カテゴリ:改名を成功させるコツ

一発で受理される!審査に通る改名理由の具体的な書き方

000.jpg


改名は申立書(正式には名の変更許可申立書)の書き方によって、申し立てが受理されなかったり、受理されてもその後の審査で不利になってしまいます。



申立書の作成自体は簡単ですが、改名の必要性を判断してもらうための重要な書類です。



改名審査を有利に進めてスムーズに許可を得るために、赤ちゃんから大人まで使える、申立書の改名理由の書き方のコツを紹介します。



申し立てが受理されてから役立つかもしれない対策(豆知識)はこちら
>>改名の却下は回避できる!?不許可になる前にできることとは?



改名理由を書くときのポイントと注意点



km20.jpg


改名の申立書には、申し立て人の基本情報(住所、名前、生年月日など)、改名理由(申し立ての実情)を書きます。



申立書の作成で一番重要なのが申し立ての実情の書き方です。



申し立てが受理されると面談があるので、面談の進め方やコツもおさえておきましょう。
>>改名の面談(事前審査)は積極性がポイント!服装にも気を付けよう



実体験をまぜて具体的に書く



改名理由は、誰もが一律の文章では不利なので、あなた個人の事情を考慮した書き方が有利なのは言うまでもありません。



■ なぜ改名が必要なのか
■ 戸籍名のままではどんな問題あるのか
■ 社会生活でどんな不利益を受けているのか



あなたの心情や改名に至った経緯をしっかり明記しましょう。



具体的な記述をすることで審議官に対して自分の受けた実状をより深く理解してもらえます。



大まかな記述例(改名理由の例文)



これまで戸籍名の●●で生活していましたが、●●の名前では▲▲のため、現在は◆◆の名前を使用しています。
◆◆で生活するようになり▲▲が良くなり不都合が解消されました。
※ ● → 戸籍名、◆ → 改名用の名前、▲ → 戸籍名による苦痛や生活での支障を書きます


時には誇張や工夫でアピール



  • 改名理由の書き方


改名に至るまでの理由はさまざまですが、改名の必要性をより強く訴えるためには、少し誇張する必要も出てきます。



改名は社会生活で重大な支障があると判断された場合に認められるので、たとえば、あなたがどれだけ名前による精神的苦痛があっても、個人の感情や希望だけでは改名理由としては弱いです。



どんなに小さなことでもいいので、あなたの心情だけでなく、結婚や離婚、病気、家庭環境なども含めて、名前による不利益や実害を見つけて書きましょう。



また、名前の意に相応しい人間になれるように努めたが馴染めなかったなど、自分の努力や熱意を示すこともアピールに繋がります。



  • 証拠類の説明(通称名)


いつから通称名を使用しているのか、どこまでの範囲で使用してきたかだけでなく、周囲の理解度や認知度(浸透度合い)などを細かく書きます。



子供の場合は、学校(保育園)で通称名を使っていることや、友達や家族、子供自身の理解があることなどを書きます。



通称名の使用実績が乏しい人もいると思いますが、証拠が少ないとやはり不利なので、申し立てをすると決めているなら、今からできる限り証拠を増やしておきましょう!



また、家庭裁判所は、証拠がある時期からしか通称名を使い始めたとは認めないので、証拠が少ないと悲観するよりも、できる範囲でとにかく証拠作りに取りかかってください。



通称名の使い方や使用実績の作り方はこちら
>>通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点



申立書の書き方や表現方法は色々と工夫できますが、嘘を書くことだけは絶対に止めてくださいね。



  • 補足


改名の申し立てが受理されると審議官との面談がありますが、面談なしで結果が伝えられることもあります。



面談があるよりはない方が楽だし早く済むので、一発で申し立てが受理というより、一発で許可されることを目指して申立書には改名の必要性を訴えるためになるべく詳しく書きましょう。



また、一般的に知られていない、一発で許可されるためのコツや、赤ちゃんや子供の改名なら「申立書に絶対に書いてはいけないNGワード」などがあります。気になる方はこちら
>>改名の裏技?!「としの独自特典」の受け取り方法



申立書の記入欄は限られているので、足りないと思ったら、改名理由の欄に別紙参照とだけ記載して、ご自身で用意した書類(用紙)に書きます。
書き方に決まりはなく、手書きやパソコンで文字を打ってコピーするのもokです。



