子供・赤ちゃんの改名を成功させる秘訣

「子供・赤ちゃん」改名が成功する3つの秘訣

子供の改名

子供の改名は大人とは違う「子供だからこそ有利になる部分」があります。

 

ここでは、子供の改名成功の重要ポイントをご紹介します。

 

幼稚園(保育園)や小学生に向けて書いていますが、未成年の子供にも当てはまるので参考にしてくださいね。

改名は何歳から?子供でもできるの?

赤ちゃん、小学生、中学生など、年齢制限はありません。

 

改名自体は未成年でもできますが、自分で改名の申し立てをする場合は満15歳以上と年齢制限があります。

 

満15歳未満の場合は、親族などの代理人が申し立てを行いますが、15歳以上は親の同意がなくても未成年で改名ができます。

 

離婚を機に改名を考えている方はこちら
>子供の改名で離婚が理由になるケースとは?家庭環境がカギ!

 

子供の改名は簡単なのか?

決して簡単ではない

子供の改名に関して「簡単!」と言われることがあります。

 

ですが、基本的に改名は簡単に認められるようなものではありません。

 

もちろん、改名理由にもよるのですが、ネットで調べただけでも「却下された」という話はゴロゴロ出てきます。

 

許可条件が限られているのも改名が簡単ではない理由の一つですが、今は申し立て自体が難しくなっています。

 

>なぜ認められない?改名が難しい4つの理由

 

大人と比べると認められやすい

改名は決して簡単ではないですが、大人と比べると認められやすい傾向のようです。

 

大人とは違い、子供は改名をしても社会的に名前の影響が少なく済むからです。

 

また、改名理由にもよりますが子供の改名は通称名の使用期間が5年程度と大人よりも短期間で済む傾向です。

 

未就学児や1歳未満の赤ちゃんの改名をお考えの方はこちら
>赤ちゃんの改名は簡単!?大人よりも有利な理由

 

未成年の改名を成功させる重要な3つのポイント

1.節目を利用する

子供だけでなく大人もそうですが、人生の節目は改名が成功しやすいタイミングと言えます。

 

とくに子供は、入学・卒業・就職の節目がいくつもあります。

 

卒業を控えている、就職を控えている、などの節目を迎える時期に合わせて申し立てましょう。

 

すでに学生生活を送っている場合は、進級もタイミングとしては悪くないでしょう。

 

2.改名理由の書き方に要注意

子供の年齢が幼いと、改名の必要性を理解することが難しいと思いますが、今の名前のままではどんな不都合があるのかをしっかり書きましょう。

 

また、子供自身が改名を望んでいるとしても、一方的に個人的な感情を書いてしまうと心証が悪くなってしまうので注意してくださいね。

 

通称名の浸透具合や理解度も大切なので、「通称名で通学していること」「クラスに戸籍名を知っている友達がほとんどいない」などもアピールになるので明記しましょう。

 

その他の申立書の作成の重要ポイントはこちら
>一発で受理される!審査に通る改名理由の具体的な書き方

 

3.有力な証拠を作って申し立てる

改名は結局のところ、年齢に関係なく、子供も大人も同じで通称名の使用実績が重要です。

 

幼稚園(保育園)や小学生など、子供の場合は、その時期ならではの証拠作り(使用実績)ができる絶好の機会があります。

 

それが卒業=卒業証書です。

 

卒業証書

 

通称名だけで卒業証書を発行するのは難しいですが、通称名と本名が併記されているもので大丈夫です。

 

子供だと幼稚園(保育園)、小学校、中学校など節目がいくつかあり、卒業証書は小学生なら6年間と長期間に渡って通称名を使った公的な証拠になります。

 

ただ、卒業証書を証拠として家庭裁判所に提出する場合は、それを受け取ってから申し立てを行うことになるので、申し立て→許可→改名手続きが次のライフステージ(入学や就職)に間に合わないリスクもあります。

 

さらに、一発で許可されるとは限らず、却下される可能性もあります。

 

却下されるリスクや、在学中(卒業後)の入試や入学手続きなどを考慮して卒業まで待たずに、在学中に(早めの段階)改名の申し立てを行っておいた方がいいでしょう。

 

また、通称名を使用した証拠は、学校の成績表や提出書類、社会的に広範囲で使用した証拠書類など、通称名が書かれたものをしっかり集めてください。

 

>必須じゃない!?改名に使用実績作りは本当に必要なのか?

