カテゴリ:改名の準備・手続き


成人と子供の改名は違う!通称名の使用期間の目安

km55.jpg


改名に通称名の使用実績が大切なのは比較的よく知られていますが、期間に関する情報はバラバラです。



実際のところ、改名の申し立てで通称名の使用期間はどのくらい必要なのでしょう。



ここでは、改名に必要な通称名の使用期間の目安について解説します。



通称名は期間だけでなく範囲も重要



改名の申し立てに必要な通称名の使用実績を集める上で、どのくらい使っていたか、という使用期間が大切なのは比較的知られていると思います。



ですが、それだけでなく、どのくらい社会的に通称名が馴染んでいるのか、周囲に認知されているのかを示すために、通称名の使用範囲や質(有力な証拠集め)も重要です。



通称名の浸透度合いだけでなく、家庭裁判所によって何を証拠として認めるのかが異なるため、通称名を可能な限り広範囲で使って証拠を集める必要があります。



通称名の使い方や有力な証拠の集め方は「通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点」で説明していますが、今の時代、通称名を使える範囲がかなり限られてしまい、証拠集めに苦労します。



もしあなたが、まだ通称名の証拠がないなら(少ない場合も)、今すぐにでも通称名を使い始めてください。



時間がかかるのでとにかく早い方が良いですよ。



一般的な通称名の使用期間ってどのくらい?



km55-1.jpg


最低でも5年が目安



通称名の使用期間について、5年や10年など色んな情報がありますが、結局どれが正しいのでしょう。



僕自身は専門家ではありませんので、断言することはできないのですが、いろんな情報を加味すると、改名で必要な通称名の使用期間は、一般的に最低でも5年くらいが目安です。



そして、永年使用での改名の場合は5年よりも長期的な使用期間が必要です。



あくまでも目安なので、それより長いのに却下されることもあるし、逆に短いのに許可されることもあります。



永年使用の解説はこちら
>>定番!永年使用は自力で改名できる唯一の理由?



使用期間は大人(社会人)と子供では違う



通称名の使用期間は、子供と大人では少し異なります。



一般的に5年が使用期間の目安とお伝えしましたが、これはどちらかと言えば大人の場合に当てはまります。



赤ちゃんや子供の場合は、5年未満でも認められる可能性があります。
(改名理由による)



子供の改名はこちら
>>重要!子供の改名を成功させる3つの秘訣



申し立てに通称名の期間の決まりはない



たとえば、改名は5年以上の通称名の使用期間がないと申し立てができない、という決まりはなく、期間に関係なくいつでも申し立てることができます。



個人的な所感ですが、人によっては数カ月で申し立てる方もいますが、多くが1年〜3年程度で申し立てている印象です。



そして、大多数が却下されています。



どんな証拠か、どんな改名理由なのかにもよりますが、通称名の使用期間は短いよりも長い方が絶対にいいです。



通称名の使用期間が最低でも5年が目安なので、あなたは「これじゃ長すぎる・・こんなにも待てない・・」と感じたかもしれませんね。



ですが、短期間で済ませるコツがあるので「誰でもできる!改名期間をギュッと短縮する3つのポイント」を参考にしてください。



必ず証拠が必要とは限らない!?



基本的に通称名の使用実績は改名の申し立てで必須です。



通称名の証拠が少なかったり、使用期間が短くても申し立てることはできますが、それが受理されるのか、許可されるのかは別。



傾向としては、証拠が何もなかったり、使用期間が短いと申し立てを受理してもらえません。



ですが、せっかく苦労して集めた証拠が逆に不利な状況を招く事態になってしまうこともあるので要注意です。



>>必須じゃない!?改名に使用実績作りは本当に必要なのか?



まとめ



改名で必要になる通称名の使用期間の目安は5年〜です。



使用期間だけでなく、使用範囲や質の高い改名理由に合った証拠を集めましょう。



知らなきゃ損!dv被害による改名に役立つ手続き

59km.jpg


dvには、殴る蹴るなどの身体的暴力、生活費を入れない、侮辱、脅しなどの精神的暴力やモラハラなどがあります。



たとえ離婚をしても、元夫や元妻からdv被害を受けることがあり、これでは安心して生活ができません。



日常生活を平穏に暮らせず、必要に迫られて改名を希望する方もいます。



ここでは、離婚後にdvを理由とした改名に関して、許可してもらうために重要なポイントや、役立つ手続きをご紹介します。



dvを理由にした改名はできるの?



改名自体は条件を満たせば誰でもできる



改名自体は、条件を満たせば誰でもできるものです。



改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?」に書いたように、許可される理由が限られており、dvの場合はその他に該当します。



改名は、通称名を何年間も使わないとできないと思っている方が多いのですが、それは改名理由によります。



どんな理由でも通称名の使用期間が長い方が認められやすい傾向ですが、短くても許可されることがあり、その一例としてdvが当てはまります。



dvといっても、どの程度のものなのか、また、人によって置かれている状況が違うので、確実なことは言えないのですが、短期間で許可が下りるかもしれません。



最近はdv被害について認知度が高く、そのあたりの事情は家庭裁判所もよく把握しているでしょうから、可能性は十分あります。



>>誰でもできる!改名期間をギュッと短縮する重要な3つのポイント



dvを理由にした改名は緊急性の高さが重要



改名理由がdv被害の場合、緊急性が高ければ高いほど早期に認められる確率が高いと言えます。



なぜなら、dvによってまともに日常生活を送れないだけでなく、命を脅かすこともあるからです。



改名は「日常生活に重大な支障がある」ことが条件なので、そのような状況は誰が見ても重大な支障に当てはまりますよね。



dv被害でよくあるのは、嫌がらせやストーカー行為。



  • 無数の嫌がらせメールや着信がかかる
    (着信拒否をしても別の電話からかけてくる)
  • 共通の友人に嘘をついて名誉を傷つける
  • SNSやネット掲示板などを利用してリベンジポルノを行う
  • 待ち伏せや家に押しかけたり、暴力や暴言を吐くなど


とくに怖いのはストーカー行為。

ニュースになることが増えていますよね。



ときに命を落とすような悲惨な事件を招くことがあり、いつ直接的に被害を受けるのか、毎日怯えながら生活している方もいます。



このように、dvによって危機的状況や精神的に追い込まれて、今の名前のまでは、日常生活がまともに送れない状況にあれば許可されやすいでしょう。



dvによる改名で申し立て前にやっておいた方がいい手続き



59-1km.jpg


今すぐに改名が必要だという差し迫った状況としてdvを強調するなら、その状態をしっかり説明できるようにしておくと効果的です。



具体的には、



  • 元夫や元妻からストーカー被害を受けていることを警察に相談する
  • 可能なら役所で住民票の閲覧制限の支援措置を受ける


などがあり、すでに行っている方もいると思います。

これらを行っていれば、あなたのdv被害の状況を説明しやすくなります。



警察に相談する場合は、必要なら被害届を出すことも検討しましょう。



支援措置は、加害者から住民票などの取得・閲覧を制限でます。



完璧に住所を知られないようにするのは難しいですが、配偶者や元夫元妻から、暴力、ストーカー行為などの被害を受けている方が対象です。



支援措置の手続きは役所で行いますが、相談先は、警察や支援センターなど、各市区町村によって異なるので、どこで相談するのかを確認してください。



警察や役所にdv被害を相談していても、特別な対応はなく、相談だけで終わることもありますが、行動に移すことに意味があります。



何もしないより、実際に行動しておくことで、そのことを申立書に書けるし、申し立ての時に裁判所(審議官)に危機感や緊急性を強く訴えることができます。



改名が許可されるために大切な準備



できる限り通称名の証拠を作る



襲名などのように特殊な理由を除き、基本的にどんな改名理由でも通称名の証拠が必要です。



もし、あなたが改名を考えていて、何も証拠がない場合は、今すぐに通称名で生活を始めて使用実績を集めた方がいいでしょう。



一刻も早く名前を変えなければいけないほどの危機が迫っている状況なら、あまり通称名の証拠が準備できなくても仕方がないですが、使用実績が全くないよりはあった方が絶対にいいです。



期間が短くても、数が少なくてもいいので、通称名の証拠作りを行いましょう。



dv被害がわかる証拠を揃えておく



裁判所にdv被害の深刻度合いや、改名の必要性をより深く理解してもらうために、証拠を残しておきます。



支援措置を受けた場合は、その証明書や書類はコピーして証拠として残しておきましょう。



支援措置の証明書や被害届の受理などがあると、より信憑性がより増します。



また、嫌がらせやストーカー行為によって精神的に追い詰められ、体調を崩すこともあるでしょう。



度重なるdv被害が原因で通院することになった場合は、通院記録も有効な証拠になります。



>>診断書は効果なし?改名で精神的苦痛を証明するコツ



冷静に申立書を作成する



証拠集めだけでなく、申し立書の書き方も大切です。



  • どんなdv被害を受けているのか?

  • いつから(期間)?頻度は?

  • 今の名前のままでは日常生活でどれほどの支障があるのか?


などをしっかり明記しましょう。



警察などに相談したり、支援措置を受けている場合はそのことについても書いておきます。



ここまであなたが行動せざるを得ない状況であることをしっかり家庭裁判所(審議官)に伝えましょう。



また、いくらあなたが辛くても個人的な感情だけを書くのはNGです。

dv被害ではなく、dv被害によるあくまでも改名の必要性を訴えるための書類なので、そこを意識しながら冷静に作成してくださいね。



>>一発で受理される!改名審査に通る申立書の書き方



改名後は転籍も検討しよう



59-2km.jpg


dv被害から逃れるために改名したのに、その名前があなたの名前だと加害者に知られては無意味になってしまいますよね。



戸籍や住民票は、弁護士・司法書士など職務上の業務を遂行するために必要がある場合に請求できたり、転籍をしていても戸籍をさかのぼって閲覧すれば、改名したことがわかるので、完全にバレないように身分を隠すことは難しいです。



ですが、改名後の生活の不安(名前バレ)を少しでも減らすために、転籍は役立つひとつの手段です。



改名手続き後に他の市区町村に転籍すると、新戸籍(新たに設定した本籍地で発行される戸籍)が作られるため、新戸籍には過去の改名記録が一部消えてわからなくなります。



転籍しても前の戸籍に改名記録が残りますが、本籍をたどられない限り、昔の名前を表面上は隠すことができます。



※ 転籍の手続きや、どのように改名記録が記載されるのか、戸籍の状態などに関しては、確実なことは言えません。直接、役所にご相談の上、改名や転籍の手続きを行ってください。



手続きなどの詳細はこちら
>>改名した記録は戸籍に残る!?履歴を消す方法はあるのか?



また、転籍届を出すときに、新本籍地の欄には、「現住所や今後の引っ越し先とは無関係の住所を書く」ことで、戸籍から引っ越し先の住所を調べづらくできます。



転籍や改名などの手続きをしたら、どういう状態になっているのか、戸籍謄本(抄本)や住民票を発行して確認をしましょう。



まとめ



dvが理由でも改名はできます。



なるべくdv被害がわかる証拠集めや、今の名前のままでは日常生活ができないことを説明できるように準備しましょう。




家族にバレない!?こっそり改名するコツと便利な手続き

Km29.jpg


改名したことを完全に隠すことはできませんが、バレるリスクを下げることはできます。



ただ、完璧に隠すことはできないので、「こんな方法があるよ〜」程度に紹介しますね!



