赤ちゃん・子供の改名のカテゴリ記事一覧

戸籍改名

名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法

名前のコンプレックスを解消しよう!改名経験者だからわかる「戸籍を改名する方法」を徹底解説!

カテゴリ:赤ちゃん・子供の改名

早めの準備が重要!子供の改名のベストな時期

km31.jpg


子供の改名はいつがいいのか、できることなら早く終えたいですよね。



正直、改名は準備次第なのでいつ改名をしもいいのですが、精神的負担や改名の許可率を考えると、子供ならではのベストな時期があります。



改名の時期は卒業や就職などの年度の節目がよい



km31-2.jpg


赤ちゃんや未成年の子供(学生)の改名は、年度の節目に行う人が多いです。



■ 赤ちゃん(未就学児) → 保育園や幼稚園に入園
■ 園児(保育園幼稚園)卒園 → 小学校へ入学
■ 小学校卒業 → 中学校へ入学
■ 中学校卒業 → 就職or高校へ入学
■ 高校校卒業 → 大学へ入学or就職
■ 大学卒業 → 大学院or就職


このように、入学や就職など次のステップに間に合わせるように入園や卒業の時期に改名を済ませす。



理由としては、後で書いていますが、卒業のタイミングは改名が許可される可能性がとても高く、周囲の影響が少なく、違和感なく改名ができるからです。



たとえば、小学2年から3年など、進級のタイミングで通称名を使い始めて(改名の準備)、卒業に合わせて改名することもできますが、既に本名で学生生活をしている中で、いきなり違う名前になると周囲が混乱してします。



本人が気にしないならいいのですが、周りへの配慮を考えると、赤ちゃんや未成年の学生の改名準備は入学前から行い、卒業を節目に改名手続きを終えるのが最適でしょう。



幼馴染みなら別ですが、新たな環境で新しくできた友達にわざわざ改名したことを説明する必要がなく、周りに変に気を使わずに済みます。



大学生(就職希望の高校生)は、本名がどんな名前なのかによりますが、卒業後に改名(申し立て)を行うより、就職(就活)までに改名を済ませておいた方がいいかもしれません。



キラキラネームの実害はこちら
>>キラキラネームは損!医療現場や就職で増えている深刻なトラブル



通称名で入学できなくても問題なし!



km31-1.jpg


通称名で入学して卒業のタイミングで改名するのが最適ですが、高校生や大学生の場合は、学校側が通称名の使用を認めないことがあります。



通称名で通学するのが一番いいのですが、たとえそれができなくても改名の準備はできるので、学校以外の場所で通称名の証拠を集めて、卒業する頃に改名できるように準備をしましょう。



改名には一定の期間が必要!



km31-3.jpg


改名するためには家庭裁判所によりますが、申し立てから改名許可が降りるまで、最低でも数週間から1ヶ月くらいの期間が必要なので早めの段階で準備するのが大切です。



改名手続きの詳細はこちら
>>改名申請は郵送でok!必要な手続きと手順を解説



入学直後や卒業後に改名の申し立てをしても、進学(入学)や就職など次のステージまでに改名手続きが間に合わないので、赤ちゃんなら入園前、学生なら卒業前に改名の申し立てを行っておくと余裕をもって改名の手続きができます。



また、通称名で通学している場合は、通称名の卒業証書が有力な証拠になり、これがあると認められやすいようです。



>>子供の改名成功は××入手が鍵!



卒業前に改名の申し立てを行うと証拠資料として卒業証書を家庭裁判所に提出できませんが、申し立て書に通称名の卒業証書(証拠)があることを記載したり、後日改めて追加で提出しましょう。



(通称名の卒業証書がなくても「通称名で学校に通っている事実や証拠」があるだけでも価値があります)



不許可とゆう万が一の事態を想定してなるべく早めに行動を!



km31-4.jpg


卒業や就職などのタイミングで改名をしようと思っても、改名の申し立てが一発で受理されなかったり、必ずしも許可されるとは限らないですよね。



子供の改名は通称名の使用期間が2、3年と短くても認められやすいようですが、改名が許可されるかどうかは実際に申し立てをしないとわからないことです。



一刻も早く改名したい人や時間に余裕がある場合は、一度、申し立てを行ってもいいと思います。



今しかできない!最短期間で改名する方法」なら、極限まで効率化した証拠作りが簡単にできますよ。



すでに3年くらい通称名で生活していたり、学校で通称名を使っているならそれ自体に価値があるので、ある程度の証拠(通称名の使用実績)があるなら、小学5年や中学2年など、早い段階で卒業を待たずに申し立てを行ってみるのもアリ。



