姓名判断で改名したい!その後の運気を確実に良くするためには?

姓名判断と改名

姓名判断は人気の占いの一つで、苗字と名前のバランスで運勢が決まるとされています。

 

姓名判断を強く信じていたり、運気がどうしても気になるなど、名前の画数が原因で悩んでしまうこともありますよね。

 

実はあなたのように、今も昔も名前の画数が悪くて姓名判断をきっかけに改名したい方は多く、運勢を変えたいという考えは根強いです。

 

姓名判断は日本人に馴染みがあり、ごく普通に浸透しています。

 

現実には姓名判断で改名する方はあなたが思う以上に多いのです。

 

残念ながら姓名判断を理由にした改名の申し立ては基本的に認められないですが、改名する方法がないわけではありません。

 

ここでは、姓名判断で改名する方法や、改名せずに姓名判断の名前を使って運気をよくする方法を紹介します。

 

「姓名判断を改善したいけど戸籍改名までは考えていない」という方も参考になりますよ!

姓名判断で改名したい!は通用しない

  • 運気をあげたい
  • 名前の画数が悪い

 

こういった姓名判断や占いを理由に改名したい方は少なくありません。

 

改名したおかげで人生が良くなり、その効果を実感されています。

 

>>改名後の効果は本当!?運気が上昇した実例

 

ですが、姓名判断による改名は、個人的主観と判断されてしまい、認められない傾向です。

 

100%認められない改名理由とは?具体的に解説!」に書いているように、改名は個人的な趣味や感情、信仰上の理由では認められず、改名理由として足らないとされています。

 

また、姓名判断は科学的根拠がありません。

 

いくら姓名判断で病気になりやすい、短命などという結果が出ていたり、あなたの日常生活でトラブルが頻発している状態でも、画数が原因だと証明することはできないですよね。

 

画数が悪いことを全面に押し出して改名の必要性を訴えても、残念ながら家庭裁判所の許可を得ることはできないのが現状です。

 

姓名判断を理由に改名するためには?

姓名判断で改名するためには、申し立て理由を変える必要があります。

 

以下は改名が認められる条件です。

 

  1. 奇妙な名である
  2. むずかしくて正確に読まれない
  3. 同姓同名者がいて不便である
  4. 異性とまぎらわしい
  5. 外国人とまぎらわしい
  6. 神官・僧侶となった(やめた)
  7. 通称として永年使用した
  8. その他

 

>>改名の許可条件とは?名前を変える手続きの費用や流れを全て解説

 

改名条件を満たすために、占いや姓名判断で改名したい方は、永年使用による申し立てで可能です。

 

長期的に通称名を使用することで改名できるのですが、最低でも5年以上の通称名の使用期間が必要です。

 

通称名の証拠集めが大変ですが、姓名判断が理由でも改名できる可能性があります。

 

姓名判断の場合は申立書の書き方にも注意しましょう。

 

姓名判断による改名後の人生をよくするためには?

姓名判断で改名したのに、その後の人生が変わらない、もしくは悪くなってしまうと元も子もありません。

 

改名後の運気は一番気になる部分ですよね。

 

もし、あなたが改名後の人生について不安なら、プロに頼るのが一番確実です。

 

その後の運勢も好転しやすいでしょうし、改名して後悔しないためにも自己判断は禁物です。

 

改名後の占い結果に後悔して、再度改名を希望するケースは珍しくないのです。

 

  • 改名後の人生がどうなるのか
  • 改名しても大丈夫なのか
  • 現状の悩みはどうすれば解消されるのか

 

悩みの原因が名前だけなら姓名判断、悩みが多岐にわたるなら姓名判断やその他の占術も駆使した占い師が向いています。

 

あなたの悩みに合った姓名判断や占いを活用しましょう。

 

改名が成功する方は、占いで決めた新しい名前になりきっている人、すんなり受け入れて馴染んでいる人です。

 

「この名前で大丈夫かな?」と迷いながら生活していると、効果を感じるのが難しいのは想像できますよね。

 

悩みや不安があるなら、素直にプロに鑑定してもらうのがいいですよ!

 

名前や運勢を占う方法の詳細はこちら
>>改名後の名前を占いで決める方法

 

今すぐに改名せずに姓名判断をよくするなら?

今すぐに姓名判断をよくしたい!
改名予定だけど5年も待てない!
戸籍改名までは考えていない!

 

という方に、今すぐできる凶対策や開運方法が2つあります。

 

通称名を使う

一つ目は通称名を使用する方法です。

 

戸籍名を改名しなくても、姓名判断で良い名前を通称名として使用します。

 

通称名とは、芸能人でいう芸名やペンネームと同じで、本名とは違うもう一つの名前です。

 

通称名の使用に許可はいりません。

 

戸籍改名せずに、姓名判断の名前を日常生活で使うことができるのです。

 

本名ではないので、通称名の使用範囲はプライベート(本人確認が不要な場面)に限られますが、通称名の使用だけでも十分運気アップの効果が期待できます。

 

また、長年、通称名を使うことで改名条件の「永年使用」に該当し、上手く使えば通称名を本名に改名できる可能性もあります。

 

印鑑だけでも良い画数にする

姓名判断にこだわるなら、改名と同等の効果があると言われている開運印鑑を作る方法もあります。

 

通常、姓名判断で開運するとなると、戸籍改名したり、通称名として運気の良い新しい名前を使用しなければなりません。

 

改名していないと、戸籍名と通称名の両立はけっこう面倒なんですよね。

 

ですが、開運印鑑なら、戸籍を改名していなくても、今の名前のまま画数を吉数にして運気を刻むことができるのです。

 

改名は考えていないけど、名前の画数が気になるという方に最適!

 

改名した名前をさらに良くするために開運印鑑を作ることもできます。

 

印鑑は単なる「モノ」ではなく「自分の分身」と言われています。

 

印相学をもとに作られる開運印鑑なら、名前の凶作用を抑えて運気アップに導いてくれます。

 

名前を刻む印鑑はよく知られている開運グッズとは違い、名前に直結する開運方法と言えるでしょう。

 

詳細はこちら
>>姓名判断で画数が悪い時の最強の対処法

 

さいごに

画数が悪い(姓名判断)だけでは、改名理由として認められないでしょう。

 

名前の画数が悪かったり、運気を気にして苦痛に感じている人でも、十分な通称名の使用期間があれば認められる可能性があります。

 

本当に改名してもよいのか、姓名判断で改名したその後が気になるなら、プロの鑑定士や占い師のアドバイスを受けるのが確実です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る