履歴書に通称名を書くと虚偽や違法になる!?

通称名を履歴書に書く

アルバイト、就職、転職などで普段から使っている通称名を履歴書に書いて提出したい人、すでに行ったことがある人もいるでしょう。

 

僕自身、過去に通称名で履歴書を書いた経験があるのですが、その時は「改名」という「やむを得ない理由」があるのだから、履歴書に通称名を書いたって何の問題もないだろう、と思っていました。

 

でも、心のどこかで「これって違法や詐称になるんじゃ・・」と不安も感じていたんですよね。

 

今さらですが、履歴書に通称名は使えるのか、調べてみました。

履歴書は戸籍名しか書いてはいけない?

結論を言えば、履歴書に通称名を書いたからといって直ちに違法とはなりにくいです。

 

将来的に改名する場合、通称名を普段から使用しているはずなので、通称名が社会的に広く通用しているのであれば、本人と通称名の同一性を乱すとは考えにくいためです。

 

そういった状況から、悪用や犯罪とすぐに判断される可能性は低いとなるようですね。

 

通称名の使用のリスクや注意点はこちら
>>改名の必要書類「通称名の使用実績」の作り方と注意点

 

偽造になる可能性がある

「すぐに犯罪」とはなりにくいですが、一方で有印私文書偽造になる可能性もないとはいえないようです。

 

※ 他人の印章または署名を使用し事実証明に関する文書を偽造した場合に成立

 

履歴書は戸籍名や経歴などの事実が強く求められる書類(文書)で事実証明に深く関わり、他人の名義を勝手に使ったり、架空の人の名義を使った場合も偽造に当たります。

 

罪に問われたり、裁判沙汰になる可能性もあるし、違法になるかどうかの判断はケースバイケースです。

 

すべては会社側の対応次第

履歴書に通称名を書いたからといって、必ず罪に問われるわけではないですが、通称名を書く上で一番の問題は、法律的なことよりも会社側の対応がどうなのか、ということです。

 

通称名をどう受け取るのか、使用を許可するのかは会社次第です。

 

僕は過去に通称名で転職活動をしていましたが、通称名について話をすると、偽名・詐称だと言われ、通称名に対して理解がなく認めてもらえなかった経験があります。

 

その時は通称名を使っている証拠が郵便物くらいしかなく、うまく交渉できなかったんですよね。

 

職場のような公的な場面で通称名の使用許可を得るためには、法的・公的に認められている証明がないと認めてもらえない可能性が高いです。

 

通称名で就職するなら改名してからの方がいいですが、就職にどうしても間に合わないなら、公的な証拠(通称名の使用実績)を持っておくと交渉がスムーズかもしれません。

 

早く改名する方法はこちら
>>最短期間で改名するための重要なポイント

 

さいご

履歴書に通称名を書くこと自体が直ちに罪になる可能性は低いですが、履歴書は戸籍名を書くことが強く要求される書面です。

 

もし、履歴書に通称名を書く場合は、普段から通称名を使っている信憑性の高い証拠を提示しましょう。

 

信用性の問題もあるので、履歴書に通称名だけを書くのではなく、本名を名乗った上で改名するためなどの説明が必ず必要です。

 

たとえ悪意がなく改名のためとは言え、本名を隠したまま履歴書に通称名を書くと、バレた時に解雇されたり、下手すれば訴えられる可能性もあるので気を付けてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る