改名の面談内容を暴露!要注意な人の特徴とは?

改名の面談内容

改名の面談(事前審査や呼び出しといわれる)をスムーズに行うコツをまとめました。

 

実際に私が面談で審議官(参与員・裁判官)から聞かれた内容を紹介しながら解説しています。

 

通常、改名の申し立てが受理されると、ほとんどの方が家庭裁判所で面談(面接)があり、注意してほしい方もいます。

 

面談は改名を許可するか否かの事前審査です。

 

面談ではどのようなことを聞かれるのか、どのような服装がいいのかなど、自身の経験談や注意点などをまとめました。

改名の面談(呼び出し)は積極的なアピールと理解が大切

面談までの過程が重要

改名の面談自体は申立書に書いた改名理由や証拠書類を元に質疑応答をします。

 

改名理由にもよりますが、有利な証拠集めをして効果的に申し立てをするという面談までの過程が重要なので、常識的な服装と振る舞いをすれば、特別、注意することはないと感じました。

 

あくまでも、申立書に書いた内容を見ながら進めるので、書いた内容を頭に入れて冷静に論理的に受け答えをすれば問題ありません。

 

許可が厳しいと言われたら要注意

改名の申し立て時に「今回は許可が厳しいかもしれません」と言われたら注意が必要です。

 

「厳しい」「難しい」と言われた方は、面談でのアピール(頑張り)が必要です。

 

申立書に書いた改名理由がうまく伝わっていない、もしくは判断が難しいということなので、主観的と受け取られないように客観的にしっかり伝えることが重要です。

 

もし、緊張してちゃんと回答できるか不安なら、伝えたいことをメモして、それを面談に持参するのもいいと思います。

 

面談は事前審査ですが、改名の必要性をアピールする絶好の場所です。

 

あなたの意思を積極的に伝えていかに理解してもらうかが大切です。

 

あなたの状況や改名の必要性が伝われば、許可される可能性があります。

 

改名の面談(呼び出し)は服装も重要

面談時の服装は裁判所ということもあり、「スーツでなければダメ!」と感じてしまいますが、そこまで堅苦しいものではありません。

 

特に服装の指定はないですが、見た目の印象を良くすることも大切です。

 

見た目で判決が下されるわけではないですが、だらしない人と清潔感のある人では、相手に与える印象が全く違いますよね。

 

面談の服装はスーツ以外のカジュアルな服装でも大丈夫ですが、TシャツやジャージのようなあまりにもTHE 私服は控えましょう。

 

事前面談での服装は、公共の場を考慮した常識的な服装であれば問題ありません。

 

社会人ならスーツを着たりジャケットを羽織る、学生なら制服でもいいでしょう。

 

私はジャケット+スラックスで行きました。

 

女性の場合は、派手な服装、華美なアクセサリー、バッチリメイクには気を付けてくださいね。

 

また、携帯電話の電源は切っておくのもお忘れなく!

 

面談で聞かれたこと・質問内容と対処法

面談で実際に聞かれたことや、気を付けたポイントを書いていきます。

 

改名の面談の持ち物
  • 審問期日通知書(自宅に郵送される)
  • 免許証などの本人確認ができるもの
  • シャチハタ以外の印鑑

 

改名手続きや手順はこちら
>>名前を改名する許可条件と理由とは?日本の裁判所でのNGケースもご紹介

 

1.改名に至った経緯

これは申立書にも書きますが、必ず聞かれることなので、何を聞かれてもしっかり答えられる準備をしましょう。

 

私の場合は具体的な改名理由は控えますが、自分の名前が周囲に大きな混乱を招くことや、戸籍名により普通の名前なら決して味わうことのない経験をするため、長年、精神的苦痛を伴い続けてきたことを伝えました。

 

その上で、社会生活上の支障をより強く訴えるために、具体的なエピソードを話しました。

 

たとえば、手続きがスムーズに行われず、周囲が混乱するため二度手間になるなど。

 

実体験を伝えて、名前による混乱は明白であることや、名前として機能しなかったことをアピールしました。
申立書作成のコツはこちら
>>「改名理由の例文」一発で認められる書き方とは?却下される例もご紹介!

 

2.通称名の使用実績や社会的な通用具合

通称名がどれだけの範囲でどこまで通用しているのかの確認や、周囲はどんな状況なのかを聞かれました。

 

通称名の使用実績は、通称名が使えるものは徹底的に使って集めました。

 

証拠を集める方法はこちら
>>改名に必要な証拠とは?認められる書類や実績の作り方

 

また、身内、友達、職場、などでの通称名の馴染み具合や、私の名前(通称名)は両親が命名をしたことで改名に対して全面的に協力的なことも同時に伝えました。

 

とにかく、広い範囲で積極的に通称名を使用して、社会的に根深く通称名が浸透していること、改名をして新たな名前で生活を始めても周囲が混乱することはないことをアピールしました!

 

通称名の使用実績が少ない人もいると思いますが、ネガティブな発言は印象を悪くするだけなので、いかに通称名を使ったか、ご自身の努力や積極性を伝えましょう。

 

3.同意者の有無

改名するにあたって家族の同意について口頭で確認されました。

 

改名について、家族や周囲はどう思っているのかを先に伝えていたので、「周囲の反対はないですね?」程度の確認だけで、改めて深く聞かれることはなかったです。

 

4.名前の由来や意味

新たな名にはどういった意味が込められているのか。

 

名前の意味やその名前を希望する理由を伝えましょう。

 

私の場合は、面談で審議官(参与員)から質問される前に、名前の由来や命名の経緯を伝えていたので、軽く確認された程度です。

 

5.借金の有無

借金や保証人逃れの可能性があるので、トラブル回避のために、私が申し立てた家庭裁判所では改名する人全員に聞くそうです。

 

大まかにこの5つが面談で話をした内容です。

 

私はこのような内容で改名が認められましたが、同じような理由で却下される人もいるので、担当の書記官や裁判官は寛容な方だったのかもしれません。

 

改名の面談(呼び出し)の時間はあまり長くない

面談は個室で行われますが、裁判ではないのであまり緊迫感はありません。

 

たとえるなら、「就職面接」に近いです。

 

面談の時間は人それぞれですが、だいたい30分程度で終わります。
私の場合は20分くらいでした。

 

また、面談は参与員と一対一の場合もあれば、地域によっては裁判官も同席することがあります。

 

さいごに

改名の面談がない人もいますが、ほとんどの場合はあります。

 

証拠書類(通称名の使用実績)など、追加で提出物があるなら用意をして、しっかり受け答えできるようにしておきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る