不受理を招く避けた方がいい書き方



km20-1.jpg


曖昧な表現はNG



文体は口語体を避けて、「です」「ます」「である」など丁寧な言葉で書きましょう。



また、改名理由を説明するときに、



「名前が悪いと言われました。」
「友達に改名を勧められました。」



など、曖昧な表現で書くのは、改名の必要性が半減するので避けましょう。



認められない理由は避ける



「名前が嫌いだから」「姓名判断で悪いと言われたから」という理由では、許可されるかの前に高確率で申し立てが不受理になります。



厳格な改名審査において、個人的な気持ちや短絡的な理由を書いても、審議官の心証が悪くなるのは明白ですよね。



心の底から本当に名前が嫌いなら、多かれ少なかれ精神的苦痛を伴っている部分があると思います。



明らかに認められない理由を書くのではなく、名前が嫌い → 精神的苦痛に変えることで認められやすい正当な改名理由に近づけることができます。



状況が重要!姓名判断で改名する方法」に書いたように、長期間かかりますが、実は姓名判断でも改名が認められることがあります。



少しでも却下のリスクを減らすなら、申立書に姓名判断のような明らかに却下される可能性が高い改名理由を書くのは得策ではありません。
原則として避けましょう。



さいごに



改名審査は審議官が感情的に判断することはありませんが、それでもやはり人間です。



改名した方がいいだろうな・・と思わせることも重要なポイントです。



  • 審議官(裁判官)の心に訴える工夫
  • 納得させる具体的な理論


こういった思考を練った説得力のある申立書の作成を意識しましょう。



あなたの思いや考えなどを一方的に感情に任せて書くのではなく、理路整然と冷静に書きましょう。



十分な証拠資料と、申立書には改名の必要性や名前による実害を明確に書いてあれば、よほど当たりが悪くない限り(裁判所の担当者)申し立ての段階で却下されることはありません。


状況が重要!姓名判断で改名するためには?

k21.jpg


姓名判断は人気の占いの一つで、苗字と名前のバランスで運勢が決まるとされています。



姓名判断を強く信じていたり、運気がどうしても気になるなど、名前の画数が原因で悩んでしまうこともありますよね。



実は、あなたのように、今も昔も名前の画数が悪くて改名を希望する人は多く、運勢を変えたいという考えは根強いのです。



改名効果が気になる方はこちら
>>改名効果は本当!?運気が上昇した体験談



しかし、残念ながら「姓名判断で良くなかった」「名前の画数が悪いから」といった理由では改名の許可はおりません。



姓名判断を理由にした改名は、却下される代表的な理由ですからね。(^_^;)



でも、姓名判断や占いを理由にしても改名できる可能性があります。



姓名判断でお悩みの方にオススメする名前の開運方法はこちら
>>名前に特化!画数が悪い時の最強の対処法



なぜ、姓名判断が悪いだけでは理由として認められないのか



km18.jpg


改名は、社会生活で重大な支障が出るという強い証明が必要です。



しかし、姓名判断は科学的根拠がありません。



いくら姓名判断で病気になりやすい、短命などという結果が出ていたり、あなたの日常生活でトラブルが頻発している状態でも、画数が原因だと断定することはできないですよね。



画数が悪いことを全面に押し出して改名の必要性を訴えても、家庭裁判所の許可を得ることはできないのが現状です。



でも、改名が認められる抜け道がある!



km18-1.jpg


家庭裁判所は改名の理由や動機だけでなく、改名を認めないことで生じる社会的な不都合を考慮して総合的に判断します。



姓名判断のように改名理由としては認められなくても、戸籍名を名乗ることで社会的な混乱や支障が出るなら改名が認められる可能性があります。



つまり、姓名判断で改名をするなら、戸籍名が通じない、戸籍名のままでは不便という状態を作ればいいのです。



そのためには通称名を長期的に使って生活することが重要です。



日本の改名の許可条件は一つだけ!判例から見えた判断基準とは?!」に書きましたが、姓名判断を理由にした場合で改名が許可された判例があります。



いずれも15年以上もの期間を姓名判断に従った通称名で暮らした人の判例です。



さすがに15年以上も通称名を使って生活していれば、戸籍名を使うことで混乱を招いたり、戸籍名が通じず余計な手間が増えることは予想できますからね。



実質的に永年使用で改名するようなものですが、姓名判断が改名理由でも状況的に許可が得やすいと言えます。



>>自力改名の定番!永年使用のデメリットとは?



時間をかけずに早く改名するコツはこちら
>>誰でもできる!改名期間をギュッと短縮する3つのポイント



さいごに



画数が悪い(姓名判断)だけでは、改名理由として認められないばかりか、申し立てすら受理されないでしょう。



ただ、名前の画数が悪かったり、運気を気にして苦痛に感じている人でも、十分な通称名の使用期間があれば認められる可能性がありますよ!



>>定番!永年使用は自力で改名できる唯一の理由?




改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?

kk4.jpg


改名と聞くと、ほとんど人は身構えてしまうのではないでしょうか。



中には「改名なんてできないでしょ!?」と思っている人もいるでしょう。



改名の情報なんて簡単に手に入るものではなく、改名したことを積極的に人に言うこともないので、そう思うのは当たり前だと思います。



ですが、法律で定められている許可条件さえクリアすれば、改名はどんな人でもできます!



一体どんな理由なら認められるのか、改名の許可条件や認められやすい改名理由について書きますね。



子供の改名はこちら
>>重要!子供の改名を成功させる3つの秘訣



法律で定められている「改名に必要な条件」は一つだけ!



km7.jpg


改名の条件として、法律(戸籍法第107条の2 名の変更)では、



「正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得てその旨を届け出なければならない」



と、定められています。



法律上の改名条件はたったこれだけ。



つまり、正当な事由だけです。



しかし、戸籍法だけを見れば一見簡単に改名できそうですが、家庭裁判所がどんな理由でも「正当な事由」として認めるわけではありません。



正当な事由とは?裁判所が認める8つの改名理由



どのような理由なら「正当な事由」になるのか。



名の変更許可申し立て書を見ればわかりますが、8つの改名理由があります。



名の変更許可申し立て書
na..jpg


  • 珍奇な名
  • むずかしくて正しく読まれない
  • 同姓同名者がいて不便
  • 異性とまぎらわしい
  • 外国人とまぎらわしい
  • 神宮・僧侶になった(やめた)
  • 通称として永年使用した
  • その他


このどれかに当てはまれば改名できるということです。



しかし、それぞれの理由には許可するか否かの細かな基準があり、当てはまったからといって改名ができるとは限りません。



また、自分の名前が嫌いだから、というような個人的な感情での改名も認めてもらえません。



>>自分の名前が嫌いな人の心理&4つの解決法



  • 奇妙な名
  • むずかしくて正しく読まれない


難しい名前や、間違われやすい名前、また、キラキラネームの多くがこれに当てはまります。



最近はキラキラネームが増えていることで、いくら読みづらくても珍しい漢字を使っていても「普通の範囲内」と判断されてしまいます。



  • 同姓同名者がいて不便


同姓同名の場合は、同姓同名の人が自宅から何m離れた場所に住んでいるのか、身内に同姓同名がいるなら続柄など、かなり細かな事情が考慮されます。



芸能人など、同姓同名がいて紛らわしいだけでは認められません。



  • 異性とまぎらわしい


中性的な名前や男女の性別がわかりにくい名前ってありますよね。



美樹(みき)や薫(かおる)など。



名前だけを見たら紛らわしい名前に感じますが、男性なのに●子、女性なのに●男のような、誰が見ても明らかな男性名・女性名でないと生活に支障が出るとは判断されません。



  • 外国人とまぎらわしい


過去に、ジェニファーやマイケルなどが認められたケースがあるようですが、明らかに日本人離れした名前でなければ許可されません。



最近はカタカナの名前も見かけますが、フラワーのように名前が日本人っぽくない、名前の響きや漢字が中国人と間違われる、だけでは不十分です。



  • 神宮、僧侶になった(やめた)


神宮や僧侶(出家)になる際(やめた際)、また、伝統芸能や老舗企業で代々襲名することになっているなど。



これは一般家庭には関係ないので、殆どの人が当てはまらないと思いますが、特殊事情なのでほぼ改名が認められます。



  • 通称として永年使用した


長期的に通称名やペンネームを使用し、今さら本名を名乗っても通用しない、識別されない場合に許可されます。



社会生活の殆どで通称名が浸透している必要があり、永年使用は永年の期間が最低でも5年以上通称名で生活していることが必須です。



  • その他


その他には、精神的苦痛などが当てはまります。



最近は名前による精神的苦痛を理由に改名する人が増えていますが、仮にうつ病になったり体調を崩したとしても、名前が原因という確かな立証にならず認められにくいです。



>>診断書は効果なし?改名で精神的苦痛を証明するコツ



また、姓名判断を理由に改名したい場合は「その他」に当てはまりますが、許可される確率は限りなくゼロ・・



8つの理由に加えてさらに細かな基準がある



上記は大まかな基準と傾向でしかなく、それぞれの理由にはさらに細かな基準や、あまり知られていない「改名許可を厳しくさせる理由」があります。



>>なぜ認められない?改名が難しい4つの理由



また、改名審議は各家庭裁判所での過去の判例や慣行も大きく関わります。



改名が最も認められやすい理由はコレ!



km7-1.jpg


改名の許可基準は実に曖昧ですが、少なくとも改名するためには、最初に書いた8つの理由に該当しなければいけないことだけは確かです。



なので、少し強引ですが無理矢理にでも8つのどれかに当てはめるしかありません。



当てはめるといっても、どれでもいいわけではなく、客観的に見て成功確率が最も高い改名理由が一つだけあります。



それが永年使用です。



永年使用は他の改名理由と比べて許可基準が明確です。



「通称名を永年使用した」という基準を誰でも満たすことができるため、改名できる可能性がダントツで高いのです。



永年使用の方法やデメリットなど詳細はこちら
>>自力改名の定番!永年使用のデメリットとは?



さいごに



改名は「正当な事由(日常生活で甚だしい支障がある)」があれば認められますが、どこからが「正当な事由」に値するのか、この判断は非常に難しく様々です。



あなたが本気で改名を考えているなら、あえて不利になる理由を選ぶよりも、許可基準が確かな永年使用での改名を狙うのが得策です。


最短で改名する方法

自力改名する方法

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!
今なら当サイトの限定特典「目から鱗の改名マニュアル」付きです!!

>>特典付き!最短改名する方法はこちら

早く改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
2回目以降の改名(却下・不許可)
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
姓名判断・名前の開運方法
名付け・命名
キラキラネーム・ドキュンネーム
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます