漢字だけを変える改名の難易度とは?変更方法を解説

漢字だけを変える方法

名前を変える方法は大まかに2つあります。

 

  • 漢字(だけ)を変える
  • 読み方(だけ)を変える

 

読み方の変更は容易く即日で終えることができますが、漢字を変える場合は難易度が高くなります。

 

ですが、妥当な理由があれば不可能ではありません。

 

ここでは、漢字を変える改名方法について解説します。

漢字だけを変える改名は難易度が高い?

改名と言ってもいくつかパターンがあります。

 

  • 読み方はそのままで漢字のみを変更する
  • 読み方も漢字も変更する
  • ひらがなやカタカタから漢字に変更する
  • 漢字からひらがなやカタカナに変更する

 

名前の漢字変更と読み方変更は手続きが全く異なり、難易度も変わります。

 

上記のように漢字を一字でも変える場合は、改名するために家庭裁判所で手続きを行い、許可をもらう必要があります。

 

漢字はそのままで読み方のみの変更の場合は、家庭裁判所ではなく役所で手続きを行うだけで済みます。

 

名前の漢字を変えたり、読み方はそのままで漢字だけを変えたりすることは、読み方の変更と比べてハードルが高くなります。

 

改名の難易度自体は、名前を全て変える場合も、漢字だけを変える場合もどのパターンも大差ありません。

 

改名の申し立て方法や手続きの一連の流れはこちら
>>改名の手続き方法とは?一連の流れを解説

 

漢字を変える改名の条件

家庭裁判所から改名が許可されるためには、いくつか条件や基準をクリアする必要があるので、改名理由によって年単位の時間がかかったり入念な改名の準備が必要です。

 

これは漢字だけの変更・ひらがなやカタカナの名前から漢字に変更、漢字からひらがなやカタカナに変更する場合も同じです。

 

上記で挙げた4つのパターンに共通する改名の条件として、まずあなたの改名理由が「正当な事由」に該当する必要があります。

 

一般的に改名が認められている正当な事由
  1. 奇妙な名である
  2. むずかしくて正確に読まれない
  3. 同姓同名者がいて不便である
  4. 異性とまぎらわしい
  5. 外国人とまぎらわしい
  6. 神官・僧侶となった(やめた)
  7. 通称として永年使用した
  8. その他

 

正当な事由の詳細はこちら
>>改名が認められる基準とは?判例で徹底解説!

 

その他にも、自分で改名するなら何歳なのか、年齢の条件もあります。

 

改名条件や対象はこちら
>>改名対象となる条件とは?何歳からできるの?

 

漢字を改名する手続き方法

手続きは家庭裁判所と役所で行う

漢字を変える改名の場合は、家庭裁判所へ改名の申し立てを行い、その後許可が出たら役所で戸籍名の変更手続きを行います。

 

>>改名手続きは役所のどこでできる?全ての場所を一から解説

 

改名手続きの手順
  1. 申し立てに必要な書類を用意する

    (申立書・800円分の収入印紙・改名理由を証する資料)

  2. 家庭裁判所へ申し立てる
  3. 許可された場合は役所で戸籍変更手続きを行う
  4. 免許証・保険証などの各名義変更を行う

 

改名に必要な手続きの大まかな流れはこのようになっています。

 

家庭裁判所へ申し立てた後の手続きは、人により異なります。

 

申し立て後に許可・不許可の結果が通達される場合もあれば、面談が実施される場合もあります。

 

改名の具体的な手続き方法や費用はこちら
>>改名の手続き方法とは?一連の流れを解説

 

不安な方は依頼することもできる

「自分で改名できるか不安だな・・」という方は、弁護士などの法律家に改名の依頼をすることもできます。

 

弁護士なら申し立てや許可後の手続きを代行することができるので、あなたの手を煩わせません。

 

ただ、改名というニッチなジャンルを得意とする専門家はほとんどいません。

 

依頼費用も安くても10万円以上はかかるので、あまり現実的ではないかもしれませんが、良さような弁護士などがいれば相談してみましょう。

 

>>改名は依頼できる?方法は3つある!

 

さいごに

漢字だけを変えるのも、読み方から全て名前を変えて改名するのもどちらも家庭裁判所での手続きが必要です。

 

名前の読み方を変更する・しないに関わらず、漢字を一部でも変更する場合は、家庭裁判所の許可が必要なので、読み方のみの変更よりも難易度が高くなります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る