傾向です。

 

1年以下でも改名が許可される可能性もあり、一般的な改名の期間と比べて最短で改名できます。

 

改名は何歳からでもできるのでこのタイミングを逃さず、有効利用して早く改名しましょう。

 

赤ちゃんや子供の改名方法はこちら
>>子供の改名理由とは?許可された判例と成功のコツ

 

未成年の学生や大人も最短で改名できる

 

最短の期間での改名が必要になる事情でお伝えしましたが、「就活」「入学(卒業)」「転職」「引っ越し」などの人生の節目がある学生や成人の方は、最短で改名が許可されやすい面があります。

 

最短でなくても、比較的、短い期間で改名が許可される可能性が十分あります。

 

就活を控えている高校生や大学生は、最短で改名できる時期というより、最短の期間で改名が必要な事情と言えます。

 

就職先に改名することを知られたくない場合は、在学している期間中に早く改名するべきです。

 

改名で有利になる証拠の一つに「卒業証書」があるのですが、この証拠に関して何も問題がないわけではないからです。

 

ご存じの方もいると思いますが、内定後に卒業証書の提出が必要になる可能性があり、これは大手企業やコンプライアンスに厳しい中小企業に多いです。

 

卒業証書はいくら通称名で学生生活を送ったとしても通称名では発行されません。

 

在学中に改名を終えていないと、戸籍名で発行された卒業証書を提出しなければならず、入社予定の会社にその説明が必要になるので面倒ごとが増えます。

 

改名は最短で許可される時期に申し立てるのも大切ですが、抱えている状況によって早く改名しないとその後の人生に大きな影響が出てしまうこともあります。

 

戸籍の名前を変えるというのは、名前が登録されているこの世のあらゆるデータを変更しなければなりませんん。

 

スムーズに改名の手続きを行うためにも、計画的に最短で改名できる時期を狙って短い期間で改名するのが理想です。

 

最短の期間で改名する心構え

 

最短の期間で改名する心構えとして、万が一の事態を想定しておくといいでしょう。

 

改名は条件さえ満たせば思いのほか簡単に許可されます。

 

正しい知識さえあれば誰でも自分で最短改名が可能です。

 

ですが、家庭裁判所によって許可の判断が異なるため、どんな改名理由でも簡単に申請が通るわけではなく、確実に最短期間で改名する方法はありません。

 

一刻も早く最短で改名したいなら、最短で改名できる可能性にかけて早急に申し立てるしかないのですが、改名はどんな理由も必ず一発で許可される保証はどこにもなく、却下されることは少なくありません。

 

最短期間を狙って改名するなら、申し立てが却下された時のことを想定しておくのも大切だと思います。

 

心構えがあるだけで、精神的にずいぶん違いますよ。

 

正しい知識で早く改名するならこちら
>>「戸籍改名の戦略」自分で簡単に許可される方法とは?

 

最短の期間で改名が許可される方法のまとめ

 

最短の期間で改名する方法や申し立てから許可されるまでの目安の期間について解説しました。

 

年齢や事情にもよりますが、赤ちゃんの場合は改名が許可されやすいので、最短という期間で改名できる可能性が高いです。

 

成人している場合も、人生の節目があるなら上手く活用して最短での改名を狙いましょう。

 

誰もが裁判所が許可する条件を満たしていれば、短い期間での改名が可能です。

 

なるべく短い期間で改名が許可されるために、しっかり準備しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る