自力改名できる永年使用のリスクとは?

自力改名の定番!永年使用のデメリットとは?

永年使用

改名で最もポピュラーなのが「永年使用」を理由にしたものです。

 

永年使用は許可を得やすい面があり、既に永年使用で改名する準備をしている人もいるでしょう。

 

しかし、必ずしも永年使用で改名できるわけではなく、厄介なデメリットもあります。

 

一体、永年使用とはどんな方法なのか、永年使用の特徴や申し立て方法について解説します。

永年使用での改名って具体的に何をするの?

永年使用で改名するためには、第一にとにかく通称名を長く使い続けることが重要です。

 

永年使用は、長期的(永年)に使用した通称名が社会生活で定着してしまい、今さら本名を名乗っても通用しない、周囲が困惑する、と判断された場合に許可がおります。

 

わかりやすい例として、芸能人や著名人がそれに当てはまりますね。

 

一般人の場合は、通称名を長期的に使い続けて生活をして、本名が通じず改名が必要な状況を作ります。

 

こうすることで簡単に永年使用での改名許可の条件が揃います。

 

なぜ永年使用は許可されやすいのか?

永年使用で改名できる理由は、改名理由があまり重要ではないことが挙げられます。

 

人によって改名したい理由は違いますよね。

 

  • 難読で正しく読んでもらえない
  • 同姓同名がいる
  • キラキラネームで精神的に苦痛を感じる

 

改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?」を見てもわかりますが、改名理由によって細かな判断基準があり、どこからが許可される範囲なのかまったくわかりません。

 

裁判官(審議官)も様々な考え方を持ち、この判断は非常に難しく厳しく審査されるため、難読、同姓同名、珍奇な名は、全て改名を認める条件に該当するにも関わらず、なかなか許可されない現実があります。

 

しかし、永年使用ならその言葉通り、通称名を使った事実や期間が最も重視されることがわかっています。

 

許可される基準が明白なので、改名の許可を得るための確実な準備ができ、誰でもその基準を満たして改名することができます。

 

しかし、厄介なデメリットもある、、

永年使用での改名は許可されやすい反面、厄介なデメリットが3つあります。

 

1.どれだけの期間を通称名で過ごせばいいのか(長期間を要する)

長期的な時間がかかる

永年使用は「通称名を長期的(永年)に使用した事実があること」と許可基準が明白ですが、永年を指す期間が裁判官によって異なります。

 

一般的には7年くらいで許可される傾向ですが、10年以上もの期間を必要とされることもあります。

 

簡単に言えば、、
永年使用は他の改名理由と比べて最も時間がかかるのです!!

 

逆を言えば、「永年使用以外」の理由なら最短で改名できるということですね。

 

もし、あなたが一刻も早く改名したいなら、永年使用は絶対に止めましょう。

 

2.通称名がどれだけの範囲で使われているのか(浸透具合)

通称名の浸透具合

単に通称名で長く生活すればいいのではなく、いかに通称名が本名よりも浸透しているのかを証明しなければいけません。

 

そのためには職場や学校だけでなく、公共料金や公的機関など、あなたの名前を登録しているあらゆる場面で通称名が定着している信憑性の高い証拠作りが重要です。

 

たとえ、10年以上の使用期間があっても、初回の申し立てよりも、効力のある証拠類が十分に補強できていなければ却下されてしまいます。

 

正直、「通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点」で紹介している、一般的な証拠集めでは弱いでしょう。

 

おまけに、一つ一つの証拠集めがめちゃくちゃ面倒だし、精神的負担や苦痛も大きいです。

 

3.長期化のリスク大

長期化する

改名は出家といった特例を除き、いかなる申し立ても却下されることは珍しくないですが、これが永年使用で却下となると少し大変かもしれません。

 

たとえば、7年の通称名の使用期間を経て、申し立て→却下となったとします。

 

改名は1度却下されると致命的!?その理由と対策」でご紹介解したように、一度申し立てが受理されると、改名記録が最低でも5年間残ってしまい、その期間中の申し立ては認められない可能性が高くなります。

 

それを踏まえて、永年使用は特性上、長期的な通称名の使用期間が必須。

 

たとえ次の申し立てまで5年間空けて7年+5年=12年となっても、総合的な観点から不十分(却下)と判断されてしまったら、さらに5年以上もの膨大な期間を要します。

 

次の申し立てまで5年間空けるのは、記録が残る理由もありますが、何よりも永年使用は永年という長期間が改名許可の第一条件となるからです。

 

一概に言えませんが、永年使用で一度却下されると、他の申し立て理由で却下されたときよりも、次の申し立てまで年単位でかなり長期化するリスクがあります。

 

実際に改名するために、10年以上も昔から通称名で生活している人も普通にいますから、永年使用で却下されると、かなり長い通称名との付き合いになります。

 

今しかできない!最短期間で改名する方法」なら、年齢や改名理由を問わず、最短での改名を可能とした戦略になっています。

 

通称名がほぼ本名扱いになるので、たとえ永年使用で却下されても、次の申し立てまでストレスなく最強の証拠集めができ、精神的にかなり楽ですよ。

 

決して確実に改名できる方法ではない!

焦らない

認められなかった判例がある

永年使用は他と比べて、誰でも”改名しやすい理由”ですが、許可されるかどうかは別です。

 

永年使用で却下された判例もあります。
>改名が認められた具体例!20の実例と判断基準

 

却下された理由が「日常生活で重大な支障があるとは認められないから」ですが、これは単に姓名判断のような改名理由として認められないものだったのか、通称名の使用実績が乏しかったのか、もしくは両方なのか。

 

申し立ての詳細がわからないので、却下の判断を下した根本的な理由を予想するのは難しいですが、永年使用は使用実績不足や使用期間不足で却下されるのが殆どです。

 

いずれにせよ、永年使用で改名の申し立てをすれば、他の改名理由よりもはるかに通称名の使用実績が厳しくチェックされます。

 

実際に「永年使用で却下された」という問い合わせもチラホラあるのですが、却下される理由は「証拠の不足」がほとんどでした。

 

広く深く通称名が浸透していることを証明するために、本名で登録されているものが無くなるくらい徹底的な通称名の使用実績作りが重要です。

 

経緯も重要!

永年使用での改名は、通称名の使用期間がポイントですが、それだけではありません。

 

とうぜんながら、通称名の使用に至った経緯、改名が必要なあなたの事情、なぜ、通称名の使用だけではダメなのか、など、改名理由も重要な判断材料になります。

 

あくまでも、永年使用は許可基準がわかりやすく、他の改名理由より認められやすいだけで、その基準を満たすためのハードルの高さや、許可されるかどうかの"運的な要素"は他の改名理由と同じです。

 

決して「永年使用が確実に改名できる方法」ではありません。

 

さいごに

永年使用は、通称名が社会的に通用している事実が最優先されるので、あなたの改名理由が何であれ改名できる可能性があります。

 

許可基準が曖昧な永年使用以外での改名はかなり厳しいといっても過言ではないでしょう。

 

一度却下されて、2回目以降の申し立てが「永年使用での改名」というのは、もはや定番のパターン。
(実際に改名している人は永年使用がダントツで多い)

 

改名はたとえ却下されても何度でも申し立てができます。

 

でも、2回目以降の申し立ては時間をかけて慎重にならざるを得ません。

 

永年使用は一度却下されると、有効性の高い証拠類の補強や精査、さらに長期的な通称名の使用期間の2つが必須なので、次の申し立てがかなり大変です。

 

永年使用で改名したい人は、とにかく通称名で生活を始めて、既に通称名を使っている人は、今以上に広い範囲で使用して信憑性の高い証拠集めをしましょう。

 

通称名を長期的に使い続け、通称名の証拠作りに徹することが永年使用で改名するコツです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加