赤ちゃんの改名理由とは?子供は早いほど成功しやすく有利になる!

赤ちゃんと子供の改名理由

子供や赤ちゃんの改名理由はさまざまあります。

 

その中には複雑な家庭事情もあるでしょう。

 

実は子供の改名は早いほど有利になり、赤ちゃんは認められやすい傾向ですが、逆に不利になる部分もあります。

 

ここではどんな改名理由があるのか、子供の改名で親が注意すべき点や認められやすいポイントなどをご紹介します。

子供や赤ちゃんの改名は大人よりも難しいのか?

決して簡単ではない

まず忘れてはならないのが、子供(赤ちゃん)や大人に関わらず、改名はすぐに認められるようなものではありません。

 

もちろん、改名理由によるのですが、ネットで調べただけでも「却下された」「認められなかった」という話はゴロゴロ出てきます。

 

赤ちゃんの改名は早い方が有利

子供だから(赤ちゃんだから)と簡単に改名できるとは限りません。

 

日本(裁判官)は改名に消極的ですが、大人の改名と比べると子供や赤ちゃんの改名は認められやすい傾向です。

 

その理由の一つに、名前の通用度合いがあります。

 

とくに1歳未満の赤ちゃんや、保育園に入園する前の幼児は、社会的に今現在の名前の通用度が低いです。

 

そのため、戸籍名が変わっても周囲が混乱する可能性が低いと想定されるため、許可されやすくなっています。

 

大人とは違い、社会生活がない赤ちゃんの場合は、戸籍名を変更しても社会的な影響はほとんどないですからね。

 

なので、生後間もない赤ちゃんの改名は、成人や小中学生の子供と比べれば、改名のハードルが低くなります。

 

今は赤ちゃんですが、保育園(幼稚園)に入園したり、小学校に入学すると、子供の名前を公的書類に記入したり、名前を使う機会がぐっと増えます。

 

子供の将来を考えて混乱を招かないためにも、なるべく早い段階で赤ちゃんのうちに改名してあげる方がいいでしょう。

 

改名しやすいこの時期(赤ちゃん)を逃さず、とにかく早期に申し立てることが重要です。

 

もちろん、早く申し立てればいいだけではなく、許可が得られるように入念な準備と対策が必要ですが、子供のうちなら自力で改名しやすいですよ。

 

スムーズに改名するために、許可条件や手続きについてしっかり把握しておきましょう。

 

>>改名の許可条件とは?名前を変える手続きの費用や流れを全て解説

 

子供に多い改名理由とは?

子供の改名理由でよくあるものがこちらです。

 

命名の経緯にトラブルがある

父母のどちらかが一方的に名付けたり、命名方法でトラブルになるなどの理由から、改名を希望するケースがあります。

 

命名トラブルによる日常生活での支障があれば、改名は認められています。

 

許可された判例
  • 命名が親権者間で十分に協議されず、父の独断で命名
  • 届出後、短期間で申し立てた場合において名の変更による社会的影響が極めて少ない

    鳥取家裁米子支部/昭和42.2.16

  • 独断による命名
  • 父母が共同親権者である場合には父母が協議のうえ、命名すべきものであり、その一方の意思に反し他の一方の意思のみに基づくものである限り、その届出は有効ではあるが命名は違法である

    函館家裁/昭和45.10.22

  • 初めての子供に父の昔の恋人と同じ名をつけた
  • 母親はそのことを知らない

    家庭や子供自身の社会生活上生活上に支障を及ぼす
    前橋家裁沼田支部/昭和37.5.25

 

また、誤って別の名前で出生届けを出してしまうケースもありますが、出生届けを取り消すことはできないため、この場合も改名(名の変更の申し立て)が必要です。

 

稀に訂正できる場合もあるようですが、ほとんどが改名の申し立てを行うことになります。

 

名付けに後悔

  • こだわりすぎてキラキラネームにしてしまった
  • 名前(漢字)に変な意味があることを知った
  • 正しく読んでもらえない

 

など、名付けに後悔して改名するパターンも案外多い改名理由です。

 

dvや離婚

家庭事情が改名理由になることもあります。

 

離婚原因にもよりますが、元夫や元妻にストーカーされたり、DVを受けていてトラウマがあるなど、子供が平和に暮らせないなどの理由から必要に迫られて改名する方もいます。

 

この場合は、子供と一緒に改名することがあります。

 

>>親と子供の改名理由とは?どんな事情があるのかを調査

 

子供の改名で却下される理由

証拠がない・使用期間が短い

通称名の使用実績がなかったり、改名理由を証明する証拠がなくても、「正当な事由」さえあれば改名は許可されます。

 

前述したように、通称名の使用期間が短くても子供や赤ちゃんの改名の場合は認められやすい傾向です。

 

ですが、たとえ子供の改名でも、証拠がなかったり、使用期間が短い状態での申し立てだと、これを理由に認められないこともあります。

 

大人も子供もスムーズに改名許可を得るためには、明らかな戸籍名による重大な支障がない限り、証拠の有無が一つの重要なポイントです。

 

また、子供の改名は、入学や卒業のタイミングで申し立てる傾向がありますが、タイミングのメリットよりも使用期間や証拠の質が優先され、それが不十分だと却下されることがあります。

 

不許可の判例
  • 生後1年未満の幼児が通名を使用
  • 戸籍名による本人の同一性識別について支障をきたす程度に至っていない

    大阪高裁/昭和40.1.28

  • 姓名判断による通称を約6年間使用(小学校に入学したばかり)
  • 戸籍名を通称に変更しなくても支障がない

    福岡高裁/昭和30.4.30

  • 通称を7年使用(7歳児)

    小学校において戸籍名を使用したくない

  • 通称の使用期間はさほど長期にわたるものではない
    社会的使用分野も限られている
    広島高裁岡山支部/昭和33.10.17

 

改名理由に合理性がない

姓名判断もそうですが、親の都合(宗教的理由や個人の主観など)は認められません。

 

不許可の判例
  • 通称を2年半使用(2歳児)

    本人は出生後周囲から戸籍名で呼ばれたことはない

  • 改名の動機が宗教的理由である
    東京家裁/昭和35.10.30

 

いくら子供や赤ちゃんの改名が認められやすくても、改名は正当な事由として「名前による甚だしい支障」があると判断された場合に許可されます。

 

改名が認められるためのコツや注意点

子供の改名時期は節目が良い

人生の節目は改名が成功しやすいタイミングと言えます。

 

子供なら、入園、入学・卒業などの節目がいくつもあります。

 

節目を迎える時期に合わせて申し立てましょう。

 

子供の改名は早ければ早い方がよく、赤ちゃんならなおさらです。

 

「生まれたばかりの子供ですが、何歳から改名できますか?」というご相談もありますが、改名に年齢は関係ありません。

 

15歳以上でなければ本人が申し立ててなどの手続きができない、というだけです。

 

乳児だと、社会的に戸籍の名前が定着しておらず、改名の影響が最も少ないため、改名しやすい時期と言えます。

 

戸籍名の社会的な定着度が重視され、実際に子供の年齢を考慮して、改名が許可された判例があります。

 

許可された判例
  • 生後4か月の乳児
  • 名の変更は弊害が少ない

    大阪高等裁判所/平成12.5.29

  • 生後間もない乳児の名の変更
  • 生後5か月しかたっていない乳児については、その名が社会的に通用しているとも言えず改名しよる社会的影響は少ない差支えがない

    東京高裁/昭和51.12.8

 

不利な面もあるので要注意

赤ちゃんのように改名は年齢が若いほど有利ですが、不利な面もあります。

 

  • 証拠集めがあまりできない
  • 戸籍名による支障の説明が難しい

 

一番は、名前を使う機会が圧倒的に少ないことです。

 

改名しやすい理由として「名前の通用度合いが低いこと」をお伝えしましたが、これは不利な理由にもなるのです。

 

たとえば、証拠集めの代表的なもに通称名の使用実績がありますが、赤ちゃんとなると、成人のように名前を社会的に使う場面が極めて少ないです。

 

少ないというより無に等しいので、基本的に通称名を使った証拠作りができないので、思うように改名の準備ができないのが難点です。

 

また、赤ちゃんの改名の場合、社会的に名前を使う場面が少ないので、戸籍名による支障や弊害の説明が難しいので、そこも不利な部分です。

 

幼い子供の改名全般で言えることですが、子供の改名は親目線で訴えがちです。

 

個人の主観は通用しないので、改名の正当性を主張するために、申立書の書き方(改名理由)には十分注意してください。

 

子供が小さなうちに早く改名するならこちら
>>今しかできない!自分で簡単に改名する方法

 

さいごに

幼い子供(赤ちゃん)の改名は、子供ではなく親目線になりがちです。

 

いくら子供の為と思っていても、どうしても親の都合を優先して考えてしまう傾向です。

 

感情的にならず、冷静になってお子さんの改名準備を進めてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る