キラキラネームの改名成功実例

キラキラネームを改名するコツ

情報系の番組でキラキラネームや名前に関する話題を取り上げることも増えましたね。

 

キラキラネームといえば、最近話題になった赤池王子様から肇に改名した男性がいます。

 

実はこれに関連して、当サイトを通じて改名に関する取材の申し込みがありました。

 

前にも名前に関する番組の制作会社から問い合わせがあり、改めてキラキラネームや改名への関心の高さを感じます。

 

王子様の改名をみて「これなら自分も改名できる!」と感じた方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、一見、キラキラネームの改名が簡単そうに見えますが、誰もが赤池肇さんと同じように一発ですんなり許可がおりるわけではありません。

 

キラキラネームの改名はどちらかというと許可されやすい傾向ですが、却下されないためのポイントや注意点があります。

 

ここでは、キラキラネームの改名方法や許可条件などを、ニュースで取り上げられた「王子様から肇」へ改名した成功実例を参考に解説します!

 

僕自身も改名経験者なので、自身の経験も踏まえてお伝えしますので参考になれば幸いです。

キラキラネームを改名した赤池王子様とは?

赤池王子様とは?

山梨県在住の高校3年生赤池さんは、ツイッターで「名前変更の許可が下りました」と「王子様」から「肇(はじめ)」改名したことを投稿したところ、13万RTされ大反響を呼びました。

 

赤池さんは「同じように悩んでいる人の励みになれば」と、新聞やテレビなどいくつもの取材を受けており、ニュースで観た方も多いでしょう。

 

このように大きく新聞にも取り上げられています。
httpss://twitter.com/KenkenSushi/status/1104191125475094528

 

改名したことを公表することについては、名前で悪目立ちするのが嫌なだけで目立つことは気にしないそうです。

 

王子様と肇の由来

王子様の由来は母親の独断

王子様と名付けたのは母親で、その由来は「母親にとって唯一無二である」「私だけの王子様」というのが由来だそうです。。

 

母親の気持ちはよくわりますし、考え方に関してはまったく問題がありません。

 

ただ、人生を左右すると言っても過言ではない名前を、常識から逸脱した王子様にしてしまうのはいささか疑問が残りますね。

 

気持ちの表現方法を少し間違えてしまったのかな、と感じます。

 

改名後の肇(はじめ)の由来は僧侶

王子様というキラキラネームから改名した「肇(はじめ)」は、赤池さんご自身が考えた名前です。

 

改名したいことを父親に打ち明けたときに「自分で好きに決めていい」と言われたそうです。

 

肇(はじめ)の由来は「尊敬する僧侶から読み(はじめ)をいただいて、尊敬する経済学者の河上肇さんとデレマスの藤原肇さんの漢字をもらいました」とのことです。

 

新しく人生を始めるという意味が込められています。

 

キラキラネームの改名に必要な条件と手続き

キラキラネームの改名条件は2つ

改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?」にて詳細を書いていますが、改名するためには正当な事由が必要です。

 

申立書に書かれている正当な事由として認められる条件は8つあり、その中でキラキラネームが当てはまる条件は以下の2つです。

 

キラキラネームの申し立て手続き

  • 奇妙な名である
  • むずかしくて正確に読まれない

画像は申立書の記入欄の一部ですが、赤枠で囲った1と2の部分が該当します。

 

実際に王子様というキラキラネームの改名は「奇妙な名である」という理由で申し立てています。

 

改名手続きの流れ

キラキラネームの改名手続きの流れはこのようになります。

 

  1. 改名に必要な書類を用意
  2. 名の変更許可申立書・申立人の戸籍謄本など

  3. 家庭裁判所へ申し立てる
  4. 面談を行うor可否の書類送付
  5. 許可が出たら市役所で正式に戸籍の改名手続きを行う

※改名費用は収入印紙800円と切手数枚分のみ(約2000円〜3000円くらい)

 

改名の申立ては15歳以上なら本人一人で、14歳以下なら保護者とともに申し立てる必要があります。

 

赤池さんが改名した年齢は18歳なので、保護者不要で一人で申立てています。

 

改名の具体的な申立て方法や必要書類の詳細はこちら
>改名申請は郵送でOK!必要な手続きと手順を全て解説!

