【借金】が理由で改名するとその後はどうなる?踏み倒しはできない!?

借金による改名

借金が理由で改名したい方の中に、「改名すると借金がチャラになるって本当?」「またお金を借りることってできるの?」と疑問に感じている方もいると思います。

 

改名して「人生をやり直したい」という方は多いと思いますが、借金を抱えたまま戸籍名を変えてしまうと、その後どうなるのか気になる部分ですよね。

 

借金の返済に行き詰って「名前が変われば踏み倒せるかも・・」なんて考えが浮かんでしまうこともあるかもしれません。

 

改名は悪用の懸念があります。

 

純粋に改名したいだけでも、借金があるだけで変に怪しまれたり、疑いをかけられて改名できないのでは?となんだか不安に感じてしまいます。

 

ここでは借金が理由で改名したい方に向けて、改名後の借金はどうなるのか、どこまでの借金なら改名できるのかなどを解説します。

改名は借金があるとできない?

結論をいうと、借金があっても改名できますが、借金を理由にした改名は厳しいです。

 

>>改名したい人の理由って?切実すぎる事情をご紹介

 

借金があると不利になることもある

借金と言っても、奨学金、消費者金融、各種ローンなどさまざまありますよね。

 

改名すること自体は、負債の種類や大小を問わず、現在や過去に借金があっても問題なくできます。

 

また、法的手段で自己破産のように債務整理をしていても同様です。

 

借金がある場合の改名は、改名審議にそれらがまったく影響がないとは言えません。

 

実際に、改名の面談で審議官から借金があるかどうかの確認がされるため、通常よりも審査が厳しくなる可能性があります。

 

借金があると改名ができないということではなく、あくまでも影響の可能性があるかもしれない、という程度のものです。

 

>>改名の面談(呼び出し)内容と要注意な人とは?服装も気を付けよう!

 

借金だけを理由にした改名は不許可になる

改名は正当な事由がないと認められないので、「借金があるから改名したい」という理由では却下されます。

 

>>改名が認められる理由「正当な事由」とは?許可基準を徹底解説

 

過去に借金による改名を悪用した犯罪もあるので、借金を理由にした改名はまず認められません。

 

  • 改名した新たな名前でクレジットカードを作る
  • 改名した新たな名前でお金を借りる
  • 自己破産前に改名して自分の財産を隠す

 

改名後の新しい名前でクレジットカードを作ったり、お金を借りること自体は悪いことではないですが、悪用することはやめましょう。

 

改名による犯罪として有名なのは出家詐欺があります。

 

これは、出家して詐欺行為を行ったのではなく、出家による改名制度を悪用した詐欺です。

 

日本では出家を理由にすればスムーズに改名することができるため、ブローカーが多重債務者を出家させて、ローン会社などからお金を詐取した、というもの。

 

もうこれ以上、どこにも借入ができないような多重債務者が改名すれば別人になることができ、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを契約することができます。

 

これは、ローン契約などで戸籍謄本の提出を求めるのは困難なため、多重債務者が名前を変えたのを見抜けず、過去の経歴(債務歴など)もごまかしやすい面があるためです。

 

また、借金逃れや詐欺だけでなく、自己破産した場合も以降の融資が難しくなるため、それを解決するために改名を利用する人もいるようです。

 

多重債務者が改名をすることによって別人に成りすまし、住宅ローンを組んでお金を騙し取ったという詐欺事件です。

 

一般的に債務整理をした直後は、改名をしたからといってクレジットカードなどが作れるわけではないです。

 

たとえ改名しても過去の借金は帳消しになりませんし、改名してクレジットカードを作れる場合もありますが、そうしたことは想定内なのでバレます。

 

名前を変えて、その事実を伝えずに借り入れを受けると、「詐欺罪」に問われる可能性があるので絶対にやめましょう。

 

借金などの理由で改名した成功パターンはこちら
>>【改名後の人生】成功した6つのパターンと効果!

 

さいごに

改名で自己破産や借金が審議にまったく影響がないとは一概に言えません。

 

ただ、借金があっても決して改名ができないわけではないようなので、そこは安心できそうですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る