改名と出家(僧侶)

改名の特例!?「出家」が理由でも却下されるケースとは?

出家で改名する

宗教上の改名は特例として認められるケースと却下されるケースがあります。

 

改名が認められる宗教上の理由には、神職や出家(僧侶)などがありますが、実際はどうなのでしょう。

 

ここでは、出家ってなんぞや?ということから、出家を理由にした改名や認められないケースについて解説します!

 

また、出家以外に認められやすい改名の特例として襲名もあるので、そのあたりも紹介しています。

なぜ出家して僧侶になると改名するのか?

そもそも出家とは?

出家とは、僧侶として生きるために世俗を離れて仏門に入ることを指します。

 

僧侶になるためには、仏教の世界に入るための得度と呼ばれる儀式を受け、その証に僧名(法名)が与えられます。

 

得度を受ければ僧侶になれるわけではなく、そこから寺院で数年間の修行を行うと僧侶になれます。

 

また、得度はすぐに受けられるわけではなく、仏教に関する深い知識を得るために仏教系の学部がある学校へ進学したり、直接寺院を訪ねて修行します。

 

改名の手続き方法や必要書類はこちら
>>改名手続きの流れとは?方法と手順をわかりやすく解説

 

僧侶になるためには名前を変える必要がある?

改名が義務付けられている宗派があるので、そうなると戸籍から名前を変えるのは必須です。

 

また、出家して僧名をもらうと同時に改名するのが基本のようなので、出家と改名は強い結びつきがあります。

 

ですが、改名が義務でない宗派もあり、名前を変えない僧侶もいます。

 

出家して僧侶になったからといって、必ず改名しなければいけない、ということではないようですね。

 

僧侶は改名が認められる特例である

出家による改名許可率はダントツで高い!

申立書(名の変更)にある申し立理由の欄に「神宮・僧侶になった」があるように、改名が認められる理由とされています。

 

出家による改名は出家詐欺で利用されるくらい認められやすくなっているんですよね。

 

出家詐欺について少し触れています
>>【借金】が理由で改名するとその後はどうなる?踏み倒しはできない!?

 

僧侶になるために出家して仏門に入ると、僧名(法名)が与えられ、その名前に戸籍改名します。

 

最初にお伝えしたように、宗派によって改名が義務付けられていることがあるため、出家(僧侶)を理由にした改名は許可されやすいのです。

 

また、僧侶にとって布教は1つの社会活動なので、宗教活動の支障をなくす上でも改名は重要な意味あります。

 

一般的に認められやすい定番理由はこちら
>>改名の定番!永年使用のデメリットとは?

 

2回目の改名はケースバイケース

改名自体は2回目も可能です。

 

人によって、僧侶になって2回目の改名が必要になるときもあるでしょう。

 

僧侶になったものの所属する寺院が変わる、もしくは、やめたという状況など。

 

僧名は宗派独特の名前が与えられるため、寺院が変われば別の僧名になり、再度、改名が必要になることがあります。

 

そうなった際の僧侶を理由にした2回目の改名も認められる傾向です。

 

襲名も認められる特例である

出家以外に改名が認められやすい特例として、襲名があります。

 

襲名というと、歌舞伎役者や落語家が芸名(名跡)を継ぐことで知られていますが、営業上の目的から老舗の当主が長年の慣行として襲名を行う場合もあります。
(襲名は精神的苦痛による改名と同じように、申立書の記入蘭のその他にあたります)

 

長く続いているお店で、先祖代々引き継がれている名前を襲名し、歌舞伎役者などとは違って芸名を継ぐのではなく、戸籍の名前を変えることがあります。

 

襲名で改名する場合は、襲名した事実を証明する必要がありますが、比較的認められやすいです。

 

また、特例というわけではないですが、離婚も特殊事情として考慮されることがあります。
>子供の改名-離婚が理由になるケース-

 

宗教上の理由でも認められないケースがある

出家しても認められないケースとは?

基本的に出家による宗教上の改名は認められている傾向です。

 

ですが、出家のように宗教上の理由としても、一般的な改名と同じように出家も却下されるケースがあります。

 

改名理由が出家で却下された実例を探してみると、

 

正当な宗教宗派に属しない寺院+副業的に宗教生活を営んでいる

 

このような状態での申し立ては却下されています。

 

他にも、

 

  • 得度をしてから期間が短い
  • 度牒を発行しているのが本部のものでない
  • ※国家機関によって得度した僧尼に交付される公認された証明書

 

などは認められないようです。

 

出家は許可されることが多いですが、必ずしも、出家したり得度をしたからといって、改名が認められるわけではありません。

 

不許可の判例

  • 飲食店を営みながら昭和46年1月に度牒を受けた
  • 宗教活動を行わず、社会活動の一部にとどまり一般的社会的にみて宗教活動を行っていない場合は認められない
    大阪家裁昭46.2.9

  • 昭和43年3月に得度をして僧侶になった
  • 入僧籍の一事をもって当然に改名の正当事由があるとするわけにはいかない
    大分家裁竹田支部昭43.6.13

 

宗教による信仰上の改名も却下される

神職や僧侶などの宗教上を理由にした改名は、一般的に認められていますが、宗教上でも認められないケースがあります。

 

  • 入信している宗教団体から改名をすすめられた
  • 信仰している宗教にまつわる名前にしたい

 

このような個人の思想や宗教の信仰上の理由では認められません。

 

>>改名が認められない理由とは?具体的に解説!

 

さいごに

出家のように宗教上を理由にしたり、襲名による改名は特殊事情として基本的に認められています。

 

ただ、修行などある程度の期間が必要です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

改名は役所のどこでできる?全ての手続き場所を一から解説
改名手続きの流れとは?方法と手順をわかりやすく解説
家庭裁判所の改名手続きの流れとは?全4パターンを解説
【改名理由の例文】一発で受理される書き方とは?
改名の面談(呼び出し)内容とは?服装も気を付けよう
改名の必要書類「通称名の使用実績」の作り方と注意点
改名を郵送で手続きする方法
改名基準「正当な事由」とは?認められた例で徹底解説
改名が認められない理由とは?具体的に解説!
改名対象となる条件とは?何歳からできるの?
改名の定番!永年使用のデメリットとは?
意外と長い!改名期間はどれくらい必要なのか?
最短期間で改名するための重要なポイント
人それぞれ!改名費用は一律じゃない!?
改名は依頼できる?方法は3つある!?
改名に弁護士は無意味?依頼するメリットとは?
改名は司法書士に依頼できる!費用や行政書士との違いとは?
改名の影響はどこまで?弊害や周りの反応
改名はデメリットがある!その対処法もご紹介
改名で後悔した実例を紹介!失敗しないための5つのルールとは?
改名後の戸籍はどうなる?記録を削除する方法
改名後の住民票はどうなる?旧名を記載しない方法
改名後の免許証の名前変更は迅速に!期限を過ぎると違反になる!
改名後の名前を占いで決める方法
改名後の運を占うなら姓名判断!超有名な先生の鑑定サイトをご紹介