万が一、不許可になっても、改めて申し立てをすればいいので、卒業まで待ったり次の申し立てまで期間を空けて新たに証拠を集めましょう。



改名は一度却下されると二度目が不利になる面がありますが、子供の改名は認められやすい傾向なので、よほどダメな改名理由で限り次への影響は少ないと思います。



>>改名は一度却下されると致命的!?その理由と対策



まとめ



改名は、家庭裁判所の許可を許可が必要なので、数日で終えるような手続きではありません。



周囲への影響や改名にかかる期間、さらに改名が許可される可能性を考慮すると、改名するなら卒業の時期を狙うのがベスト!



そこを目安に逆算して、余裕をもって改名の申し立てや手続きを行いましょう。



赤ちゃんの改名は簡単!?大人よりも有利な理由

k17.jpg


改名は年齢が若いほど認められやすくなっています。



未成年の子供もそうですが、意外にも1歳未満の生後間もない赤ちゃんや、未就学児の場合は許可されやすいようです。



ただ、有利な面があれば不利な面もあるので、赤ちゃんの改名について細かく書いていきます。



赤ちゃんの改名で弁護士に依頼を検討されている方はこちら
>>改名に弁護士は無意味!?依頼するメリットとは?



赤ちゃんのように年齢が若いほど有利な理由



km15.jpg


日本(裁判官)は改名に消極的ですが、子供の改名は、比較的、認められることが多いです。



その理由の一つに、名前の通用度合いがあります。



特に1歳未満の赤ちゃんや、保育園に入園する前の幼児は、社会的に今現在の名前の通用度が低いので、名前が変わっても周囲が混乱する可能性も低いと想定されるため、許可されやすくなっています。



なので、生後間もない赤ちゃんの改名は、成人や小中学生の子供と比べれば、改名のハードルが低くなります。



実際に子供の年齢を考慮して、改名が許可された判例があります。「改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?」を参考にしてください。



また、改名する年齢がかなり若いと、通称名の使用期間も3年から5年と、大人と比べて大幅に短くても許可がおりる傾向です。



しかし、若いからこそ不利な面もある



km15-1.jpg


改名は確かに年齢が若いほど有利ですが、不利な面もあります。



一番は、名前を使う機会が圧倒的に少ないことです。



先程、改名しやすい理由として「名前の通用度合いが低いこと」をお伝えしましたが、これは不利な理由にもなるんです。



特に赤ちゃんとなると、成人のように名前を社会的に使う場面が極めて少ないですよね。



少ないとゆうより無に等しいので、基本的に通称名を使った証拠作りができないので、思うように改名の準備ができないのが難点です。



でも、「今しかできない!最短期間で改名する方法」なら、それらの問題を解決して最強の証拠集めができますよ。



正当な理由が必要



いくら赤ちゃんの改名が認められやすくても、「正当な理由」が必要です。



赤ちゃんは社会的に名前を使う場面が少ないので、その名前を使うことで「日常生活でどのような支障があるのか」を説明するのが難しくなります。



申し立て書の作成のコツはこちら
>>一発で受理される!改名審査に通りやすい申し立て書の書き方



親の意向で子供の名前を変えてしまうってどうなの?



幼い子供も含め、赤ちゃんの改名は、子供の意思を抜きにして親が改名を行うので、いくら「子供のために・・」と想っても、難しい部分があります。



親からすれば、いろいろと心配な部分もあるでしょう。



参考になるかわからないですが、前に赤ちゃんの時に改名していた人から話を聞いたことがあります。



その方は「記憶になくて覚えてないし、今の名前に慣れてるから気にならないよ〜」と言ってました。



普通、改名したことって言いづらかったりしますが、本人が名前にコンプレックスを持っていたり、名前が嫌で改名をしたわけじゃないからこそ、平然と話せるのかもしれないですね。



この話を聞いて、改名した名前に馴染んでいたり、親がちゃんと説明していたら、意外と子供は気にしないものなのかな、と感じました。



まとめ



赤ちゃんの改名は、大人と比べるとややハードルが低いです。



ただ、親が名前を変えることになるので、赤ちゃんの改名に慎重になったり、どうしよう、とお悩みの方もいるでしょう。



今は赤ちゃんですが、保育園(幼稚園)に入園したり、小学校に入学すると、子供の名前を公的書類に記入したり、名前を使う機会がぐっと増えます。



子供の将来を考えて混乱を招かないためにも、なるべく早い段階で赤ちゃんのうちに改名してあげる方がいいでしょう。



園児や小学生、学生の改名はこちら
>>子供の改名成功は××入手とタイミングが鍵!



子供の改名成功は××入手とタイミングが鍵!

子供の改名成功ポイント


子供(未就学児、園児、小学生)の改名成功にはある期間中であるモノを入手できるかがカギです。



子供の改名は大人とは違う「子供だからこそ有利になる理由」があります。



ここでは幼稚園(保育園)や小学生に向けて書いていますが、未成年の子供にも当てはまるので参考にしてくださいね。



改名は何歳から?赤ちゃんでもできるの?



赤ちゃん、小学生、中学生など、年齢制限はありません。



ただ、改名自体は何歳でもできますが、自分で改名の申し立てをする場合は満15歳以上と年齢制限があります。



満15歳未満の場合は、親族などの代理人が申し立てを行います。



未成年の子供の改名を決定づけるモノがある!?



改名は結局のところ、年齢に関係なく、子供も大人も同じで通称名の使用実績が重要です。



ただ、幼稚園(保育園)や小学生など、子供の場合は、効力のある決定的な証拠作り(使用実績)ができる絶好の機会があります。



ある決定的な証拠作りとは、卒業証書です。



km3.jpg


通称名だけで卒業証書を発行するのは難しいですが、通称名と本名が併記されているもので大丈夫です。



子供だと幼稚園(保育園)、小学校、中学校など節目がいくつかあり、卒業証書は幼稚園(保育園)なら3-4年間、小学生なら6年間と、長期間に渡って通称名を使った証拠になります。



通称名で通って通称名の卒業証書が入手できれば、改名が許可される可能性が高いです。



卒業証書を通称名で書いてもらうために、入学前(入園前)に予め学校側に事情を話して、通称名の使用許可をもらいましょう。



戸籍名で入学してから「やっぱり通称名を使いたい」と思っても、他の生徒や教員など周囲を混乱させてしまうので、使用を許可されないことがあります。



なによりも、在学中にいきなり通称名を使い始めると、周りの目が気になったり居づらく感じてしまうので、通称名で入学するのがベストです。



ただ、通称名を使用した証拠が卒業証書だけだと少なすぎるので、成績表や提出書類など通称名が書かれたものをしっかり集めてくださいね。



未就学児や1歳未満の赤ちゃんの改名をお考えの方はこちら
>>赤ちゃんの改名は簡単!?大人よりも有利な理由



ただし、高校生以降は要注意



km3-1.jpg


高校や大学だと通称名の使用許可が得られない学校もあるので注意してください。



つまり、子供の改名は義務教育の期間がポイントです。
保育園、幼稚園、小学校、中学校であれば比較的、通称名での通学が認められる傾向です。



数年間と時間がかかってしまいますが、幼稚園(保育園)や小学校など入学時に通称名で通学して、卒業証書が入手できる卒業のタイミングで改名の申し立てを行いましょう。



改名は時間がかかりますが、「今しかできない!最短期間で改名する方法」なら、手っ取り早く改名準備ができます。



年齢に関係なく、通称名を使った"身分証明"のような最強の証拠集めができるので、学校や社会生活で通称名の使用許可を得られない、、とゆう状況にもなりません。



まとめ



学生のうちに改名しておくと、その後の影響が少なくなるし何かと楽なので、改名するなら早いに越したことはないでしょう。



子供の改名は卒業証書が一つのポイントですが、「これさえあれば必ず許可される」とゆうものではないので、そこはお間違えのないようにしてくださいね。



最短で改名する方法

kcl1.png
kcl1.png

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!


>>最短3週間!最小限の手間で改名する方法はこちら


改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
キラキラネーム・ドキュンネーム
名付け・姓名判断のポイント
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます