改名で後悔するパターン

改名で後悔した実例を紹介!失敗しないための5つのルールとは?

改名後に後悔する人

名前が原因で苦しんでいる場合、改名が非常に効果的な改善策であることはご存知だと思います。

 

しかし、安易に改名してしまうと、あなたが想像しているような良い方向に向かわないこともあるのです。

 

家庭の事情、キラキラネーム、いじめなどを理由に名前を変更したものの、改名後に後悔したという事例は少なからずあります。

 

自分自身に付けた名前・産まれたばかりの赤ちゃんに付けた名前に満足できず、慌てて改名手続きをしてしまった先で後悔するわけです。

 

そこで、改名後に後悔するパターンや実例をお伝えしますので、失敗しないためにもしっかりと頭に入れておきましょう。

 

もし、あなたが改名して後悔しているなら、再度、改名をする時の参考にしてください。

 

あなたの改名後の再出発を輝かしいものにするための事前知識として、かならず役に立ちます。

改名後に後悔した実例と理由

改名をリスタートの手段として選んだはずが、とあるきっかけで後悔する羽目になる。

 

これでは改名した意味がありませんよね。

 

改名後に後悔することはあまりないですが、後悔して2回目や3回目の改名をする方もいます。

 

後悔する典型例
  • 改名後の名前の意味や姓名判断が悪い
  • 名前を深く考えずに決めてしまった

 

このようなパターンがあげられます。

 

具体的にどのような内容なのか実例をご紹介します。

 

>>改名はデメリットがある!その対処法もご紹介

 

実例1.毒親から逃れるために改名して後悔

物心ついたときから毒親にDVを受けていて、成人したことを機に改名手続きに踏み切りました。
でも、手続き当日の私は精神状態が不安定で…。
新しい名前をじっくり検討する間もなく、適当につけてしまったのです。とにかく両親から逃れたい、縁を切りたいという一心で改名手続きを終え、それからようやく新しい名前の運勢を調べました。
ネットで確認できる簡単な姓名判断でしたが、苗字との相性や総合運は「凶」。
心の底から改名したことを後悔しました。

 

実例2.キラキラネームから改名して後悔

いわゆる「ギャルママ」と呼ばれる母親につけられたキラキラネームが嫌で、高校に上がると同時に改名をしてかなり後悔しています。改名後の名前も「当て字」で、周りに読みにくいと言われ…。
女子高生ならやっぱり可愛い名前の方がモテそうという安直な考えで改名してしまったのです。
今にして思えば、母親に相談しないまでも、いつも私を気にかけてくれる祖母にだけは改名のことを相談すればよかったです。
改名手続きはよほどの理由がないとできないので、時間を巻き戻したいくらいに後悔しています。

 

実例3.家族ぐるみで決めた我が子の改名をして後悔

不妊体質のせいで子どもを授からなかった私にも、やっと小さな命(長女)が誕生。
家族ぐるみで盛大にお祝いし、名前も決めていたのですが、何となく違和感を感じてしまった私は、独断で改名手続きをしてしまいました。元々の名前は「男の子に間違われそう」という印象があり、女の子なら「花の名前」をつけたいと考え点いてしまい…。
しかし、改名手続きが終わってから長女の名前の花言葉を確認してみて、すごく後悔しました。
1回目の手続きでは「中性的な名前だから改名したい」という主張が認められましたが、今回はどうなることか…。今も改名を後悔しているとは言い出せず、独りで苦悩しています。

 

改名後に後悔しないための5つの対処法

「じゃあ、どうすれば後悔しない改名ができるの?」と思われたかもしれませんが、難しいことはなにもありません。

 

改名で後悔した実例を避けて名付ければ良いのです。

 

1.誰かに相談する

誰にも相談せず独断で改名した場合、その決断を後悔することになりかねません。

 

まずは、身近な相手に相談しましょう。

 

独断で視野を狭めなければ、改名後に後悔することもなくなります。

 

名前とは、あなたを「個」として印象づける上で欠かせない称号といえます。

 

この先も生きている限りは付いてまわるものですから、慎重に改名しましょう。

 

  • ひどく焦っている状態で改名する
  • 「この名前でいいのかな?」と迷いながら改名する

 

こうして精神状態が不安定なときは、「独断で視野を狭めやすい状態」なのです。

 

そのタイミングで新たな名前を選べば改名後に後悔することは言うまでもありません。

 

改名手続きの前に信頼できる相手に相談し、あなたにとって最適な名前に改名しましょう。

 

2.響きや見た目だけで名前を決めない

響きや漢字の見た目だけで名前を決めないようにしましょう。

 

あまり深く考えずに名前を付けてしまうと、後から後悔する可能性があります。

 

とくに、名前に使う漢字や言葉の意味に注意してください。

 

名前の読み方や名前に使った漢字が、方言で下ネタ系の意味を持っているなど、とんでもない意味が隠れていることがあります。

 

3.誰もいない場合はプロに相談しよう

両親との不仲、DV、毒親などの理由で身近な相談者がいない方もいるかと思います。

 

その際には、姓名判断や占いを活用して、プロ・専門家に相談しましょう。

 

  • 名前のもつ画数や配列から的確に運勢を分析
  • 仕事、恋愛、お金、家族、お産、人間関係など幅広い運勢チェックに対応

 

姓名判断では、このような項目を診断してもらえます。

 

占い師に相談すると、名前以外にも幅広く見てもらえるので、あなたの希望に合わせて相談してみるといいでしょう。

 

無料・有料を問わず、実績と知名度の双方を備えたプロに改名後の名前について診てもらいましょう。

 

姓名判断の良し悪しや、改名後の運勢を確実に知るなら、プロに任せると安心です。

 

>>改名後の名前を占いで決める方法

 

4.事前に同姓同名がいないかリサーチしておく

改名後に不都合が出てしまうリスクを考慮しておきましょう。

 

改名したことで思いもよらないトラブルが起こることもあるのです。

 

たとえば、改名した名前と同姓同名の人が近くにいて生活に支障が出てしまったという方もいるようです。

 

改名前には、最低でも身の回りくらいは同じ名前の人がいないか、同姓同名だけでなく名前が読みづらくないかなど、本当に改名後の名前で不都合が出ないかをよく考えてください。

 

同姓同名や難読を理由に改名する人もいるくらいですから、後悔するリスクを考えるとできるだけ避けた方が良いのは間違いないでしょう。

 

改名後に支障が出てしまっては元も子もありません。

 

2回目以降の改名はかなりハードルが高いので、1度目の改名で納得できるようにしましょう。

 

>>改名は何回まで?2回目以降は要注意

 

5.自分が変われると確信の持てる名前にする

最後に、後悔しない改名で一番大切なのは、自分が変われると確信が持てる名前にすることです。

 

姓名判断や同姓同名などの不都合を招く名前を避けることももちろん重要です。

 

しかし、新しい自分としての証明になるのが名前ですから、やはり意味のある名づけを考えた方が失敗は少なくなります。

 

どんな名前に改名しても、改名後にトラブルや生活で支障が出てしまう可能性はゼロではありません。

 

ですが、改名後の名前が今よりも自信の持てる名前なら、どんな名前に改名してもきっと後悔することはなくなるでしょう。

 

>>【改名後の人生】成功した6つのパターンと効果!

 

さいごに

改名における後悔するパターンと対策についてお伝えしましたが、新しい人生の始まりとなる名前ですから、誰だって失敗や後悔はしたくないものです。

 

名前ひとつで人生がどう変化するのかは、改名を考えているあなた自身が身に染みてわかっているはずです。

 

改名後に後悔するのはかなり稀でしょうけど、事前にさまざまな後悔するパターンを頭に入れておき、反面教師にして正しい方法で名付けを行いましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

改名は役所のどこでできる?全ての手続き場所を一から解説
改名手続きの流れとは?方法と手順をわかりやすく解説
家庭裁判所の改名手続きの流れとは?全4パターンを解説
【改名理由の例文】一発で受理される書き方とは?
改名の面談(呼び出し)内容とは?服装も気を付けよう
改名の必要書類「通称名の使用実績」の作り方と注意点
改名を郵送で手続きする方法
改名基準「正当な事由」とは?認められた例で徹底解説
改名が認められない理由とは?具体的に解説!
改名対象となる条件とは?何歳からできるの?
改名の定番!永年使用のデメリットとは?
改名の特例!?出家(僧侶)で必ず許可されるのか?
意外と長い!改名期間はどれくらい必要なのか?
最短期間で改名するための重要なポイント
人それぞれ!改名費用は一律じゃない!?
改名は依頼できる?方法は3つある!?
改名に弁護士は無意味?依頼するメリットとは?
改名は司法書士に依頼できる!費用や行政書士との違いとは?
改名の影響はどこまで?弊害や周りの反応
改名はデメリットがある!その対処法もご紹介
改名後の戸籍はどうなる?記録を削除する方法
改名後の住民票はどうなる?旧名を記載しない方法
改名後の免許証の名前変更は迅速に!期限を過ぎると違反になる!
改名後の名前を占いで決める方法
改名後の運を占うなら姓名判断!超有名な先生の鑑定サイトをご紹介