 

子供の改名は慎重に・・

社会的に新しい名前を使い始める時期

社会的に新たな名前を使い始めるなら、入園や入学に合わせるのがベスト。
(子供自身が新しい名前に慣れるために、プライベートでは早めに新しい名前で呼びましょう)

 

前もって学校に許可を取り、通称名で入学しておけば、周りはスムーズに受け入れてくれるし、通称名を使う本人も馴染みやすく、精神的負担も軽いです。

 

戸籍名で入学してから「やっぱり通称名を使いたい」と思っても、中途半端な時期にいきなり名前を変えてしまうと、他の生徒や教員など周囲を混乱させてしまうので、使用を許可されないことがあります。

 

なによりも、在学中にいきなり通称名を使い始めると、本人が周りの目が気になったり居づらく感じてしまうので、通称名で入学するのがベストです。

 

比較的、義務教育の間は通称名の使用が認められやすいようですが、高校生以上になると公的な通称名の証拠類がないと認めない学校もあるので、しっかり通称名の使用について交渉できるように公的な証拠類を集めておきましょう。

 

時間も手間もかけずに超強力な証拠集めができる方法はこちら
>今しかできない!最短期間で改名する方法

 

年齢に関係なく、最強の証拠集めができるので、学校や社会生活で通称名の使用許可を得られない、、という状況にならないので、学校だけでなく様々な公共機関などで使用許可を得るのもスムーズですよ。

 

改名する(した)ことをいつ伝えるのか?

中学生以上なら、名前に関して意思表示をしたり、改名を理解できると思いますが、赤ちゃんや小学生低学年の改名となると、ほとんどが親の決断になります。

 

年齢にもよりますが、たとえ子供が改名したいと意思表示しても、本気なのかわかりませんし、完全に理解するのは難しいでしょう。

 

大人になって改名を知った時の子供の心境も考慮して、日頃から改名について話しておいたり、いつでも子供にしっかり説明できるようにしておきましょう。

 

子供の改名は、決して親の一方的な都合ではなく、子供自身のことを考えた上で改名に至る事情があるわけですから、そこがちゃんとしていれば子供は納得してくれると思います。

 

過度に不安になる必要はないでしょう。

 

不安があるなら改名しない選択もあり

子供の改名について、周囲の反応が怖かったり、親として不安な気持ちを抱くこともあると思います。

 

積極的に改名したことを周囲に言う人は少ないですが、名前を変えた経験がある人は意外といるので、特別、珍しいものではありません。

 

僕の経験上、改名をしたことで怪しまれることはなく、改名を知っている友人の反応も「そうなんだ〜」程度の薄いリアクション。(笑)

 

そもそも、戸籍を見ない限り、改名したことが知られることはありませんので、不特定多数にバレる心配もありません。

 

ただ、あなたも十分理解していると思いますが、名前を変えることは人生に大きく関わることです。
安易に改名するべきではありません。

 

ですが、今の名前では普通に過ごせない、日常生活で重大な支障があるのなら、そちらの事情を優先するべきでしょう。

 

子供のうちは入学や卒業など節目があるので、改名するタイミングが多く、改名するなら早い方が絶対にいいですからね。

 

どうしても不安が強い場合は、子供がある程度の年齢になるまで改名を待つことも一つの方法です。

 

時間がかかりますが、その間、通称名の証拠をかなり集めることができますし、親子で理解し納得した上で改名を申し立てることができます。

 

さいごに

学生のうちに改名しておくと、その後の影響が少なくなるし何かと楽なので、改名するなら早いに越したことはないでしょう。

 

子供の改名は卒業証書が有力な証拠ですが、「これさえあれば必ず許可される」というものではないので、そこはお間違えのないようにしてくださいね。

 

一発で許可されるためには、しっかり証拠を集めて、納得してもらえる申立書の作成も大切ですよ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加