脱名前コンプレックス!改名する方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある疑問を解消記事一覧

改名は家庭裁判所の許可を得る必要があるので、申し立て自体は比較的簡単ですが、許可を得るのが難しく、一度目の申し立てで却下されることは珍しくありません。なぜ、日本では改名が難しいのか、主に4つの理由が挙げられます。

改名は悪用の懸念があるためか、純粋に改名したいだけなのに、借金があるだけで変に怪しまれたり、疑いをかけられて改名できないのでは?となんだか不安に感じてしまいますよね。ローンや借金があると改名できないのか、審議で不利になるのでしょうか。

就職や転職で普段から使っている通称名を履歴書に書いて提出したい人、すでに行ったことがある人もいるでしょう。僕自身、過去に通称名で履歴書を書いた経験があるのですが、その時は「改名」という「やむを得ない理由」があるのだから、履歴書に通称名を書いたって何の問題もないだろう、と思っていました。でも、心のどこかで「これって違法や詐称になるんじゃ・・」と不安も感じていたんですよね。今さらですが、履歴書に通称名...

世の中にはさまざまな苗字(氏)があります。佐藤や鈴木などの一般的な苗字から、四月一日(わたぬき)や苫米地(とまべち)などの、一見すると読めないようなものまで幅広いですよね。ご先祖様の影響ゆえに、生まれたときから不思議な苗字を背負っている人からすれば、もしかしたら苗字が原因でイヤな思いをしたことがあるかもしれません。苦い思い出を持っている人も少なくないでしょう。そうなるとあたまに浮かぶのは苗字の変更...

改名する理由は、名前が招く悩みや苦痛などのデメリットを無くすためですよね。でも、名前を変えることは、悩みを解消する大きなメリットになりますが、少なからずデメリット(リスク)もあります。

宗教上の改名は特例として認められるケースと却下されるケースがあります。改名が認められる宗教上の理由には、神職や出家(僧侶)などがありますが、実際はどうなのでしょう。ここでは、出家ってなんぞや?ということから、出家を理由にした改名や認められないケースについて解説します!また、出家以外に認められやすい改名の特例として襲名もあるので、そのあたりも紹介しています。

前科や前歴がついてしまい、ネットの書き込みや記事などでその情報が公開されると実生活で多大な悪影響があります。過去の犯罪歴がネット検索でいつまでも表示されていると、いくら人生をやり直そうと努力しても厳しくなり、「いっそのこと改名したい」と考える人もいるでしょう。不起訴になっても一度でもネット上にあがってしまうと大きな不利益を受けてしまうことがあります。ここでは前科や前歴がある場合の改名について書いて...

通称名は改名のためだけでなく、様々な理由から通称名を使いたい人、すでに使っている人がいます。日本では通称名を使うためには、家庭裁判所から許可が必要だったり、何か申請して登録する必要があるのか、どんな人なら使えるのでしょう。

あらゆる情報は、ネットを使えばあっという間に拡散されてしまいます。ここでは、ネット上に拡散された誹謗中傷、犯罪歴(前歴)・前科の書き込みや投稿記事の削除方法について書きます。