改名後の住民票の記載内容と削除方法

改名後の住民票はどうなる?旧名を記載しない方法

改名後の住民票

改名すると戸籍には改名記録が記載されます。

 

戸籍だけでなく、住民票も同様に旧名などの改名がわかる記録が記載されてしまうので、嫌だな・・と不安になっている方もいると思います。

 

ですが、住民票は戸籍よりも扱いの自由度が高く、表面上、改名したことがわからなくできます。

 

ここでは、住民票にはどのように改名記録が記載されるのか、住民票の改名記録と旧名を記載しないための対処法をご紹介します。

改名後の住民票の記載はどうなる?

住民票には氏名の欄に旧名と新名が記載され、備考欄に名の変更日が記載されます。

 

「氏名」
旧名
新名
「備考」
戸籍届出により●年●月●日名前
※旧名が二重線で打ち消される場合もある

 

ただ、改名後の戸籍や住民票の表記方法は地域によって異なるので、役所で戸籍名の変更手続きをした際に住民票を請求して確認しましょう。

 

※住民票とは「住民票の写し」を指します。原本は各市町村、区役所の役場に保管してあるため請求できません

 

住民票に改名前の名前を記載しないためには?

引っ越しする(住所変更)

戸籍や住民票に改名記録が残るのは改名に伴う一つの影響ですが、対処法があります。

 

>>改名の影響はどこまで?弊害や周りの反応

 

住民票に改名前の旧名を記載しないようにするには、住所を別の場所へ移すことで記載されないようにできます。

 

僕は改名後に引っ越しているため、現在の住民票には記載されていません。

 

ただし、移転先が現住所と同じ管轄の役所の場合は、改名前の名前が記載されるのでご注意ください。

 

また、戸籍同様、完全に改名記録を削除することはできず、移転前の住民票(住民票の除票)には改名記録が記載されます。

 

戸籍の手続きはこちら
>>改名後の戸籍はどうなる?記録を削除する方法

 

住民票は記載内容を指定できる

引っ越し以外にも対処法として、住民票記載事項証明書があります。

 

住民票記載事項証明書というのは、前住所や旧姓を知られたくないなどの理由から、住民票の指定された項目について証明できるものです。

 

住民票が必要な場面
  • 通帳などを作る時に本人確認書類を求められた時
  • 免許証を作る時
  • 携帯電話の契約時
  • 住宅ローン控除制度を受ける
  • 児童手当の請求
  • 相続
  • アルバイト・就職
  • 賃貸契約

 

戸籍とは違い、住民票は同じ公的書類でも柔軟に対応できます。

 

住民票は本人確認だけでなく、就職や転職で戸籍謄本や住民票の提出を求められることがありますが、基本的に住民票記載事項証明書で対処できます。

 

住民票記載事項証明書は改名後の新しい名前のみの記述なので、改名前の名前が出ることはありません。

 

住民票は身近で戸籍よりも見る機会があるとはいえ、希望すれば旧名を記載せず必要最低限の記載にできます。

 

もし、住民票が必要になったときに旧名などを知られたくない場合は、住民票の請求者(提出先)にどの情報が必要なのかを聞き、住民票記載事項証明書で代用できることがあるので活用しましょう。

 

住民票に改名記録が記載されているかといって、それを指摘されたり、社会生活で不利になることはないです。

 

僕自身そのような経験はなく、改名したことが記載されているからと言ってそこまで過剰に心配することはないですよ。

 

提出したところで、事務的に確認されるだけですから。

 

住民票の請求方法

住民票の請求方法
  • 手続き場所
  • 住民票を置いている市区町村の役所

  • 必要なもの
  • ・交付請求書(役所に置いてある)
    ・シャチハタ以外の印鑑(申請書が手書きの場合は不要)
    ・本人確認ができる書類(免許書、マイナンバーカードなど)

  • 手数料
  • 200円〜400円

 

住民票の請求は、住所地の役所の戸籍課や住民課で「住民票の写しの請求書」を記入し、本人確認書類と共に提出すれば取得できます。

 

郵送で取り寄せることもでき、その場合は返信用の封筒や申請の手数料分の定額小為替が必要です。

 

手数料は地域が変わるので、あなたがお住いの市区町村の役所のホームページをチェックしましょう。

 

戸籍謄本や抄本もそうですが、住民票もマイナンバーカード(プラスチックのカード)や住民基本台帳カードがあると、コンビニで住民票を取ることができます。

 

対応してるかどうかは、「利用できる市区町村」で確認できます。

 

代理人が請求する場合は、代理人の印鑑(申請書が手書きの場合は不要)・代理人の本人確認ができる書類・委任状が必要です。

 

さいごに

改名すると戸籍だけでなく、住民票にもその記録が記載されます。

 

改名記録は、現住所の管轄外の市区町村へ引っ越すことで住民票への記載を避けることができます。

 

他にも、住民票の各欄(氏名や備考欄)の大きさには制限があるため、欄が満杯になると作り替えることがあります。
(改製)

 

改製した住民票には最新のデータしか載らないので、改名前の旧名は記載されません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

改名は役所のどこでできる?全ての手続き場所を一から解説
改名手続きの流れとは?方法と手順をわかりやすく解説
家庭裁判所の改名手続きの流れとは?全4パターンを解説
【改名理由の例文】一発で受理される書き方とは?
改名の面談(呼び出し)内容とは?服装も気を付けよう
改名の必要書類「通称名の使用実績」の作り方と注意点
改名を郵送で手続きする方法
改名基準「正当な事由」とは?認められた例で徹底解説
改名が認められない理由とは?具体的に解説!
改名対象となる条件とは?何歳からできるの?
改名の定番!永年使用のデメリットとは?
改名の特例!?出家(僧侶)で必ず許可されるのか?
意外と長い!改名期間はどれくらい必要なのか?
最短期間で改名するための重要なポイント
人それぞれ!改名費用は一律じゃない!?
改名は依頼できる?方法は3つある!?
改名に弁護士は無意味?依頼するメリットとは?
改名は司法書士に依頼できる!費用や行政書士との違いとは?
改名の影響はどこまで?弊害や周りの反応
改名はデメリットがある!その対処法もご紹介
改名で後悔した実例を紹介!失敗しないための5つのルールとは?
改名後の戸籍はどうなる?記録を削除する方法
改名後の免許証の名前変更は迅速に!期限を過ぎると違反になる!
改名後の名前を占いで決める方法
改名後の運を占うなら姓名判断!超有名な先生の鑑定サイトをご紹介