キラキラネームのトラブルと影響

キラキラネームのトラブルが深刻すぎる!その影響とは?

キラキラネームのトラブル

「キラキラネーム」が社会に浸透するようになってからはや十数年。

 

親が良かれと思って名付けた名前が、キラキラネームやドキュンネームと揶揄される時代です。

 

たびたびニュースを賑わすこともあり、いつまで経ってもキラキラネームに対する世間一般の嘲笑感がぬぐえていないように感じられます。

 

当て字とすらいえないものから、ぎりぎりなんとか読めるものまで、「こんなの、よく思いつくな」という名前が目立つキラキラネーム。

 

現代にいたってもトラブルや各所での悪影響が問題視されており、深刻な社会問題にまで発展しているケースも報告されています。

 

ここでは、キラキラネームが抱えるトラブルや影響についてご紹介します。

トラブルだらけ・・キラキラネームによる社会問題とは?

キラキラネームがかかえる闇は深く、一般的な名前であればそんなことが起きるはずもないだろうと思われることでも、簡単にトラブルや悪影響を及ぼしてしまいます。

 

それほどまでに、キラキラネームには多くの問題点があるのです。

 

名づけられたその日から人生がハードモード

両親が昼夜を徹して一生懸命つけてくれた名前。

 

それがキラキラネームだったら、あなたの人生はその日からハードモードが確定します。

 

というのも、わたしたち日本人は、異常なまでにキラキラネームに過剰に反応する傾向にあり、名前だけで人格までも勝手に判断されがちだからです。

 

キラキラネームだからといって性格や人間性までも決めつけられてしまうのはとても悲しく、つらいことです。

 

しかし、日本ではまだまだ本当の意味で受け入れ態勢ができていないため、子供の時点でたくさんのハードルを越えていくきびしい人生になる可能性が非常に高いです。

 

改名を検討されている方はこちら
>改名申請は郵送でOK!必要な手続きと手順を全て解説!

 

学生時代にいじめの対象になりやすい

いじめ

キラキラネームの最初の難関は、学生時代に訪れます。

 

保育園・幼稚園、小学校低学年くらいまではまだキラキラネームの違和感に同級生が気づいていないので、比較的安全に過ごすことができますが、これが高学年、中学、高校となると話は別です。

 

子供は無邪気に残酷なので、深く相手の気持ちを汲み取ることができず、名前をバカにされる可能性もゼロではありません。

 

いじめへと発展したケースもあり、キラキラネームは決して軽視できないのです。

 

有名な学校を出ていても就職に悪影響がある

就職活動

学生時代を無事に切り抜けたとしても、次の社会の荒波は、さらに厚い壁となって立ちはだかります。

 

いざ、就職しようと思っても、キラキラネームというだけで書類審査の時点で落とされてしまうこともあるのです。

 

人事担当者が年配の場合はとくにそういう傾向にあり、名前が読めない、キラキラネームだから多分使えない、など、名前だけですべてを判断して、不採用の判を押されるのが現実です。

 

>キラキラネームは就職に不利!?原因は名前だけじゃない!

 

緊急搬送時などに名前の確認ができない

緊急時や災害時

キラキラネームの影響は、なにも会社だけではありません。

 

公共機関で呼び出しに弊害が出ることも想像に難くありませんよね。

 

救急車で緊急搬送されるときに名前が読めない、スムーズに搬送先に患者の名前が伝わらない。

 

名前が読めないと、搬送先に救急車内から電話で名前を伝えるときに、通常では使わないような漢字や読み方をするのでかなり苦労するそうです。

 

常識的な漢字や読み方の名前でないと、正しく名前が伝わらずカルテを作り間違えてしまい、医療業務に支障が出ています。

 

(この件について現役医師が「キラキラネームの弊害について」twitterでつぶやいて拡散していましたね)

 

人の名前を間違えるな!とクレームもあるようですが、解読不可能な名前は医療現場の混乱を招き、どうしてもミスのリスクが増えて、医療トラブルを招きかねないのです。

 

また、名前確認に手間取ると余分に時間を使うので、緊急時は命の危険性も高くなります。

 

震災の時に読めない名前が多くて、安否確認に手間取ったという話もあるようです。

 

親の評判が悪くなる

親の評判が悪い

奇跡的にキラキラネームがつけられた本人にはなんの悪影響がなかったとしても、名づけた張本人である両親の評判については悪評になることもあります。

 

現代の日本ではキラキラネームは生きていくのに不利であるといわれており、それが社会的にも浸透している状態です。

 

そんな中、あえてキラキラネームをつけるとは一体どういうことだ?と周りからは思われてしまいます。

 

さらに、「キラキラネームをつける=両親の育ちが悪い」と判断されてもおかしくはなく、子供も親も世間から白い目で見られる、なんてことも想定されます。

 

実際に周りの目が辛くて、キラキラネームを名付けたことに後悔し、子供の名前を改名する親も珍しくありません。

 

>キラキラネームで子供がうつに!後悔する親が増えている!?

 

キラキラネームは許される?許されない?

賛否ある

キラキラネームに関しては賛否両論があると思います。

 

少なくとも、両親が「こんな子に育ってほしい」という希望と想いをこめて名づけたわけですから、それを否定することは人道的におかしな話です。

 

ただ、それが常識の範囲内なのかどうかが大きな論点であり、世間がいまだにキラキラネームを受け入れきれていない証拠でもあります。

 

読めない名前や常識外の名前はさまざまな弊害が発生します。

 

キラキラネームを否定するわけではありませんが、できるだけ一般的な名前を付けた方がトラブルや悪影響を抑えることができるはずです。

 

改名も視野に入れる必要がある

キラキラネームというだけで社会的に不利になった経験があると、自分の名前に対して否定的になってしまっても仕方がないでしょう。

 

名前を呪い、名づけた親を恨み、そのまま負の道を進んでいくと、最終的には社会に適合できない引きこもりやうつ病などの懸念もでてきます。

 

そうならないために、ひとつの選択肢として改名することも視野に入れておかなければいけません。

 

キラキラネームの呪縛から解放されて、新しい名前が手に入れば気分もあらたに、まるで別人のようになったという事例も少なくないのです。

 

今後の人生を考えて、現環境に行き詰まりを感じる、先が見えない、などの名前による深い悩みや障害があるのであれば、思い切って改名することで解決できるのではないでしょうか。

 

>キラキラネームの改名を成功させるコツを実例とともに解説

 

さいごに

キラキラネームがかかえるトラブル、影響についてお伝えしてきましたが、キラキラネーム自体が悪いわけではありません。

 

受け入れきれない日本の文化や風習にも問題があるでしょう。

 

ただ、実際にキラキラネームにはいくつもの不利益やリスクがあることも事実。

 

名前に関して様々な意見があるのは仕方がないですが、名前による影響は大きく「仕方がない」では済まされない、キラキラネームによる深刻な問題が起きているのです。

 

公共機関で名前が呼べないのは最たる例で、最悪の場合医療トラブルや命にまでかかわる可能性もあります。

 

どうしてもキラキラネームがネックで人生がうまくいかないと感じているなら、改名という選択肢も頭に入れておきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加