改名後の人生が成功した例

【改名後の人生】成功した6つのパターンと効果!

改名後の人生成功例

“自分の名前が人目につくのは避けたい。
できることなら戸籍名を使いたくない。
いっそ改名することも検討しているけど、改名後の人生が少し不安だ。
具体的な効果を知るまでは手続きに踏み切れないな・・”

 

今回は、こうした悩みを解決します。

 

私たちにとっての名前とは、個人を特定するために与えられた個人情報です。

 

役所や金融機関の手続きから学校で行うテストの答案用紙まで何かと記名が求められます。

 

ほとんどの方は記名に抵抗をもたないでしょう。
しかし中には、自分の名前を公開したくない・使いたくない方もいるのです。

 

僕も改名経験者ですので、自分の名前が晒されることを苦痛に感じていた過去があります。

 

名前で人生をやり直す手段として検討する手続きとして「改名」があります。

 

ここでは、改名後の人生で成功した6つのパターンと効果をお伝えします。

 

キラキラネーム、借金、前科前歴、イジメなど、あらゆる理由で改名した方々の改名後の人生をまとめました。

 

改名に踏み切る勇気が今ひとつ足りないなら、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

あなたの改名後の未来が想像できるはずです。

改名後の人生で成功した6つのパターンと効果

まずは、改名後の人生で成功した6つのパターンと効果を紹介します。

 

いずれも一般人に限定した事例となりますので、身近に感じられるはずです。

 

改名後の運気に関する記事はこちら
>>改名後の効果は本当!?運気が上昇した実例

 

1.キラキラネームが嫌で改名

Twitterを騒がせた赤池肇さん。改名前の彼は「王子様」と命名され、本名を疑われたり、クラスの女子に笑われたりしたそうです。人名ではなく役職名を命名されたことや「王子様」という名前と外見との不一致に悩み、改名に踏み切ったのだとか。改名したことをTwitterで公表したところ、そのツイートは13万回以上も拡散されました。
現在は、名前と外見とのギャップに悩むこともなく、明るい人生のスタートを切れているようです。

 

この事例は2019年にニュースでも取り上げられているので、ご存じの方も多いでしょう。

 

キラキラネームについては、国単位で問題視されていますよね。

 

こうした奇妙な名前から改名できたとき、「自尊心」と「信用」を取り戻すことができます。

 

ビジネスシーンにおいて本名を疑われることもありません。

 

何より、赤池さんのように容姿と名前とのギャップに悩む必要もなくなるでしょう。

 

>>キラキラネームのトラブルが深刻すぎる!その影響とは?

 

2.いじめを克服するために改名

小中高にわたるいじめによってPTSDを発症した女性。彼女の心に残るトラウマは根深く、30歳を過ぎても精神科への通院をやめることができませんでした。公の場に出ていくことさえできず無職の状態で過ごしていた彼女は、そんな自分と決別するために改名手続きをしました。
いじめへのトラウマを癒すには時間を要しますが、彼女は「立ち直るきっかけ」を手にしました。

 

いじめの標的にされれば、自分の名前を嫌な形で認知されてしまいます。

 

特に学校内で起こるいじめに関しては、この傾向が顕著にあらわれるでしょう。

 

“○○っていじめられている子だよね?”

 

こんな風にして自分の名前を知られたい方は1人もいません。

 

改名後は、いじめの首謀者や関係者から認知されることなく、新たな対人関係を築くことができるようになります。

 

名前によるトラウマも解消されます。

 

3.ストーカー被害に遭ったことを機に改名

社会人1年目から働いていた会社でストーカーに遭った友人女性。気立てがよく人望の厚い彼女は、直属の上司からストーキングされていました。引っ越しを繰り返しても効果はなく、警察への通報も徒労に終わっていたのです。
そんな彼女も改名後は、ストーカーを振り切って平穏無事に暮らしています。今では昼夜問わず堂々と街中を歩けており、結婚もして幸せな家庭を築いています。

 

ストーカーは、興信所やSNSなどであなたの個人情報を調べる可能性があります。

 

名前を変えないことには、ますます被害が深刻化してしまう場合も…。

 

友人女性のように改名手続きを済ませれば、まったくの「別人」になりすますことができるため、ストーキングされにくくなります。

 

結婚して姓も変われば、実質的にあなたを特定することが不可能になるわけです。

 

「不眠」や「外出困難」といった症状も徐々に落ち着き、命の危険におびえることなく、安心して暮らせるようになるでしょう。

 

