カテゴリ:名付け・命名

戸籍登録できる名前とは?使っていはいけない漢字

km60-1.jpg


名付けで注意しなければいけないのが、名前に使える漢字がどうかです。



名前に使える・使ってはいけない漢字は、法的な決まりもありますが、法律以外で判断される部分もあります。



ここでは名前に使ってはいけない漢字について、法律の規定や出生届け(戸籍登録)が受理されるポイントをご紹介します!



名前に使えない漢字とは?



km60-2.jpg


法律ではどうなっているのか



戸籍法では



子の名には、常用平易な文字を用いなければならない



と定められています。



常用平易な文字とは、戸籍法施行規則に沿ったものです。



簡単にいうと法律では名前に使える漢字は人名漢字と常用漢字だけと決められており、漢数字・ひらがな・カタカナは名前に使えます。

※長音符号(ー)や繰り返し記号(々・ゝ)も含まれます。



使ってはいけない漢字・文字



前述したように、名前に使っていいのは人名漢字と常用漢字だけです。



  • アルファベット(ABC)
  • ローマ数字(T、U、V)
  • 記号(●▲■)
  • アラビア数字(123)
  • 常用漢字・人名用漢字以外の漢字


このような漢字や文字は、名前に使えません。



姓名判断が気になる方はこちら
>>名前に使ってはいけない!凶作用が強い漢字「41選」



名前に不適切と判断される漢字も使えない



名前に使ってはいけない漢字・使える漢字は法律で定められていいますが、法律以外で判断されることもあります。



名前に使える漢字である常用漢字には汚・悪・害・魔など常識ある人なら絶対に使わない漢字も含まれており、漢字の組み合わせや読み方によって市区町村で受理されません。



有名なのは、昔にさかのぼりますが、悪魔という名前が社会通念上問題があるとして受理しなかったケース。

(東京法務局が親権の濫用として不受理とした)



「変わった名前は人の記憶に残るため人が集まり良い経験が増える・物怖じしない人間になってほしい」という意味から名付けたようです。



両親は裁判まで起こし勝訴しましたが、「伝えたいことが世間に伝わった」として、結果的に悪魔とは別の名前で申請し受理されました。

>>参考サイト(Wikipadia)はこちら



市区町村役場で受理される名付けのポイント



km60-3.jpg


子供の出生届けを提出したり、これから改名する上で、名付けた名前が市区町村役場でスムーズに戸籍登録(受理)されるための注意点があります。



子供の名付けの注意点はこちら
>>赤ちゃんの名付けで後悔しない!キラキラネームを避ける5つの注意点



名前に使える漢字を使用する



名前に使える漢字は法律で定められているので、それ以外の漢字は受理されません。



必ず、人名漢字・常用漢字の中から名付けましょう。



常識的な読み方と漢字の組み合わせにする



市区町村役場の判断で不受理になることがありますが、これは明らかに常識を欠くような名前の読み方や漢字の組み合わせでない限り稀です。



かなり複雑で難読なキラキラネームでも基本的には問題ありません。



当て字にしたり、漢字の読み方をひねったり、アニメのキャラクターのような固有名詞にしてもほとんどが受理されます。



その証拠にキラキラネームという言葉が広まり、今や当たり前のようにキラキラネームを見かけますからね。



家族間で同名にしない



意外と知られていないのが家族間で同じ名前です。



親・兄弟・姉妹などで同じ漢字の名前を使うことはできません。



母親が由香、子供も由香など。



親子や兄弟などで同じ名前の読み方にする場合は、漢字を変えましょう。



名前に使える漢字は追加・削除される



現在、日本には約18万もの漢字があると言われています。



その中で、名前に使える常用漢字と人名漢字は、たったの2999字(2017年時点)です。

常用漢字=2136字・人名用漢字863字



昔は使えなかったのに今は使える漢字になっていたり(その逆もあり)、名前に使える漢字は毎年ではないですが時代と共に変化します。



2004年に多くの漢字が追加されたことはご存知の方も多いでしょう。



それ以降は2015年に「巫」、2017年に「渾」が人名用漢字に追加されたのが最後です。



すでに名前に使った人もいるのでは?



名付けの際は名前に使える漢字かどうかを必ず確認しましょう。



現在、常用漢字と人名漢字は、法務省のサイトやさまざまな漢字検索サイトでチェックできるので活用してくださいね。



さいごに



一生懸命考えた名前が、実は名前に使えない漢字だった・・なんてことになると、かなり面倒です。



名付けの際は名前に使える漢字かどうかよく調べてから名付けてくださいね。


絶対につけてはいけない!恐ろしい子供の名前ランキング

km043.jpg


姓名判断で「絶対に子供の名前につけてはいけない!」「凶作用が潜んでいる」とされている漢字があります。



でも、凶文字(漢字)がありすぎて、結局どれがダメなの?と命名で悩んでしまいませんか?



姓名判断や凶作用というと、漢字ばかりを気にしがちですが、実は凶作用は漢字がもたらすものだけでなく、凶を招く名づけ方法があるんです。



ここでは、絶対につけてはいけない名前ランキングと称して、個人的に「絶対に止めておこう」と感じた悪運が強いと言われている名前のワースト3を紹介します。



ワースト1位に選んだ名付け方法はよくある名付けなのでびっくりしました。(汗)



子供の命名や改名するための新しい名前の名付けの参考になればと思います。



※姓名判断が絶対ではないですし、鑑定士や流派によって結果や考え方がまったく変わることもあるので、あくまでも参考程度に読んでくださいね。



名づけに関する興味深い情報もあります
>>性格や職業にも影響する!名前に向かない漢字と意味



改名効果が気になる方はこちら
>>改名効果は本当!?運気が上昇した体験談



こんな名前は絶対につけちゃいけない!不運な名付けワースト3



km43-1.jpg


3位.ひらがなの名前



まず3位にランクインしたのが「ひらがなの名前」です。



さくら、ひなた、はる、ここみ、など、ひらがなは女の子の名前に多いですね。



姓名判断でひらがなの名前は避けるべき名付けとされています。



ひらがなは元々漢字のくずし文字なので、運命がくずれる暗示があります。



これは自分で崩すというより、周囲によって運命を崩される作用が強いです。



ただ、一方では、ひらがなは、いろんな漢字を当てはめることができるので、さまざまな漢字の意味を受けるため、ある意味、万能とも言われています。



2位.読めない名前



2位は「読めない名前」です。



翔海(しょう)、天空(そら)、希愛(のあ)、花々(はな)、など。



難しい名前やキラキラネームが当てはまることが多いと思います。



フリガナがないと読めない名前は、悪運が憑きやすく、事故や災難などの凶運に巻き込まれやすいです。



突然、不幸が襲ったり、沈んだ運勢になってしまいます。



また、読めない名前は、社会生活で本人が苦労したり周りに迷惑をかけてしまうことがあります。



>>キラキラネームで子供がうつに!後悔する親が増えている!?



そのため、読めない名前は否定的な感情が潜在意識に入り、姓名判断とは関係ない部分で結果的にキラキラネームが運気を下げてしまうこともあります。



時代が変われば、キラキラネームが普通に感じる日が来るかもしれないですが、読めない名前はやっぱり不便だし、良くないイメージがあります。(^o^;)



1位.家族間で名前を分け合う



1位は「家族間で名前を分け合う名付け」です。



名付けでダメだったんだ、と僕が一番驚いたのがこれです。

家族間で名前を分け合うことはよくあると思います。



父が和哉で子供が拓哉、母が美加で子供が加奈、姉が由香で妹が香織といった名前ですね。



親子、兄弟、姉妹、祖父母、など家族間で名前を分け合うと、お互いに運命の奪い合いが起きてしまうそうです。



改名するべき、と断言する鑑定士もいるくらいです。



今がいくら順風満帆でも、名前分けには死別や身の危険が潜んでおり、運気の浮き沈みが激しいので、名付けに使ってはいけないと言われています。



名前分けだけでなく、夫婦の名前の頭文字が同じ場合も同様で、会社名や商品名なども名前分けをしない方がいいようです。



■ ちなみに僕の周りにいました



家族間で名前分けをする名付けをワースト1に選んだ理由は、僕が知った名付けの中で衝撃的+暗示が一番怖いと感じたからですが、身近に家族間で名前分けした人がいることも理由の一つです。



名前分けしている人って誰がいるのかな?と考えていたら、自分の身近にもいることに気づいたんですよね。



僕の周辺だと、親子や兄弟(姉妹)で名前を分け合っていて、両者とも病気になったり、難病を患っていたりします。



また、芸能人、政治家、スポーツ選手などをみても、病気になっていたり不慮の事故に遭っている人もいますよね。
(長嶋茂雄さん、安岡力也さん、石原裕次郎さん、安倍晋太郎さん、など)



家族に名前分けした人がいれば、「双方とも改名するべき」と言う姓名鑑定士もおり、名前のせいとは言いたくないですがあまり良くない名付けなのかな?と感じずにはいられないのです。



姓名判断は怖く感じる部分がありますが、名前分けをしたからといって必ず災いが降りかかるとは限りません。



また、たとえ姓名判断が悪くても開運することができます。



>>8つある!姓名判断で画数が悪い時の対処法



↑これは名前の画数が悪いときの対処法として書いていますが、名付けが悪いなど全ての姓名判断に共通します。



姓名判断が悪い=ダメではないですが、今の名前の運気が悪くて気になる、、という人は実践してみてくださいね。



ちょっと気になる、避けたい名付け



ワースト3からは外れましたが、避けた方がよさそうだな、と感じた名付け方法が1つあります。



それが「濁音の名前」です。



濁音は突如、奈落に突き落とされる!?



秀樹(ひでき)、智和(ともかず)、潤(じゅん)、円(まどか)、梓(あずさ)などがあります。



濁音は、人生が濁る、人生にムラが多い、運気が停滞する、変化が激しいとされています。



才能が開花したり何かを成し遂げることがあっても、仕事、家庭、病気など、一転して人生のどん底に落ちてしまう暗示があります。



事件事故を起こしたり被害に遭うことも多く、仕事運、金銭運、家庭運の悪さはダントツと言われることも、、



また、濁音の名前で「ず(づ)」がつく名前は、男女ともに、仕事運が悪い、家庭運に恵まれない、離婚や別居、大病など不幸の暗示があります。



全体的に運が悪い、浮き沈みが激しい極端な人生になるとされているので、そこまで極端になると知れば、なるべく名付けたなくないな、と思いました。(^^;)



ただ、濁音は女性だけで男性には関係ないとも言われます。



名前の画数が気になる方はこちら
>>男女別!名前の画数に隠された意味と吉凶



気にしすぎは良くない



名前に使ってはいけない!凶作用が強い漢字」と同様に、他にもきっと子供に名付けてはいけないと言われている名前(名付け方法)があると思います。



ですが、悪いとされている名付けをしたからといって、必ず不運を招いたり悪い結果になるわけではありません。



たとえば、病気になりやすい名前だとしても、生年月日・遺伝・食生活・生活環境など原因はさまざまです。



良くない名前でも、何の問題もなく、ごく普通に生活を送っている人が大勢いるということもお忘れなく!(^_^)



名前の運気が気になる方はこちら
>>姓名判断といえばこれ!超有名な先生の鑑定サイト



さいごに



ここでは「自分なら絶対につけない」と感じた、絶対につけてはいけない名前の名付け方法を紹介しました。



姓名判断を気にしすぎると名付けができなくなるので、何を最優先するのかを考えて名前を考えるいいですよ!


性格や職業にも影響する!名前に向かない漢字と意味

km30.jpg


名付けは色んな願いを込めますが、どれほど思い入れが強くても、「実はダメ!名前に使ってはいけない凶作用の強い漢字」で紹介したように、名前に使う漢字には思いもよらない不吉な意味が込められていることがあります。



