カテゴリ:その他


被害は防げる!?ネットに拡散された犯罪歴や前科を削除する方法

km45.jpg


ここでは、ネット上に拡散された誹謗中傷、犯罪歴(前歴)・前科の書き込みや投稿記事の削除方法について書きます。



犯罪歴を理由にした改名についてはこちら
>>実名報道の影響とは?犯罪歴や前科があると改名できないのか?



ネット記事の削除について法律ではどうなっているのか?



km45-1.jpg


法律では、プロバイダ責任制限法(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)があります。



ネット社会で名誉毀損やプライバシー侵害などの問題が発生した場合に、

プロバイダ(ネット回線会社)やサイト管理者などの損害賠償責任を制限する法律です。



2001年に制定され、被害者が削除依頼する「送信防止措置請求権」や、誹謗中傷を行った犯人を特定するために、被害者がブログやサイト管理者などに対して「発信者情報開示請求」することが認められています。



前科や犯罪歴の削除は基本的に自分で行う



km45-2.jpg


ネット上にある誹謗中傷、犯罪歴・逮捕歴に関する書き込みや記事は、基本的に全て自分で削除依頼を行います。

具体的にどのようにするのか削除方法を書いていきます。



削除したい情報を探す&残しておく



まずは削除したい投稿記事や書き込みを探して、保存しておきます。



  • 情報を探す

あなたが削除したい記事(被害や不利益を受ける)を全てを探しだすのは難しいですが、有名どころ(影響力が大きなサイト)はおさえておきましょう。(FC2・yahoo知恵袋・教えてGoo ・2チャンネル・爆サイ・したらば掲示板・Pinkちゃんねる・Twitter・Facebookなど)


また、削除したい記事や書き込み探しは、いろんな検索サイトを使います。

最低限、GoogleとYahooは絶対ですが、他にも、Bing、MSN、Excite、海外であればBaudo、Naverなどが広く使われているので、幅広くチェックしておきます(携帯とパソコンでは検索結果が違うので、両方で確認しておきましょう)



  • 情報保存する

削除したい投稿記事や書き込みなどの証拠をしっかり残しておきます。

あなたが削除依頼したい書き込みや記事などを、日付も含めて全て保存しておきましょう。


証拠は写真を撮ったり、スクリーンショットで画面保存し、コピーするなどで残すことができます。



投稿者や運営会社へ削除依頼する



アメブロやFC2などのブログ、TwitterやFacebookなどのSNSに書き込みがある場合は、メッセージ機能を使って投稿者(発信者)へ、直接、削除依頼をしましょう。


投稿者への削除依頼と同時に、書き込みや記事があるSNSやブログの運営会社にも削除依頼をします。

ほとんどの場合は、運営会社の問い合わせフォームが設置されているのでそこから削除依頼の連絡をします。


申請すると、運営会社から「送信防止措置依頼書」が郵送されることがあるようですが、念のため、ご自身でも用意しておきましょう


依頼書が届けば必要事項に記入して返送します。
返送後、会社側から投稿者へ削除依頼の同意の確認が行われ、投稿者が削除依頼を拒否すれば、運営会社の判断に委ねられます。



削除依頼のコツ

削除依頼は「削除しなければ法的手段に出る」といった威圧的な内容を送るのではなく、相手も一人の人間なので、「交渉のつもり」で冷静に言葉を選びながら丁寧な対応を意識しましょう。「警察への相談も検討しています」など本気度を伝えると効果的。ただ、2ちゃんねるに書き込まれている場合は、運用方針上、個人の削除申請に応じないことが多く、「削除しようとしてる!」と炎上することもあるようです。


問い合わせ先が不明の場合



投稿者や運営会社の問い合わせ先がわからない場合は、WHOIS検索を利用します。

WHOIS検索は無料のツールもあり、IPアドレスやドメイン名から登録者や登録組織を検索できるシステムです。


調べたいサイトのURLを入力すれば、ドメイン所有者情報、サーバー所有者情報が表示されます。


WHOIS検索をしても具体的な名前が表示されない場合もありますが、サーバーの管理者はわかるようになっているので、そちらから削除依頼の申請を行いましょう。



ネット上の犯罪歴・前科の削除は難しい



先述したように、犯罪歴の削除は基本的には書き込みがあるサイトや運営会社に自分で削除依頼を申し出ます。



ですが、犯罪歴の場合は誹謗中傷の削除と比べて少しハードルが高くなります。



ネット上で半永久的に犯罪歴や前科がさらされることは、一見、プライバシー侵害になりそうですが、どのような事件を実名報道するのかについて、特に法律上の基準はなく、各報道機関の判断になります。



また、実名報道することで犯罪の抑止に繋がるため、報道機関や国民の表現の自由や知る権利が優先されています。



「誰がどのような犯罪を犯したのか」ということは、国民が知るべき重要な情報であり、こうした情報には社会的な利益があると考えられています。



そのため誹謗中傷とは違って犯罪歴の場合は「プライバシー侵害」を認めなかったり、削除に対応してもらえないことがあります。



犯罪歴の削除について、過去の判例を見てもよくわかります。



過去の判決を一部紹介すると、、



km45-7.jpg


東京高裁(2016年7月12)
男性が過去の犯罪歴(児童●春・ポ●ノ違反で罰金)がグーグルの検索結果から知られてしまうとして、犯罪歴の削除を求めたが却下。
さらに2013年12月22日のさいたま地裁の決定では「忘れられる権利」を国内で初めて認定したが、最高裁は「知る人の権利を侵害する」「権利は法的に定められたものではない」などと取り消した。
(最初に男性が事件後3年が経過しても犯罪に関する情報が表示されることを「プライバシーを侵害されている」として、さいたま地方裁判所にその検索結果の削除を申し立てた)

東京高裁は、忘れられる権利を否定し、訴えを起こした犯罪歴のある男性のプライバシー権についても事実が公益性があることや、事件から十分な時間が経過していないことなどを理由として認めなかった。



最高裁(2017/01/31)
インターネット検索で名前などを入力すると、逮捕歴が表示されるのはプライバシーの侵害だとして、2011年に児童●春禁止法違反罪で略式命令を受けた男性が、米グーグルに削除を求める仮処分を申し立てた。
最高裁は「男性の逮捕歴は公共の利害に関する」として削除を認めない決定をした。

検索サイトの公益性を重視し、検索サイトの表現の自由と表示される側のプライバシー保護を比べ「公表されない利益が優越することが明らかな場合に限って削除できる」と削除には要件を求める初の統一判断を示した。最高裁決定は「約5年前の児童●春であっても今も公共の利害に関わる」と削除を認めず、忘れられる権利には言及しなかった。



最高裁(2018/01/30)
インターネットで自分の名前を検索すると事件(振り込め詐欺)の逮捕歴が表示されるとして、 男性が米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟が請求を認めなかった2審東京高裁判決が確定した。最高裁が30日付で、男性側の上告を受理しない決定をした。

「振り込め詐欺に対する社会的関心は高く、事件で男性の果たした役割は決して小さくはない」と指摘し、男性は執行猶予期間の終了から約6年が過ぎていたが、逮捕歴を公表する必要性を否定できないと判断しました。



犯罪歴の削除請求が認められる基準や条件とは?



km45-4.jpg


実名報道されたりネット上に実名で自分の名前や犯罪歴が取り上げられ、公開されることは致し方がない部分もありますが、それらの情報が絶対に削除できないわけではありません。



犯罪という特性上、削除依頼があれば必ず対応してくれるわけではないですが、過去の判例を見て、一般的な見解や削除対象となる可能性がある基準や条件を紹介します。



※ あくまでも削除されやすい条件や判断材料なので、必ず削除が認められるわけではありませんのでご注意ください



  • 一定の期間が経過している


事件から最低でも3年〜5年経過していることがひとつの目安です。

社会的に大きな影響があった事件なら10年経過してようやく削除されることもあるようです。



  • 社会復帰している

更生して社会復帰していると、更正の利益によって削除される可能性があります。



  • 処分内容(前歴or前科)

有罪判決を受けると前科がつき、無罪や不起訴になると前歴=逮捕歴のみ残ります。逮捕歴と前科では、削除の難易度が大きく異なります。


不起訴になった場合などは、社会への影響が少ないため、比較的、削除請求が認められやすいです。

また、刑の執行を終えている、執行猶予期間が終了している場合も削除対象になります。



  • 生活での被害の有無


ネット上で実名と犯罪歴が公開されることで、どの程度の被害を受けているのか、どんな不利益があるのかが判断材料になります。


「実名報道によって会社をクビになった」「犯罪歴が公開されることで再就職がうまくいかない」など、具体的な不都合があれば削除が認められやすいです。



削除を拒否された場合は仮処分の申し立てをする



km45-6.jpg


法律ではプロバイダ責任制限法がありますが、これは義務ではないため、発信者情報開示請求や送信防止措置に応じるとは限りません。



削除依頼に応じてもらえない場合は、裁判所で仮処分の申し立てを行います。



ネット上にある犯罪歴や前科などの完全削除は難しいため、ネット検索で非表示を要請することができますが、仮にGoogleなどの検索エンジンが削除拒否をした場合は、先述した判例のように、Googleなら本社google.Inc(アメリカ)へ削除依頼の仮処分を申し立ることになります。



仮処分は申し立てから早くて数日から数週間で結論が出るため、非常にスピーディーです。



今すぐに削除しないと著しい損害が出る、裁判を起こしても解決しないなどの場合は、裁判所に仮処分の申し立てをしましょう。



すでに何年間もネット上のサイトやSNS、掲示板などで放置されていたような記事は認められない可能性があるので、仮処分は該当記事を発見してからできる限り早く申請することが重要です。



また、仮処分が認められると大抵は削除できますが、どんな理由でも仮処分が認められるわけではありません。



具体的に、あなたにどのような侵害があるのかを疎明しなければならず、申し立てには専門知識も必要なので、自力で手続きをするのはちょっと大変です。

また、数十万の保証金もかかります。(仮処分を取り下げることで保証金が返ってくる)



自力で困難な場合は?業者に削除依頼をする時の注意点



km45-5.jpg


誹謗中傷や犯罪歴・逮捕歴をネット上から削除するためには、ネットニュースだけなのか、SNSや掲示板など、どこまで情報が拡散されているのかを調査する必要があります。



しかし、ツールやソフトを使ったり専門性が問われるので、自力で全て洗い出すのかなり難しいです。



自力は現実的ではないため、削除代行の代行業者に依頼する方法もありますが、そういった専門業者に削除依頼はオススメしません。



専門業者は危険!削除依頼がダメな理由



削除依頼でネット検索すると、削除請求や仮処分申請代行の専門業者が多くありますが、過去の裁判で、削除請求代行会社の依頼人が代金の返還を求め、返金を認める判決が下されています。



この判決では、削除依頼は法律事件であり、裁判所にて削除命令の仮処分を請求することや弁護士による削除請求を代行することは弁護士法違反であるという判断が示されました。



(法律事件は弁護士以外の人が報酬を得る目的で法律業務を取り扱うことは法律で禁止されている)



この判決は東京地方裁判所で下されたもので、上級の裁判所で判断が覆る可能性もありますが、弁護士に依頼するのが安心です。



■ 弁護士に依頼するメリット



弁護士に削除依頼をする場合は、弁護士が全て代理で行ってくれるので、削除依頼の時にあなたの個人情報が相手側に公開される心配がありません。



また、弁護士があなたの代理で、裁判所に削除命令の仮処分を申し立てることもできます。



弁護士に依頼する場合も内容によりますが、高額な費用がかかったり、相性もあるので、しっかり吟味して選びましょう。



改名相談はどこがいい?弁護士の上手な探し方と選び方」では改名に強い弁護士について書いていますが、きっと弁護士選びの参考になりますよ。



100%ネット上から情報を削除することはできない



km45-8.jpg


ネット上で一度拡散された誹謗中傷や犯罪歴・逮捕歴の情報は、100%完全に削除するのは困難を極めます。



さらに、長期的に広範囲まで情報が拡散されていれば、自力で全てのサイトを見つけたり、削除依頼をすることができないかもしれません。



ただ、期間や内容(罪)にもよりますが、日常生活であなたが不利益を被らずに済むレベルまで最小限に抑えたり、すべての削除は無理でも、Googleなどのネット検索で表示されないようにすることは不可能ではないようです。


 

投稿者(発信者)が削除に応じないこともあるので、管理会社や検索エンジン(Googleやyhaooなど)に直接、削除依頼をしたり、ネット被害に詳しい弁護士への依頼を検討しましょう。



まとめ



ネット上にある誹謗中傷や犯罪歴や逮捕歴を完璧に削除するのは困難ですが、一部でも削除することで実生活での被害を最小限にしたり、Googleなどの検索結果で非表示できる可能性はあります。



ネット上の書き込みや投稿記事は、何も対処しない限り半永久的に残り続けます。



あなたが気になる記事や書き込みがあれば、自ら削除依頼したり、弁護士に依頼するなど早めの対処が重要です。



え、こんな人も!?改名で大ブレイクしたお笑い芸人たち

芸能人の改名


芸能人にとって名前は知名度を上げる重要なもの。



お笑い芸人、タレント、俳優、歌手など改名している芸能人は多く、改名を機に成功した人が沢山います。



ここではわかりやすく「改名して成功した芸能人」として「お笑い芸人」にスポットを当てました!



さまざな方々の改名効果が気になる方はこちら
>>改名の効果って本当にあるの!?運気が上昇した実例



実は改名していた!10人のお笑い芸人を紹介



改名(芸名)していることが比較的知られている(と思う)お笑い芸人から紹介します!



  • 明石家さんま


旧芸名「笑福亭さんま」



お笑い界のBIG3!明石家さんまを知らない人はいないでしょう。



元々は噺家として、笑福亭松之助師匠に弟子入りし、その頃の芸名が「笑福亭さんま」でした。

 

そこから師匠の推薦でお笑い芸人に転向し、「明石家さんま」に改名。



明石家さんまの由来は、明石家は笑福亭松之助の本名(明石徳三)から、さんまは実家が水産加工業だったからだそうです。



  • さまぁ〜ず


旧コンビ名「バカルディ」



改名のきっかけは「 ウンナンの気分は上々。 」とゆう番組で、「バカルディ vs 海砂利水魚」の三番勝負で負けたため。



敗者は改名するのが条件で、ウッチャン(内村光良)が恥ずかしい名前にしようとゆうことで「さまぁ〜ず」と名付けました。



  • くりぃむしちゅー


旧コンビ名「海砂利水魚」



さまぁ〜ずと同じ経緯で、「ウンナンの気分は上々」で 3回戦目で海砂利水魚が敗れたのがきっかけです。



有田がウッチャンに好きな食べ物を聞かれ「くりぃむしちゅー」と答えて、それがコンビ名になりました。



さまぁ〜ずは改名して直ぐにブレイクし、それを狙って改名するために海砂利水魚がわざと負けたとゆう話もあります。



さまぁ〜ずは3回戦目で勝ったのでコンビ名を 「 バカルディ」に戻す権利を得ましたが、「さまぁ〜ず」で人気が出たこともあり、改名せずに今に至ります。



  • スギちゃん


旧芸名「杉山英司」



コンビを組んでいた頃に「フランクフルト」「霊血サンデー」「機械犬」など、何度かコンビ名を変えており、コンビ解散後にピン芸人として本名の杉山英司で活動していました。



「杉山英司」から「スギちゃん」への改名は、占い師ゲッターズ飯田の助言で、改名の時期もアドバイス通りに従ったそうです。



改名した途端、R-1グランプリで準優勝し一気にブームとなりましたね!






この4人は、改名したことやエピソードを番組でも話していたので、結構知っている人がいるんじゃないでしょうか。



続いて、あまり知られていない(と思う)お笑い芸人です。



  • ビートたけし


旧芸名「北千太」「松鶴家次郎」



お笑い界のレジェンド!ビートたけしは映画監督や俳優としても活躍を続けています。



北千太や松鶴家次郎として活動していた時期があり、ツービート結成を機に「ビートたけし」に改名しました。(漫才の師匠が松鶴家千代若・千代ビート)



改名自体はずいぶん昔で、知らない人も多いみたいですね。



僕自身、まったく知らなかったのでビックリです!



  • ダウンタウン


旧コンビ名「青空てるお・はるお」「ライト兄弟」「ひとし・まさし」



コンビ名のダウンタウンは、何気なく読んでいた雑誌の「ダウンタウン」という文字をそのままコンビ名にしたそうです。



もし、改名していなかったら、例えば年末の恒例となった「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」が「ひとし・まさしのガキの使いやあらへんで!」になってたかもしれないってこと、、?



ちょっと「ほっこり」しますね。(笑)



  • 今田耕司


旧芸名「上ロース」



元々、ほんこんとコンビを組んで「ダブルホルモンズ」として活動していました。



今田耕司「上ロース」、ほんこん「骨付きカルビ」という芸名。


 

その後、ダブルホルモンズを解散後にピン芸人になり「今田耕司」に改名しました。



  • その他のお笑い芸人


「南海キャンディーズ 」
すずらん、南海ホークス



「波田陽区」
波田ニューヨーク



「博多華丸・大吉」
鶴屋華丸・亀屋大吉



などがいます。



旧芸名やコンビ名を見てると、何気に面白いですね。



お笑い芸人だからってのもありますが、「青空てるお・はるお」とか「上ロース」とか、思わずクスッと笑ってしまった。(笑)




何をもって成功なのかは人それぞれ



改名した芸能人(お笑い芸人)を見ると、きっかけや理由がどうであれ「改名して正解だな」と感じる人ばかり。



占いだってバカにできません。



「ビートたけし」や「ツービート」は大吉、スギちゃんや博多華丸・大吉も占い関係で改名して大成功しています。



もちろん、本人たちの努力があってこそですが、結果的に改名して大成功(大ブレーク)しています。



ただ、芸能人に限らず改名で成功した人がいればその反対も当然あるわけで。



例えば、、
「おさる」→「モンキッキー」→「おさる」→「宇都鬼(ウッキー)」



おさるは番組で細木数子の助言からモンキッキーに改名。僕はこの番組をリアルタイムで観てましたけど、「ヤバっ!ダメでしょ!」って思わず心の声が出ました。(笑)
何度か改名をして、現在は書道家「宇都鬼」で活動してますけど迷走してる感が否めない、、



何が失敗で成功なのかは人によって違うと思いますが、何度も改名していたり、元の芸名に戻したりしていることから改名の失敗例として上げました。(失敗とか言ってごめんなさい!)



個人的な話をすると、僕はコンプレックスを解消するために改名しました。



芸能人のように話題性を求めたり、売れることを目的にしていないので、「改名して成功した!」とかの話ではないのですが、やっぱり「改名して正解」でしたね。



「名前で悩まない」「堂々と名乗れる」「理想の名前になった」



長年悩み苦しんだ名前から解放され、まさに人生が変わりましたから。



ほんとに心の底から改名して良かったと思います!



