改名を成功させるコツのカテゴリ記事一覧

戸籍改名

名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法

名前のコンプレックスを解消しよう!改名経験者だからわかる「戸籍を改名する方法」を徹底解説!

カテゴリ:改名を成功させるコツ

改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?

kk4.jpg


改名と聞くと、ほとんど人は身構えてしまうのではないでしょうか。



中には「改名なんてできないでしょ!?」と思っている人もいるでしょう。



改名の情報なんて簡単に手に入るものではなく、改名したことを積極的に人に言うこともないので、そう思うのは当たり前だと思います。



ですが、法律で定められている許可条件さえクリアすれば、改名はどんな人でもできます!



一体どんな理由なら認められるのか、改名の許可条件や認められやすい改名理由について書きますね。



許可不要で簡単にできる改名方法もあります。
>>すぐにできる!戸籍名を変えない「プチ改名」とは?



法律で定められている「改名に必要な条件」は一つだけ!



km7.jpg


改名の条件として、法律(戸籍法第107条の2 名の変更)では、



「正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得てその旨を届け出なければならない」



と、定められています。



法律上の改名条件はたったこれだけ。



つまり、正当な事由だけです。



しかし、戸籍法だけを見れば一見簡単に改名できそうですが、家庭裁判所がどんな理由でも「正当な事由」として認めるわけではありません。



改名が却下される理由や対処法はこちら
>>改名は1度却下されると致命的!?その理由と対策



正当な事由とは?裁判所が認める8つの改名理由



どのような理由なら「正当な事由」になるのか。



名の変更許可申し立て書を見ればわかりますが、8つの改名理由があります。



名の変更許可申し立て書
na..jpg


  • 珍奇な名
  • むずかしくて正しく読まれない
  • 同姓同名者がいて不便
  • 異性とまぎらわしい
  • 外国人とまぎらわしい
  • 神宮・僧侶になった(やめた)
  • 通称として永年使用した
  • その他


このどれかに当てはまれば改名できるとゆうことです。



しかし、それぞれの理由には許可するか否かの細かな基準があり、当てはまったからといって改名ができるとは限りません。



  • 奇妙な名
  • むずかしくて正しく読まれない


難しい名前や、間違われやすい名前、また、キラキラネームの多くがこれに当てはまります。



最近はキラキラネームが増えていることで、いくら読みづらくても珍しい漢字を使っていても「普通の範囲内」と判断されてしまいます。



  • 同姓同名者がいて不便


同姓同名の場合は、同姓同名の人が自宅から何m離れた場所に住んでいるのか、身内に同姓同名がいるなら続柄など、かなり細かな事情が考慮されます。



芸能人など、同姓同名がいて紛らわしいだけでは認められません。



  • 異性とまぎらわしい


中性的な名前や男女の性別がわかりにくい名前ってありますよね。



美樹(みき)や薫(かおる)など。



名前だけを見たら紛らわしい名前に感じますが、男性なのに●子、女性なのに●男のような、誰が見ても明らかな男性名・女性名でないと生活に支障が出るとは判断されません。



  • 外国人とまぎらわしい


過去に、ジェニファーやマイケルなどが認められたケースがあるようですが、明らかに日本人離れした名前でなければ許可されません。



最近はカタカナの名前も見かけますが、フラワーのように名前が日本人っぽくない、名前の響きや漢字が中国人と間違われる、だけでは不十分です。



  • 神宮、僧侶になった(やめた)


神宮や僧侶(出家)になる際、またはやめた際、伝統芸能での襲名など。



これは一般家庭には関係ないので、殆どの人が当てはまらないと思いますが、特殊事情なのでほぼ改名が認められます。



  • 通称として永年使用した


長期的に通称名やペンネームを使用し、今さら本名を名乗っても通用しない、識別されない場合に許可されます。



社会生活の殆どで通称名が浸透している必要があり、永年使用は永年の期間が最低でも5年以上通称名で生活していることが必須です。



  • その他


その他には、精神的苦痛などが当てはまります。



最近は名前による精神的苦痛を理由に改名する人が増えていますが、仮にうつ病になったり体調を崩したとしても、名前が原因とゆう確かな立証にならず認められにくいです。






これらは大まかな基準と傾向でしかなく、それぞれの理由にはさらに細かな基準や、あまり知られていない「改名することを厳しくさせる理由」があります。



>>なぜ認められない?改名が難しい4つの理由



また、改名審議は家庭裁判所での過去の判例や慣行も大きく関わります。



貴重な改名の判例はこちら
>>改名が認められた具体例を紹介!過去の判例から見えた判断基準とは?



改名が最も認められやすい理由はコレ!



km7-1.jpg


改名の許可基準は実に曖昧ですが、少なくとも改名するためには、最初に書いた8つの理由に該当しなければいけないことだけは確かです。



なので、少し強引ですが無理矢理にでも8つのどれかに当てはめるしかありません。



当てはめるといっても、どれでもいいとゆうわけではなく、客観的に見て成功確率が最も高い改名理由が一つだけあります。



それが永年使用です。



永年使用は他の改名理由と比べて許可基準が明確です。



「通称名を永年使用した」とゆう基準を誰でも満たすことができるため、改名できる可能性がダントツで高いのです。



永年使用の方法やデメリットなど詳細はこちら
>>「永年使用」は確実に改名できる方法!?



まとめ



改名は「正当な事由(日常生活で甚だしい支障がある)」があれば認められますが、どこからが「正当な事由」に値するのか、この判断は非常に難しく様々です。



子供の改名なら大人よりはハードルが低い傾向です。
>>子供の改名成功は××入手とタイミングが鍵



あなたが本気で改名を考えているなら、あえて不利になる理由を選ぶよりも、許可基準が確かな永年使用での改名を狙うのが得策です。



改名の面談(事前審査)は積極性がポイント!服装にも気を付けよう

k19.jpg


通常、改名の申し立てが受理されると、ほとんどの人が家庭裁判所で面談(面接)があります。



面談は審議官(裁判官や書記官)による改名を許可するか否かの事前審査です。



面談ではどのようなことを聞かれるのか、僕の経験談や注意点などをまとめました。



面談(面接)の時間はあまり長くない



km6-2.jpg


面談は個室で行われますが、裁判ではないのであまり緊迫感はありません。



たとえるなら、「就職面接」に近いです。



面談の時間は人それぞれですが、だいたい30分程度で終わります。
僕の場合は20分くらいでした。



また、面談は書記官と一対一の場合もあれば、地域によっては裁判官も同席することがあります。



面談は見た目も重要



km6.jpg


面談時の服装は裁判所ということもあり、「スーツでなければダメ!」と感じてしまいますが、そこまで堅苦しいものではありません。



特に服装の指定はないですが、見た目の印象を良くすることも大切です。



見た目で判決が下されるわけではないですが、だらしない人と清潔感のある人では、相手に与える印象が全く違いますよね。



面談の服装はスーツ以外のカジュアルな服装でも大丈夫ですが、TシャツやジャージのようなあまりにもTHE 私服は控えましょう。



事前面談での服装は、公共の場を考慮した常識的な服装であれば問題ありません。



社会人ならスーツを着たりジャケットを羽織る、学生なら制服が無難です。



僕はジャケット+スラックスのジャケパンスタイルで行きました。



女性の場合は、派手な服装、華美なアクセサリー、バッチリメイクには気を付けてくださいね。



また、携帯電話の電源は切っておくのもお忘れなく!



面談で聞かれたこと・質問内容と対処法



km6-1.jpg


面談で実際に聞かれたことや、気を付けたポイントを書いていきます。



改名に至った経緯



これは申立書にも書きますが、必ず聞かれることなので、何を聞かれてもしっかり答えられる準備をしましょう。



※ 以下は僕の場合の改名理由です



名前が必ず女性と間違われるため、周囲に大きな混乱を招くことや、普通の名前なら決して味わうことのない経験をするため、長年、精神的苦痛を伴い続けてきたことを伝えました。



その上で、社会生活上の支障をより強く訴えるために、具体的なエピソードを話しました。



たとえば、書類に書いた名前で女性だと判断されて性別の登録を間違われたり、「男性ですよね?」と確認されるので、手続きがスムーズに行われず、二度手間になる。



他にも、メンバーズカードを使用する時に、「ご自身のですか?」と聞かれたり、身分証明の時すら名前と見た目がミスマッチで相手を困惑させて何度も確認されてしまう、など。



このような実体験を伝えて、名前による混乱は明白であることや、名前として機能しなかったことをアピールしました。



通称名の使用実績や社会的な通用具合



通称名がどれだけの範囲でどこまで通用しているのかの確認や、周囲はどんな状況なのかを聞かれました。



僕は通称名の使用期間が4年と決して長くはないですが、通称名が使えるものは徹底的に使って使用実績を集めました。
(そのおかげで、しっかり通称名が浸透している証明になったのではないか、と感じています)



有利な証拠を集める方法はこちら
>>今しかできない!最短期間で改名する方法



また、身内、友達、職場、などでの通称名の馴染み具合や、僕の名前(通称名)は両親が命名をしたことで改名に対して全面的に協力的なことも同時に伝えました。



とにかく、広い範囲で積極的に通称名を使用して、社会的に根深く通称名が浸透していること、改名をして新たな名前で生活を始めても周囲が混乱することはないことをアピールしました!



通称名の使用実績が少ない人もいると思いますが、ネガティブな発言は印象を悪くするだけなので、いかに通称名を使ったか、ご自身の努力や積極性を伝えましょう。



同意者の有無



改名するにあたって家族の同意について口頭で確認されました。



改名について、家族や周囲はどう思っているのかを先に伝えていたので、「周囲の反対はないですね?」程度の確認だけで、改めて深く聞かれることはなかったです。



借金の有無



借金や保証人逃れの可能性があるので、トラブル回避のために、改名する人全員に聞くそうです。






大まかにこの4つが面談で話をした内容です。



僕はこのような内容で改名が認められましたが、同じような理由で却下される人もいるので、担当の書記官や裁判官は寛容な方だったのかもしれません。



面談のコツは積極的なアピールと理解



km6-3.jpg


面談自体は申立書に書いた改名理由や証拠書類を元に質疑応答をします。



改名理由にもよりますが、有利な証拠集めをして効果的に申し立てをするとゆう面談までの過程がけっこう重要なので、常識的な服装で常識的な振る舞いをすれば、特別、注意することはないと感じました。



あくまでも、申立書に書いた内容を見ながら進めるので、書いた内容を頭に入れて冷静に論理的に受け答えをすれば問題ありません。



もし、緊張してちゃんと回答できるか不安なら、伝えたいことをメモして、それを面談に持参するのもいいと思います。



ただ、面談は事前審査ですが、改名の必要性をアピールする絶好の場所です。



あなたの意思を積極的に伝えていかに理解してもらうかが何よりも大切ですよ!



まとめ



改名の面談がない人もいますが、ほとんどの場合はあります。



証拠書類(通称名の使用実績)など、追加で提出物があるなら用意をして、しっかり受け答えできるようにしておきましょう。



改名は1度却下されると致命的!?その理由と対策

却下された場合の対処法


改名は、申し立ての段階で受理されなかったり、事前審査で却下される(取り下げになる)ことがあります。



なぜ却下されるのか、致命的になるのか、その理由と対処法を書いていきます。



却下される理由



改名が却下されたり取り下げになる理由は主に2つあります。



通称名の使用実績が乏しい



改名は通称名の使用が重要です。



出家や襲名のような特殊な改名理由でなければ、通称名の使用実績が不十分だと却下される可能性が高いです。



>>通称名の使用範囲とは?使用実績(証拠)の作り方と注意点



そもそも改名理由が認められない



家庭裁判所は過去の判例をもとに許可・不許可の判断をします。



あなたの改名理由が、過去の判例で不許可になった改名理由と同じ場合は当然却下されてしまいます。



却下される代表的な改名理由は、名前の画数が悪いなどの姓名判断や、宗教などの信仰上の問題ですが、改名できる可能性はゼロではありません。



>>抜け道があった!?姓名判断で改名する方法とは?



なぜ2回目の申し立てに時間が不利になるのか?



なぜ、2回目の申し立てが不利になるのか、時間がかかるのか。



大きな理由は「裁判記録が保管されること」です。



km4-2.jpg


裁判記録の影響



過去に却下されている場合、2回目以降の申し立ては少し注意が必要です。



というのも、、裁判記録が最低でも5年間残ってしまうという厄介なシステムがあるからです。



なので、過去に却下された改名理由で再度申し立てをしても認められない可能性があります。



過去に却下されているからといって必ずしも致命的になるとは言い切れないですが、過去の申し立て記録が加味されるので、大きな影響があることは覚えておいた方がいいと思います。



改名自体が2回目以降の方はこちら
>>改名は何回まで?2回目はできるのか?



裁判記録の保管期間が不明



裁判記録は義務付けられているのが「5年間」であって、A家庭裁判所では5年間、B家庭裁判所では10年間とバラバラです。



過去の申し立てをなかったことにして(裁判記録の破棄)、再度、申し立てを行う場合は最低でも5年間は待つことになります。



また、各家庭裁判所の保管期間がわからないので、人によって下手すれば10年間もの長い時間がかかってしまう可能性があります。



保管期間に関係なく、裁判記録が残ってしまうのは不利になると言えますね。(^o^;)



却下された場合の対処法



km4-1.jpg


改名理由(申し立ての実情)は変えない



改名が1度却下されても申し立て自体は何度でも可能です。



しかし、過去の申し立て記録が残っているということを忘れてはなりません。



2回目の申し立ては、改名理由を変えるよりは同じ理由の方が好ましいです。
(先ほど書いた「同じ理由では認められない可能性がある」と矛盾しますが)



申し立て記録が残っているので、あからさまに改名理由を変えてしまうと説得力がなく、警戒されたり、印象が悪くなってしまうからです。



仮に一度目の改名が「同姓同名」で二度目が「難読」だったら不自然ですからね。(^_^;)



なので、1回目の申し立てと一貫性を持たせるために、申立書をコピーして残しておくことを強くオススメします。



こうすれば、どんな理由でどんな内容で申立書を作成したのか、過去の記録を確実に把握することができます。



改名理由(申し立ての実情)を変えてみる



「裁判記録が残っているので、改名理由を変えると不信感を抱かせたり印象が悪くなる」と書いたばかりですが、初回の申し立てが、姓名判断のようにほぼ認められない改名理由なら、変えた方がいいでしょう。



(やり方、考え方が様々あり、それだけ複雑で矛盾も多いのです、、(^o^;))



他にも、改名理由に自信がない人もいると思います。



そんな時は、たとえ申し立てが却下されていても「永年使用」なら、初回の申し立てがどんな改名理由でもあまり違和感なく申し立てができます。



永年使用の詳細はこちら
>>永年使用は確実に改名できる方法?



期間を空けて証拠集めに徹する



却下される理由で多いのは証拠不足(使用実績などの提出書類の不足)が挙げられるので、数ヵ月、数年間の期間を空けて通称名の使用実績を集めることも効果的です。



効果的とゆうよりも、現段階の提出書類(使用実績)で却下されているので、次の申し立てを行うためには、根本的な証拠集めの強化が必須です。



特に「永年使用」を理由にする場合は証拠作りが重要!



数ヵ月から数年の期間を空けて、今よりも広く通称名を使って社会的に浸透させ、証拠を増やして申し立てをすると許可される可能性が高くなります。



証拠の作り方はこちら
>>通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点



却下を恐れず行動してみる



一度却下されている人も、これから申し立てようと考えている人も、「大変だな〜」と思ったかもしれませんが、審判結果は一度申し立てをしてみないことには、どうなるかなんてわかりません。



「もし、却下されたらどうしよう、、」と、あれこれ考えて不安になるくらいなら、ある程度、通称名の使用実績が集まった段階で申し立てを行ってみましょう。



許可するか否かは裁判官(審議官)の裁量に任されるので、どんなに立派な改名と10年くらいの長期的な使用実績があったとしても、却下されるときは却下されますからね。(^o^;)



逆に、わずか1年足らずで許可されることもあるでしょう。



却下は避けたいので、どうしても慎重にならざるを得ないですが、却下を恐れて何年間も申し立てに踏み出せずにいると、時間を無駄にしてしまうことさえあります。



それに完璧に準備することは困難です。



単純に、数ヶ月、数年レベルの早い段階で申し立てると、却下されるリスクもありますが、許可される可能性もあるのです。



とくに早く改名したい人は、ある程度、準備ができたら一度申し立ててもいいと思います。



却下されても改名は可能だし、却下された際に「何がダメだったのか」アドバイスがもらえることがあるので、対策をしながら次の申し立ての準備ができます。



まとめ



改名は却下されないことが何よりも重要!



却下されると次の申し立てに時間がかかったり困難になるので、一発で許可されるように入念な準備と対策を行いましょう。



また、申し立てが却下されることは別に珍しいことではありません。



たとえそうなっても根気強く申し立てを行うことが大切です。



最短で改名する方法

kcl1.png
kcl1.png

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!


>>最短3週間!最小限の手間で改名する方法はこちら


改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
キラキラネーム・ドキュンネーム
名付け・姓名判断のポイント
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます