親と子供の改名

親と子供の改名理由とは?どんな事情があるのかを調査

親子の改名

改名は本人だけでなく、子供の親が改名を望むケースもあります。

 

子供(赤ちゃん)の名前で悩んでいる方は意外と多く、人によって親子で改名したいという方もいるでしょう。

 

ここでは、親や子供の改名理由や事情について紹介します。

親が子供(赤ちゃん)の名前を改名したい理由

自分の子供(赤ちゃん)の改名を希望する理由は、名付けに後悔していることがほとんどです。

 

名付けに後悔する理由はいくつかありますが、

 

  • 正しく読んでもらえない
  • 漢字の意味を間違えた
  • (勘違いした)

  • キラキラネームになってしまった
  • 夫婦ではなく片方が独断で名付けた
  • (名づけのトラブル)

  • 名前を決める時間がなかった

 

などがあります。

 

事情はいろいろですが、子供の改名は、親が子供の将来を考えての決断ですね。

 

他にも、再婚で名字との兼ね合いで子供の名前を改名したいといった理由もあります。

 

>>離婚を理由に改名するなら?緊急性があれば認められる!
>>改名したい人の理由って?切実すぎる事情をご紹介

 

正しく読んでもらえない

名付けた当初は気にしていなかったことも、子供と生活をしていると名前のせいで日常生活で不便に感じたり、想定外のことが起こったりすることもあります。

 

読み方が難しい名前って一見何の問題もないように思えますが、一回で正しく読んでもらえない名前は、何回も訂正したりよく間違われるので、意外とストレスが大きく不便を感じるんですよね。

 

漢字の意味を間違えた

これは漢字の本来の意味を知らなかったり、言葉の意味を勘違いしていて名付けに後悔するケースです。

 

名前の響きがよくても、使った漢字の本来の意味が下ネタ系や不吉な意味が込められている、名前の読み方が方言で卑猥な意味だった、なんてこともあるようです。

 

キラキラネームになってしまった

難しい名前や個性的な名前の代名詞であるキラキラネームは、今やブームが落ち着き、あまりにも奇抜な名前はずいぶん減少しています。

 

今でも月=あかり、愛=あと読むような当て字や、名前の読み方は普通でも漢字が変わっているなどの今風な名前をよく見かけますが、それでも普通の名前が目立つようになりました。

 

どこからがキラキラネームになるのか線引きは難しいですが、子供の名前(漢字や読み方)が少しでも変わっていると、親は気になることも多いでしょう。

 

漢字が難しくて読めない名前や、キラキラネームのように個性的な名前は、普通の読みやすい名前と比べるとやはり苦労が増えます。

 

また、子供の名前をキラキラネームにしたつもりがなくても、後からキラキラネームに当てはまると知ってショックを受ける方もいます。

 

夫婦ではなく片方が独断で名付けた(名づけのトラブル)

片親でなければ、名付けは基本的に両親が相談して決めますが、片方が勝手に子供の名前を決めてしまったというケース。

 

片方が独断で名前を決めてしまうという命名のトラブルは、実は子供の改名理由でよくあります。

 

子供の改名の注意点やポイント
>>赤ちゃんの改名理由とは?子供は早いほど成功しやすく有利になる!

 

名前を決める時間がなかった

名前を考える時間がなかったという方もいます。

 

納得しないまま子供の名前を決めてしまって後悔します。

 

他にも、周りと同じような名前がいたからという理由や、子供の名前の画数が悪いことが理由で改名したいという方もいます。

 

親子で改名したい理由

子供の改名だけでなく、親が子供と一緒に改名したいというケースもあります。

 

  • 姓名判断で画数が悪い
  • 別居や離婚を機に改名したい
  • 親族に前科や前歴があり改名したい

 

などの理由や特殊な事情があります。

 

他にも、出生当時に命名しようとした名前の漢字が当時は使えず、その後、人名に漢字が使えるようになり改名を希望することもあります。

 

親子同時に改名を申し立てるのは珍しいですが、家族で改名する方もいるようですね。

 

他にも自分の親の名前を改名したいという方もいるでしょう。

 

>>改名の条件と対象とは?何歳からできるの?

 

さいごに

親子の改名は複雑な事情もあります。

 

子供の改名は、名付けのトラブルや後悔などが改名理由の大半です。

 

将来を考えて、改名を検討してくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加