カテゴリ:改名の準備・手続き

改名した記録は戸籍に残る!履歴を消除する2つの方法

k15.png


戸籍に改名の記録は残ってしまうものだと諦めていませんか?



確かに、改名すると戸籍にはその記録(改名した日付と改名前の名前が記載される)が残ります。



個人的に厄介だな〜・・と思うのが、親の戸籍に改名記録が残ってしまうことです。



誰しも最初は親の戸籍に入ってますよね。



結婚すると親の戸籍から抜けて夫婦の新たな戸籍が作られますが、特別な手続きをしない限り基本的に未婚者は親の戸籍に入ったままです。



なので、改名した記録が親の戸籍(謄本)に記載されます。



親の戸籍に改名記録が記載されていると、親の戸籍から改名したことが誰かにバレる可能性があります。



家族に黙ったまま改名をしても、隠し通すのは難しいでしょう。



一度、親の戸籍にあなたの改名記録が記載されてしまうと、将来、親の戸籍から抜けたとしてもその記録は一生残ったままになります。



ちなみに、僕は改名後の戸籍のことなんてすっかり忘れていたので、親の戸籍にがっつり改名記録が残っています。(^_^;)



今は個人情報に厳しい時代なので、戸籍謄本を見せる機会は殆どなく、親の戸籍から第三者にバレる可能性は低いでしょう。



バレるとかの問題より、改名記録を残さずに済むなら誰だってそうしたいですよね。



残念ながら、戸籍から改名記録を完璧に削除したり、記載されないで済む方法はありません。



ですが、改名したことを相手に悟られないようにわかりづらくすることはできます。



具体的には親の戸籍に改名記録が記載されないようにすることや、自分の戸籍から改名前の名前を削除することで、カムフラージュすることが可能です。



後者は既に婚姻などで親の戸籍から抜けている人や未成年者も当てはまります。



また、個人情報の取り扱いが厳しくなりましたが、国家試験・パスポート発行・就職など、戸籍が見られる場面がいくつかあります。



就職などで会社に改名したことがバレるのは嫌だな、という時にも役立ちます。
(今は戸籍を要求する会社はほとんどありませんが、、)



前置きが長くなってしまいましたが、親の戸籍に改名記録を残さない&戸籍から改名記録を一部削除(改名前の名前)する方法について紹介します。



親の戸籍に改名した記録を残さない方法



現時点で親の戸籍に入ったままの人は、家庭裁判所から改名許可をもらって市町村役場で正式に改名の手続きをすると、



【名の変更日】平成●●年●月●日
【従前の記録】
【名】●●

ks2-001.jpg

※親の戸籍に記載された改名記録


画像のように、名前を変更したことや、従前の記録として改名前の名前が、親の戸籍に記載されてしまいます。二重線で訂正されることもあるようですね。(防犯上、画像はボカシ加工にしています)



この【名の変更日】と【従前の記録】の記載を避ける方法として分籍があります。



分籍しておくと親の戸籍から抜けて自分の戸籍を持つことになるので、親の戸籍には改名した記録は一切記載されません。



親の戸籍には分籍した記録(除籍)だけが記載されます。



【分籍日】平成●●年●月●日
【新本籍】●●県●●市●●●

ks2-002.jpg
※分籍後の親の戸籍に記載された改名記録


僕は改名後に分籍をしたので親の戸籍に改名記録が記載されていますが、分籍をしておくことで、【名の変更】にある全ての改名記録が親の戸籍に記載されません。



既に婚姻などで親の戸籍から抜けている人は親の戸籍には記載されないので分籍は関係ありません。



自分の戸籍から前の名前を削除する方法



改名すると自分の戸籍には【名の変更日】と【従前の記録(前の名前)】が記載されます。



でも、【従前の記録】だけなら転籍することで戸籍から削除することができます。



結婚などで既に親の戸籍から抜けている人も、転籍することで新たに戸籍が作られます。



その結果、新たな戸籍には【名の変更日】だけが記載され、【従前の記録】の記載は消えます。

(転籍後の戸籍に改名の詳細情報が記載されないだけで、前の戸籍には残っています)



僕のように親の戸籍に改名記録が残っている人は、分籍をするだけで従前の記録が消えます。
※分籍すると転籍するため



【名の変更日】平成●●年●月●日

ks2-003.jpg
※分籍後の戸籍


一番下にある【従前戸籍】は改名とは関係がなく、前の本籍地が記載されているだけです。



住民票の記載内容について



km13.jpg


住民票の場合は現時点での登録内容だけが記載されるので、元の名前は書かれません。



ただ、改名後の戸籍や住民票の表記方法は地域によって異なるので、どのように記載されるのか確認した方がいいでしょう。



分籍と転籍のタイミングと注意点



km13-1.jpg


分籍のタイミングですが、親の戸籍に改名記録を残さないために必ず改名する前に行ってください。



役所で改名手続きをした後で分籍しても、親の戸籍に残ってしまいます。



あと、分籍をして一度自分が筆頭者になったら親の戸籍に戻ることはできないので注意してくださいね。



転籍をする場合は改名手続きをした後に行います。



転籍すると2週間くらい戸籍抄本が入手できないので急ぎで必要なときは避けましょう。



分籍や転籍の条件



km13-2.jpg


分籍や転籍の手続きは現住所の役所に届けを出すだけです。
分籍や転籍理由を書いたり、職員に問われることもないですが条件があります。



※ 提出先が本籍地の役所ではない場合は本籍地で発行した戸籍謄本が必要



分籍の条件



  • 年齢制限

20歳以上の成人している人。未成年で分籍はできません。



  • 筆頭者でないこと

戸籍の筆頭者や配偶者は戸籍から抜けて分籍することはできません。

婚姻中の場合は夫婦で同じ戸籍に入っているため分籍ができず、夫婦のどちらかが戸籍から抜ける場合は離婚することになります。

戸籍は親(夫婦)とその子供から構成されるので、分籍は子供が親の戸籍から抜けるために用いられます。



転籍の条件



  • 筆頭者か配偶者であること

転籍届を出せるのは戸籍の筆頭者か筆頭者の配偶者だけです。

戸籍にいる未婚の子は転籍届を出せませんが分籍をすることで転籍できます。

筆頭者や配偶者が転籍届けを出すと、同じ戸籍に入っている人全員が転籍することになります。



転籍や分籍のメリットとデメリット



km13-3.jpg


分籍も転籍も法的なメリットやデメリットは特にありません。



相続などの法的な権利が消えるわけでもなく、年金、就職、国家資格、健康保険、納税など、あらゆるものに何の影響も受けません。



中には分籍をすると家族と縁が切れたり、社会生活で不利になることを心配される方もいますけど、全く影響はありませんのでご安心を。(^-^



分籍は分籍した本人が筆頭者になって自分の戸籍を持ち本籍地が変わる、転籍は本籍地が変わるだけです。



それ以外はなにもありません。



でも、あえて分籍や転籍のメリットやデメリットを挙げてみます。



分籍のメリットとデメリット



  • メリット

自分の戸籍を持つことができます。(自分が筆頭者になる)



  • デメリット

離婚した?と思われる可能性があります。

筆頭者になる人は婚姻中の人や離婚歴がある人が圧倒的に多いので、知識がある人にはもしかしたら戸籍を見て離婚歴があると思われるかもしれません。



分籍はほとんどの人があまり意味のない手続きなので、大きなメリットも大きなデメリットも特にありません。



転籍のメリットとデメリット



  • メリット

転籍は何度でも可能で(その度に除籍されます)、好きな場所に本籍を指定できます。

言ってしまえばディズニーランドでも指定できるんです。(笑)

本籍が遠い場合は現住所に近い場所に転籍することで、自宅から近い市町村役場で戸籍謄本の取り寄せができるようになります。



  • デメリット

戸籍を遡って何かを調べたり、転籍した人が死亡した時などに、転籍した分だけ謄本の請求先が増えるので取り寄せが手間になります。



転籍する理由は主に2つ。



@本籍を住所と同じ場所にしたい
本籍を住所と同じにすれば戸籍の取り寄せが楽になる

A戸籍から消したい事項がある

転籍することで新戸籍に記載されない事項(移記されない)がある



改名なら従前の記録(改名前の名前)が移されない、他にも離婚をした人なら、転籍をすることで新戸籍に離婚記録が移記されません。

なので、俗に「転籍すると戸籍がきれいになる」と言われたりします。



転籍も分籍同様、そこまで気になるデメリットはありません。



転籍したからといって改名記録が抹消されるわけではない



km13-4.jpg


念には念を!ということで重複しますが、分籍や転籍をしたからといって、戸籍から改名した全ての記録を消したり記載されないで済む方法ではありません。



分籍は親の戸籍にあなたの改名記録を記載しないだけで、あなたの戸籍に全て記載されます。



転籍は、改名記録の記載を「名の変更日」だけにして最小限にできますが、これはあくまでも転籍後の新戸籍に限ります。



新戸籍に一部しか移記されないだけで転籍前の戸籍には、全ての改名記録がしっかり記載されています。



分籍も転籍も戸籍から完全に削除する方法ではなく、薄めるにすぎないので注意してくださいね!



まとめ



戸籍法によって改名した事実は永遠に残るので、戸籍から改名記録を完全に消したり、なかったことにすることはできません。



ただ、親の戸籍に改名記録を残さないことや、自分の戸籍から昔の名前を記載しないようにして、戸籍をパッと見ても改名したことがわかりにくくすることは可能です。



それぞれの手続きをまとめると、



  • 現時点で親の戸籍に入っている人(未成年・未婚者)

@親の戸籍に改名記録を残さない+【従前の記録(改名前の名前)】を消す → 役所で改名手続きをする前に分籍
※ 分籍ができない未成年の場合は親の戸籍に改名記録が残ります



  • 現時点で親の戸籍から抜けている人

@【従前の記録(改名前の名前)】を消す → 役所で改名手続きをした後に転籍



  • 現時点で親の戸籍に改名記録が残っている人

@【従前の記録(改名前の名前)】を消す → 役所で分籍



となります。
※ 手続きについて、誤解や誤りがあるかもしれないので、詳細は管轄の役所へ直接お問い合わせください



分籍や転籍は絶対に必要な手続きではないですが、戸籍に書かれる改名記録の記載内容が少しでも気になる人は、改名前や改名後にやっておいた方がいいと思います。




改名は2種類ある!?名前の読み方と漢字を変更する方法

k2.jpg


名前を変える方法(改名)は2つあります。



  • 名前の漢字変更(漢字→ひらがなも含まれる)
  • 名前の読み方変更


名前の漢字変更と読み方変更は手続きが全く違うので、難易度も変わります。



どのような方法で漢字や読み方を変更するのか、それぞれの手続きについて解説します。



大人も子供も改名の手続きは同じですが、子供の方が認められやすいです。詳細は「子供の改名成功は××入手とタイミングが鍵!」を参考にしてください。



漢字はそのまま!読み方を変更する手続き



例:卓(たかし) → 卓(たく)
例:裕子(ひろこ) → 裕子(ゆうこ)


名前の読み方変更はプチ改名とも言われ、「名前の読み間違いが頻発して不便」「読みやすくしたい」などの理由から変えます。



>>すぐにできる!戸籍名を変えない「プチ改名」とは?



読み方の変更は簡易手続きで済みます。



出生届には読み方の記入欄があり、名前の漢字だけでなく読み方を含めて住民登録していますが、戸籍もそうですが、住民票の名前に読み仮名(フリガナ)は記載されていません。



お住まいの地域によっては記載しているところもありますが、便宜上、記載してあるという程度で、法律上、戸籍に読み方を記載する必要がないので読み方の変更は改名とは違い、簡単にできます。



そのため、読み方の変更手続きは、家庭裁判所を通さなくても、届け出を提出するだけで変更することができます。



km10.jpg


管轄の役所にある戸籍課で変更手続きをして完了です。



名前の読み方を変更した場合でも、免許証や保険証など、名前が登録されているものは全て変更手続きが必要なのでお忘れなく!



キラキラネームは読み方変更で済む場合もある



キラキラネームは使われている漢字によって、読み方だけの変更で済むケースがあります。



例:光宙(ぴかちゅう) → 光宙(みつひろ)

例:光輝(おーろら) → 光輝(こうき)

例:七音(どれみ) → 七音(ななお)

例:桜(ぴーち) → 桜(さくら)



このような、難読でも常識的な漢字の組み合わせなら読み方を変更するだけで一般的な名前にできます。
(七音は漢字の組み合わせがキラキラネームっぽく感じますが)



ただ、漢字の組み合わせがいかにもキラキラネーム寄りだったり、黄熊(ぷう)や心愛(ここあ)のような変わった名前が多いので、読み方だけで対処できる人は限られてくるでしょう。



(読み方を変えられるとしてもキラキラネームだったことには変わらないので、実際は漢字ごと変えて改名したい人の方が多いかもしれませんが)



実在するキラキラネームや、名前が招くトラブルを紹介
>>キラキラネームは損!医療現場や就職で増えている深刻なトラブル



手続き方法は管轄の役所によって変わる



読み方の変更は簡単にできますが、お住まいの地域(管轄の役所)によって対応が変わります。



「名前の読み方を変更したい」と伝えても、「手続きがいらない」と言われることがあるようです。



最初に書いたように、名前の読み方は、戸籍に記載が義務付けられていたり法的な縛りがないため、許可を得る必要がなく読み方の変更手続きは法的に見れば不要です。



ですが、読み仮名を書いて出生届を出すので、役所によって住民票の写しにフリガナ(読み仮名)を載せている自治体があったり、役所が管理しているデータベースではフリガナ(読み仮名)が登録されているので、名前の読み方を変更するなら変更手続きが必要です。



変更方法は届け出を提出するだけですが、所定の用紙が用意されていたり、電話一本で終わるところもあり、手続き方法が役所によって異なります。



また、名前の読み方の変更は基本的に応じてもらえますが、それぞれの役所や担当者によって「できません」と言われることもあり、各役所の判断に委ねられているのが実情です。



ひらがなや漢字の変更手続き



例:広治(こうじ) → 光治(こうじ)

例:由香(ゆか) → 里菜(りな)



名前の読み方を変更する・しないに関わらず、漢字を一部でも変更する場合は改名に当たるため、家庭裁判所の許可が必要です。



km10-1.jpg


改名の手続きや一連の流れはこちら
>>改名申請は郵送でOK!必要な手続きと手順を全て解説!



家庭裁判所から改名許可されるためには、多くの条件や基準をクリアする必要があるので、読み方の変更と違い、年単位の時間がかかったり入念な改名の準備が必要です。



これは平仮名やカタカナの名前→漢字に変更、漢字→ひらがなやカタカナに変更する場合も同じです。



改名の許可基準はこちら
>>日本の改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?



まとめ



漢字変更も読み方のみの変更も「名前を変える」という部分は同じですが、改名に要する期間や手続き内容が全く異なります。



まずは漢字変更なのか、漢字はそのままで読み方変更だけで済むのか、あなたにとって何が必要なのかを検討しましょう。



>>なぜ認められない?改名が難しい4つの理由




改名申請は郵送でOK!必要な手続きと手順を全て解説!

改名の申し立て


どんな手順で改名の手続きをするのか、一連の流れをまとめました。



改名の手続きについて、申請から改名許可後の手続き、改名に必要な期間、費用などを詳しく解説します。



改名の条件はこちら
>>改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?!



1.改名申請の準備をする



km9.jpg


まず、改名するために申請に必要な書類を用意します。
改名の申し立ては、書類不備で受理されないことが意外と多いので、しっかり確認しながら準備してくださいね!



※ 改名申請とは「名の変更許可の申し立てをすること」です



  • 名の変更許可申立書
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 名の変更が必要な理由を証明する資料
  • 収入印紙800円(申立書に貼る)
  • 連絡用の郵便切手(82円切手×5枚)


  • 名の変更許可申立書


申立書は家庭裁判所に直接取りに行かなくても、インターネットからダウンロードして入手できます。



名の変更許可申立書をダウンロードする
※15歳未満の場合は法廷代理人の欄に記入する必要があります



  • 戸籍謄本(全部事項証明書)


戸籍謄本は発行から3ヶ月以内のものに限ります。



戸籍謄本は本籍地でしか発行されないので、現住所から入手が難しい場合は郵送での取り寄せが可能です。



  • 名の変更が必要な理由を証明する資料


主に通称名を使用した証拠(通称名の使用実績)を提出します。



証拠(使用実績)は定期的に通称名を使っていることを証明するために手紙なら毎月分、通勤(通学)定期なら各月の更新ごとにコピーして残しておきます。
原本を提出する必要はありませんが、念のため残しておいてください。



何枚提出しなければいけないという決まりはありません。



通称名の使用年数が3カ月の人なら証拠書類は20枚しか集められなかったり、5年以上の人は100枚以上になったりと、人によってかなり差が出ますが、できるだけ多くの場所で通称名を使用しましょう。



通称名の使い方や集め方は「通称名の使用範囲とは?使用実績(証拠)の作り方と注意点」を参考にしてください。



  • 収入印紙800円(名の変更許可申立書に貼る)
  • 連絡用の郵便切手(82円切手×5枚)


改名申請に必要な費用はこの2つのみです。
収入印紙は郵便局やコンビニで購入できます。



連絡用(返信用)の郵便切手は、家庭裁判所によって必要な切手の料金が異なるので、ご自身で問い合わせてください。

※使用しなかった分の切手は返却されます



2.家庭裁判所へ改名の申し立てを行う



km9-1.jpg


改名申請の手続きは上記の書類を用意して、家庭裁判所に提出(申し立て)します。



申し立ては、申立人の住所地(住民票がある市区町村)を管轄している家庭裁判所で申立人が行います。



弁護士に依頼すると手続代理人として申し立てや事前面談(審問・審判)への立ち会いが可能です。



>>改名に弁護士は無意味!?依頼するメリットとは?



郵送での申し立ても可能なので、直接、家庭裁判所へ出向く必要はありません。



僕は郵送で申し立てを行いましたが、改名は面談があるので、家庭裁判所の雰囲気を知るためにも郵送よりは自分の足で直接提出した方がいいと思います。



※ 稀に面談がないまま、許可されることもあります



申立人が15歳未満の場合は、法廷代理人(親族など)が申立てを行います。



※ 改名申請で提出した書類は返却されません



3.呼び出し(事前面談)



km9-2.jpg


改名の申し立てが受理されたら、その後、家庭裁判所から電話や郵送で面談の連絡があるので面談日を決定します。



面談連絡は申し立てをしてから数日から1か月くらいかかります。



何日後に面談連絡があるかは家庭裁判所によって違ってきますが、僕の場合は約3週間後に電話で連絡がありました。



面談自体は申し立てから約1か月後にあり、そこそこ時間がかかるので早めに申し立てを行って計画的に改名をしましょう!



>>こんなにも、、!?改名できるまでの期間ってどれくらい?



面談日が決定すると審問期日通知書(呼び出し状)が郵送されます。



ks1-1.jpg
※ 家庭裁判所から郵送された審問期日通知書


面談当日は審問期日通知書にも書かれていますが、審問期日通知書・身分証明(免許証など)・印鑑が必要です。都合が悪くなった場合は事前に担当書記官に連絡しましょう。



面談は審議官(書記官や裁判官)による事前審査で10分から30分程度のものです。



改名が許可されるか否かは、即日から数週間で結果がわかります。



面談の内容や注意点は「改名の面談(事前審査)は積極性がポイント!服装にも気を付けよう」を参考にして下さい。



※ 申し立ての時に使用実績のコピーを提出しますが、面談の時に「現物はありますか?」と使用実績の現物を要求されることがあります。

面談の時に使用実績の現物を持参していないからといって提出したコピーが無効になるわけではないですが、持ち込める方は持参した方がいいかもしれません。



4.戸籍名の変更手続き



km9-3.jpg


家庭裁判所で改名許可が出たら、役所(区役所・市役所・町役場・村役場)で正式に戸籍名を変更します。



戸籍名の変更や、免許証、銀行口座など改名に伴う手続きは「許可後も大変!改名に伴う手続きのまとめ」を参考にしてください。



まとめ



改名の申請から許可後の手続きについて何となくイメージできたでしょうか?



改名はスムーズに許可されても、一定の時間がかかります。



申し立てから改名後の手続きが完了するまで、最低でも数週間から1ヶ月はみておきましょう。



最短で改名する方法

自力改名する方法

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!
今なら当サイトの限定特典「目から鱗の改名マニュアル」付きです!!

>>特典付き!最短3週間で改名する方法の詳細はこちら

早く改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
2回目以降の改名(却下・不許可)
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
姓名判断・名前の開運方法
名付け・命名
キラキラネーム・ドキュンネーム
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます