許可のコツ

「最新」改名の申立て件数と許可の確率|年代別に総まとめ

改名の件数と許可率

日本の家庭裁判所では実際にどれだけ申立て件数があるのか、許可される確率があるのかは気になる部分だと思います。

実は全国の家庭裁判所の改名の申立て件数は公開されています。

しかも、申立ての件数だけでなく、許可の件数、却下の件数などの細かなデータもあるんですよ!

家庭裁判所で扱った過去(2005年~)の改名の申立て件数や却下された件数などをもとに、年代別に改名が許可される確率を算出してみました。

ここでは、毎年、日本ではどれだけの人が改名しているのか、年間の件数や許可される確率と考察をまとめました。

年間の改名の申立て件数と許可される確率

年度別に家庭裁判所のデータをもとに、改名の申立て件数と許可される確率を表にまとめました。

年代 既済総数 認容 却下・取り下げ 確率
2005年度 8485 6540 1928 77.1%
2006年度 7719 5864 1847 76.0%
2007年度 7590 5857 1724 77.2%
2008年度 7702 5864 1822 76.1%
2010年度 7313 5398 1902 73.0%
2011年度 6980 5200 1765 74.5%
2012年度 7459 5428 2008 72.8%
2013年度 7061 5092 1937 72.1%
2014年度 6743 4935 1794 73.2%
2015年度 7502 5078 1876 67.7%
2016年度 6384 4654 1709 72.9%
2017年度 6331 4561 1324 72.0%
2018年度 5930 4188 1745 70.6%
2019年度 6470 4510 1909 69.7%

参照:裁判所司法統計

改名の既済状況(総数、認容件数、却下件数、取り下げ件数)のデータをもとに、総数と容認数から算出した許可される確率を表にしています。

既済総数には、前年度からの未済分や繰り越し分も含まれており、却下と取り下げの件数は合算しています。

家庭裁判所で改名が許可される確率

家庭裁判所での改名の申立て件数や却下の件数をみると、どの年代も許可される確率は平均70%前後です。

毎年、許可される件数(容認件数)が約5000件に対し、取り下げや却下の件数が約2000件弱あります。

決して改名が許可されるのは超難関というわけではないですが、簡単ともいえません。

改名の申立て件数は6000件

数字だけを見ると、どの年代も家庭裁判所への改名の申立て件数(総数)が6000件から7000件前後にまとまっており、大きな差はありません。

改名の申立て件数が、毎年6000件前後って結構多いですよね。

6000件あると聞いてもパッとしませんが、この件数は少なくとも一日15人以上が改名を申立てていることになります。

改名の件数はかなり多いですよね。

データにある改名の件数は、取り下げ・却下・許可・受理の件数だけで、改名を申請したけど受理されていない件数は含みません。

改名は家庭裁判所に申請すら受理されなかったという場合もあるので、不受理を含めると実際の改名の申立て件数(希望者)はもっと多いかもしれません。

申立ての件数や許可の確率は下降気味

全体的に改名の件数を見て気になったのが、家庭裁判所が許可する確率と申立て件数の減少です。

改名の許可される確率について

改名の件数のデータから、許可される確率が2005年度は77.1%、そこからずっと70%前後をキープしていましたが、2015年度は67.7%と大きく低下。

その後70%に上がったかと思えば、直近の2019年は69%にまたしても低下しているのが気になるところ。

あと、許可の確率はその年の許可された件数や却下された件数から算出したものなので、決して1回目の申立てで家庭裁判所から許可される確率ではありません。

1回目の申立てで許可された方もいれば、2回目、3回目でようやく許可された方も混ざっている数字です。

初回の申立てで家庭裁判所が許可する確率は70%よりも低いかもしれません。

改名の申立ての件数について

改名が許可される確率は年代ごとでそこまで大差はないですが、家庭裁判所への申立て件数は増えることなく、年々減少傾向です。

2005年の件数は8485件でそこから減ったり増えたりしていますが、2018年は5930件と過去最低の件数です。

改名の申立て自体が通らず不受理になる方もいるので、その場合はカウントされないためどこまで改名の件数に影響が出ているのか気になりますね。

家庭裁判所に許可されるかどうかの前に、申立てのハードルが高くなっているということもあるかもしれません。

たとえば、改名の必要書類で定番の通称名の使用実績を作ることも難しくなっています。

改名が難しい理由
日本で改名が難しい「たった一つ」の理由改名の申立て自体は簡単ですが、家庭裁判所から許可されるのは難しい現状があります。 改名が却下される理由は個人差がありますが、家庭裁...

許可される確率から改名は難しいのか?

日本では改名は難しい部分があるので、決して楽ではありません。

改名が許可される確率だけをみると6割~7割なので、意外と低くないですよね。

ですが、改名が許可される絶対的な基準がそもそもないので、難しいと言わざるをえません。

最終的に家庭裁判所の裁量になるため、あまりこの許可される確率の数字に期待しないほうがいいかも・・と思います。

これまで私が改名のサポートを行った相談者さんをみても、許可される確率は半々です。

単に私の実力不足もあると思います・・

ただ、家庭裁判所のデータを見ると、毎年それなりの件数が許可されていることがわかります。

つまり、改名は条件を満たして正しい知識があれば、ちゃんと許可されるということです。

まずは改名が許可される条件をしっかり理解することが大切です。

改名の許可条件と基準
改名の許可条件とその判断基準とは?判例で徹底解説!改名するためには家庭裁判所の許可条件を満たす必要があります。 ここでは日本の家庭裁判所が改名を許可する条件の詳細や、改名が許可され...

ちなみに、韓国では「改名は原則に認めなければならない」という、2005年の最高裁の判決によって、日本とは違い改名の条件がかなり緩くなっています。

「運が悪いから」といった理由でも許可されており、改名の許可率はほぼ100%。

危うさを感じますが、うらやましい気持ちもありますね。

家庭裁判所で改名の申立て件数と許可される確率のまとめ

改名が許可される確率は低いというわけではありません。

しかし、年々、許可される確率が低いこと、そして改名の申立て件数も減っていることは気になります。

今後、今以上に許可が厳しくなる可能性も考えられます。

改名するなら早めに準備したほうがいいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA