カテゴリ:改名を成功させるコツ

永年使用は確実に改名できる唯一の方法!?

k22.jpg


改名で最もポピュラーなのが「永年使用」を理由にしたものです。



永年使用は改名許可を得やすい面があり、既に永年使用で改名する準備をしている人もいるでしょう。



しかし、必ずしも永年使用で改名できるわけではなく、厄介なデメリットもあります。



一体、永年使用とはどんな方法なのか、永年使用の特徴や申し立て方法について解説します。



永年使用での改名って具体的に何をするの?



km25.jpg


永年使用で改名するためには、第一にとにかく通称名を長く使い続けることが重要です。



永年使用は、長期的に使用した通称名が社会生活で定着してしまい、今さら本名を名乗っても通用しない、周囲が困惑する、と判断された場合に許可がおります。



わかりやすい例として、芸能人や著名人がそれに当たりますね。



これを逆手にとって、一般人の場合は、あえて通称名を長期的に使い続けて生活をして、本名が通じず改名が必要な状況を作ります。



こうすることで簡単に永年使用での改名許可の条件が揃います。



なぜ永年使用は許可されやすいのか?



km25-1.jpg


永年使用で改名できる理由は、改名理由があまり重要ではないことが挙げられます。



人によって改名したい理由は違いますよね。



  • 難読で正しく読んでもらえない
  • 同姓同名がいる
  • キラキラネームで精神的に苦痛を感じる


改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?」を見てもわかりますが、改名理由によって細かな判断基準があり、どこからが許可される範囲なのかまったくわかりません。



裁判官(審議官)も様々な考え方を持ち、この判断は非常に難しく厳しく審査されるため、難読、同姓同名、珍奇な名は、全て改名を認める条件に該当するにも関わらず、なかなか許可されない現実があります。



しかし、永年使用ならその言葉通り、通称名を使った事実や期間が最も重視されることがわかっています。



許可される基準が明白なので、改名の許可を得るための確実な準備ができ、誰でもその基準を満たして改名することができます。



しかし、厄介なデメリットもある、、



永年使用での改名は許可されやすい反面、厄介なデメリットが2つあります。



1.どれだけの期間を通称名で過ごせばいいのか(長期間を要する)



km25-2.jpg


永年使用は「通称名を長期的(永年)に使用した事実があること」と許可基準が明白ですが、永年を指す期間が裁判官によって異なります。



一般的には7年くらいで許可される傾向ですが、10年以上もの期間を必要とされることもあります。



簡単に言えば、、
永年使用は他の改名理由と比べて最も時間がかかるんです!!(@_@;)



逆を言えば、「永年使用以外」の理由なら最短で改名できるということですね。



もし、あなたが一刻も早く改名したいなら、永年使用は絶対に止めましょう。



ちなみにですが、「今しかできない!最短期間で改名ができる方法」は、年齢や改名理由を問わず、最短での改名を可能とした戦略になっています。



証拠集めもかなり楽ですよ。



2.通称名がどれだけの範囲で使われているのか(通称名の浸透具合)



km25-3.jpg


単に通称名で長く生活すればいいのではなく、いかに通称名が本名よりも浸透しているのかを証明しなければいけません。



そのためには職場や学校だけでなく、公共料金や公的機関など、あなたの名前を登録しているあらゆる場面で通称名が定着している信憑性の高い証拠作りが重要です。



通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点」で紹介している、一般的な証拠集めでは弱いでしょうね、、



決して確実に改名できる方法ではない!



km25-4.jpg


永年使用は誰でも比較的”改名しやすい理由”ですが、許可されるかどうかは別です。



改名が認められた具体例を紹介!過去の判例から見えた判断基準とは?」に書きましたが、永年使用で却下されることもあります。



却下された理由が「日常生活で重大な支障があるとは認められないから」ですが、これは単に姓名判断のような改名理由として認められないものだったのか、通称名の使用実績が乏しかったのか、もしくは両方なのか。



