出家は改名の特例!?僧侶で許可される理由

出家による改名

宗教上の改名は特例として許可ケースと却下されるケースがあります。

 

改名が認められる宗教上の理由には、神職や出家(僧侶)などがありますが、実際はどうなのでしょう。

 

得度を終えたのですぐにでも改名したい!という方もいるかと思いますが、理由によって裁判所が申し立てを却下することがあります。

 

ここでは、出家や得度で僧侶になったことを理由にした改名事情について解説します!

 

また、出家以外に許可されやすい特例の改名の理由として襲名もあるので、そのあたりもご紹介しています。

出家は特例で改名が許可される理由になる?

 

出家で僧侶になったことを理由にした改名は、許可されやすい改名の特例となる理由です。

 

なぜ出家や僧侶は改名が許可されやすい理由なのか、どんな事情なら許可されるのかを解説します。

 

僧侶を理由にした改名は許可されやすい

 

出家や僧侶となった場合は、職業上、改名が必要になる場合があるので、どの改名理由よりも許可されやすいです。

 

宗派によって改名が義務付けられていることがあるため、出家(僧侶)を理由にした改名は許可されやすいのです。

 

改名の許可条件には「正当な事由」があり、出家や僧侶などは「正当な事由」として裁判所が許可する改名理由となります。

 

申立書(名の変更)にある申し立理由の欄に「神宮・僧侶になった」があるように、出家や僧侶という理由は許可される改名の理由というのがよくわかります。

 

出家による改名は出家詐欺で利用されるくらい許可されやすいですからね。

 

僧侶を辞めたという理由も許可される

 

僧侶になった際に改名する方が多いですが、その逆のケースもあります。

 

僧侶になったことを理由に改名が許可されますが、僧侶を辞めた場合にもそれを理由に改名が許可される傾向です。

 

僧侶の所属先や宗派の変更でも改名できる

 

人によって、僧侶になって2回目の改名が必要になるときもあります。

 

たとえば、出家して僧侶になったもの、所属する寺院が変わるという状況です。

 

僧名は宗派独特の名前が与えられるため、寺院が変われば別の僧名になり、再度、改名が必要になることがあります。

 

僧侶の所属先の変更を理由にした2回目の改名も許可される傾向です。

 

 

僧侶になると宗教上改名が必要なのか?

 

出家で僧侶になったことを理由にした改名は許可されやすいですが、そもそもなぜ僧侶になると改名するのでしょう。

 

僧侶になると改名する理由について少し触れたいと思います。

 

そもそも出家とは?

 

出家とは、僧侶として生きるために世俗を離れて仏門に入ることを指します。

 

僧侶になるためには、仏教の世界に入るための得度と呼ばれる儀式を受け、その証に僧名(法名)が与えられます。

 

得度を受ければ僧侶になれるわけではなく、そこから寺院で数年間の修行を行うと僧侶になれます。

 

また、得度はすぐに受けられるわけではなく、仏教に関する深い知識を得るために仏教系の学部がある学校へ進学したり、直接寺院を訪ねて修行します。

 

出家をしても改名しない僧侶もいる

 

出家して僧名をもらうと同時に改名するのが基本のようなので、出家と改名は強い結びつきがあります。

 

改名が義務付けられている宗派があるので、そうなると戸籍から名前を変えるのは必須です。

 

僧侶にとって布教は1つの社会活動なので、宗教活動の支障をなくす上でも改名は重要な意味を持ち、改名の必要性も高まります。

 

ですが、改名が義務でない宗派もあり、名前を変えない僧侶もいます。

 

出家して僧侶になったからといって、必ず改名しなければいけない、ということではないようです。

 

得度や僧侶だけで改名は却下される

 

ここでお伝えしているように、基本的に出家による宗教上の改名は認められている傾向です。

 

ですが、出家のように宗教上の理由としても、一般的な改名と同じように出家も却下されるケースがあります。

 

これは最初に少し触れましたが、出家詐欺で利用されることもあるのでその影響もあります。

 

出家や僧侶を理由にした改名は許可されるのが通例でしたが、今では裁判所の判断も厳しくなっています。

 

改名の特例と言える理由ですが、出家や得度を理由にしたり僧侶になったことが改名の理由でも、確実に改名が許可される理由というわけではないのです。

 

出家・得度・僧侶を理由にした改名には、許可されやすい理由と却下される理由があります。

 

出家や得度など僧侶を理由とした改名の申し立てについて、許可と不許可の判例を用いてご紹介します。

 

得度や出家で却下される理由と事例

 

  • 宗教活動が一部に過ぎない
  • 得度などの儀式が形式だけ
  • 在来出家である
  • 通称などの証拠がない
  • 得度をしてから期間が短い
  • 入信している宗教団体から改名をすすめられた
  • 信仰している宗教にまつわる名前にしたい

 

こういった状況だと、たとえ出家で僧侶になったとしても、それを理由に改名が却下される可能性があります。

 

出家して僧侶となるための最初の儀式に得度がありますが、得度を受けて僧侶になったとしても、形式だけで実質を伴わない場合は却下されます。

 

個人の思想や宗教の信仰上の理由も認められません。

 

出家や得度で却下された事例

 

たとえ僧侶の分限を取得し法名を称していても、宗教活動がその者の社会活動の主要面を占めることなく一部に過ぎない場合は、改名の「正当な事由」に当らない
単に社会活動の一部に支障があるということだけでは、名の変更を認める合理的必要性が乏しい
福岡高裁宮崎支部昭38.6.27

 

特定の寺の住職として寺を管理・運営するのではなく在家出家で僧侶となった場合、社会生活上何ら変動はなく、正当な事由があるとは認められない

新潟家庭裁判所三条支部 昭和44年(家)1215号 審判

 

申立人は教員の職にあり、僧侶となるための修行を積んだことがなく、そのかたわら僧職をつとめる意向であるため、改名することで社会的支障が広範囲に及ぶ

名の変更をしなければならない必要性が存在せず、入僧籍の一事をもって当然に改名の正当事由があるとするわけにはいかない
大分家庭裁判所竹田支部 昭和43年(家)84号 審判

 

出家や得度で許可されやすい理由と事例

 

  • 宗教活動が生活の大部分を占める
  • 実生活で法名や僧侶名の実績がある
  • 住職として寺を管理運営している

 

出家や僧侶を理由とした改名で却下された事例を参考にすると、上記のような理由があれば許可される傾向です。

 

僧侶としていかに実生活で社会活動しているかが重要というのがわかりますね。

 

得度を受けても修行などの期間も大切になります。

 

また、得度を受けたり、僧侶になった期間が短くても、法名や僧名の使用実績があれば、許可される可能性があります。

 

得度を受けてから授かる法名や僧名を積極的に生活の中で使用するといいでしょう。

 

改名の理由を証明する証拠となります。

 

 

出家や得度で許可された事例

 

宗教生活態度から僧侶の職に従事しているものと認め、得度による僧侶への変更が認められた

昭和36年12月18日/福岡高等裁判所/昭和36年(ラ)147号

 

僧侶になる意思は強く、学業の合間に宗教活動も実践し、僧名を使用したこともあることから、抗告人は、今後も僧侶の道を進むであろうことが推認され抗告人の切望する進路の実現に資することになり、抗告人の今後の生活に有益である
改名が他の者に対し格別の不利益や弊害を及ぼすとは考えられないことを考慮し正当な事由があるものと判断される
高松高裁決定平成9年10月15日(家月50巻3号42頁)

 

約5年前から信仰の道に入り、得度を行い僧名を受けた
自宅に仏壇を設け、ひたすら信仰の道に入り、自宅その他信者方に出向いて信者に仏による衆生済度の道をとき且菩提の供養をなしている
僧名に改名しないと真実仏の道に没入し得ないと信じていること等が認められるので以上の宗教生活態度からすれば抗告人は僧侶の職に従事しているものと見て妨げない
福岡高等裁判所 昭和36年(ラ)147号 決定

 

襲名を理由にした改名も許可されやすい

 

宗派によって改名が義務付けられていることがあるため、出家(僧侶)を理由にした改名は許可されやすいです。

 

その出家以外に改名が認められやすい特例として、襲名を理由とした改名があります。

 

襲名というと、歌舞伎役者や落語家が芸名(名跡)を継ぐことで知られていますが、営業上の目的から老舗の当主が長年の慣行として襲名を行う場合もあります。

 

(襲名は精神的苦痛による改名と同じように、申立書の記入蘭のその他にあたります)

 

長く続いているお店で先祖代々引き継がれている名前を襲名し、歌舞伎役者などとは違って芸名を継ぐのではなく、戸籍の名前を変えることがあります。

 

襲名で改名する場合は、襲名した事実を証明する必要がありますが、出家と同様に比較的許可されやすい改名の理由です。

 

ただし、改名はあくまでも「正当な事由」があることが条件です。

 

出家と同様に改名しなければならない正当性がなければ、改名の特例とされる「出家(僧侶)」「襲名」を理由にした改名でも許可されません。

 

裁判所に「戸籍の名前を改名しなくても生活で支障がない」と判断された場合は却下されます。

 

 

襲名で許可された事例

 

家の承継を象徴する襲名で名の変更が許可された事例

→過去350年の永きに亘る父祖伝来の家業について、歴代の当主が本件申立にかかる名を襲名しており、得意先に対する営業広告にもその氏名の者が経営を統括することを明記しそれによって会社の信用の維持、拡大を計っており、また、取引先と認められる25の商店、会社等がいずれもその伝統と特色を持ち続けることを望み、その上に取引の信用が成立っている等判示事情のもとにおいては名を変更する正当な事由がある
東京高裁/昭和44.6.11

 

襲名で却下された事例

 

襲名による名の変更は、先代の死亡により職業を継承するとかその地方の慣習として世帯の代表者としての呼称のため欠くことができないというような特別な事情があって、襲名をしなければ日常生活上著しい支障を生ずる虞れがある場合は格別、先祖代々長男の地位にある者が家督相続に伴い襲名する慣行があるというだけでは正当の事由があるとはいえない

大阪家裁/昭和46.2.23

 

出家や僧侶を理由にした改名のまとめ

 

出家や僧侶を理由にした改名は許可されることが多いですが、必ずしも、出家したり得度をしたからといって、改名が認められるわけではありません。

 

襲名も特例として改名が許可される傾向です。

 

裁判所に改名を申し立てる際は、僧侶や襲名の証拠を用意するといいでしょう。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る