4.DVを好む毒親から身を隠すために改名

付き合う友人、受験先、親戚への立ち居振る舞いに至るすべてを親に管理されてきた男性。親に反発すればDVを受け、家庭内に彼の居場所はありませんでした。そんな毒親から身を隠すために改名した彼は、知人が誰1人としていない田舎町でひとり暮らしを始めました。
毒親に狂わされ続けた人生から、自分で選択して切り拓く人生に変えることができたわけです。

 

すべてを支配する毒親にDVまで加われば、子どものうちは立つ瀬がありません。

 

仮に家出をしたとしても、名前から居場所を特定されてしまいます。

 

改名をすれば、そんな毒親の支配下から抜け出すことができます。

 

彼のように知らない地で独立し、血縁関係者であっても身を隠し続けることも可能になるのです。

 

自分の人生を歩めるようになります。

 

>>毒親が理由で改名した3つのケース

 

5.前科・前歴を知られたくなくて改名

前科・前歴が災いして就職ができないと主張する男性。詳しい犯罪歴は伏せられていますが、彼は改名することで収入源を作ろうと考えていました。そして実際の改名手続き後、建設関係の職に就くことができたのです。大手企業に勤めるサラリーマンのような高給取りとまではいかないものの、細々と暮らしていくには事足りる給料は保証されているとか。
「2度と犯罪に手を染めないことを誓い、出世に向けて順当に歩み出している」と彼は語っています。

 

軽犯罪・重犯罪を問わず、何らかの前科があると就職や結婚は困難になります。

 

また、一向に就職先が決まらないことで再び犯罪に手を染める方も少なくありません。

 

彼のように改名の認可が下りれば、こうした問題も徐々に解決へと向かうでしょう。

 

就職先で一生困るような事態は避けられます。

 

6.借入先を確保するための改名

度重なるキャッシングと消費者金融の利用で、借金が返しきれなくなった水商売の女性。彼女はホストに貢ぎ続け、1年のうちに600万円の負債を作ってしまいました。職歴のない彼女に高収入を与える会社はなく、延滞利息も日に日に増える一方…。そんなある日、彼女は改名を決意しました。
改名後も負債は残るものの、カードローン審査に通過しやすくなったようです。
現在、彼女は借入を最小限にとどめ、トリプルワークで借金の返済に明け暮れています。

 

彼女のように借金返済に向けて、借入先を確保するために改名する方はすくなくありません。

 

なぜなら改名後は金融機関の本人確認がとれず、借入審査に通りやすいからです。

 

とはいえ、マイナンバーカードが交付されている今は個人情報の管理が厳正化しています。

 

改名をしても負債がゼロになるわけではないということも理解しておきましょう。

 

>>【借金】が理由で改名するとその後はどうなる?踏み倒しはできない!?

 

改名後の人生が必ずしも成功するとは限らない

改名後は「別人」として第2の人生を歩めるため、豊かになるケースは多くみられます。

 

名前をガラリと変えるので、環境が良い方に変わるのは当たり前かもしれませんね。

 

改名までの道のり」に書きましたが、僕も過去に自分の名前で悩んでおり、改名しています。

 

改名前と改名後の今を比べると、断然、改名後の方が幸せですし充実しています。

 

名前の苦痛が一切なくなったのですから。

 

dvやストーカーなど必要に迫られて改名する方もいますが、あらゆる名前の悩みは改名で解消されます。

 

ただし、改名したからといって必ず改名後の人生が成功するとは限りません。

 

ここでは、キラキラネーム、いじめ、ストーカー、毒親、前科のある方、借金のある方と6つのパターンを紹介しましたが、改名後の人生が今ひとつという事例も中にはあるかもしれません。

 

  • 第2の人生を歩むために必要なのは改名だけだと考えない
  • 自分自身の努力なしに改名後の人生はうまくいかない

 

上記2点を心の内に留めておいてくださいね。

 

現状を打破するきっかけを改名とし、その後の人生の舵取りは自分自身で行いましょう。

 

目の前にある障害・問題・困難を乗り越えて改名後の人生を成功させるのは、いつだってあなた自身なのですから。

 

正しい知識を身に付けて自分で改名する方法はこちら
>>今しかできない!自分で簡単に改名する方法

 

さいごに

名前の悩みは改名で解消されます。

 

改名後の人生は明るいものです。

 

ですが、あくまでも改名をどう生かすのか、改名後どう歩むのかはあなた自身ということをお忘れなく!

 このエントリーをはてなブックマークに追加