凶作用が強く名前に向かないとされる漢字だけでなく、漢字自体の意味や漢字と関連する事が人体に影響することもあるようです。



そこで、名付けにはどんな漢字を使えばどんな影響が出るのか、どんな意味や理由があるのかを紹介します。



名前の運気や傾向が気になる方はこちら
>>姓名判断といえばこれ!超有名な先生の鑑定サイト



漢字に含まれる意味や性格への影響



どんな漢字を使うと性格や運勢に悪影響があるのか、名前に向かない漢字の意味などを紹介します。



名前の影響は漢字だけではなく"悪運が強い名付け方法"もあるので、「>>絶対につけてはいけない名前とは?恐ろしい名付けランキング」を参考にしてください。



死や不吉を連想させる



これは見た目通りの漢字ですが、死を連想させたり、災いや墓などを意味する漢字は、縁起が悪く多難が多くなります。



死、墓、亜、久、真、眞、悪、命、など・・



季節、天気、天地日月、動物、植物、鉱物



季節は移り変わる、動物は人生が短いなどの理由から、浮き沈みが激しい人生になりやすいです。



春、夏、秋、冬、雪、光、星、夕、暖、陽、輝、麻、菜、椿、蘭、桜、鶴、亀、虎、熊、銀、鉄、金、鈴、など・・



王族や貴族を表す



キラキラネームに多く見られますが、自己主張が強く、利己的でわがままな人に育ちやすいです。



皇、王、姫、妃、宮、帝、貴、陛、諱、后、など・・



健康に優れない弱運



姓名判断や風水などの占い全般で、水と健康は直結すると言われています。

澄んだ水だと健康運を上げたり流行りに乗るなど吉作用がありますが、泥、濁り、乱れを表す漢字は運気を下げます。



淀(流れが遅い)、汰(濁った水)、滞(水が流れない)、波(水が不安定で定まらない、乱れている)、雫(液体の粒、キレイな水、汚い水がしたたり落ちる)、など・・



やる気がない、力が湧かない子になる



空間を表す漢字は、活力のない子になると言われ、天や空は「天に昇る」「空に帰る」とゆう言葉に使われるため、あまり縁起がよくないとされています。



空(空っぽ)、宇(無限の空間)、宙(地面から離れた場所)、広(面積の広さ)、窪(空洞の場所)大(規模の大きさ)、など・・



攻撃的、乱暴な子になりやすい



武器や戦闘に関する漢字は、乱暴や気性の荒い子になりやすいです。



■ 武器
射、刀、刃、剣、投、軍、など・・
■ 戦闘
戦、闘、争、競、投、兵、など・・



名前負けする漢字



幸と不幸は背中合わせ。

漢字自体が優れた意味を表したり、縁起が良すぎる漢字を使った立派すぎる名前は、その人自体が劣って見えてしまうだけでなく、運気を下げてしまうことがあります。



■優れたイメージ
秀、才、光、輝、優、豊、栄、万、逸、盛、良、勝、など・・
■幸福(縁起が良い)のイメージ
幸、縁、吉、恵、満、寿、宝、神、慶、喜、歓、鳳、宝、裕、など・・



衝撃の研究結果!漢字の意味は性格や職業に影響する



km30-1.jpg


これは情報バラエティ番組(クギズケ)で放送されましたが、カリフォルニア大学の研究によると、人は無意識のうちに名前の意味に縛られるため、性格に影響を及ぼすことがわかりました。




km30-2.jpg

■ 大(大胆に行動する) → 事故に注意!
■ 桜(花はやがて散る) → 年を取ることへの焦りに注意!
■ 愛(真実の愛を求める) → 家族の縁も大切に!


また、拓は開拓の意味を持つが、努力家になるか、ナマケモノになるかのどちらかだそうです。



名前負けする漢字を見ても、名前の意味に縛られてしまうのは何となくわかる気がします。



名前に込められた意味が立派すぎると、名前と比較されてプレッシャーに感じて、良くも悪くも人生に影響することがありますからね。(^o^;)



他にも、名前と職業の関連性についての研究があります。



ハートフォードシャー大学の心理学教授の研究によると、人は無意識的に自分自身に似たものを好む傾向があり、たとえば「デニス」とゆう名前は歯科医(デンティスト)になりやすく、「ローレンス」は「弁護士」(ロイヤー)に多いようです。



↑これは日本人の名前ではないですが、なかなか興味深い研究結果ですね。



必ずしもあてはまるわけではないですが、姓名判断で言われていることは科学的にも納得がいくことが多いそうで、多かれ少なかれ人に影響があるのだと思います。



今の名前の運気でお悩みの方はこちら
>>8つある!姓名判断が悪い時の凶対策



さいごに



研究をみても漢字の意味が運勢や性格に与える影響は計り知れません。



名前は拘りすぎはよくないですが、どんな漢字も良い意味があれば悪い意味も含まれているので、バランスが大切です。



どんな意味を優先するのかで名付けが変わるでしょうし、漢字から連想されたり関連する物事や意味などを広く考慮した方がいいかもしれません。


早く改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
2回目以降の改名(却下・不許可)
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
姓名判断・名前の開運方法
名付け・命名
キラキラネーム・ドキュンネーム
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 脱・名前コンプレックス!改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます