k2.jpg


名前を変える方法(改名)は2つあります。



  • 名前の漢字変更(漢字→ひらがなも含まれる)
  • 名前の読み方変更


名前の漢字変更と読み方変更は手続きが全く違うので、難易度も変わります。



どのような方法で漢字や読み方を変更するのか、それぞれの手続きについて解説します。



大人も子供も改名の手続きは同じですが、子供の方が認められやすいです。詳細は「子供の改名成功は××入手とタイミングが鍵!」を参考にしてください。



漢字はそのまま!読み方を変更する手続き



例:卓(たかし) → 卓(たく)
例:裕子(ゆうこ) → 裕子(ひろこ)


名前の読み方変更はプチ改名とも言われ、「名前の読み間違いが頻発して不便」「読みやすくしたい」などの理由から変えます。



>>すぐにできる!戸籍名を変えない「プチ改名」とは?



あまり知られていませんが、実は読み方を変えるだけなら簡易手続きで済みます。



というのも、出生届には読み方の記入欄があり、名前の漢字だけでなく読み方を含めて住民登録しています。



でも、戸籍もそうですが、住民票の名前に読み方(フリガナ)は記載されていません。



お住まいの地域によっては記載しているところもありますが、便宜上、記載してあるという程度で、法律上、戸籍に読み方を記載する必要がないので読み方の変更は改名には当たりません。



そのため、読み方の変更手続きは、家庭裁判所を通さなくても、届け出を提出するだけで簡単に変更することができます。



km10.jpg


管轄の役所(区役所・市役所・町役場・村役場)にある戸籍課で変更手続きをして完了です。



名前の読み方を変更した場合でも、免許証や保険証など、名前が登録されているものは全て変更手続きが必要なのでお忘れなく!



キラキラネームは読み方変更で済む場合もある



キラキラネームは使われている漢字によって、読み方だけの変更で済むケースがあります。



例:光宙(ぴかちゅう) → 光宙(みつひろ)

例:光輝(おーろら) → 光輝(こうき)

例:七音(どれみ) → 七音(ななお)

例:桜(ぴーち) → 桜(さくら)



このような、難読でも常識的な漢字の組み合わせなら読み方を変更するだけで一般的な名前にできます。
(七音は漢字の組み合わせがキラキラネームっぽいですが)



ただ、漢字の組み合わせがいかにもキラキラネーム寄りだったり、黄熊(ぷう)や心愛(ここあ)のような変わった名前が多いので、読み方だけで対処できる人は限られてくるでしょう。



実在するキラキラネームや、名前が招くトラブルを紹介
>>キラキラネームは損!医療現場や就職で増えている深刻なトラブル



手続き方法は管轄の役所によって変わる



読み方の変更は簡単にできますが、お住まいの地域(管轄の役所)によって対応が変わります。



役所とゆうより担当者によって変わるのですが、「名前の読み方を変更したい」と伝えても、「できない(手続きがいらない)」と言われることがあるようです。



最初に書いたように、名前の読み方は便宜上に記載させているものなので、戸籍などには基本的に読み方の記載はなく、法的な縛りが全くありません。



なので、許可を得る必要がなく、読み方の変更は法的に見れば不要です。



ですが、フリガナ付きで出生届を出すので、役所によって住民票の写しにフリガナを載せている自治体があったり、役所が管理しているデータベースではフリガナが登録されているので、名前の読み方を変更するなら変更手続きが必要です。



変更方法は届け出を提出するだけですが、所定の用紙が用意されていたり、電話一本で終わるところもあり、手続き方法が役所によって異なります。



もし、担当者に「できません」と言われたら、他の担当者に読み方の変更について確認してもらったり、「登録内容(名前のふりがな)を変えたい」としっかり伝えましょう。



ひらがなや漢字の変更手続き



例:広治(こうじ) → 光治(こうじ)

例:由香(ゆか) → 里菜(りな)



名前の読み方を変更する・しないに関わらず、漢字を一部でも変更する場合は、家庭裁判所の許可が必要です。



km10-1.jpg


家庭裁判所から許可されるためには、多くの条件や基準をクリアする必要があるので、読み方の変更と違い、年単位の時間がかかったり入念な改名の準備が必要です。



これは平仮名やカタカナの名前→漢字に変更、漢字→ひらがなやカタカナに変更する場合も同じです。



改名の許可基準はこちら
>>日本の改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?



まとめ



漢字変更も読み方のみの変更も「名前を変える」とゆう部分は同じですが、改名に要する期間や手続き内容が全く異なります。



まずは漢字変更なのか、漢字はそのままで読み方変更だけで済むのか、あなたにとって何が必要なのかを検討しましょう。