カテゴリ:改名の予備知識

改名件数は年々増加?統計からわかった成功確率とは?

k24.jpg


毎年、日本ではどれだけの人が改名しているのか、改名件数や許可される確率って気になりますよね。



実は全国の家庭裁判所の改名の申し立て件数は、"裁判所司法統計"にて公開されています。



しかも、申し立て件数だけでなく、許可件数や却下件数などの細かなデータもあるんですよ!



改名の判例が公開されているわけではないですが、過去2005年〜の改名件数や、年代別に改名の成功率(許可される確率)を算出したので参考にしてくださいね。



申し立て件数と許可件数から成功率を算出



km21.jpg


裁判所司法統計には、年度別に改名の既済状況(総数、容認件数、却下件数、取り下げ件数)が公開されています。



これらのデータと、既済状況の総数と容認数から算出した許可される確率(成功率)を表にまとめました。



裁判所司法統計には「受理総数(新規に申し立てが受理された件数)」と「既済総数」があり、既済総数には前年度からの未済分や繰越分も含まれるので、受理総数の件数とは少し誤差があります。



ここでは、最終的な改名件数を知るために、既済総数(既済状況)のみを参考にしています。(随時更新)



年代総数認容却下取り下げ確率
2005年度84856540450147877.1%
2006年度77195864446140176.0%
2007年度75905857464126077.2%
2008年度77025864489133376.1%
2009年度73695485478138974.4%
2010年度73135398505139773.0%
2011年度69805200405136074.5%
2012年度74595428505150372.8%
2013年度70615092508142972.1%
2014年度67434935492130273.2%
2015年度75025078467140967.7%
2016年度63844654422128772.9%
2017年度63314561421132472.0%

改名件数(名の変更許可)参考ページ:裁判所司法統計



数字だけを見ると、どの年代も改名の申し立て件数(総数)が7000件から8000件前後にまとまっており、大きな差はありません。



毎年、7000件前後の申し立てがあるって結構多いですよね。



許可される確率は全体平均が7割なので、絶対に改名できないというレベルではありません。



ただ、年々、改名が許可される確率が下がり気味で、2005年度は77.1%、そこからずっと70%前後をキープしていましたが、2015年度は67.7%と大きく低下しています。



昔よりも今の方が明らかに改名が許可されにくくなっているのがわかります。



あと、申し立て件数が減っているのが気になるところ。
改名の準備が昔よりも難しいので申し立て自体のハードルが高いですからね。(^o^;)



毎年、容認が約5000件に対し、取り下げや却下が約2000件あるので、これを見てもやっぱり改名って難しいんだな〜と思いました。



何にせよ、改名するなら早いほうがいいかもしれません。



改名が難しくなっている理由はこちら
>>なぜ認められない?改名が難しい4つの理由



ちなみに、韓国では改名ブームが到来!



km21-1.jpg


余談ですが、韓国では2005年に最高裁が「当事者の意思を尊重し、改名を原則的に幅広く許可されなければならない」という判決を下しました。



改名条件が緩和されてから、名前が気に入らない、運気を変えたい、などの理由でも簡単に認められており、就職を理由に改名する人が30%に昇ります。





韓国では就職難から、名前が覚えられない、聞こえが悪いことが原因で就職できないと考える人が改名するようです。



2005年以後は家庭裁判所に改名申請が殺到し、2015年までに改名した人は150万人を超えました。



これは韓国人の33人に1人の割合です。



韓国では1日平均30人が改名を申請しているので、まさに改名ブームと言えますね。



日本と違って改名が簡単なのは羨ましい気持ちもありますが、韓国は名前だけでなく"生年月日"も変えられるので、もはや書類上は別人になれます。(^_^;)



それにしても、生年月日を変えるって、何だかちょっと不思議な感覚ですね。



まとめ



日本での改名件数自体は各年代でそこまで差があるわけではないですが、キラキラネームの影響で将来的に韓国のように改名ブームが起こることも考えられます。



キラキラネームは1990年代(当時はドキュンネームの言葉が主流)から増加し始めたと言われていますが、既にキラキラネームを改名する人が増えています。



今は年齢的に改名できない人も沢山いるでしょうし、就職などを機に改名の申し立て件数が更に増えるかもしれませんね。



改名はメリットだけじゃない、デメリットもある!

k7.jpg


改名する理由は、名前が招く悩みや苦痛などのデメリットを無くすためですよね。



でも、名前を変えることは、悩みを解消する大きなメリットになりますが、少なからずデメリット(支障がでる部分)もあります。



改名のメリットは計り知れない!



km17.jpg


  • 新たな気持ちで人生をやり直せる
  • 運勢のいい名前を持つことができる
  • 関係を絶ちたい人からの連絡がつきにくくなる
  • 名前に相応しい人間になれる
  • 正しく読んでもらえる
  • 名前の話題で楽しく会話ができる
  • 学校や社会生活で堂々と本名を名乗れる
  • 理想の名前が手に入る
  • 名前によるストレスがなくなる


名前を変えるメリットはまだまだありますが、一番のメリットは、やはり、



一生、名前の悩みから開放されること



です。



僕自身、名前がコンプレックスで20年以上も苦しんできましたが、改名したことで人生が大きく変わりました。



堂々と本名を名乗れる



端から見れば小さなことかもしれませんが、そんな当たり前の幸せを手に入れました。



会社や病院など名前を呼ばれる苦痛がなくなり、性格も明るく変えてくれましたね。



僕のように、名前を変えることで、新しく人生をやり直せるきっかけとなる人は沢山います。



改名は、自分の好きな名前や理想の名前にできるので、これほど大きなメリットはないでしょう。



また、意外と気にしてしまう姓名判断も、改名によって運気の良い名前にできるので、姓名判断で悩んでいる人にとってこれほど嬉しいことはないと思います。



改名は心機一転で新たな人生を歩める手助けになりますね。(^o^)



自分の名前が気になる方はこちら
>>姓名判断といえばこれ!超有名な先生の鑑定サイト「3選」



意外な改名のデメリットや支障とは?



km17-1.jpg


  • 様々な名義変更の手続きが面倒
  • 友人からの連絡が途絶えてしまう可能性がある


改名すると、当たり前ですが、戸籍、免許証、生命保険、診察カード、名刺、銀行口座、クレジットカード、資格など、名前を登録しているものは全て変更しなければいけません。



名前を変える手続き自体は簡単ですが、何枚も書類を書いたり、役場や銀行などあちこちに出向かないといけないのでかなり面倒です。



全ての登録情報を変えるのは時間がかかるし、必要書類も違ってくるので、けっこう手間なんですよね。



>>許可後も大変!名前変更に必要な各手続きのまとめ



また、最初にメリットとして「関係を絶ちたい人から連絡がつきにくくなる」と書きましたが、付き合いのある古い友人からの連絡も途絶えてしまう可能性もあります。



周囲に改名したことを事前に伝えているなら問題ないですが、うっかり忘れてしまうことがあるので要注意!



他にも、これはデメリットになるかわかりませんが、改名したことを伝えていない昔からの知人が知ってしまった時に、なぜ改名したのか、不要な説明を一からしなければいけないこともあるでしょう。



僕はちょっと違う経験ですが、改名したことを伝えていたのは親しい友人だけだったのに、なぜかそこまで仲良くない人にまで知れ渡っていたことがありました。



まあ、改名したことを他言されたり不特定多数の人に知られたところで何もないし、改名した理由をわざわざ話す必要もないと思っているので、あまり気にしていないんですけどね。



ただ、面倒事を避けるために、繋がりのある人には「名前変わるんだよね〜」くらいは知らせておいた方が良かったかな、とは思いました。(^_^;)



改名したことが周りに知られるくらいならいいですが、改名したことについて、変に勘ぐられて、よからぬ噂をたてられることもなきにしもあらず。。



そうなると、家族や身内にいらぬ迷惑がかかることもあるかもしれません。



改名に対して家族や周囲の理解があれば問題はないでしょうし、考えすぎかもしれないですけど、そういった状況を招く可能性があることは、頭の片隅に入れておいた方がいいと思います。



こっそり改名するコツはこちら
>>家族にバレない!こっそり改名するコツと便利な手続き



まとめ



改名はメリットが圧倒的に多く、社会的なデメリットは基本的にありません。



ただ、名前変更の手続きは本当に面倒だったので、それが唯一のデメリットかな?




通称名は改名する人だけの特権!?日本では登録が必要なのか?

k8.jpg


通称名は改名のためだけでなく、様々な理由から通称名を使いたい人、すでに使っている人がいます。



日本では通称名を使うためには、家庭裁判所から許可が必要だったり、何か申請して登録する必要があるのか、どんな人なら使えるのでしょう。



新たな名前(通称名)の運気や姓名判断などにこだわる方はこちら
>>名前に使ってはいけない!凶作用が強い漢字



そもそも通称名ってなに?



通称名とは、自称や他称を含む、正式な名称ではない世間一般で通用しているものです。



こんな風に説明すると小難しく聞こえますが、要は戸籍名とは違うもう1つの名前です。



芸名・ペンネーム・ハンドルネーム・源氏名などがありますね。



法的な規定や縛りはあるのか?



km16-1.jpg


通称名は規定や法的な縛りがありません。



改名予定の人たけでなく、借金があったり犯罪歴がある人など、どんな人でも日常生活で使うことができます。



わかりやすいのだと、作家や芸能人がおり、本名ではなくペンネームなどで活動している人が大勢いますよね。



日本では許可は不要!勝手に名乗れる!



km16.jpg


通称名を使う上で法的な縛りはないと書きましたが、日本には通名登録制度があり、通称名を登録すれば正式に通称名で生活ができるようになります。



なので、通名登録した名前(通称名)なら行政や法的な手続きもできます。



しかし、通名登録制度は外国人(帰化)が日本で暮らすときに利用する制度です。



日本人が通称名を使う場合は、外国人のような通名登録制度はないので、家庭裁判所から許可を得たり、市役所へ申請や届けを出す必要はありません。



今すぐにでも通称名を持つことができます。



ただし、日本人は外国人のように通称名の正式な登録手続きがいらない反面、免許証などの身分証明や契約書など公的に使用することはできません。



通称名で働く際の注意点はこちら
>>履歴書に通称名を書くのは虚偽や違法になる!?



まとめ



通称名は、改名する・しないに関わらず、誰でも自由に使えます。



ビジネスネームとして通称名を使っている人もいますが、急に通称名で生活すると周囲は混乱するので、周りへの説明や配慮は不可欠です。



本名が重要視される社会生活では必ず本名を名乗りましょう。



通称名はあくまでも仮の名前なので、安易に通称名を使用することは控えてくださいね。



最短で改名する方法

kcl1.png

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!
今なら当サイトの限定特典「目から鱗の改名マニュアル」付きです!!

>>特典付き!最短3週間で改名する方法の詳細はこちら

改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
2回目以降の改名(却下・不許可)
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
姓名判断・名前の開運方法
名付け・命名
キラキラネーム・ドキュンネーム
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます