借金があっても改名できる!その後は踏み倒しが可能に!?

改名と借金

借金が理由で改名したい方の中に、「改名すると借金がチャラになるって本当?」「またお金を借りることってできるの?」と疑問に感じている方もいると思います。

 

改名して「人生をやり直したい」という方は多いと思いますが、借金を抱えたまま戸籍名を変えてしまうと、その後どうなるのか気になる部分ですよね。

 

借金の返済に行き詰って「名前が変われば踏み倒せるかも・・」なんて考えが浮かんでしまうこともあるかもしれません。

 

借金は当然返すべきものです。

 

しかしながら、現実としてこれが難しいこともあります。

 

借金は完済だけが、その苦しみから解放される方法ではありません。

 

「返さない」という選択肢もあるのです。

 

今回は、借金から解放されるための方法のひとつ、「返さない」。

 

これを手助けしてくれるとウワサの改名と借金の関係ついて解説したいと思います。

 

そもそも借金があっても改名できるのか、そういった疑問にもお答えします。

借金を理由に改名できるのか?

借金踏み倒しの手段のひとつとして、一時期世間に広まったのが「改名」です。

 

今回のお話のカギとなる改名ですが、それにはどのような方法があるのでしょうか。

 

改名は2つある

家庭裁判所へ改名の申し立てをする

俗にいう改名とはこのことを指します。

 

家庭裁判所へ改名の「申し立て」「許可」を経て、はじめて改名が認められます。

 

この改名では、姓名 (フルネーム) を変えて別人として生まれ変わることもできます。

 

改名すると意気込むのは簡単ですが、改名の正当な理由をもって裁判所を納得させなくてはなりません。

 

そのため、改名のハードルは低いとは言い難いでしょう。

 

>>改名は役所のどこでできる?全ての手続き場所を一から解説

 

結婚することで改名する

結婚してパートナーの姓を名乗ることで、それが『改名』となるパターンです。

 

お分かりの通り、結婚で変えられるのはあくまで姓 (名字) だけです。

 

改名のために結婚しなくてはなりませんから、ある意味ではこちらの方がハードルが高いかもしれません。

 

借金だけを理由にした名の改名は不許可になる

改名は正当な事由がないと認められないので、「借金があるから改名したい」という理由では却下されます。

 

>>改名の許可条件と認められた判例を徹底解説!裁判所のNGな理由もご紹介

 

過去に借金による改名を悪用した犯罪もあるので、借金を理由にした改名はまず認められません。

 

改名による犯罪として有名なのは出家詐欺があります。

 

これは、出家して詐欺行為を行ったのではなく、出家による改名制度を悪用した詐欺です。

 

日本では出家を理由にすればスムーズに改名することができるため、ブローカーが多重債務者を出家させて、ローン会社などからお金を詐取した、というもの。

 

また、借金逃れや詐欺だけでなく、自己破産した場合も以降の融資が難しくなるため、それを解決するために改名を利用する人もいるようです。

 

多重債務者が改名をすることによって別人に成りすまし、住宅ローンを組んでお金を騙し取ったという詐欺事件です。

 

改名後の新しい名前でクレジットカードを作ったり、お金を借りること自体は悪いことではないですが、悪用することはやめましょう。

 

借金があると審議で不利になることもある

借金と言っても、奨学金、消費者金融、各種ローンなどさまざまありますよね。

 

改名すること自体は、負債の種類や大小を問わず、現在や過去に借金があっても問題なくできます。

 

また、法的手段で自己破産のように債務整理をしていても同様です。

 

借金がある場合の改名は、改名審議にそれらがまったく影響がないとは言えません。

 

実際に、改名の面談で審議官から借金があるかどうかの確認がされるため、通常よりも審査が厳しくなる可能性があります。

 

借金があると改名ができないということではなく、あくまでも影響の可能性があるかもしれない、という程度のものです。

 

>>改名の面談内容を暴露!要注意な人の特徴とは?

 

改名しても借金は踏み倒せない

借金が限界まで膨らんでしまい、「これ以上の借り入れは不可能」という状況の方も多いかと思います。

 

こうした状況の中でも借り入れしたい場合、改名することによって新たに借り入れが可能になるのでしょうか?

 

結論からいえば、「限りなく不可能に近い」とお伝えすることができるでしょう。

 

過去は踏み倒しが可能だった

かつては、債務者が改名をすると金融機関がその所在を把握できなくなり、借金の踏み倒しが実現するケースもありました。

 

ですが、「改名すれば借金を踏み倒すことができる」というのは過去の話です。

 

改名しても借金がなくなるわけではないですし、現在では「改名したところで借金を踏み倒すことはできない」というのが現実です。

 

改名後の新たな借り入れは難しい

名前を変えてその事実を伝えずに借り入れると、「詐欺罪」に問われる可能性があります。

 

銀行や消費者金融をはじめとした金融機関の債権者は「お金を貸すプロ」です。

 

そのため、たとえ債務者が改名をしたとしても、あらゆる方法や特権 (戸籍法に基づいた戸籍情報の確認) を使ってそれを見破ってきます。

 

また、債務者の信用情報は各金融機関同士で共有しています。

 

そのため、例えば改名後にA社に借り入れ申請をして否決された場合、この情報はほかの金融機関 (B社、C社など) も把握している可能性は非常に高いといえます。

 

金融機関の情報収集力はかつてに比べて高くなっています。

 

現代の情報化社会において、情報網は発達し続けており、金融機関は顧客の個人情報を手に取るように把握しているのです。

 

改名をして新たに借り入れるということは、現実的にほぼ不可能と言えます。

 

改名の思わぬ落とし穴

改名をして別人に生まれ変わって生きていくことは、決して悪いことではありません。

 

むしろ、あなたの人生の再出発を後押ししてくれる有効な手段です。

 

しかし、これにはやはり障害が生まれることも知っておかなくてはなりません。

 

ここで、改名することで生じる信用情報上のリスクを把握しておきましょう。

 

「スーパーホワイト」の弊害

先述した通り、現在の金融機関の情報収集力は凄まじいものがあります。

 

例えば、あなたが改名によってフルネームを変えたとしても、金融機関がこれを見破ってくるでしょう。

 

よしんば、これをすり抜けて、あなたが別人と認識されたとしたらどうなるでしょうか?

 

あなたが金融機関に別人と認識されれば、それはつまり、あなたの信用情報がリセットされたということです。

 

これは一見するとラッキーと思うかもしれません。

 

思わず、「新たな借り入れが可能になるのでは?」と期待してしまうかもしれませんが、信用情報上ではこれはこれで問題となるります。

 

別人となり、信用情報がリセットされたということは、それが真っ白であるということです。

 

金融業界では、こうした信用情報が真っ白な人のことを「スーパーホワイト」といいます。

 

こうした人に対して、金融機関は非常に警戒します。

 

例えば、あなたがいま30歳であるとして、スーパーホワイトだったとしたらどうでしょう。

 

いまや中学生や高校生でも当たり前のようにスマートフォンを持っている時代です。

 

その現代において、30歳である大人の信用情報が真っ白なのはどう考えても不審ですよね。

 

そのため、仮に改名によって金融機関から別人と認識されたとしても、新たに借金をするということは厳しいと言ってよいでしょう。

 

借金で改名する前に責務整理をするのが確実

ここまで借金による改名についてお伝えしましたが、「改名することによって借金を踏み倒すことはできない」「改名で新たに借金をすることはできない」ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

やはり、借金は完済することが道理です。

 

万が一、返せなくなったとしても、しかるべき手段でその借金の整理を行うことが大切です。

 

債務整理や借金の滞納などで、信用情報機関に事故情報が登録されても、5年間から10年で事故情報は削除されます。

 

無茶をして改名後に新たにお金を借りると信用を失いかねません。

 

ブラックリスト状態から解消されるのを待つのが一番確実だと思います。

 

さいごに

改名しても借金がチャラになったり、簡単に借り入れることができません。

 

ですが、借金があっても改名は可能なので、そこは安心できそうですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る