姓名判断で開運!改名効果の期間を短縮する方法

改名効果の期間

名前の画数や運勢が悪い時に開運する方法として、姓名判断による改名があります。

 

でも、本当に改名で開運の効果があるのか、また、姓名判断での改名で効果が出るまでの期間って気になりますよね。

 

姓名判断による開運効果の期間は人それぞれですが、実は改名の効果が表れるまでの期間を短縮する方法があります。

 

また、姓名判断を活用した改名の開運効果をより高めるためには、守るべき注意点もあります。

 

ここでは、姓名判断の改名効果を高める方法や、効果が出るまでの期間を圧倒的に早める方法、改名以外の名前の悪数や運勢が悪い時の対処法などについてご紹介します!

 

改名までは考えていないけど姓名判断で悩んでいる、名前の開運方法が知りたいという方も参考になるはずですよ!

姓名判断の改名効果が出る期間は何日?

 

姓名判断で改名したけど改名の効果が表れる期間は何日なのでしょう。

 

早ければ改名の開運効果の期間は即日です。

 

開運効果が出る期間は使い始めたその日から

 

姓名判断による改名効果の目安期間は早ければ1か月から数カ月と言われています。

 

ですが、厳密には改名する運が良い名前を名乗るようになった瞬間から開運する可能性があります。

 

「いきなり改名の効果が出るわけがない」「姓名判断の開運効果は時間がかかるから」と思うのではなく、新しい名前を使い始めた日から、開運の改名効果を意識すると良いでしょう。

 

効果は遅くても3年〜9年の期間

 

姓名判断による改名の開運効果が表れる期間は、今までの名前の使用期間や年齢にもよります。

 

改名の開運効果の期間の目安は、9年と言われることもありますが、遅くても3年程度とされています。

 

9年という期間は、生まれたばかりの赤ちゃんに命名した場合も同様です。

 

改名の効果というか名前の運勢について、赤ちゃんは自分の名前を認識できませんが、名付けられた名前の運勢や人格を持っています。

 

3歳で33%、6歳で66%と成長するにつれて運気が定着していき、9歳頃に完全に名前の持つ運勢となると言われています。

 

なので、姓名判断で改名してから9年後には、開運などの改名の効果が出ているということになりますね。

 

この3年から9年という期間を考えると、姓名判断で子供の名前の画数や運気が悪くて改名するなら、悪い運気が定着する前=9歳までに改名しておくといいということですね。

 

改名の開運効果の期間にかかわらず、社会生活が少ない子供のうちに改名しておくと、名前変更などの手続きが少なく済みますし何かとスムーズです。

 

開運方法で効果の期間に違いは出る?

 

姓名判断による開運方法は改名以外にもいくつかあります。

 

 

開運効果が出るまでの期間は、どの方法でもあまり変わりません。

 

効果の期間は、運勢の良い名前が広まること、名前をよく使うことが重要です。

 

開運方法による効果が出るまでの期間に違いはなく、あなたに合ったやり方を選べば問題ありません。

 

改名の効果の期間を短縮する方法

 

姓名判断による改名効果を早くするために重要な3つの方法があります。

 

これは改名以外の開運方法(印鑑や通称名の使用)でも使えるので試してくださいね。

 

1.改名効果の期間短縮はネットが有効!

 

最初にお伝えしましたが、名前による開運は、運が良い名前を人に認識してもらうことで改名効果があると言われています。

 

なので、改名効果を高めたり、改名してから短い期間で効果を実感するためには、早く色んな人に名前を知ってもらうことが重要!

 

そこで改名効果が出るまでの期間を早くするなら、インターネットがオススメです。

 

ブログやSNSなどを使えば、新しい名前が一日に何十人・何百人とあっという間に拡散します。

 

改名効果が発揮されるまでの期間を短縮するのに、これほど便利な方法はないでしょう。

 

ネットがなかった時代では、改名しても効果が出るまでの期間が遅くて何年もかかると言われていたようですが、今はSNSを使えば、たくさんの人に新しい名前で呼んでもらえる時代です。

 

そのため、改名や通称名を使い始めてから短い期間で効果を実感している方は多いようです。

 

あなただけが運が良い名前を使うのではなく、いろんな人に知ってもらうこと(呼ばれること)に意義があるので、ネット時代の今は、開運スピードが速く、改名などの名前による開運に向いている時代とも言えますね。

 

2.名前を書いて効果が出る期間を短縮!

 

流派によって、新しい名前を書く方法も有効とされています。

 

名前を使うことが重要なので、名前を書くという方法で効果が出るまでの期間を短くできるのでしょうね。

 

改名した名前や通称名を毎朝10回名前を書くなど、良い名前の運気を定着させるために毎朝名前を書くのもいいかもしれません。

 

3..とにかく名前を使って効果の期間を短縮!

