前科前歴(犯罪歴)を理由に改名したい!その注意点とは?

前科前歴の改名

前科前歴がついてしまい、ネットの書き込みや記事などでその情報が公開されると実生活で多大な悪影響があります。

 

過去の犯罪歴がネット検索でいつまでも表示されていると、いくら人生をやり直そうと努力しても厳しくなります。

 

前科前歴が理由で「いっそのこと改名したい」と考える人もいるでしょう。

 

不起訴になっても一度でもネット上にあがってしまうと大きな不利益を受けてしまうことがあります。

 

前科や前歴があると改名できないのでしょうか。

 

ここでは前科前歴を理由にした改名事情や注意点をまとめました。

改名は前科前歴があってもできるのか?

改名は前科や前歴があっても可能です。

 

ですが注意点もあります。

 

犯罪歴を理由にした改名は不許可になる

判例もあるのですが、犯罪歴を理由にした改名はほぼ却下されます。

 

不許可・却下の判例
  • 有罪判決が確定し、犯罪者として縁戚者に不名誉を及ぼすことを回避するために名の変更をしたい
  • 正当事由がない

    (前科を隠すというマイナス評価を受けた)

 

前歴などを隠す目的での改名は注意しましょう。

 

前科前歴があっても改名はできる

前述したように、前科前歴を隠すための改名は許可されません。

 

ただし、その改名理由が認められないだけで、犯罪歴や前科がある人が改名ができないというわけではありません。

 

許可の判例
  • 通名を10年以上使用(姓名判断による)
  • 通称名が一般的に信じられる状態である

    前科を隠す不当な目的が認められない
    広島高裁岡山支部/昭和52.4.25

 

判例のように前科や前歴があっても改名が認められます。

 

改名はあくまでも条件や基準を満たせば可能なので、犯罪歴の有無は関係ありません。

 

改名を検討している方はこちら
>>改名の条件は2つ!何歳からできるの?

 

誹謗中傷だけなら削除を試す

ネット上に公開された犯罪歴ではなく、誹謗中傷でお困りの場合は、いきなり改名ではなく、削除依頼することで大幅にダメージを軽減できる可能性があります。

 

ネット上の犯罪歴の削除は厳しいですが、本人や家族などの誹謗中傷の投稿記事や書き込みは削除できる可能性が高いです。

 

削除依頼は対応してもらえるかはわかりませんが、ネット上にある書き込みや記事を見つけたら、その投稿者や管理会社に、直接、削除をお願いしてみましょう。

 

実名や前科の公開による影響は広範囲に及ぶ

えん罪もそうですが、執行猶予つきや服役して刑務所から出てきても、一度、ネット上にその情報があがると、犯罪者や犯罪者扱いで名前がずっと残ってしまいます。

 

誹謗中傷もそうですが、ネット上に犯罪歴やそれに関する情報が拡散されてしまうと、どんな内容であれ、仕事、家庭、人付き合いなど社会的に大きな影響を受けます。

 

犯罪歴が拡散されるだけでなく、本人や周りの人間(家族など)が誹謗中傷されたり、ウソ情報が広がってしまうこともあり、そのダメージははかり知れません。

 

職場をクビになる

犯罪歴を知った職場の社員から不当な扱いを受けてしまうことがあります。

 

再就職先が見つからない

ネット検索で名前が出てくることで過去の犯罪歴が知られてしまい、再就職が難しくなったり、一度決まった就職が取り消しになることもあるようです。

 

家族や知り合いに被害が出る

本人だけでなく、家族も「犯罪者の家族」として見られ、会社や学校で差別を受ける恐れがあります。町内で噂になり、家族が肩身の狭い思いをしてしまうことも。

 

結婚が難しい

交際や結婚は当人同士に問題がなくても、相手側の家族が反対し、結婚を諦めなければならない状況になることがあります。

 

賃貸が借りられない

逮捕歴や前科があると、賃貸契約の審査に通らず、マンションやアパートなどが自分の名義で借りられないことがあります。

 

信頼が失われる

ネット上に実名と犯罪歴が載ってしまうと、怖がられたり、偏見がある人もいるので、その情報を知った人と信頼関係が築けなくなることがあります。人間関係が築けないだけでなく、社会的信頼が欠け、社会生活で多くの弊害が出てしまいます。

 

ネットで一度拡散された情報は半永久的に残る、、

新聞社などネットニュースの記事はある程度、期間が過ぎれば情報が削除されますが、個人サイト、SNS、掲示板など、一度ネットにあがってしまった情報は半永久的に残り続けます。

 

そして、その不利益も半永久的に続くということ。

 

決してネット上から犯罪歴を削除できないわけではないですが、どんな情報も完璧に削除することは困難です。

 

前科前歴や事実無根の情報がネット上に蔓延すると、更正してちゃんと生きている方にとってはとても耐えられないことだと思います。

 

そういったネット被害を防ぎ、自分に不利益が出ないように対処する方法は、

 

  • ネット上の削除依頼をする
  • 戸籍名を改名する

 

この2つしか方法はないのかな?と思います。

 

さいごに

犯罪歴の有無は改名の条件とは無関係ですが、「犯罪歴を隠す」という理由はほぼ認められません。

 

早く名前を変える方法として、改姓なら結婚や養子縁組がありますが、可能な方は親戚(養子縁組)などにお願いしてみましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る