申し立ての詳細がわからないので、却下の判断を下した根本的な理由を予想するのは難しいですが、永年使用は使用実績不足や使用期間不足で却下されるのが殆どです。



いずれにせよ、永年使用で改名の申し立てをすれば、他の改名理由よりもはるかに通称名の使用実績が厳しくチェックされるでしょう。



実際に「永年使用で却下された」という問い合わせがチラホラあるのですが、却下される理由は「証拠の不足」がほとんどでした。



広く深く通称名が浸透していることを証明するために、本名で登録されているものが無くなるくらい徹底的な通称名の使用実績作りが重要です。



また、通称名の使用に至った経緯、あなたの事情など、改名理由も重要な判断材料になります。



あくまでも、永年使用は許可基準がわかりやすく、他の改名理由より認められやすいだけで、その基準を満たすためのハードルの高さや、許可されるかどうかの"運的な要素"は他の改名理由と同じです。



決して「永年使用が確実に改名できる方法」ではありません。



また、「永年使用以外の改名理由」なら永年使用のように長期的な時間をかける必要なく、早く改名できる可能性がありますが、やることは同じなので申立書の作成や証拠集めなどの準備が重要です。



まとめ



永年使用は、通称名が社会的に通用している事実が最優先されるので、あなたの本当の改名理由が何であれ改名できる可能性があります。



と言うより、許可基準が曖昧な永年使用以外での改名は、実質不可能だと思った方がいいかもしれませんね、、



一度却下されて、二回目以降の申し立てが「永年使用での改名」というのは、もはや定番のパターン。
(実際に改名している人は永年使用がダントツで多い)



改名はたとえ却下されても何度でも申し立てができます。



でも、一度受理されたら改名記録が最低でも5年間残ってしまうので、二回目以降の申し立ては時間をかけて慎重にならざるを得ません。



下手すれば5年もの時間を棒に振ってしまうことになりかねないので、時間に余裕がある人は、一発で改名するためにも最初から一番成功率の高い永年使用で改名するのが最良でしょう。



永年使用で改名したい人は、とにかく通称名で生活を始めて、既に通称名を使っている人は、今以上に広い範囲で使用して信憑性の高い証拠集めをしましょう。



通称名を長期的に使い続け、通称名の証拠作りに徹することが永年使用で改名するコツです。



一発で受理される!改名審査に通る申立書の書き方

000.jpg


改名は申立書(正式には名の変更許可申立書)の書き方によって、申し立てが受理されなかったり、受理されてもその後の審査で不利になってしまいます。



申立書の作成自体は簡単ですが、改名の必要性を判断してもらうための重要な書類です。



改名審査を有利に進めてスムーズに許可を得るために、赤ちゃんから大人まで使える、申立書の書き方のコツを紹介します。



申し立てが受理されてから役立つかもしれない対策(豆知識)はこちら
>>改名の却下は回避できる!?不許可になる前にできることとは?



改名理由を書くときのポイントと注意点



km20.jpg


改名の申立書には、申し立て人の基本情報(住所、名前、生年月日など)、改名理由(申し立ての実情)を書きます。



申立書の作成で一番重要なのが申し立ての実情の書き方です。



実体験をまぜて具体的に書く



改名理由は、誰もが一律の文章では不利なので、あなた個人の事情を考慮した書き方が有利なのは言うまでもありません。



■ なぜ改名が必要なのか
■ 戸籍名のままではどんな問題あるのか
■ 社会生活でどんな不利益を受けているのか



あなたの心情や改名に至った経緯をしっかり明記しましょう。



具体的な記述をすることで審議官に対して自分の受けた実状をより深く理解してもらえます。



大まかな記述例(改名理由の例文)



これまで戸籍名の●●で生活していましたが、●●の名前では▲▲のため、現在は◆◆の名前を使用しています。
◆◆で生活するようになり▲▲が良くなり不都合が解消されました。
※ ● → 戸籍名、◆ → 改名用の名前、▲ → 戸籍名による苦痛や生活での支障を書きます


時には誇張や工夫でアピール



  • 改名理由の書き方


改名に至るまでの理由はさまざまですが、改名の必要性をより強く訴えるためには、少し誇張する必要も出てきます。



改名は社会生活で重大な支障があると判断された場合に認められるので、たとえば、あなたがどれだけ名前による精神的苦痛があっても、個人の感情や希望だけでは改名理由としては弱いです。



どんなに小さなことでもいいので、あなたの心情だけでなく、結婚や離婚、病気、家庭環境なども含めて、名前による不利益や実害を見つけて書きましょう。



また、名前の意に相応しい人間になれるように努めたが馴染めなかったなど、自分の努力や熱意を示すこともアピールに繋がります。



  • 証拠類の説明(通称名)


いつから通称名を使用しているのか、どこまでの範囲で使用してきたかだけでなく、周囲の理解度や認知度(浸透度合い)などを細かく書きます。



子供の場合は、学校(保育園)で通称名を使っていることや、友達や家族、子供自身の理解があることなどを書きます。



通称名の使用実績が乏しい人もいると思いますが、証拠が少ないとやはり不利なので、申し立てをすると決めているなら、今からできる限り証拠を増やしておきましょう!



また、家庭裁判所は、証拠がある時期からしか通称名を使い始めたとは認めないので、証拠が少ないと悲観するよりも、できる範囲でとにかく証拠作りに取りかかってください。



通称名の使い方や使用実績の作り方はこちら
>>通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点



申立書の書き方や表現方法は色々と工夫できますが、嘘を書くことだけは絶対に止めてくださいね。



  • 補足


改名の申し立てが受理されると審議官との面談がありますが、面談なしで結果が伝えられることもあります。



面談があるよりはない方が楽だし早く済むので、一発で申し立てが受理というより、一発で許可されることを目指して申立書には改名の必要性を訴えるためになるべく詳しく書きましょう。



また、一般的に知られていない、一発で許可されるためのコツや、赤ちゃんや子供の改名なら「申立書に絶対に書いてはいけないNGワード」などがあります。気になる方はこちら
>>改名の裏技?!「としの独自特典」の受け取り方法



申立書の記入欄は限られているので、足りないと思ったら、改名理由の欄に別紙参照とだけ記載して、ご自身で用意した書類(用紙)に書きます。
書き方に決まりはなく、手書きやパソコンで文字を打ってコピーするのもokです。



不受理を招く避けた方がいい書き方



km20-1.jpg


曖昧な表現はNG



文体は口語体を避けて、「です」「ます」「である」など丁寧な言葉で書きましょう。



また、改名理由を説明するときに、



「名前が悪いと言われました。」
「友達に改名を勧められました。」



など、曖昧な表現で書くのは、改名の必要性が半減するので避けましょう。



認められない理由は避ける



「名前が嫌いだから」「姓名判断で悪いと言われたから」という理由では、許可されるかの前に高確率で申し立てが不受理になります。



厳格な改名審査において、個人的な気持ちや短絡的な理由を書いても、審議官の心証が悪くなるのは明白ですよね。



心の底から本当に名前が嫌いなら、多かれ少なかれ精神的苦痛を伴っている部分があると思います。



明らかに認められない理由を書くのではなく、名前が嫌い → 精神的苦痛に変えることで認められやすい正当な改名理由に近づけることができます。



抜け道があった!姓名判断が理由でも改名はできる!?」に書いたように、長期間かかりますが、実は姓名判断でも改名が認められることがあります。



少しでも却下のリスクを減らすなら、申立書に姓名判断のような明らかに却下される可能性が高い改名理由を書くのは得策ではありません。
原則として避けましょう。



まとめ



改名審査は審議官が感情的に判断することはありませんが、それでもやはり人間です。



改名した方がいいだろうな・・と思わせることも重要なポイントです。



  • 審議官(裁判官)の心に訴える工夫
  • 納得させる具体的な理論


こういった思考を練った説得力のある申立書の作成を意識しましょう。



あなたの思いや考えなどを一方的に感情に任せて書くのではなく、理路整然と冷静に書きましょう。



十分な証拠資料と、申立書には改名の必要性や名前による実害を明確に書いてあれば、よほど当たりが悪くない限り(裁判所の担当者)申し立ての段階で却下されることはありません。



申し立てが受理されると面談(事前審査)があります。面談の進め方やコツは「改名の面談(事前審査)は積極性がポイント!服装にも気を付けよう」を参考にしてください。




抜け道があった!?姓名判断を理由に改名する方法

k21.jpg


姓名判断は人気の占いの一つで、苗字と名前のバランスで運勢が決まるとされています。



姓名判断を強く信じていたり、運気がどうしても気になるなど、名前の画数が原因でお悩みの方もいますよね。



今も昔も、名前の画数が悪くて改名を希望する人は多く、運勢を変えたいとゆう考えは根強いです。



しかし、残念ながら「姓名判断で良くなかった」「名前の画数が悪いから」といった改名理由では許可されません。



姓名判断は改名が認められない代表的な理由ですからね。(^_^;)



でも、姓名判断や占いを理由にしても改名できる抜け道があります。



姓名判断でお悩みの方はこちら
>>姓名判断といえばこれ!超有名な先生の鑑定サイト「3選」



なぜ、画数が悪いだけでは理由として認められないのか



km18.jpg


改名は、社会生活で重大な支障が出るとゆう強い証明が必要です。



しかし、姓名判断は科学的根拠がありません。



いくら姓名判断で病気になりやすい、短命などとゆう結果が出ていたり、あなたの日常生活でトラブルが頻発している状態でも、画数が原因だと断定することはできないですよね。



画数が悪いことを全面に押し出して改名の必要性を訴えても、家庭裁判所の許可を得ることはできないのが現状です。



でも、改名が認められる抜け道がある!



km18-1.jpg


家庭裁判所は改名の理由や動機だけでなく、改名を認めないことで生じる社会的な不都合を考慮して総合的に判断します。



姓名判断のように改名理由としては認められなくても、戸籍名を名乗ることで社会的な混乱や支障が出るなら改名が認められる可能性があります。



つまり、姓名判断で改名をするなら、戸籍名が通じない、戸籍名のままでは不便とゆう状態を作ればいいのです。



そのためには通称名を長期的に使って生活することが重要です。



日本の改名の許可条件は一つだけ!判例から見えた判断基準とは?!」に書きましたが、姓名判断を理由にした場合で改名が許可された判例があります。



いずれも15年以上もの期間を姓名判断に従った通称名で暮らした人の判例です。



さすがに15年以上も通称名を使って生活していれば、戸籍名を使うことで混乱を招いたり、戸籍名が通じず余計な手間が増えることは予想できますからね。



永年使用で改名するようなものですが、姓名判断が改名理由でも状況的に改名を認めざるを得ないでしょう。



姓名判断が悪かったときは「人気上昇中!姓名判断が悪いときの対処法はこれ!」で書いているような対処法もあるので参考にしてくださいね。



まとめ



画数が悪い(姓名判断)だけでは、改名理由として認められないばかりか、申し立てすら受理されないこともあります。



ただ、名前の画数が悪かったり、運気を気にして苦痛に感じている人でも、十分な通称名の使用期間があれば認められる可能性があります。



まずは通称名を使ってしっかり改名の準備をしましょう。
>>通称名の使用範囲とは?使用実績(証拠)の作り方と注意点



最短で改名する方法

kcl1.png

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!
今なら当サイトの限定特典「目から鱗の改名マニュアル」付きです!!

>>特典付き!最短3週間で改名する方法の詳細はこちら

改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
2回目以降の改名(却下・不許可)
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
名前の開運方法
名付け・姓名判断
キラキラネーム・ドキュンネーム
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます