改名の専門家や本をご紹介

改名の専門家や本をご紹介

改名の専門家と本

改名について調べていると、なんだか複雑そうで、一層のこと専門家や参考書などに頼りたくなりますよね。

 

専門用語や必要書類を取りそろえたり、家庭裁判所に申し出たりと、そういったことにかかわりを持ってこなかった人からすれば、やはりハードルは高いと感じるものです。

 

そこで気になるのが、改名を専門にしている業者や、あるいは書籍などの本の有無ではないでしょうか。

 

もしそういったサービスを行っている業者や専門家かがいればありがたいですし、自分で改名するにも、1から10まで教えてくれる参考書があればかなり楽なはずです。

 

そこで、ここでは改名における100%完璧な専門家や本はあるのかについてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【結論】改名の専門家や本はほぼない

さっそく結論からお伝えしますが、改名における専門家や市販されている本は残念ながら存在しません。

 

法律が関わる改名代行といえば、弁護士などの専門家と呼ばれるポジションの人たちですが、改名を扱うことはあっても、専門家というのはほとんどいないのが現状です。

 

一部を依頼できても、基本的に第三者に頼り切って完全に改名を代行してもらったり、改名専門の参考書などで勉強することすらできないのです。

 

>>改名は依頼できる?方法は3つある!

 

改名の書籍ならある

姓名判断に関する書籍はたくさんありますが、改名の参考書はどの本屋さんに行っても売られていません。

 

膨大な数のあらゆる本を保有する図書館でさえも置いていません。

 

ですが、市販されていないものの、改名の専門書が一つだけあります。

 

今しかできない!自分で簡単に改名する方法」で紹介しているので参考にしてください。

 

唯一、改名に関する情報を網羅しているので、自分で戦略を立てながら改名することができます。

 

情報収集はネットも有効

改名は専門家や本がなくても、情報を入手することはできます。

 

たとえば、あなたが今読んでいるこの記事のように、インターネットには改名に関する知識を増やせるブログやサイトがあります。

 

それらのサイトや記事を片っ端から読んでいけば、改名に必要な書類や作成の仕方、改名後のことまで、必要最低限の知識くらいは知ることができます。

 

ほかにも、ネットの世界ならではの実際に改名した人の体験談なども見つけられるので、それだけでもかなり参考になりますし、勇気ももらえますよね。

 

僕も改名経験者なので、あなたが改名で何か気になることがあれば、気軽にお問い合わせを活用してくださいね。

 

改名の知識があるのは弁護士、司法書士、姓名鑑定士

最初にお伝えしたように改名の専門家といえる人はほとんどいませんが、改名のコンサルティングをしている方はいます。

 

改名を自分だけで行うのが不安なら、知識のある弁護士や司法書士、姓名鑑定士に相談してみるのもいいでしょう。

 

指導してくれるので、かなり心強い味方になってくれるはずです。

 

しかし、残念なことに、紹介した3種の職業がすべて代行できるわけではなく、職業によってはできることとできないことがはっきりと分かれています。

 

そこで、それぞれの職業でできることを簡単に説明していきますので、一緒に見ていきましょう。

 

弁護士は手続きや資料作成の一部が代行可能

改名の代行業務なら、一番頼れるのはが弁護士です。

 

一部ではありますが、手続きや資料の作成などの代行が可能で、当事者の負担がかなり軽くなります。

 

ただ、完全に信頼するのは避けた方が無難です。

 

というのも、彼らは改名が専門ではなく、中にはまったく知識のない弁護士もいるため、当たり外れが大きいデメリットがあります。

 

専門家というには程遠い、ただ改名に関する事案を扱っているだけにすぎない弁護士もいるのです。

 

むしろ、知識のない弁護士の方が多いでしょう。

 

他にも、依頼料などで多額の費用がかかるなど、どうしても専門的な知識を持っている人にお願いしたい場合を除いて、利用しない方が一般的と言えます。

 

>>改名に弁護士は無意味?依頼するメリットとは?

 

司法書士は弁護士ほど有用ではない

司法書士も弁護士と同様に頼れる職業の1つですが、弁護士よりもできることが限られています。

 

一部の書類作成のみと、頼るには少々物足りない部分もありますが改名について相談ができます。

 

わからないことがあると不安になりますが、そういった悩みは知識がある司法書士でも解決できます。

 

ただし、こちらも弁護士と同様のデメリットがあり、依頼を引き受けるのは稀。

 

そして、同じくらいの費用がかかるので、その点だけは注意が必要です。

 

>>改名は司法書士に依頼できる!費用や行政書士との違いとは?

 

姓名鑑定士はコンサルティングのみ

一見すると改名に関係がなさそうに見える職業ですが、名前に関する職業なので鑑定士自身が改名を経験していたりと、改名の知識を持つ姓名鑑定士もいます。

 

姓名判断で改名後の名前を決めたい方のみ対象ですが、依頼者に対して改名後の名付けだけでなく、改名手続きのサポートを行っています。

 

気を付ける点はあくまでもアドバイスだけなので、直接あなたを助けることはできません。

 

手続きや書類作成などはあなた自身で行う必要があります。

 

また、姓名判断は流派が多くあるため、あなたと相性がいい鑑定士を見つけるのが難しくなるので、悩みどころかもしれませんね。

 

姓名判断と改名相談を含めた鑑定料金は、弁護士や司法書士とあまり変わりません。

 

約5万〜25万とピンキリです。

 

通称名(改名後の名前)を決めるだけでも10万円以上するところもあります。

 

改名後の運気や改名の成功率は値段で決まるものではないですが、やはり、改名を誰かに依頼したりサポートを受けるとなると、それなりの額になりますね。

 

弁護士にせよ、姓名鑑定士にせよ、最低でも10万円くらいの出費は覚悟しましょう。

 

改名は基本的に自力で行う必要がある

これまで改名の専門家や、本などの書籍に関してお伝えしてきましたが、どの方法にも共通して言えることは、最終的には改名は自分の力で行わなければなりません。

 

たとえば、弁護士にお願いしたところで、家庭裁判所にはあなた自身が行く必要がありますし、これが司法書士や姓名鑑定士ならほぼ最初から最後まですべてが自力です。

 

ネットの情報なども同じで、知識はついても実際に手続きするのはあなたです。

 

今回紹介した方法はあくまでもサポート程度に考え、自分で行動できるように準備した方が間違いはないでしょう。

 

改名の基礎知識はこちら
>>改名の手続き方法とは?一連の流れを解説
>>改名基準「正当な事由」とは?認められた例で徹底解説

 

さいごに

改名の専門家や本というのはありません。

 

ですが、ネットも含め情報を得る方法はあります。

 

当サイトは改名経験者による「自分で改名する方法」について、どこよりも詳しく情報を公開しています。

 

あなたの改名に役立てば幸いです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加