改名が認められる基準とは?判例で徹底解説!

改名基準と認められた例

改名(名の変更)が認められる基準は「正当な事由」があることです。

 

ですが、どんな理由なら「正当な事由」として認められるのか曖昧でよくわからないんですよね。

 

ここでは改名の許可基準について、認められた具体例(判例)とともに徹底解説します!

 

認められやすい改名理由や、許可されるための重要なポイントも紹介しているので参考になるはずですよ。

改名の許可基準は一つだけ

改名が認められる基準は、法律ではこのように定められています。

 

戸籍法第107条の2(名の変更)
正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得てその旨を届け出なければならない
家事事件手続法別表第1の122

 

法律上の許可基準はたったこれだけ。

 

つまり、改名が認められるのは「正当な事由」と家庭裁判所が判断した場合のみです。

 

しかし、家庭裁判所がどんな理由でも「正当な事由」として認めるわけではありません。

 

改名の条件や手続きの流れはこちら
>>改名の許可条件とは?名前を変える手続きの費用や流れを全て解説

 

改名の「正当な事由」と認められる基準

改名が認められる基準として「正当な事由」がありますが、いったい何が当てはまるのでしょう。

 

一般的に正当な事由とは、日常生活で戸籍名による重大な弊害や悪影響があることを指します。

 

正当な事由として改名が認められるのは、主に申立書(名の変更許可申立書)に書かれている8つの基準が当てはまります。

 

改名許可基準

  1. 奇妙な名である
  2. むずかしくて正確に読まれない
  3. 同姓同名者がいて不便である
  4. 異性とまぎらわしい
  5. 外国人とまぎらわしい
  6. 神官・僧侶となった(やめた)
  7. 通称として永年使用した
  8. その他

 

この8つの改名理由が許可基準となり、このどれかに当てはまれば改名が認められるということです。

 

改名が認められた具体例と判断基準

前述した、「正当な事由」に該当するそれぞれの改名理由には、改名を認めるかどうか、さらに細かな基準があります。

 

実際に改名が認められた判例とともに、許可基準や傾向を解説します。

 

1.奇妙な名である

いじめや差別を助長するような珍奇な名前が該当します。

 

キラキラネームがわかりやすい例ですね。

 

あまりにも個性的すぎる名前は、今やキラキラネームと揶揄される時代です。

 

珍しい名前というだけでイジメられたり、誹謗中傷やからかいの対象になりやすいでしょう。

 

また、前田といった苗字(氏)のような名前、名前の意味に問題があるケースも該当します。

 

名前の意味だと、方言で卑猥な意味があったり、隠語だったなど。

 

名前の響きが良くても、後から本来の意味を知ってショックを受けたり、意味を勘違いしていたという方は意外といるようですね。

 

奇妙な名の判例と傾向
許可された判例
  • 五八
  • 低俗を感じさせる+本人の職業(教員)を考慮

    仙台高裁/昭和28.4.22

  • 精子
  • 名前自体に問題はないが命名の経緯に問題がある

    那覇家裁/昭和47.10.30

不許可の判例
  • 「トラ」から「久子」を約25年使用(通称+珍奇)
  • 珍奇な名ではない

    大阪高裁/昭和32.5.27

  • 「武平(ぶへい)」という名への嫌悪
  • 嫌悪感は一般的な感覚ではない

    東京家裁/昭和35.9.17

 

動物の名前が入る名前で、動物名はマイナスイメージがある「豚・猿・烏」は許可されやすいです。

 

珍奇を理由にした改名は、社会的信用を脅かすような明らかな不都合があったり、本来なら出生届けが拒否されるような悪名であれば許可されます。

 

2.むずかしくて正確に読まれない

難しくて読みにくい名前により、社会生活に甚だしい支障がある場合です。

 

他人から誤読、誤称、誤記されることが多い名前が該当します。

 

一回では絶対に正しく読めない名前や、見慣れない漢字を使った名前ってありますよね

 

難読は当て字が多いキラキラネームも該当するでしょう。

 

キラキラネームの判断は難しいですが、当て字感が弱いと許可されない可能性があるので、別の理由を用意したほうがいいでしょう。

 

難読の判例と傾向
許可された判例
  • 州璋(くにあき)
  • 難解で誤解が多発

    大阪高裁/昭和25.30.10.31

  • 盈雄(みちお)
  • 人名用漢字外の名前

    大阪高裁/昭和6.19

不許可の判例
  • 「馬茂(うましげ)」は誤解やいたずらがある、「うましか(馬鹿)」と呼ばれる
  • 珍奇・難解・低俗のいずれでもない

    高松高裁/昭和35.6.11

  • 中一から「征子(もとこ)」を通名「万恵(かずえ)」に変更(永年4年+難読)

    敗戦後の悲惨な生活状態連想させるため好ましくない

  • 動機に正当な事由がなく、通名の使用が4年にすぎない
    福岡高裁/昭和38.1.17

 

珍奇な名前による改名と同様に、難読も社会的に重度の困窮があれば許可される傾向です。

 

人名漢字に含まれない漢字を使ったり、命名時は人名漢字として使えなかった漢字に変更したい場合も認められます。

 

3.同姓同名者がいて不便である

結婚や養子縁組で入籍により生じる場合に該当します。

 

結婚で親族に同じ名前が複数いる、同居家族と同姓同名になったなど。

 

また、名前が完全に一致していなくても、読み方が同じだったり、似た名前が近隣にいるといった場合も当てはまります。

 

勤め先で上司や同僚と同姓同名で人間違いが頻発して業務に支障が出るなどもそうですね。

 

同姓同名の判例と傾向
許可された判例
  • 同姓同名が近隣にいる

    幸枝と命名されたAの近隣に同姓同名のBがおり、両者は約1か月違いで生まれ同じ幼稚園に通う

  • 今後の進学(小学校)で不都合が生じる+幼少であり名の上で築かれた社会関係は複雑ではない
    東京高裁/昭和48.4.12

  • 同一世帯(妻と姑)で名前の読み方が同じ

    妻Aと姑Bの名前の読み方が同じとしこだった
    郵便物や電話の判断に混乱が生じる

  • 日常生活で多大な支障を生じている
    広島高裁岡山支部/昭和46.2.1

不許可の判例
  • 生後1年4か月の乳児と同姓同名者が近隣にいる
  • 近隣(約1キロ半離れており町名も異なる)に同姓同名の30才の者が居住している事例において、名の変更を必要とする社会生活上の不便は認められない

    札幌家裁昭38.12.26

  • 近隣に同姓同名の者がおり、電報や郵便物の誤配がある
  • 誤配は転居後間もない一時的な事故であった

    姓名判断の類から変更を希望していることがうかがえた
    東京高裁/昭和32.9.7

 

同姓同名による改名は、同姓同名者との物理的な距離にもよりますが、関係が近ければ近いほど許可されやすいです。

 

とくに同居家族や親族の場合は、名前による不都合が強くなるため認められる傾向です。

 

珍しいケースですが、同一地区に同姓同名がいなくても、政治家・犯罪者・芸能人と同姓同名だったり、名前が類似していて間違われる場合も認められる可能性があります。

 

4.異性とまぎらわしい

本人の外見と名前の性別が食い違い、男性なのか女性なのか、名前だけでは性別の区別がつかない場合です。

 

昔は女性なら「〜子」男性なら「〜男」と男性的・女性的な名前が多かったですが、今は名前のバリエーションが増えており、性別がわからない名前は珍しくないでしょう。

 

男性でよくある異性とまぎらわしい名前が「美」という漢字を使った名前です。

 

「まさみ・ますみ」「しずか」という名前も代表的ですね。

 

女性だと、「優・潤・光・薫」「ゆうき・あきら」など、異性とまぎらわしい名前が多くあります。

 

異性とまぎらわしい名前の判例と傾向
許可された判例
  • 「桃千代」は男性名として珍奇
  • 女性を連想せしめるものである

    福岡高裁昭和27.9.15

    不許可の判例
  • 「コトラ」から「和孝(かずこ)」に変更したい

    「小虎」に通じ、女性の名としてふさわしくない

  • 希望名「和孝」は姓名判断によるものである
    「和孝」という文字は男性の名と間違えやすい
    大阪高裁/昭和32.5.27

 

また、過去に「〜子」の名前の変更が認められた判例があるようです。

 

男性なのに「〜子」女性なのに「〜男」のように、明らかに性別を誤認させる場合は認められます。

 

前述したような、男性なのに完全なる女性名、女性なのに完全なる男性名という場合だけでなく、中性的な名前も含まれます。

 

5.外国人とまぎらわしい

外国人のような名前で、国籍を誤認される場合です。

 

日本人なのに外国人と思われてしまう名前がこれに当たります。

 

許可の判例として「キャサリン」「マイケル」などがあるようですね。

 

一体、どのような漢字を使っていたのか気になるところですが、どこからどう見ても日本人とは認識されません。

 

このようなTHE・外国人な名前は許可されます。

 

外国人が帰化して日本国籍(日本人)になり、日本風の名前に変えたい場合も同様です。

 

また、帰化前のベトナム名への改名を申し立てた判例があります。

 

昔は帰化と同時に日本風の名前に変更しなければならかったようで、帰化の際にやむなく日本名に変更したという経緯から改名が認められました。

 

(今は帰化申請しても、帰化前の名前を名乗ることができ、新しい名前にすることもできます)

 

このように、帰化して日本風の名前に変更したものの、帰化前の名前に変更したい場合も可能です。

 

6.神官・僧侶となった(やめた)

神宮・僧侶(出家)になる際ややめた際など、改名が宗教上必要な場合です。

 

これは一般人にはほとんど当てはまらないと思いますが、特殊事情なのでほぼ改名が認められます。

 

7.通称として永年使用した

長年的(永年)に使用している通称名を、正式な名前に変えたい場合です。

 

通称名というのは、戸籍名とは違うもう一つの名前(セカンドネーム)で、芸名やペンネームも含まれます。

 

永年使用の判例と傾向

許可の判例
  • 職務関係や一般社会で10年間通称名を使用
  • 仙台高裁/昭和32.2.18
  • 姓名判断に基づく通称名を16年間使用
  • 札幌高裁/昭和50.6.30
  • 小学生から公私にわたり一貫して18年間通称を使用
  • 仙台高裁/昭和30.10.10
  • 人名漢字外の通称名を36年通称名を使用
  • 人名漢字以外の名前は不許可ですが、通称名の使用実績が重視され許可されたケース

    東京高裁/昭和39.11.6

  • 20年にわたり通名「歳霽」を使用
  • 通称名を使用するに至った動機が姓名判断であり、「霽」という文字が常用平易な文字でないとしても正当な事由になる

    (通称名の使用実績が考慮された)
    長崎家裁佐世保支部昭37.11.6

不許可の判例
  • 「光正」「職愈(みつまさ)」を約30年間使用
  • 難読な通称への変更は認めない

    子の名には常用平易な文字を使用しなければならない
    広島家裁竹原支部/平成元.12.18

  • 通名を25年使用
  • 通名は難しい文字が用いられている。

    難読を理由に改名の対象となり得る場合は、たとえ通名が長期的に使用されていても戸籍上の名を許可すべきでない。
    浦和家裁熊谷支部/昭和40.4.7

 

判例のように、長期的に通称名やペンネームを使用し、今さら本名を名乗っても通用しない、識別されない場合に許可されます。

 

公私ともに社会生活の殆どで通称名が浸透している必要があり、永年使用は永年の期間が最低でも5年以上通称名で生活していることが必須です。

 

社会的な通称名の定着度が重要であり、一般的には約7年から10年が目安です。

 

既成事実(通称名の使用実績)が重視される永年使用でも、人名漢字以外の名前は認められにくい傾向です。

 

8.その他

その他には、精神的苦痛や、伝統芸能や老舗企業で継承者が代々引き継ぐ(襲名)ことになっているなどが当てはまります。

 

精神的苦痛の程度にもよりますが、過去に酷い虐待を受けたため名前がトラウマとなっている場合は、許可される可能性があります。

 

また、名前のせいで円満な家族関係が築けない(継続できない)といった家庭事情も含まれ、子供の改名理由でよくあります。

 

>>赤ちゃんの改名理由とは?子供は早いほど成功しやすく有利になる!

 

改名基準「正当な事由」を満たすためには?

改名が認められる正当な事由は前述した8つに限定されますが、詳しく見ていくと意外と幅広いですよね。

 

キラキラネーム・読めない名前・性別の区別がつかない名前だけでなく、周りの環境や家庭事情などが考慮されます。

 

改名を希望するほとんどの方がどれかに該当することでしょう。

 

しかし、却下された判例を見ると、許可された判例との違いがよくわからないですよね。

 

これは改名の判断が各家庭裁判所(裁判官)の裁量によるものだからです。

 

つまり、申し立てる家庭裁判所によって、同じ改名理由でも判断が変わるということ。

 

改名の許可率は意外と低くないですが、たとえ8つの正当な事由に該当しても、必ず許可されるわけではないのです。

 

ではどのように申し立てれば正当な事由に値するのか、その基準を満たすことができるのか、ということですがポイントは2つあります。

 

  • 明らかな不都合・支障がある
  • 通称名を使った使用実績などの証拠資料

 

改名の許可基準である「正当な事由」とは、日常生活で重大な支障があると判断された場合に認められるものです。

 

戸籍名による明白な支障や不都合がある=許可ということです。

 

あなたの状況を上手く伝えるためにまずは改名理由の書き方が重要!

 

そして、改名理由の補足として、改名理由の信憑性を高めるために、それを裏付ける証拠資料もあった方がいいです。

 

改名の許可基準は「正当な事由」のみなので基本的に証拠は不要ですが、僕は却下されるリスクを考えて証拠資料も準備して申し立てました。

 

>>今しかできない!自分で簡単に改名する方法

 

認められない改名理由とは?

上記の却下された判例を見ると、なぜ認められないのか理解できない部分もあると思います。

 

許可と不許可になる基準は判断は難しいですが、絶対に認められない改名理由というのもあります。

 

それが個人的主観によるものです。

 

他にもありますが、詳細は「100%認められない改名理由とは?具体的に解説!」を参考にしてください。

 

認められやすい改名理由は永年使用

8つの改名理由の中で、客観的に見て最も認められやすい改名理由が一つだけあります。

 

それが永年使用です。

 

永年使用は他の改名理由と比べて「通称名を永年使用した」という基準を誰でも満たすことができるため、改名できる可能性がダントツで高いのです。

 

たとえ本当の改名理由が姓名判断でも、既成事実(通称名の使用)が優先される永年使用なら、相当年数の実績を重ねればほぼ改名できます。

 

ただ、公私ともに社会生活のほとんどの場面で通称名を使う必要があるので、どの改名理由よりも通称名の使用実績集めのハードルが高いです。

 

永年の期間も家庭裁判所によって判断が変わるので、一般的には7年〜10年が目安です。

 

長期化は避けれられません。

 

そして、他の改名に至る事情も含めて総合的に判断されるので、この目安期間が絶対的な許可基準ではありません。

 

さいごに

改名基準となる正当な事由について、細かく紹介しました。

 

該当する改名理由がわりと多いので、「改名理由に当てはまらない」という心配はほぼないことが理解できるかと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る