 

「改名して1年以上の期間が過ぎたけど効果がなかった・・」と感じる人の共通点の一つに、名前の使用範囲が狭いことが挙げられます。

 

占いと同様に姓名判断の捉え方は本人の考えなどによって異なりますが、改名効果は、とにかく新たな名前をいろんな場面で使うことが大前提であり超重要ポイントです。

 

とくに改名ではなく、通称名を使って開運する際に注意してほしいのですが、新しい名前を持つだけでは効果は望めません。

 

仮にっ効果があったとしても、改名してからものすごく長い期間がかかるでしょう。

 

あなたが運が良い名前(通称名)を使うのはもちろん、友達・家族・職場などより多くの人に知ってもらうことで大きな効果が期待できます。

 

ですが、その通称名をどこまでの範囲で使用するのか悩むところだと思います。

 

改名する場合はとにかく通称名を広い範囲で使用する必要がありますが、そうではない場合プライベートだけで使用するのか、職場を含めほとんどの場面でできる限り通称名を使用するのかは個人の自由です。

 

プライベートだけでも大丈夫ですが、可能な限り広い範囲で使うことを意識しましょう。

 

広い範囲で通称名を使うなら、期間を短縮するのに大いに役立つネットはかなり有効的ですよ!

 

姓名判断の改名で開運する注意点

 

姓名判断を活用して改名などで開運するための注意点をご紹介します。

 

運勢の良い名前を決める際の参考にしてください。

 

すでに姓名判断で決めた名前がある方は確認してみてくださいね。

 

自分の名前の姓名判断の弱点を把握する

 

改名や通称名の使用で開運するためには、戸籍の名前(改名する場合は前の名前)の悪い部分をどこまで修正できたかによります。

 

運が悪い名前から運が良い名前にしたいのに、全く欠点を強化できていない名前を命名してしまうと本末転倒です。

 

新しい名前を考える際は、あなたの今の名前のどこ悪いのかをしっかり把握しておきましょう。

 

具体的にどの運勢が弱いのか、名前の欠点や良い点を確認してくださいね。

 

また、あなたの取り巻く環境(仕事・家族・健康・年齢など)も考慮して、新しい名前の画数などを決めましょう。

 

開運効果の目的に合った名前にする

 

あなたがどんな運を掴みたいのか、何を変えたいのか、目的に合った名前の画数や漢字などを選びましょう。

 

たとえば、画数を凶から大吉の画数にしたとしても、その画数(大吉)の意味とあなたの目的がズレてしまう可能性があるので注意してください。

 

たとえ運が良くなっても、あなたが望む結果にならないと意味がないですよね。

 

望む結果が得られないと、開運していても気付かない可能性も大いにあります。

 

そうなれば、改名は意味がなかった!失敗した!と後悔することも考えられるのでご注意を!

 

プロの姓名判断鑑定で開運しよう

 

姓名判断で確実に開運する方法というのはないですが、迷ったときはプロに鑑定してもらうのがいいです。

 

素人でもネットなどから姓名判断の知識を得ることはできますが、失敗するリスクが高くなります。

 

もちろんプロに鑑定してもらったとしても姓名判断で開運するとは限らないですが、迷ったときはやはり実績のある鑑定士に相談するのがいいでしょう。

 

何千人・何万人と鑑定してきたプロとは知識も実績も比になりませんから。

 

的確な開運のアドバイスがもらえることで、姓名判断による改名の効果に期待が持てます。

 

信じられる鑑定結果を見つけて開運しよう

 

いくらプロの鑑定士に姓名判断をみてもらっても、結果に納得できない場合もあると思います。

 

姓名判断の結果に納得できないままでは、開運できるはずがありませんよね。

 

結果ががしっくりこない場合には、無料や有料を問わずいろんな鑑定サイトや鑑定士を試してみましょう。

 

よほど信頼している姓名判断の鑑定士や鑑定サイトがない限り、複数の鑑定結果を知った方が傾向が知れますし、「やっぱり別の鑑定士にしとけばよかった・・」なんて後悔するリスクを回避できます。

 

姓名判断の改名効果と期間のまとめ

 

改名したいほど今の名前に対して精神的苦痛を感じているなら別ですが、開運するためには改名しなければいけない!ということではないようです。

 

姓名判断の改名効果は人それぞれですが、短期間で開運するためには、運勢が良いあなたに合った名前に改名したり通称名を使用し、新しい名前をとにかく使うことが大切です。

 

より多くの人に名前を知ってもらうならネットが便利なので賢く活用しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る