 

キラキラネームの改名が許可される5つのコツ

手続きポイント

赤池王子様というキラキラネームの改名成功実例をもとに、改名が許可されるポイントをまとめました。

 

申立書の改名理由の書き方・証拠集め・申立てのタイミングに関して、最低限、この5つは意識しておいた方がいいと思います。

 

改名の許可率はこちら
>最新データ!年代別の改名件数&成功確率

 

1.戸籍名を命名した経緯を伝えよう

子供の改名は命名の過程が問題になっていることが多く、そこを考慮して許可されることがあります。

 

赤池さんも王子様というキラキラネームの由来が母親の独断という経緯があります。

 

キラキラネームが名付けられた経緯や家庭事情など、何かとトラブルがある場合は申立書に記入し伝えましょう。

 

2.新しい名前の由来や意味も大切にしよう

キラキラネームで嫌な思いをしたり苦労した分、新しい名前の由来や意味も大切です。

 

たとえば、キラキラネームを理由に改名するのに、新たな名前も変わった名前だと裁判官への心証が悪くなります。

 

名前の意味にこだわりすぎも良くないですが、適当に名付けるのは避けて新しい名前の由来などを説明できるようにしておきましょう。

 

赤池さんの改名後の肇(はじめ)という名前にも、「過去の思いを断ち切り新しく人生を始める」という真っ当な意味が込められれていましたよね。

 

また、改名することについて、両親や家族は賛成しているのか、そのあたりも申立書に記したほうがいいですよ。

 

3.キラキラネームで苦労した具体的なエピソード

申し立てで重要なのが「戸籍名の影響(支障)」と「改名に至る経緯」です。

 

  • なぜ戸籍名のままではいけないのか
  • 改名しなければいけないのか

 

キラキラネームがあなたにどんな悪影響を及ぼしているのか、あなたが現在苦労している具体的なエピソードや改名が必要な理由を書きましょう。

 

赤池王子様の場合は、

 

戸籍名による支障
  • 自己紹介で笑われる
  • 何度も名前を聞き返される
  • 名前を馬鹿にされ惨めな思いをする
  • 病院等で名前を放送されたとき周りがざわつき恥ずかしい気持ちになる
改名を必要とする理由
  • 大学に進学し、アルバイトやバンド活動で今までよりも多くの人と関わるようになる
  • 名前で悔られてしまわないようにしたい
  • 命名されたときの事情は両親間で協議が行われず母の独断で命名された

 

このような内容を書いています

 

4.証拠を集めよう

証拠とは通称名の使用実績です。

 

赤池さんのように「奇妙な名である」を理由にしたキラキラネームの改名は、改名理由だけをみると本来は通称名の使用(改名する名前で生活していることがわかる証拠となる資料)は不要です。

 

実際に赤池王子様の改名を例に挙げても、通称名の使用実績がない状態で申し立てて許可が下りたようです。

 

ですが、今の名前を改名しても周囲が混乱しないか、新しい名前(通称名)の浸透度合いも改名審議で考慮されます。

 

かなり面倒だし時間もかかりますが、可能な範囲で有力な使用実績を集めることが望ましいです。

 

証拠がない状態では、申し立てすら受理されず却下されることもあるので、絶対に使用実績はあったほうがいいですよ。

 

また、通称名の使用実績を集めておくことで、一度目の改名の申立てが却下されても次の申し立てに生かすことができるメリットもあります。

 

>通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点

 

5.改名するなら卒業に合わせる

改名のタイミングは、学生なら在学中に改名するのも悪くないですが、卒業を控えている時期に改名するか、卒業後に改名
したほうがいいでしょう。

 

これは進学や就職への影響が考慮される可能性があるからです。

 

赤池さんも、周りへの配慮もありますが、高校卒業を機に大学進学前に改名しています。

 

新しい環境で違和感なく過ごすためには、卒業や就職に間に合わせるように申し立てましょう。

 

社会人の場合は、職場の理解があればいいですが、引っ越しや転職の機会があるならそのタイミングで改名するといいでしょう。

 

最短でキラキラネームを改名するコツのまとめ

赤池王子様から肇へと改名した実例を参考に、キラキラネームを最短期間で改名するコツは

 

  • 申立書に名前の由来・改名が必要な理由などの詳細を書く
  • 可能な範囲で通称名の証拠も集めておく

 

ということです。

 

2019年3月5日に王子様から肇への改名が許可されています。

 

改名は使用実績の証拠集めに苦労するのですが、赤池さんの場合は使用実績なしの状態で申し立てており、申し立てから約1か月で改名を終えています。

 

申し立てた後に家庭裁判所から照会書が送付され、それに回答するというやり取りがあったため、1か月の期間がかかったようです。

 

もし、照会書の手間がなければ、赤池さんのケースだと、1週間〜3週間程度の期間で改名できていたでしょう。

 

赤池さんがどのように申立書の改名理由を記載したのかは不明ですが、別途で照会書が送られてくるくらいなので、申立書にあまり改名に至る理由などの詳細を書いていなかったのかもしれません。

 

ここでお伝えしたキラキラネームを改名するコツは、赤池さんの照会書の内容と僕の経験をもとにまとめています。

 

ご本人のツイッターは凍結されていて閲覧できないのですが、biglobeから照会書は確認できます。

 

5つのコツを意識すれば、少なくとも照会書を書く手間は省け、申し立ての段階で却下されることもないはず。

 

上手くいけば3週間以内という最短期間で改名できる可能性があります。

 

ちなみに僕の場合は、キラキラネームではなく、改名まで何年もかかる永年使用が理由でもないのですが数年分の使用実績を集め、約1か月で改名許可がおり、申立書にかなり詳細を書いたからか、申し立て後に照会書の送付はなかったです。

 

何せ、申立書の改名理由の記入欄だけでは足りず別紙に書いたくらいですからね。(;^^)

 

具体的な書き方はこちら
>一発で受理される!審査に通る改名理由の具体的な書き方

 

キラキラネームの改名が却下される可能性もある

赤池王子様の改名をみると、普通に改名の必要書類を準備して申し立てれば簡単に許可されるように感じますが、決してそうではありません。

 

後述していますが、主将というキラキラネームの男性は一度却下されている実例があり、どんな改名理由でも却下されることは珍しくないのです。

 

王子様の改名許可を出したのは山梨の家庭裁判所ですが、それ以外の地域の家庭裁判所も同じように許可するかといえばそうではありません。。

 

なぜなら、家庭裁判所によってその判断が異なるからです。

 

さらに一度却下されると、再び申し立てても許可されにくい傾向なので、注意しなければなりません。

 

一発で改名許可がおりるように、申立書の書き方や使用実績の証拠集めは入念に行いましょう。

 

>改名は1度却下されると致命的!?その理由と対策

 

王子様以外のキラキラネーム改名成功実例は主将

王子様以外に有名なキラキラネームの改名実例として主将(きゃぷてん)という名前があるので少し紹介しておきます。

 

今から5年前の2014年頃、「苦節4年・・・やっとDQNネームから改名できた!」というスレッドがオープン2ちゃんねるに立ちました。

 

スレッドを立てたのは、名前が「主将(キャプテン)」という男性の方で、改名をして健太郎になりました。

 

ご本人は、主将(キャプテン)というキラキラネームで苦労したエピソードをスレッド内で公開しており、体育の授業中にかなりいじられたそうです。

 

他にも、名前が主将なのに高校時代に所属していたハンドボール部ではぎりぎりレギュラーという微妙な状況だったのも明かしています。

 

一度目の申立ては却下

20歳のときに一度改名の申請をして却下されたそうです。

 

その後、通称名の使用実績を集めて、2年間アルバイトでお金をためて弁護士に相談。

 

しかし、就職活動などで延期を余儀なくされ、時間はかかったものの、4年後には無事「健太郎」に改名することができました。

 

>改名に弁護士は無意味!?依頼するメリットとは?

 

 「健太郎」の由来は古風だから

主将(キャプテン)から「健太郎」へと改名した名前の由来は「適度に古風だから」とのこと。

 

わたしたちにとっては普通だったり、やや古臭いように感じる名前でも、キラキラネームで生きてきた彼にとっては憧れに近い感情をもっていたのかもしれませんね。

 

さいごに

キラキラネームの改名実例についてお伝えしてきましたが、王子様から肇へ改名した男性のように声を大にして周りに発信する勇気ある行動は、すばらしいの一言に尽きます。

 

同じ境遇で悩んでいる人たちの心の支えになると同時に、「自分もやってみよう!」と背中を押すことにもつながるはずです。

 

勇気が出せなくて改名に踏み切れない人も中にはいるでしょう。

 

この記事が一歩でも踏み出すためのきっかけになれたら幸いです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加