まとめ



改名は芸能人に限らず、人生を左右する大きな決断。



改名するなら、どんな名前にするのか、本当にその名前でいいのか、改名後を見据えてよく考えてくださいね!



カテゴリ

履歴書に通称名を書くのは虚偽や違法になる!?

k14.jpg


就職や転職で普段から使っている通称名を履歴書に書いて応募したい人、すでに応募したことがある人もいるでしょう。



僕自身、過去に通称名で履歴書を書いた経験があるのですが、その時は「改名」というやむを得ない理由があるのだから、履歴書に通称名を書いたって何の問題もないだろう、と思っていました。



でも、心のどこかで「これって違法や詐称になるんじゃ・・」と不安も感じていたんですよね。



今さらですが、履歴書に通称名は使えるのか、調べてみました。(ほんと、今さらなんですが・・苦笑)



履歴書は戸籍名しか書いてはいけない?



km1.jpg


結論を言えば、履歴書に通称名を書いたからといって直ちに違法とはなりにくいです。



将来的に改名する場合、通称名を普段から使用しているはずなので、通称名が社会的に広く通用しているのであれば、本人と通称名の同一性を乱すとは考えにくいためです。



そういった状況から、悪用や犯罪とすぐに判断される可能性は低いとなるようですね。



偽造になる可能性もある



「すぐに犯罪」とはなりにくいですが、一方で有印私文書偽造になる可能性もないとは言えないようです。



※ 他人の印章または署名を使用し事実証明に関する文書を偽造した場合に成立



履歴書は戸籍名や経歴などの事実が強く求められる書類(文書)で事実証明に深く関わり、他人の名義を勝手に使ったり、架空の人の名義を使った場合も偽造に当たります。



罪に問われたり、裁判沙汰になる可能性もあるし、違法になるかどうかの判断はケースバイケースです。



すべては会社側の対応次第!?



km1-1.jpg


履歴書に通称名を書いたからといって、必ず罪に問われるわけではないですが、通称名を書く上で一番の問題は、法律的なことよりも会社側の対応がどうなのか、ということです。



通称名をどう受け取るのか、使用を許可するのかは会社次第です。



僕は過去に通称名で転職活動をしていましたが、通称名について話をすると、偽名・詐称だと言われ、通称名に対して理解がなく全く認めてもらえなかった経験があります。



改名を否定したり咎められるとゆうことはなく、「偽名になっちゃうから」と、優しい口調で若干申し訳なさそうに言われました。



その時は通称名を使っている証拠が郵便物くらいしかなく、うまく交渉できなかったんですよね。(^_^;)



通称名の使用許可を得るためには、法的・公的に認められている証明(身分証明など)がないと認めてもらえないことが多いです。



最短で改名する方法」に書いたやり方なら、通称名で身分証明が作れるので、通称名の使用の交渉がスムーズですよ!



まとめ



履歴書に通称名を書くこと自体が直ちに罪になる可能性は低いですが、履歴書は戸籍名を書くことが強く要求される書面です。



もし、履歴書に通称名を書く場合は、普段から通称名を使っている信憑性の高い証拠を提示しましょう。



信用性の問題もあるので、履歴書に通称名だけを書くのではなく、本名を名乗った上で改名するためなどの説明が必ず必要です。



たとえ悪意がなく改名のためとは言え、本名を隠したまま履歴書に通称名を書くと、バレた時に解雇されたり、下手すれば訴えられる可能性もあるので気を付けてくださいね。



カテゴリ

最短で改名する方法

自力改名する方法

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!
今なら当サイトの限定特典「目から鱗の改名マニュアル」付きです!!

>>特典付き!最短3週間で改名する方法の詳細はこちら

早く改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
2回目以降の改名(却下・不許可)
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
姓名判断・名前の開運方法
名付け・命名
キラキラネーム・ドキュンネーム
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます