流行りはシワシワネーム!?古風な名前の注意点

シワシワネームが流行!?古風な名前のメリットとは?

シワシワネーム

少し前にキラキラネームが大流行しましたが、最近ではシワシワネームがジワジワ増えているそうです。

 

キラキラネームとは違い、シワシワネームにはたくさんのメリットがあります。

 

ここでは、人気のシワシワネームの特徴やメリットについてお伝えします。

流行り?シワシワネームとは?

古風な名前である

シワシワネームとは、古風な名前のことです。

 

シワシワネームという言い方は失礼だし何だか嫌ですね。(^_^;)
昔っぽい名前ですが、別にシワシワネームと言わなくても堅実な良い名前だと思います

 

たとえば、男の子だと「太郎」女の子だと「恵津子」などといった名前がシワシワネームとなります。

 

キラキラネームは、自分が良いなと思った名前を決めてから、それに合う漢字を考えて決める場合が多く、シワシワネームは、名前で使いたい漢字を考えてから呼び方を考える場合が多いそうです。

 

シワシワネームが流行りつつある理由

シワシワネームが密かな流行となっている理由として挙げられるのは、キラキラネームの弊害や対抗心です。

 

難読で奇抜な名前は社会で苦労することが多く、その点、昔ながらの古風なシワシワネームは読みやすくわかりやすいので人気が出ています。

 

キラキラネームが流行りすぎていて、逆にシワシワネームをつけた方が目立っていて良いと考える親もいます。

 

また、モーニング娘の加護亜依さんが息子に義継(よしつぐ)という名前を付けたことでも話題になっていましたよね。

 

流行というものはやはり芸能人たちが深く関係している部分もあるでしょう。

 

シワシワネームの3つの特徴

漢字1文字

女の子なら恵(めぐみ)華(はな)男なら修(おさむ)樹(いつき)など、漢字一文字の名前はシンプルなかっこよさがあります。

 

名前の最後を古風にする

名前の最後の漢字を止め字と呼び、男の子なら郎・介・成・輔、女の子なら美・子・乃が最後に付く名前は、人気の古風な名前の定番でしょう。

 

ちなみに、今も昔も女の子の名前でよく見かける「子」という漢字は、バラバラにすると「一」と「了」という漢字になり、一が始まりで了が終わりという意味で使われたりするため、人生の始まりから終わりまでという意味があります。
この事から「幸子」という名前は「始まりから終わりまで幸せに過ごせるように」という願いを込めてつけられる場合が多いようです。

 

女の子の名前をあえてひらがなにする

漢字だと堅苦しい印象になりがちなため、あえてひらがなで名付ける場合があるそうです。
ひらがなは、曲線が多く丸みがあったりもするため、優しい印象を持たれやすいですね。

 

シワシワネームの6つのメリット

落ち着きがある

古風な名前は、大人っぽく感じたりおしとやかなイメージがあり、落ち着きのある印象を与えます。

 

年齢を重ねるほど名前が似合ってくる

子供の頃に「悦子」という名前だと古風すぎて嫌だと感じるかもしれませんが、大人になると似合っているように感じてきて逆に良かったと思うのではないでしょうか。

 

逆にキラキラネームで「苺」という名前だった場合、大人になってから、恥ずかしく感じたり、なんだか子供っぽい名前だなと感じて嫌になるかもしれません。

 

覚えてもらいやすい

シワシワネームは1文字や2文字の漢字が使われた名前や覚えやすい名前であることが多いです。
名前間違えが少なく、本人も相手にも余計なストレスを与えません。

 

誠実なイメージを持たれる

シワシワネームは漢字自体の意味を重視するので、漢字のイメージから真面目や誠実さを印象付けます。
「勉」や「修」など真面目そうなイメージの漢字を使われる事が多いためかもしれませんね。

 

キラキラネームのような悪影響がない

基本的にシワシワネームは一般的な漢字と読み方をするので、キラキラネームのように奇抜な名前にはなりません。

 

キラキラネームで指摘されている受験や就職などでのマイナス面もなく、社会で損することは少ないでしょう。

 

名前が目立つ

キラキラネームとまではいかなくても、今はオシャレな名前が多い時代なので、その中でシワシワネームにすることで逆に目立つことがあるでしょう。

 

周りにイマドキの名前が多いと、古風な名前でなくても普通の名前でも同じことが言えるかもしれませんね。

 

これはメリットにもデメリットにもなるので、人によって受け取り方が違うと思います

 

シワシワネームの注意点

古風な名前を付ける際に、難しくなりすぎないように注意しましょう。

 

キラキラネームのように漢字や読み方が難しくなってしまうと、名前が人に通じず苦労が多くなります。

 

名前はテストや書類などもっとも書く機会が多いため、分かりやすく書きやすい方が良いでしょう。

 

さいごに

シワシワネームという表現にビックリですが、流行りつつあるようです。
キラキラネームと比べてメリットはありますが、こだわりすぎないように冷静になって名付けましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加