改名に必要な証拠とは?認められる書類や実績の作り方

通称名の使用実績と証拠資料

改名の申請で大切な必要書類の一つに証拠書類や資料があります。

 

よく知られている改名の証拠は、永年使用を改名理由とした場合に必要な通称名の使用実績です。
(新しい名前で生活していることを証明する資料のこと)

 

スムーズに改名の申請が許可されるためには、このような改名理由を根拠づける証拠書類を作ることが大切です。

 

ですが、どんな証拠を作ればいいのか、どんな証拠が有効なのか、証拠作りで戸惑う方はとても多いと思います。

 

改名は証拠がないと却下されやすい部分もあるので、私も改名の証拠作りは悩みましたし苦労しました。

 

ここでは、改名の申請が通りやすい証拠書類の作り方をご紹介します。

 

毒親・DV・いじめなど、改名理由別に紹介していますので参考にしてくださいね。

改名には証拠書類が必要

改名の申請がスムーズに許可されるためには、改名理由を証明する証拠書類が必要です。

 

家庭裁判所のホームページには、申請に必要な書類についてこのように書かれています。

 

名の変更の理由を証する資料(通称名を永年使用してきたことを理由とする申立ての場合には,申立時ではなく,事情をお尋ねする日などに,その資料の提示をお願いする場合もあります。)
※ 審理のために必要な場合は,追加書類の提出をお願いすることがあります。
引用元:裁判所|名の変更許可

 

このように、改名の申請をする際に証拠が必要になったり、追加で証拠書類の提出を求められることがあります。

 

改名理由を裏付ける証拠があれば、改名審議が有利に進んだり、審議官(裁判官)の理解を得やすいのは安易に想像できますよね。

 

どんな理由で改名を申し立てるのかにもよるので、証拠がない=認めないということではないですが、できる限り有力な証拠を作りましょう。

 

大人も子供も改名が認められるためには、どんな証拠書類や資料を用意できたのかで判断が大きく変わります。

 

赤ちゃんや子供の改名はこちら
>>赤ちゃんの改名理由とは?成功例と許可のコツもご紹介

 

改名理由の証拠として認められる書類・資料

具体的にどのような証拠書類や資料を作ればいいのでしょう。

 

一般的な改名の証拠として認められやすい書類や資料を以下でまとめました。

 

どの証拠も作るのが難しい‥という方もいると思いますが、ここで挙げている証拠書類や資料はほんの一例です。

 

さまざまな証拠の作り方があります。

 

「どんな証拠を作ればいいのかわからない」「証拠が何もなくて困っている」という方は、「お問い合わせ」から遠慮なくご相談くださいね。

 

許可されるコツや条件はこちら
>>改名の許可条件と認められた判例を徹底解説!裁判所のNGな理由もご紹介

 

根拠を示す記録・資料

 

同姓同名

犯罪者と同姓同名ならその情報がわかる書類など

 

イジメ・DV・ストーカー被害

イジメの経験・ストーカー被害・DV被害の状況がわかる資料

 

証明書・診断書

神官・僧侶の場合

得度証明書(度牒)
(本部が発行したもの以外は認められない可能性がある)

 

性同一性障害の場合

診断書
(ガイドラインを無視した即日発行される診断書は認められないことがある)

 

襲名

営業上の目的で襲名する場合は、代々その名前が引き継がれていることがわかる証拠資料や書類

 

虐待・DV

診断書(精神疾患やケガ)や児童相談所の記録

 

永年使用した通称名の実績

通称名の使用実績とは、長年(永年)通称名で生活しているということがわかる証拠書類のことです。

 

永年使用を理由とした改名で必須の証拠ですが、キラキラネームや精神的苦痛など、他の改名理由の証拠としても役立ちます。

 

あなたが永年使用以外の場合でも、改名理由に合った証拠を集めるのと同時に通称名の使用実績も作りましょう。

 

通称名の使用実績だと、よく実績として使われる郵便物のように、誰でも簡単に別の名前を利用できるものは、証拠能力がとても弱く証拠の価値や質が低くなります。

 

有効な使用実績は公的な書類(公的機関で使用した証拠書類・契約書などの公文書)ですが、本人確認が必要になるので本名以外はほとんど使えません。

 

現実的に通称名が使える範囲はプライベート中心になりますが上手く活用しましょう。

 

  • ネット通販の伝票
  • ポイントカード
  • 手紙
  • 給料明細
  • 名刺
  • 趣味などの会員証
  • 成績表や卒業証書(卒園証書)
  • 社員証(勤務証明書)・学生証
  • 挨拶状

    (暑中見舞い・礼状・同窓会などの案内状)

 

会社や学校で通称名が使えなくても、趣味のサークル(カルチャースクール)などで使った会員証も証拠資料となります。

 

赤ちゃんの場合は、学生や大人と比べて名前を使う機会が少なく、証拠集めは圧倒的に不利です。

 

通称名の使用は義務教育機関であればほぼ認められていますが、高校や大学は断られることがあります。

 

また、いくら通称名で通学していても、卒業証書を通称名で発行するのは難しいですが、学校と交渉してみましょう。

 

通称名で発行された卒業証書は改名の有効な証拠書類ですが、就職を控えている場合、内定後に卒業証書の提出を求める企業もあります。

 

せっかく改名したのにその事実を伝えなければいけなくなるので、いくら卒業証書が有力な証拠だとしても卒業までに早急に改名したほうがいいでしょう。

 

全ての改名の証拠書類や資料は、コピーしたものを家庭裁判所に提出しますが、面談(呼び出し)が実施された際に実物を要求されることもあります。

 

改名理由の証拠になる実績の作り方

  • 価値の高い証拠を集める
  • 通称名をなるべく広い範囲で使用する
  • 日付がわかる実績を集める

 

何でもかんでも証拠書類や資料を作ればいいというわけではありません。

 

改名理由を裏付ける証拠が有効です。

 

公的書類のように信憑性の高い証拠書類や資料を用意しましょう。

 

そして、信憑性の高い公的な証拠書類が効果的なのはいうまでもないですが、家庭裁判所によって何を改名の証拠として認めるのか判断が異なります。

 

たとえば、ネット通販の伝票や名刺など誰でも個人で作れるような書類・資料は証拠として認めない家庭裁判所もあります。

 

せっかく集めた改名の証拠書類や資料が無意味になってしまわないように、通称名をなるべく広い範囲で使用して多種多様な証拠書類を揃えておきましょう。

 

また、改名の証拠書類は日付がわかるものを残しましょう。

 

日付がわからない証拠資料は証拠として認めないことがあります。

 

なるべく日付がわかるものを優先して証拠を作りましょう。

 

裁判官の心をグッと掴む申立書の作成や有利になる証拠の集め方はこちら
>>今しかできない!自分で簡単に改名する方法

 

改名は証拠書類がないと却下される場合も

改名は証拠書類がなくても、許可されることがあります。

 

ですが、実際はどの改名理由も証拠が何もない状態だと、申請すら通らない現実があるのです。

 

たとえ証拠があったとしても、証拠としての価値が低かったり、質や量が乏しいと却下されることもあります。

 

改名が認められるためには、言葉だけでなくその根拠となる証拠を提示して立証できるかが重要です。

 

とくに通称名の使用実績が必須となる永年使用はそれが顕著で、証拠の質にもこだわらなければいけません。

 

もし、あなたが改名の証拠書類が何もない、証拠資料を一つも作れない、という状況にあるなら、改名理由のみで勝負することになります。

 

改名が認められるためには、実情をどのように伝えるのか独特の専門性も必要ですが、申立書の改名理由の書き方や伝え方を工夫しましょう。

 

>>「改名理由の例文」一発で認められる書き方とは?却下される例もご紹介!

 

改名の証拠書類は改名理由の補強なので、それがない場合は申立書の書き方に注意して「いかに改名理由の正当性を上手く説明するのか」がとても重要となります。

 

通称名の使用にはリスクがあるので要注意

  • 戸籍名と通称名の使い分けが面倒
  • 身分証明(本人確認)が必要な落し物を取り返せない
  • 事情を知らない人に通称名だとバレた時に悪い印象を与える
  • 自分が事故にあった時など周囲に混乱を招く

 

改名する上で、多くの方が通称名を使用した証拠作りを行いますが、通称名の使い方には要注意です。

 

通称名を使う際の注意点として、通称名で作った物を紛失した場合は、返金ができない・取り戻せない可能性があります。

 

そもそも本人確認ができないので、紛失物が見つかっても自分のものだと証明するのが非常に難しく対応してもらえないのです。

 

また、名前は対外的な信用問題になるので、社会生活で戸籍名(本名)ではない通称名を使うことで予期せぬトラブルになりかねません。

 

あなたの事情(改名)を知っている人なら別ですが、教えてもらった名前と本名が違うことがわかれば、相手はあまりいい気はしませんよね。

 

トラブルを招くリスクがあることを念頭にいれておいきましょう。

 

他にも、あなたが事故にあったときなど、同行者が通称名しか知らないと混乱することもあります。

 

改名していない限り、本名と通称名の使い分けがどうしても必要なので、あらゆるリスクがあります。

 

リスクに注意して安全に通称名を使用してくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る