改名の申請が却下された後の対処法!認められない理由と判例で解説

認められない改名理由

改名は家庭裁判所が認めない理由があるため、当然ながら認められない理由で申立てると却下されたり取り下げになってしまいます。

 

家庭裁判所への改名の申請が失敗して、認められないという結果になったらどうすればいいのでしょう。

 

改名が却下や取り下げになった場合において、知っておくべきことが次の申請(2回目や3回目)が不利になるということです。

 

これは申請ではなく、改名自体が2回目という方もにも当てはまることです。

 

私は自分で改名しましたが、行政書士の方とお話をする機会があり、「却下は裁判でいうと敗訴のようなものだから、次の申請が有利になるような対策はない」との意見を聞きました。

 

申請が許可されるための対策はできても、審判として「却下」という結果が出ている以上、その後の対策は難しいようです。

 

やはり改名は却下や取り下げになると次の申立てが許可されるのは相当厳しいのですね。

 

ですが、諦める必要はありません。

 

2回目やそれ以降の申立てや改名が不利になることを前提に、却下や取り下げになっても、次の申請が許可されるためにあなたができることがあります。

 

申請が却下されたり取り下げると、次の申立てを諦めてしまう方もいると思いますが、改名は却下や取り下げになったとしても過度に落ち込む必要はありません。

 

2回目やそれ以降の改名の申請が許可されるために粛々と準備をすればいいだけです。

 

一番危険なのは、何も気にせず却下された後に何度も改名を申請すること。

 

改名が2回目だったり、初めての改名で申立てが却下や取り下げになった場合は、次の申請は慎重になる必要があります。

 

ここでは却下と取り下げの違いやその後の申し立てへの影響、具体的な対策について解説しています。

 

却下された判例をもとに認められない理由もまとめています。

 

改名することが2回目という方も参考にしてくださいね。

改名の取り下げと却下の違いや2回目への影響

 

改名の失敗は、取り下げと却下の2つがあります。

 

却下も取り下げも「改名が認められない」という結果は同じですが扱いが異なります。

 

却下と取り下げの違い
  • 却下
  • 正式な審判結果

  • 取り下げ
  • 自ら申立てを取り下げる(取り消し)

 

なぜ却下や取り下げになった後の申立てが不利になるのかその理由や、2回目やそれ以降の申請への影響から解説します

 

取り下げや却下は2回目が不利になる

 

却下も取り下げも2回目以降の申請が不利になる大きな理由は「裁判記録が保管されること」です。

 

家庭裁判所が「却下」という審判を出している以上、同じ理由で申立てても認められにくくなり、次の申立てに大きな影響が出てしまいます。

 

これは改名が取り下げの場合も同じで、取り下げた内容で申立てても申請が通りにくくなります。

 

改名が許可される条件や理由別の判例はこちら
>>改名を許可する条件とは?認められた家庭裁判所の判例で徹底解説

 

申請した後で取り下げになる理由とデメリット

 

取り下げになる理由
  • 却下に伴う家庭裁判所側の手続きが軽減される
  • 改名の理由に変更があった
取り下げになるメリットとデメリット
  • 取り下げは却下の審判を受けない
  • 家庭裁判所の判断が不明になる

 

却下に伴う家庭裁判所側の手続きが少なく済む

 

取り下げは審判(判決)ではないので、審判書謄本を作成する必要がありません。

 

家庭裁判所の労力を減らすことができるため、認められないであろう申立ては「取り下げ」を申立人に促すことがあります。

 

審議官(書記官や裁判官)によって、「この内容では申請が認められないから取り下げたほうがいいよ」と言われることもあります。

 

申立て理由の変更があったから

 

取り下げになる理由は「手続きの軽減」や「許可しないから」という理由だけでなく、申立人側の都合もあります。

 

申請したものの、改名すること自体をやめたり、改名する名前をAからBに変更したいなどの事情で、取り下げることがあります。

 

取り下げは却下の審判を受けなくて済む

 

取り下げのメリットは、審判を受けなくてすむことです。

 

却下は正式な審判ですが、取り下げは「申請していない」という扱いになるそうです。

 

取り下げならタイミングによって、家庭裁判所に詳細な記録が残らない部分もあります。

 

たとえば、申立てが受理されて、その後に行われた面談の時に申立てを取り下げた場合と、申立てが受理された直後に取り下げるのとでは、2回目の申請への影響の度合いは変わるのではないでしょうか。

 

後者は家庭裁判所と詳細なやり取りを行う前に取り下げているので、家庭裁判所に細かな申請の内容や情報の記録が残りません。

 

そういった部分では、家庭裁判所に却下の審判を通知される前に、取り下げた方が傷が浅く済むと言えますね。

 

取り下げると判断理由が不明のまま

 

「却下」は家庭裁判所の正式な審判なので、「却下という判断が下る前に自ら申請を諦めて取り下げればいい」という考えも出てきます。

 

ですが、取り下げも次の申立てが不利になるのは同じで、さらにデメリットもあります。

 

却下はその判断の理由が審判書に書かれますが、取り下げてしまうと家庭裁判所の判断理由がわからないので次の申立てに生かせないというのがあります。

 

「改名は却下と取り下げならどちらがマシなのか」ということはなく、どちらも不利になります。

 

2回目の改名はできない?何回まで?

 

改名の申請は何回でも可能ですが、改名自体はどうなのでしょう。

 

改名は2回目も可能なのかということについてですが、家庭裁判所が認めれば2回3回と何度でも可能です。

 

「何回まで」という回数制限に関する規定はありません。

 

家庭裁判所が正当な事由として認める限り、何回でも改名ができます。

 

事情もありますが、1回目の改名で後悔して2回目の改名を希望するケースがあるため、改名に回数制限はないとはいえ、2回目はかなり厳しいので注意してくださいね。

 

 

家庭裁判所で改名が認められない理由と条件

 

改名することや申請が却下されてから、2回目以降の申請が難しいということがわかりました。

 

ここからは実際に改名が2回目やそれ以降だったり、却下や取り下げた後はどのように申し立てればいいのかということについて解説します。

 

まず、第一に家庭裁判所に「認められない理由」での申立てを控えることです。

 

改名は家庭裁判所が認めない理由があるため、当然ながら認められない理由で申立てると却下されたり取り下げになってしまいます。

 

家庭裁判所の条件を満たせば許可されますが、ほいほい改名の許可が下りるものではありません。

 

家庭裁判所に改名が認められないことは決して珍しくないのです。

 

改名が認められない理由や条件について、家庭裁判所の概要欄にはこのように書かれています。

 

改名が不許可になる条件

正当な事由によって,戸籍の名を変更するには,家庭裁判所の許可が必要です。正当な事由とは,名の変更をしないとその人の社会生活において支障を来す場合をいい,単なる個人的趣味,感情,信仰上の希望等のみでは足りないとされています。
家庭裁判所「名の変更」の概要欄

 

改名は「正当な事由」が許可の条件なので、改名の理由が個人の主観(趣味・感情・信仰)で家庭裁判所に認められないということです。

 

具体的に不許可となる条件に当てはまる改名の理由は何があるのか。

 

代表的な改名の申請が却下される理由は4つあります。

 

改名が認められない理由と条件
  1. 犯罪歴や借金がある
  2. 個人の主観や信仰を理由にした改名
  3. (宗教・姓名判断など)
  4. 一般的な論理からかけ離れている
  5. 改名する名前が難読

 

この認められない4つの条件で改名を申請することは避けたほうがいいでしょう。

 

改めて改名の申請をする場合は、あなたの改名の理由が家庭裁判所が認められない条件に該当していないか、ぜひチェックしてみてください。

 

ここで紹介している認められない理由は、ほぼ100%の確率で家庭裁判所が却下、もしくは取り下げになります。

 

NGな条件1.犯罪歴や借金が理由

 

一つ目の改名が認められない理由は、「犯罪歴を隠したい」「犯罪を犯して名前が広まってしまったために改名したい」このような理由だと確実に却下されます。

 

改名の正当性がなく、さらに悪用のリスクもあるため、家庭裁判所で改名が認められない傾向です。

 

これは「借金があるから」という理由も同じで家庭裁判所に通用しません。

 

借金があったり、犯罪歴があつても改名は可能ですが、「借金や犯罪歴だけ」を理由にした申請は、ほぼ100%の確率で認められないです。

 

却下もしくは取り下げの対象となります。

 

NGな条件2.主観で名前を変えたいという理由

 

二つ目の改名が認められない理由として、改名が不許可になる条件で紹介した「個人の主観」があります。

 

これは家庭裁判所に「個人の主観」と判断されるような改名の理由が認められないということです。

 

戸籍の名前を変更するのですから、相当な改名の理由が必要です。

 

却下されやすい改名の理由の例
  • 姓名判断
  • 宗教
  • 名前が嫌い
  • 精神的苦痛

 

信仰している宗教があったり、姓名判断の名前に改名することは可能ですが、後述している判例のように姓名判断や宗教だけを理由にした改名は基本的に認められない理由です。

 

他にも、性同一性障害や暴力を振るわれて育ったなど特別な背景があるのではなく、自分の名前が嫌いという理由で名前を変えたい場合はまず認めれないのが現状です。

 

また、たとえ複雑な家庭環境が改名の理由となっても、家庭裁判所に主観と判断されてしまうと改名は認められないのです。

 

「精神的苦痛」は改名が許可される理由となりますが、認められない傾向があるので注意が必要な改名の理由です。

 

改名は客観性が重要なので、家庭裁判所に精神的苦痛が主観と判断されないように、証拠などを充実させて申立てましょう。

 

家庭裁判所から許可されやすい改名理由に合った証拠の作り方はこちら
>>改名の証拠となる書類とは?家庭裁判所で有利な資料の作り方

 

NGな条件3.一般的ではない倫理や理論が理由

 

主観と似ている部分がありますが、姓名判断がわかりやすい理由だと思います。

 

他にも通念上ではない、倫理観や価値観で改名したい場合は許可されません。

 

無理やり悪い事柄と結び付けたり、改名が必要な理由となるようにこじつけるといった行為は逆効果です。

 

改名する理由によって、家庭裁判所への心証がかなり悪くなってしまいます。

 

NGな条件4.改名する名前が難読である

 

改名する名前の読み方や漢字が難しい場合、基本的に改名は認められないです。

 

実際に難読を理由に改名する方もいて、さらに難読というのは改名が許可される条件の一つになっているくらいですから、再度、改名が必要になりそうな理由は認められていない傾向です。

 

また、名前に使える漢字以外の漢字を使用した名前への改名も許可されません。

 

名前に使える漢字について、戸籍法第50条1項で「子の名前は常用平易な文字を用いらなければならない(常用平易な文字は戸籍法第50条2項で定められている)」と規定があります。

 

改名が認められやすい条件の例として、「通称名を永年使用した」という改名の理由がありますが、どんな理由があっても難読な名前や戸籍法に反する漢字(人名用漢字以外の漢字)や文字への改名は却下されます。

 

通称名の難読性が高いと、通称名の使用期間がどれほど長くても却下されたり取り下げとなる可能性が高いです。

 

改名の申請が却下や取り下げになった時の対処法

 

初回の改名の申請や、2回目の申請が失敗して却下になってしまった・・

 

そんな時はどうすればいいのでしょう。

 

冒頭でお伝えしたように、改名の申請を取り下げたり却下になった以上、2回目やそれ以降の申請を有利に進めるような対策はありません。

 

少しでも許可されるために却下や取り下げた後でできることは8つです。

 

改名の却下や取り下げた後の対処法
  1. 改名の理由を変えて申請する
  2. 改名の理由を変更しないで申請する
  3. 却下されてから次の申請まで期間を空ける
  4. 信憑性の高い証拠を作る
  5. 申立書の書き方を見直す
  6. 申立てる家庭裁判所を変更する
  7. 却下された後に即時抗告する
  8. 弁護士などの専門家に依頼

 

改名の却下も取り下げも改名が認められないという結果は同じで対処法も変わりません

 

どの対処法がいいのかは申立てる理由と却下や取り下げになった理由にもよりますが、次の改名の申立てが許可されるためにあなたができることを試してください。

 

すでに却下や取り下げになった方だけでなく、これから改名を申立てる予定の方も、万が一、改名の申請が家庭裁判所に認めらないとなった場合に備えてこの情報は役立つはずですよ。

 

1.改名の理由を変えて申請する

 

改名が却下になったり取り下げた場合、基本的に却下された改名の理由と同じ理由でもう一度申請しても認められないです。

 

改名を申請する理由に自信がない人もいると思いますが、そんな時は過去に改名が却下されていても「永年使用」なら、初回の申立てがどんな理由でもあまり違和感なく申立てができます。

 

2.改名の理由は変えないで申請する

 

改名を申請した記録は家庭裁判所に残ります。

 

改名が2回目の場合や2回目以降の改名申請は、違和感がない場合は必ずしも理由を変える必要はないです。

 

改名する理由によりますが、仮に1度目が「永年使用」なら、2度目の申立て理由も「永年使用」でも問題ないでしょう。

 

ですが、1度目の改名の理由が「同姓同名」で、2度目の理由が「難読」だったらどうみても不自然ですよね。

 

家庭裁判所に申請の記録が残っているので、あからさまに改名の理由を変えてしまうと説得力がなく、警戒されたり、印象が悪くなってしまいます。

 

3.却下されてから次の申請まで期間をあける

 

改名する理由を「永年使用」に変更するなら、却下や取り下げから期間を空けるのが有効です。

 

改名する理由に変更がない場合は期間を空けてもあまり意味がないですが、じっくり改名の証拠を用意することができるというメリットがあります。

 

また、家庭裁判所から改名が却下される理由として、「改名による社会的な影響が大きい」と判断された場合は、認められない可能性があります。

 

次の申立てまで期間を空けるのは、社会的に通称名が広く深く浸透しているという事実を作ることができるという意味もあります。

 

4.許可される証拠を用意する

 

改名の取り下げや却下される理由で多いのは認められない理由での申立てですが、証拠の不足もあります。

 

いくら改名の理由がまともでも、理由に沿った証拠があるのとないのとでは、証拠があった方が認められやすいのは言うまでもありません。

 

実際に取り下げや却下された方で「証拠が少ないと言われた」「使用期間が短かくて却下された」というご相談も多いです。

 

前回の申請であなたが証拠を家庭裁判所に提出している場合、現時点での家庭裁判所への提出書類で取り下げや却下されているので、次の申立ては過去よりも有力な証拠が必要です。

 

次の申立てまでの期間に関係なく、今よりも証拠能力が高いものを増やして根本的な証拠作りの強化が必須でしょう。

 

5.却下された改名する理由の書き方を修正

 

認められない理由を書くのは控えて、却下された申立書の理由の書き方を見直しましょう。

 

改名が許可される条件に該当しても、家庭裁判所に上手く改名する理由が伝わらなければ却下や取り下げの対象となります。

 

申立書の理由の書き方や伝え方ひとつで結果は大きく変わります。

 

申立書の改名の理由の欄(申立ての実情)には、あなたが改名に至った経緯や戸籍名による日常生活での支障を書きますが、審議官や裁判官に伝わるように説得力のある書き方が必要です。

 

もし、あなたが思うがままに改名が必要な理由を淡々と書いてしまっていたなら、とても勿体ないので見直しましょう。

 

 

6.申請する家庭裁判所を変更する

 

これは改名が却下や取り下げになった後の対処法になるのか不明ですが、改名を申請する家庭裁判所を変更する方法もあります。

 

各家庭裁判所の裁量で結果が変わるので、同じ改名の理由でもA家庭裁判所では許可、B家庭裁判所では不許可となることがあります。

 

そのため、「申立てる家庭裁判所を変更すれば許可されるのでは?」と考える方もいるくらいです。

 

確かにその考えは一理ありますが、裁判記録はデータベースで一元管理されるため、家庭裁判所を変えたとしてもデータを照会して開示されるそうです。

 

たとえ、担当の審議官や裁判官(家庭裁判所)が変わったとしても、判決に大きな期待はできないでしょう。

 

別の家庭裁判所を利用したい場合は、管轄外の地域や隣県に引っ越せば可能です。

 

もし、別の家庭裁判所や他府県の家庭裁判所を利用したい場合は、引っ越しなどで住所変更(住民登録変更)しないとできません。 

 

ただし、家庭裁判所は各都道府県に数箇所しかなく、近隣への引っ越しでは管轄家庭裁判所が変わらないことがあるので注意してくださいね。

 

7.却下の直後に即時抗告

 

家庭裁判所の審判(却下)に不服がある場合は、高等家庭裁判所に審議してもらうことができます。

 

この不服申立てを即時抗告といいます。

 

却下に納得できない場合は、即時抗告をして高等家庭裁判所が許可すれば改名が可能です。

 

不服申立てすると、却下とした家庭裁判所がまず審査し、間違いがあれば結果を変えることになります。

 

間違いがなければ、高等家庭裁判所に手続きが移されて再審査されるという流れです。

 

家庭裁判所から却下の通知を受けた日から2週間以内であれば即時抗告することができます。

 

ただ、後述している判例にもあるように、一度家庭裁判所で却下となった以上、即時抗告するなら新たな証拠資料などを補充するべきです。

 

どのように申立てたのかにもよりますが、それが十分でないと即時抗告をしても同じ「不許可」となる可能性が高いです。

 

却下されてから2週間しかないですが、あなたの改名理由に正当な理由があって、十分な資料が用意できるなら即時抗告を検討しましょう。

 

却下後の不服申立てに必要な書類や費用
  • 抗告状
  • 即時抗告の理由を証する証拠書類
  • 収入印紙1200円
  • 連絡用郵便切手数百円から1500円程度

    (申立てる家庭裁判所により異なる)

 

8.弁護士などの専門家に依頼

 

専門家はかなり稀少ですが、改名を扱っている弁護士などの士業の方に相談や依頼するという方法もあります。

 

弁護士に完全に代行してもらうとなるとかなり高額になりますが、アドバイスをもとにもう一度自分で申請してみるといいかもしれません。

 

却下や取り上げの後に自分で申立てるのは難しそうだと感じる方は、弁護士などへの相談や依頼も検討してみましょう。

 

弁護士へ依頼する注意点の詳細はこちら
>>弁護士への改名の依頼は慎重に!費用や注意点とは?

 

2回目の改名の対処法は却下や取り下げと同じ

 

改名は2回目だけど申請が取り下げになった・・
却下されてしまった・・

 

2回目の改名で忘れてはならないのが、改名が却下された時と同じように、次の申請が難しくなること。

 

何回も改名を認めてしまうと社会が混乱しますからね。

 

改名が2回目で申請したけど通らなかった場合も、前述したよう却下や取り下げになった場合の対処法と同じです。

 

ただ、却下や取り下げも同じことが言えますが、1回目の改名から2回目の改名申請までの期間はあまり関係ないです。

 

たとえば改名が2回目で、1回目の改名から2回目まで期間が短い場合は、新たな名前があまり浸透していないので、社会的混乱が少ない。

 

また、1回目の改名から2回目の改名まで期間が空いている場合は、それだけ新たな名前の使用実績が増えるので、社会に通称名が浸透している証拠が増える。

 

このように、1回目から2回目までの申し立てをする期間が長くても短くてもそれぞれメリットがあります。

 

一概にどちらがいいのかということは言えません。

 

改名が却下された判例と認められない理由の例

 

改名が認められない理由やほぼ確実に却下される理由をご紹介しましたが、最後に改名が認められない例として実際に家庭裁判所が却下した判例をまとめています。

 

姓名判断などの個人の主観や感情では認められないというのがよくわかると思います。

 

改名が却下された判例が全てではないですが、同じような理由での申請は慎重になりましょう。

 

姓名判断により10年以上使用した通名への変更で却下された判例
姓名判断により通名を10年間使用

→戸籍名が悪いという科学的基礎がない
合理的基礎のない通名を10年使用したからといって永年使用を是認することは常に既成事実があれば容認される結果となりうる
釧路家庭裁判所 昭和33年(家)361号 審判

 

姓名判断+通名への変更が却下された判例
姓名判断により、小・中と通名を使用

→動機がもっぱら姓名判断であり、母の単なる主観的感情に過ぎない
高松家庭裁判所 昭和36年(家)646号 審判

 

嫌悪は主観と判断され却下された判例
動物の名である戸籍名「トリ」に嫌悪を感じ、姓名判断により通名を使用

→名が嫌いという単なる主観的理由や姓名判断は正当な事由に当たらない
申立人の社会的活動の範囲や使用範囲も狭く戸籍名を使用することで支障が出るとは考えられない
福島家庭裁判所 平成元年(家)557号 審判

 

精神的苦痛(性同一性障害)を理由にした改名が却下された判例
女性的な戸籍名に苦痛を感じる

→希望名の使用期間が1年と短く社会的な定着度が低い
女性的な名に精神的苦痛を感じているとしても正当な事由とはならない
松山家裁 平成28.11.24

 

却下の後に即時抗告せず何度も申請し却下されたことがわかる判例
事情の変更がないまま再び名の変更を申立てた

→改名の申立却下の審判が確定した時期に近接し、または即時抗告期間中でいまだ申立却下の審判が確定しない間に、あるいはいまだ許可、却下いずれの審判もなされない間に、前の申立におけると同一の事由で、その事由を立証するに足りる新たな証拠資料を補充することもなく、再度同一の申立をなすことはいずれも申立権の濫用として許されない。
東京家庭裁判所 昭41.2.23

 

即時抗告をしたが主観と判断されて却下された判例
時代外れの奇異な名である

→「清吉」は人の名として不適当には当たらない
主観的な好き嫌いの範囲を出ない
例が少ないこと自体が改名の理由ともならない
大阪高等家庭裁判所 昭和43年昭43.9.19(ラ)267号 決定

 

過去の清算(元暴力団)や仕事への支障が出るという理由で却下された判例
暴力団組織に20年以上所属し平成4年頃に縁を切り、現在、土木関係の仕事に従事しており、土木工事の発注者は受注者の身元調査を行う通例なため、身元調査されても過去のことがわからないようにして過去とのつながりを断ち切りたい

→過去の履歴が申立人の営業上の支障や不利益を受けた証左が見出せない
暴力団からの離脱や更生は自助努力が原則であり更生の一助とするのは筋違いである
仙台家庭裁判所 平成10年(家)708号 審判

 

姓名判断+当用漢字以外の名前への改名が却下された判例
幼時より通名として字画の良い「清惠」を永年使用した

→「惠」は当用漢字にはなく、新たな命名は「恵」として届出なければならない
(戸籍法第50条・同法施行規則第60条)
社会生活でさほど支障をきたしていないとみられる
迷信に加担してまで許可しなければならないいわれはない
名古屋家庭裁判所半田支部 昭和44年(家)20号 審判

 

難読な名前への変更が却下された判例
40年以上の間通名として耀男を使用している

→常用平易な文字を用いらなければならず、当用漢字表および人名漢字別表によることに定められている
(戸籍法第50条・戸籍法施行規則第60条)
常用平易な文字である本名を通名の「耀男」に変更するには正当な事由として足らない
岐阜家庭裁判所高山支部 昭和56年(家)129号 審判

 

2回目の改名が許可された判例

 

1回目から2回目の期間が長くて許可された判例です。

 

改名理由にもよりますが最初の改名から2回目の改名申請までの期間が短くても許可されることもあります。

 

姓名判断を理由に2回目の改名が許可された判例
通名を改名後から9年使用

1度目改名しているが「清雄」から「親治」に改めたい
最初の改名許可後、1年ほど清雄を使用していたが病気になり、姓名判断で名が悪いままでは死ぬから変えなければならないと言われ、その後、約9年間通名を使用
→使用の幅が申立人の社会活動に伴って広範囲である
改名したほうが混乱しない
熊本家裁/昭和38.5.25

 

宗教(出家)を理由に2回目の改名が許可された判例
所属寺院の変更に伴い、再度の宗教名への変更

住職としての社会活動を円滑に営むために必要である
→前回の改名から20数年近く経過し、従前の交流が途絶えている
再度、改名しても混乱を生じさせる確率は低い
広島高裁岡山支部/昭和57.11.25

 

姓名判断は認められない理由ですが、判例のように許可されることもあります。

 

姓名判断で改名が認められる方法はこちら
>>姓名判断で改名したい!名前で運勢を変える占いの活用法

 

改名が認められない理由と却下や取り下げに関する記事のまとめ

 

改名が2回目だったり、最初の申立てが却下されたり取り下げになった場合の申立ては、どうしても難しくなります。

 

過去に改名していること、却下されていることや取り下げていること、これらの改名の手続きの記録は家庭裁判所に残っています。

 

2回目の改名や却下や取り下げた後の改名は不利になる傾向ですが、対処法はいくつかあるので可能な範囲で実践してみてください。

 

却下されたり取り下げになったからといって、改名ができないというわけではありませんから。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る