改名を郵送で手続きする方法

改名を郵送で手続きする方法

改名を郵送で手続きする方法

改名は家庭裁判所で手続きを行い、許可を得る必要があります。

 

しかし、申し立ての手続きは郵送で済ませることができます。

 

実際に、僕も郵送で申し立てた一人です。

 

ここでは、改名の郵送での手続き方法を解説します!

改名を郵送で手続きする方法

改名は郵送での申し立ても可能です。

 

遠かったり、忙しくて家庭裁判所に行けない、という方には郵送は便利です。

 

僕も郵送で申し立てた理由は、管轄の家庭裁判所が遠かったからなんですよね。

 

郵送での申し立て方法は、管轄の家庭裁判所宛てに改名の必要書類を送付するだけ。

 

以上で、改名の申し立ての手続きは完了です。

 

必要書類は折り曲げてもかまいませんが、僕はそれが嫌だったので、A4くらいの茶封筒に入れて速達で郵送しました。

 

(茶封筒はダイソーに売っていたものを活用)

 

申し立てる家庭裁判所は、自分の住所を管轄しているところです。

 

裁判所の管轄区域」から確認できます。

 

宛名の書き方の例
  • 本庁の場合
  • ●●家庭裁判所 家事事件係

  • 支部の場合
  • ●●家庭裁判所●●支部 家事事件係

 

申し立て方法によって有利・不利になることはない

僕は郵送で申し立てて、そして、一発で改名許可が得られました。

 

改名の申し立て方法によって、有利・不利といったことになることはありません。

 

ただ、改名理由にもよるでしょうけど、申し立て後に面談があることが多く、そうなれば家庭裁判所に行く必要があります。

 

家庭裁判所の雰囲気を知り不安を少しでも軽減したい方は、郵送より自分の足で直接家庭裁判所に申し立てた方がいいかもしれません。

 

家庭裁判所は身構えてしまったり緊張してしまうと思うので。

 

申し立てる方法やその後の家庭裁判所での手続きの詳細はこちら
>>家庭裁判所の改名手続きの流れとは?全4パターンを解説

 

改名の郵送に必要な書類

  • 名の変更許可申立書
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 名の変更が必要な理由を証明する資料
  • 収入印紙800円
  • 連絡用の郵便切手

 

改名を郵送で申し立てるからと言って、特別何か必要になる書類はありません。

 

通常通り、上記の改名に必要な書類を封筒に入れて郵送で申し立てます。

 

それぞれの必要書類の詳細はこちら
>>改名手続きの流れとは?方法と手順をわかりやすく解説

 

郵送で申し立てて、一度も家庭裁判所に行くことなく許可を得るパターンもあるので、そうなるためにも、申し立てに必要な書類は入念にチェックしてください。

 

とくに、申立書の書き方に注意して、書類不備もありがちなので気を付けましょう。

 

さいごに

郵送での申し立て方法は名の通り、郵送するだけです。

 

ただ、宛先を間違えたり、書類が足りないといったミスがあると時間がかかるので注意してくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

改名は役所のどこでできる?全ての手続き場所を一から解説
改名手続きの流れとは?方法と手順をわかりやすく解説
家庭裁判所の改名手続きの流れとは?全4パターンを解説
【改名理由の例文】一発で受理される書き方とは?
改名の面談(呼び出し)内容とは?服装も気を付けよう
改名の必要書類「通称名の使用実績」の作り方と注意点
改名基準「正当な事由」とは?認められた例で徹底解説
改名が認められない理由とは?具体的に解説!
改名対象となる条件とは?何歳からできるの?
改名の定番!永年使用のデメリットとは?
改名の特例!?出家(僧侶)で必ず許可されるのか?
意外と長い!改名期間はどれくらい必要なのか?
最短期間で改名するための重要なポイント
人それぞれ!改名費用は一律じゃない!?
改名は依頼できる?方法は3つある!?
改名に弁護士は無意味?依頼するメリットとは?
改名は司法書士に依頼できる!費用や行政書士との違いとは?
改名の影響はどこまで?弊害や周りの反応
改名はデメリットがある!その対処法もご紹介
改名で後悔した実例を紹介!失敗しないための5つのルールとは?
改名後の戸籍はどうなる?記録を削除する方法
改名後の住民票はどうなる?旧名を記載しない方法
改名後の免許証の名前変更は迅速に!期限を過ぎると違反になる!
改名後の名前を占いで決める方法
改名後の運を占うなら姓名判断!超有名な先生の鑑定サイトをご紹介