改名後の免許証の名前変更は迅速に!期限を過ぎると違反になる!

改名後の免許証

免許証の名前変更のタイミングは、結婚・離婚・養子縁組・改名といくつかあります。

 

改名により免許証の名前変更手続きをすると、新たな名前は免許証の裏に書かれてしまいます。

 

ここでは改名に伴う免許証の名前変更手続き、代理人申請、裏書の対処法などについてご紹介します。

 

また、免許証の名前変更は、早く行わないと違反になってしまうので早急に行いましょう。

 

改名後の免許証の名前変更は速やかに!

免許証は本人確認にも使えるので、改名後のさまざまな名義変更手続きで何かと便利です。

 

役所で戸籍名を変更したら真っ先に免許証の名前変更を行うといいのですが、それ以外にも早く免許証の名前変更すべき理由があります。

 

その理由が名前変更が遅くなると違反になるからです。

 

あまり知られていませんが、戸籍名を改名したのに変更をしないまま放置しておくと、道路交通法違反となり罰則の対象です。

 

第九十四条
免許を受けた者は、第九十三条第一項各号に掲げる事項に変更を生じたときは、速やかに住所地を管轄する公安委員会(公安委員会の管轄区域を異にして住所を変更したときは、変更した後の住所地を管轄する公安委員会)に届け出て、免許証に変更に係る事項の記載(前条の規定による記録が行われる場合にあつては、同条の規定による記録)を受けなければならない。

 

これは改名だけでなく、結婚などによる改姓、住所や本籍変更も同じです。

 

期限の規定はないですが、「速やかに」と定められているので、免許証の記載事項に変更がある場合は、早急に変更手続きを行ってください。

 

改名後は名前変更以外にも影響があります。
>>改名後の手続きは何が必要?影響はどこまであるのか?

 

改名後の免許証の名前は裏書きになる

免許証の名前変更は、手続きを済ませると免許証の裏に新しい名前が記入されます。

 

せっかく改名したのに裏書なんて嫌だ・・と思う方もいるでしょう。

 

そんな場合は再交付しましょう。

 

以前までは改名後の名前は裏書になるのが原則でしたが、令和元年12月1日から再交付手続きの要件が緩和され、紛失や破損以外でも再交付可能となりました。

 

再交付の要件

 

また、再交付費用も3500円→2250円に変更されています。

 

私が改名した当時は裏書が必須だったので、それを避けるために紛失や破損という手段で再交付する方もいました。

 

有効期間が切れる1か月前だと、再発行ではなく免許更新の手続きとなります。

 

更新手続きと再交付を同時に行う場合は、更新手数料のみで再交付の手数料は不要です。

 

免許証の名前変更の手続き場所

免許証の名前変更の手続き(免許証記載事項変更手続き)は2か所でできます。

 

  1. 現住所を管轄する警察署
  2. 現住所を管轄する運転免許センター/運転免許試験場

 

警察署(公安委員会)

住所地を管轄する警察署の窓口で手続きをします。

 

一部の地域では、管轄内に住居していれば交番・駐在所でも手続きが可能です。

 

警察署は比較的人が少なく、近くに警察署があれば手続きが楽です。

 

運転免許センター/運転免許試験場

記載事項が変更できる運転免許センターの窓口で変更手続きを行います。

 

運転免許センターや運転免許試験場は、免許の取得や更新手続きなどで人が多く混雑しがちです。

 

大きな都市にしかなく、自宅から遠い場合もあります。

 

※運転免許センターと運転免許試験場は業務内容は同じです。
各都道府県や施設によって呼び方に違いがあります。

 

再交付は免許センターが確実

各都道府県によっては警察署では再交付手続きができません。

 

運転免許センター(運転免許試験場)でしか手続きができない場合があるので、警察署で手続き可能か事前に問い合わせましょう。

 

また、警察署で再交付の手続きをした場合は、即日交付ができない場合もあります。

 

時間があるなら、免許センター・運転免許試験場で名前変更と再交付の手続きをするのが早くて確実です。

 

私は免許センターに行って、免許証の名前変更と再交付を行いました。

 

免許証の手続きは平日のみ?休日でも可能?

警察署は平日のみ

警察署で名前変更の手続きができるのは平日のみで、土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始は休みです。

 

受付時間の目安

平日:午前8時30分〜午後4時45分

 

運転免許センター/運転免許試験場は休日でも可能

全てではないですが、運転免許センター(運転免許試験場)だと休日でも可能な場所があります。

 

都道府県によって受付時間が異なり、かなり限られるのでご注意ください。

 

運転免許センター(運転免許試験場)は休日はかなり混雑しますが、再交付や名前変更くらいなら早くて30分程度で済みます。

 

受付時間の目安

平日:午前8時30分〜午前11時30分/午後1時00分〜午後4時45分
日曜:午前10時00分〜午後0時00分

 

免許証の再交付は平日のみ

再交付の受付は平日のみで、土曜・日曜、祝日、年末年始は休みです。

 

警察署も転免許センター(運転免許試験場)も原則的に休日や祝日は手続きができません。

 

名前変更の費用や必要な持ち物

  • 運転免許証記載事項変更届(申請用紙)

    窓口に置いてあり、ネットからダウンロードできる自治体もあります。

  • 運転免許証
  • 住民票の写し

    本籍地と旧名を記載し、個人番号(マイナンバー)が記載されていないもの
    マイナンバーが記載されている場合、記載部分をマスキングすることになる

  • 印鑑

    シャチハタなどのスタンプ印鑑は不可

  • 費用

    名前変更のみ無料
    再交付2250円

 

持ち物は都道府県によって微妙に変わり、改名したことがわかる書類が必要になることもあります。

 

私は念のため改名を証明する書類として、戸籍謄本を持参して提出しました。

 

改名後の戸籍はどうなる?記録を削除する方法」に詳細を書いていますが、戸籍謄本は名前変更をしても反映に時間がかかるのでご注意ください。

 

また、住民票は旧名が記載されないことがあるので、改名したことがわかるように戸籍謄本や抄本も用意しておおくといいでしょう。

 

住民票の写しや戸籍謄本(抄本)は、マイナンバーカードか住民基本台帳カードを持っていれば、役所に行かなくてもコンビニで発行することができます。

 

改名後の住民票の詳細はこちら
>>改名後の住民票はどうなる?旧名を記載しない方法

 

免許変更は代理人が手続きできる?

免許証の再交付手続きは本人のみですが、名前変更手続きなら住民票に併記されている方であれば代理人として手続きが可能です。

 

その場合、上記の持ち物以外に代理人の本人確認書類と委任状が必要です。

 

委任者が親族の場合は、本人確認書類から申請者との親族関係が確認できる場合は委任状は不要です。

 

戸籍謄本を用意すれば証明できますね。

 

委任状の書式に決まりはなく、委任者が作成しましょう。

 

委任状は警察署や免許センターのホームページからダウンロードできます。

 

委任状に記載する必要事項と作成例

委任状

代理人
氏名・住所・生年月日・委任者との関係

 

委任する内容
私は上記のものを代理人と定め、運転免許の記載事項の変更に関する一切の権限を委任します。

 

日付(年月日)
委任者
氏名・住所・生年月日・電話番号・捺印

 

さいごに

改名後の免許証の変更手続きは警察署か免許センターで可能です。

 

委任状を作成すれば代理してもらうこともできるので、時間がない方は委任状を用意しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る