改名の許可条件と認められやすい理由を解説

改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?

改名許可条件

改名と聞くと、ほとんど人は身構えてしまうのではないでしょうか。

 

中には「改名なんてできないでしょ!?」と思っている人もいるでしょう。

 

改名の情報なんて簡単に手に入るものではなく、改名したことを積極的に人に言うこともないので、そう思うのは当たり前だと思います。

 

ですが、法律で定められている許可条件さえクリアすれば、改名はどんな人でもできます!

 

一体どんな理由なら認められるのか、改名の許可条件や認められやすい改名理由について書きますね。

法律で定められている「改名に必要な条件」は一つだけ!

名の変更の法律

改名の条件として、法律(戸籍法第107条の2 名の変更)では、

 

「正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得てその旨を届け出なければならない」

 

と、定められています。

 

法律上の改名条件はたったこれだけ。

 

つまり、正当な事由だけです。

 

しかし、戸籍法だけを見れば一見簡単に改名できそうですが、家庭裁判所がどんな理由でも「正当な事由」として認めるわけではありません。

 

過去の許可・不許可の判例はこちら
>改名が認められた具体例!20の実例と判断基準

 

正当な事由とは?裁判所が認める8つの改名理由

どのような理由なら「正当な事由」になるのか。

 

名の変更許可申し立て書を見ればわかりますが、8つの改名理由があります。

 

名の変更の申立書

  • 珍奇な名
  • むずかしくて正しく読まれない
  • 同姓同名者がいて不便
  • 異性とまぎらわしい
  • 外国人とまぎらわしい
  • 神宮・僧侶になった(やめた)
  • 通称として永年使用した
  • その他

 

このどれかに当てはまれば改名できるということです。

 

しかし、それぞれの理由には許可するか否かの細かな基準があり、当てはまったからといって改名ができるとは限りません。

 

また、自分の名前が嫌いだから、というような個人的な感情での改名も認めてもらえません。

 

奇妙な名・むずかしくて正しく読まれない

難しい名前や、間違われやすい名前、また、キラキラネームの多くがこれに当てはまります。

 

最近はキラキラネームが増えていることで、いくら読みづらくても珍しい漢字を使っていても「普通の範囲内」と判断されてしまいます。

 

キラキラネームはこちら
>キラキラネームを改名する方法とは?成功実例とともにコツをご紹介!

 

同姓同名者がいて不便

同姓同名の場合は、同姓同名の人が自宅から何m離れた場所に住んでいるのか、身内に同姓同名がいるなら続柄など、かなり細かな事情が考慮されます。

 

芸能人など、同姓同名がいて紛らわしいだけでは認められません。

 

異性とまぎらわしい

中性的な名前や男女の性別がわかりにくい名前ってありますよね。

 

美樹(みき)や薫(かおる)など。

 

流行りの名前を見ても、漢字がおしゃれでパっと見では性別がわからない名前が増えました。

 

漢字だけを見ると紛らわしい名前に感じますが、男性なのに●子、女性なのに●男のような、誰が見ても明らかな男性名・女性名でないと生活に支障が出るとは判断されません。

 

外国人とまぎらわしい

過去に、ジェニファーやマイケルなどが認められたケースがあるようですが、明らかに日本人離れした名前でなければ許可されません。

 

最近はカタカナの名前も見かけますが、フラワーのように名前が日本人っぽくない、名前の響きや漢字が中国人と間違われる、だけでは不十分です。

 

神宮、僧侶になった(やめた)

神宮や僧侶(出家)になる際(やめた際)、また、伝統芸能や老舗企業で代々襲名することになっているなど。

 

これは一般家庭には関係ないので、殆どの人が当てはまらないと思いますが、特殊事情なのでほぼ改名が認められます。

 

通称として永年使用した

長期的に通称名やペンネームを使用し、今さら本名を名乗っても通用しない、識別されない場合に許可されます。

 

社会生活の殆どで通称名が浸透している必要があり、永年使用は永年の期間が最低でも5年以上通称名で生活していることが必須です。

 

その他

その他には、精神的苦痛などが当てはまります。

 

最近は名前による精神的苦痛を理由に改名する人が増えていますが、仮にうつ病になったり体調を崩したとしても、名前が原因という確かな立証にならず認められにくいです。

 

>診断書は効果なし?改名で精神的苦痛を証明するモノとは?

 

また、姓名判断を理由に改名したい場合は「その他」に当てはまりますが、許可される確率は限りなくゼロ・・

 

8つの理由に加えてさらに細かな基準がある

上記は大まかな基準と傾向でしかなく、それぞれの理由にはさらに細かな基準や、あまり知られていない「改名許可を厳しくさせる理由」があります。

 

また、改名審議は各家庭裁判所での過去の判例や慣行も大きく関わるため、基準を把握することはできません。

 

>なぜ認められない?改名が難しい4つの理由

 

改名が最も認められやすい理由はコレ!

断言する人

改名の許可基準は実に曖昧ですが、少なくとも改名するためには、最初に書いた8つの理由に該当しなければいけないことだけは確かです。

 

なので、少し強引ですが無理矢理にでも8つのどれかに当てはめるしかありません。

 

当てはめるといっても、どれでもいいわけではなく、客観的に見て成功確率が最も高い改名理由が一つだけあります。

 

それが永年使用です。

 

永年使用は他の改名理由と比べて許可基準が明確です。

 

「通称名を永年使用した」という基準を誰でも満たすことができるため、改名できる可能性がダントツで高いのです。

 

永年使用の方法やデメリットなど詳細はこちら
>自力改名の定番!永年使用のデメリットとは?

 

さいごに

改名は「正当な事由(日常生活で甚だしい支障がある)」があれば認められますが、どこからが「正当な事由」に値するのか、この判断は非常に難しく様々です。

 

あなたが本気で改名を考えているなら、あえて不利になる理由を選ぶよりも、許可基準が確かな永年使用での改名を狙うのが得策です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加