姓名判断で改名したい!名前で運勢を変える占いの活用法

改名後の名前を占いで決める

改名したい方の中には、改名の効果に期待して不幸な人生を送らないために運勢がいい名前にしたい方もいますよね。

 

姓名判断や占いを理由に改名したい方は昔から一定数おり、決して珍しいことではありません。

 

改名の効果や名前の画数や運勢はついつい気になってしまうものです。

 

今の名前の運勢が悪かったり、改名後の運勢が気になるなら、姓名判断で名前を決めたりその他の占いで調べることができます。

 

改名するか迷っている、という方もいるでしょう。

 

どの占いで名前を決めるのかは、あなたが改名後にどうなりたいのか、今、どんな悩みを抱えているのかで選択肢がガラリと変わります。

 

ここでは姓名判断や占いでの改名についてご紹介します。

 

今まさに、改名後の運勢が気になる方や、名前でお悩みの方は必見です!

 

改名せずに運勢を変える方法もご紹介しているので、名前変更までは考えていないという方も参考にしてくださいね。

姓名判断や占いを理由に改名はできる?

 

「名前の画数が悪い」「姓名判断で運勢をあげたい」「占い師に改名を勧められた」こういった姓名判断や占いを理由に改名したい方は少なくありません。

 

姓名判断や占いは賛否ありますが、改名の効果で人生が良くなり、運勢アップなどの効果を実感されている方は数知れず。

 

 

ですが、改名の効果の前に気になるのは「そもそも姓名判断や占いを理由に名前を改名できるのか」ということです。

 

姓名判断や占いを理由にした改名はできない

 

姓名判断や占いによる改名の申立ては、裁判所に個人的主観と判断されてしまうため、認められない傾向です。

 

改名は個人的な趣味や感情、信仰上の理由では認められず、改名が必要な理由として足らないとされています。

 

また、改名するためには名前を変えなければならない理由の証明も重要です。

 

しかし、姓名判断や占いは科学的根拠がありません。

 

いくら占い師に名前の運勢が悪いと言われたり、姓名判断で病気になりやすいという結果が出ていたり、あなたの日常生活でトラブルが頻発している状態でも、画数が原因だと証明することはできないですよね。

 

証拠はいろいろと工夫できますが、姓名判断は難しくなります。

 

名前の画数や運勢が悪いことを全面に押し出して、姓名判断や占いを理由に改名の必要性を訴えても、残念ながら家庭裁判所の許可を得ることはできないのが現状です。

 

姓名判断名その他の改名が許可される条件と理由の詳細はこちら
>>名前を改名する許可条件と理由とは?日本の裁判所でのNGケースもご紹介

 

姓名判断の名前に改名する方法はある

 

姓名判断や占いを理由にした改名は許可されないですが、申立てる理由を「永年使用」に変えることで占いで決めた運勢の良い名前に改名することはできます。

 

実際に名前の運勢が悪いことに気付き、姓名判断や占いがきっかけになった方で改名が許可された判例もあります。

 

永年使用とは、姓名判断や占いで決めた名前を通称として長期的に使用することで改名できるものです。

 

最低でも5年以上の期間が必要です。

 

通称名の証拠集めが大変ですが、永年使用での申し立てなら姓名判断や占いが理由でもその名前に改名できる可能性があります。

 

 

名前の運勢は姓名判断や占いを活用しよう

 

姓名判断や占いで改名するなら、素人判断は禁物です。

 

名前の運勢や画数の悪さを改善するなら、やはりその道のプロからアドバイスをもらうのが賢明です。

 

あなたの目的に合った鑑定士や占い師を見つけて、姓名判断やそのほかの占いを賢く活用しましょう。

 

名前の運勢は姓名判断や占い師に鑑定してもらえますが、どちらが自分に向いているのか悩みどころです。

 

姓名判断と占い師の特徴をご紹介します。

 

改名する名前の運勢は姓名鑑定士

 

  • とにかく名前について鑑定してほしい
  • 名前の画数や運勢だけが気になる
  • 姓名判断以外の占いは信用していない

 

という方は姓名判断以外の他の占いは必要ないでしょう。

 

改名後の運勢や改名する名前の運勢チェックとなると、まず最初に浮かべるのが姓名判断ですよね。

 

主に、天格・人格・地格・外格・総格の6項目において、理想的な運勢をもつ名前に変えることで順風満帆な人生を送れるわけです。

 

名前に使われる漢字で運勢を低下させらり、悪い作用を持つ漢字もあり、名前の漢字でお悩みの方もいるでしょう。

 

“人の運勢は名前によって大きく変わる”

 

これが、姓名判断の基本的な考え方です。

 

ご先祖さまから受け継ぐ運勢、人間性、周囲からの印象、外的環境、そして総合運に至るまで、すべての運勢が名前ひとつで決まるという理論のもとに誕生した占いです。

 

(姓名判断は占いというより姓名学とも解釈されるので、学問と言えるかもしれませんね)

 

たとえば、いじめから抜け出すために、対人運のよい名前に変えたいとします。

 

にもかかわらず、改名後に「外格」が凶数になると再び人間関係に悩まされることに…

 

名前の運勢は両親から名づけられた、あるいは改名をした時点で運勢や運命が決まるともいわれています。

 

もし、名前の画数が悪くて運勢でお悩みなら、今度の新しい名前を姓名判断に頼って決めるといいでしょう。

 

むろん姓名判断だけが運命を左右する要因ではありません。

 

それでも、名前に限定した場合、名前の運勢を1番詳しく教えてくれるのが姓名判断であることは事実ですから。

 

 

改名する人生の運勢は占い師

 

  • 改名しようか悩んでいる
  • 今の運勢や改名後の人生の運勢が気になる
  • 名前の運勢だけでなく漠然とした不安を持っている

 

姓名判断に特別なこだわりがなかったり、名前以外にも気になることがあるなら占い師が最適です。

 

占いなら姓名判断に加えて他の占術も駆使して多角的に鑑定することができます。

 

名前の運勢だけでなく、改名後の人生に漠然と不安を感じている方もいますよね。

 

改名までは考えていないけど今の名前に不安を感じていて、とにかく人生が心配で悲観的になっている方もいるでしょう。

 

ならば、姓名判断で運勢をみてもらうだけでなく、他の占術も取り入れている占い師の方が幅広くあなたのお悩みに対応できます。

 

占い師なら姓名判断だけでなく、人気のタロットなどの占いと組み合わせて鑑定することが多く、あなたの選択肢や視野が広くなります。

 

占いといえば対面鑑定を想像しますが、流行りの電話占いなら自宅にいながら今後の運勢や悩みを鑑定することが可能です。

 

電話占いの占い師さんはたくさんの占術を扱っていますし、TVやメディアで活躍中の占い師さんと個別に今すぐ電話やメールで占いができます。

 

時間がなかったり、対面鑑定だと緊張してしまって恥ずかしい、そんて心配もなく電話占いなら気兼ねなく利用できますよ!

 

名前の運勢や画数が悪いというように姓名判断の悩みだけでなく、この名前で過ごしてもいいのか、改名後の未来に大きな不安を感じているなどの場合は、実は自分の悩みが何なのかわかっていないということがよくあります。

 

あらゆる占術を駆使した占いなら、名前の運勢や今あるあなたの本当の悩みが明確になり解消するでしょう。

 

改名するか迷っている方、悩みが定まらない方に占い師はオススメです。

 

姓名判断に詳しい占い師の詳細はこちら
>>総勢70名の人気占い師が在籍中!電話占いの詳細はこちら

 

改名せずに姓名判断や占いで運勢をよくする方法

 

「今すぐに姓名判断をよくしたい・・」
「改名予定だけど5年も待てない・・」
「名前の改名までは考えていない・・」

 

という方に、今すぐできる運勢アップの開運方法や凶対策があります。

 

運勢のいい名前を通称名として使う

 

一つ目は通称名を使用する方法です。

 

名前の運勢は、改名しなくても開運できると言われています。

 

なぜなら名前による開運は、運が良い新しい名前が周囲に認知されることで開運できるからです。

 

改名すると本名が新しい名前になるので、100%改名後の本名の影響を受けるため開運できるのですが、これは通称名を使用した場合も同じです。

 

通称名とは芸能人でいう芸名やペンネームと同じで、本名とは違うもう一つの名前です。

 

通称名の使用に許可は不要なので、改名せずに姓名判断や占いで良いとされる名前を日常生活で使うことができるのです。

 

通称名は戸籍の名前(本名)ではないので、使用範囲はプライベート(本人確認が不要な場面)に限られますが、通称名の使用だけでも十分運勢アップの効果が期待できます。

 

占いや姓名判断で運勢が良い名前を決め、通称名として可能な範囲で使用しましょう。

 

また、長年、運勢の良い通称名を使うことで改名の許可条件「永年使用」に該当します。

 

今は改名の予定がなくても考え方が変わることもあるので、上手く通称名を使ってその証拠を残しておくと、将来的に改名できる可能性もあります。

 

印鑑の名前を良い画数にする

 

姓名判断や占いの名前にこだわるなら、開運印鑑を作る方法もあります。

 

印鑑は単なる「モノ」ではなく「自分の分身」であり、改名と同等の効果があるとされています。

 

開運印鑑は姓名判断の要素を取り入れた印相学という印鑑の学問占術があり、おおよそ700年の歴史があります。

 

印相学にもとづき、正しい吉凶判断で運勢の良い名前を彫るなどして印鑑を作成するものです。

 

通常、姓名判断や占いで運勢を変えたり開運するとなると、戸籍の名前の改名が必要だったり、通称名として運勢の良い名前を使用しなければなりません。

 

改名は手続きが大変ですし、通称名の使用も本名と通称名を使い分けないといけないのでけっこう面倒なんですよね。

 

日頃から通称名を使うのは難しい、手軽に占いや姓名判断で開運したい、改名までは考えていない、という方は印鑑が最適でしょう。

 

名前を刻む印鑑はよく知られている開運グッズとは違い、名前に直結する開運方法と言えるでしょう。

 

姓名判断の開運印鑑で運勢を変える方法はこちら
>>姓名判断の開運印鑑で即解決!画数が悪い時の対処法

 

姓名判断や占いの改名と名前で運勢を変える方法のまとめ

 

いくらあなたが名前の運勢で生活に支障が出ていても、姓名判断や占いを理由にした改名は認められません。

 

ですが、名前の運勢が悪くて苦痛に感じている方でも、十分な通称名の使用期間があれば占いなどで運勢の良いとされる名前への改名が認められる可能性があります。

 

本当に改名してもよいのか、姓名判断や占いをもとに改名したその後の人生が気になるなら、プロの鑑定士や占い師のアドバイスを受けるのが確実です。

 

改名後の運勢や、改名しようとしている新たな名前の運勢は、素人には判別できません。

 

後悔しないためにも改名後の名前や運気で少しでも悩んでいるなら、姓名判断や電話占いを上手く活用して名前を決めましょう。

 

姓名判断にこだわるなら、改名後に後悔しないためにも本格鑑定してみてはいかがでしょうか。

 

占いは今や改名後の運勢の一つの目安となります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る