改名の準備段階でバレないようにするコツ



km29-1.jpg


改名するために欠かせないのが通称名の使用実績作り。



実家住まいの場合は、いきなり知らない名前(通称名)で郵便物や宅配便が届いたら、家族が怪しんでしまいます。
僕は家族に改名のことを隠していた当時、何度か通称名の郵便物や宅配物を「こんな名前の人は家にはいません」と返送された経験があります。(^o^;)



そうならないように、通称名を使っていることが家族に知られないように工夫する方法を紹介します。



一人暮らしならあまり関係のない内容ですが、これから通称名を使って生活をするなら、あなたの名前が登録されている全てのもの(年賀状やダイレクトメールも含む)は把握しておきましょう!



具体的な使用実績の作り方はこちら
>>通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点



郵便局の転居・転送サービスを利用する



29-3.jpg


■ 転居・転送サービスとは?

これは引っ越しの際に近くの郵便局の窓口で届けを出しておくことで、1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送するサービスです。(転送期間は届出日から1年間)

e転居」ならネットから手続きができます。



■ 通称名で利用するメリット

僕は引っ越しをしたわけではなかったのですが、転居・転送サービスを利用して、宛名が通称名のものに限り、自宅ではなく職場に郵送してもらっていました(当時は実家住まい)

本来の転居・転送サービスの活用方法とは違いますが、職員の方が「色んな事情がありますからね」と寛容に対応してもらえて感謝感激!

実家住まいにはありがたいサービスでしたよ!



■ 必要なもの

届けの提出は、提出者本人の確認と転居の確認のために運転免許証や健康保険証が必要です。



宅配便をコンビニ受け取りにする



29-1.jpg


■ コンビニ受け取りにする方法

ヤマトでは会員登録を行うことで、発送後にいつでもコンビニ受け取りに変更することができます。

佐川急便やゆうパックの場合は、通販サイトでの手続きでコンビニ受け取りを指定しておきます。

通販サイトによって対応していない場合がありますが、Amazonや楽天では対応しています。



■ サイズ制限がある

コンビニ受け取りは、荷物のサイズが60、80、100と限定されます。



■ 荷物受け取りに必要なもの

コンビニはローソンやファミリーマートなどがありますが、ほとんどの場合は本人確認が不要です。ただ、担当者によって本人確認が必要になることもあるので要注意!

戸籍名の免許証や保険証では、通称名の本人確認ができないので荷物を受け取れません。



■ 受け取りの手続き

コンビニ受け取りは、店内にある機械(ローソンならLoppi、ファミリーマートならFamoポート)で申込券を発行してレジにもって行き商品を受け取るだけです。



宅配便を営業所留め置きにする



29-2.jpg


■ 営業所留めとは?

営業所止めは配送センター(営業所)で荷物を止めてもらうことです。

自宅に荷物が配送されず、営業所に自分で荷物を受け取りに行くので家族にバレません。

営業所止めが可能な業者は、宅急便(ヤマト運輸)、飛脚宅配便(佐川急便)、ゆうパック(郵便局)、カンガルー便(西濃運輸)などがあり、クール便など一部対象外です。



■ 手続き方法

Amazonや楽天など、ネットショップの購入手続き画面で営業所を指定します。最寄りの営業所が載っていない場合は、ネットショップに問い合わせましょう。

通販サイトによって対応していないこともあり、楽天ならゆうパックの営業所止めは関東地区限定になっています。



■ 受け取りに必要なもの

営業所止めは、本人確認書類(免許証、保険証、パスポート、学生証など)と印鑑が必要です。

コンビニ受け取りと同じで、戸籍名の免許証や保険証では通称名の本人確認ができないので荷物を受け取れません。

また、必要なものは業者によって異なるので、ホームページでご確認ください。



一番使えるのはどれ?



3つ紹介しましたが、実際に役立つのは郵便局の転居・転送サービスくらいです。(^o^;)



ただ、通称名の郵便物を別の住所に転送してもらうのは、本来とは違う活用方法なので、郵便局の担当者によって拒否される可能性もありますが、本人確認がいらないので誰でも利用できます。



営業所止めは確実に本人確認が必要なので、戸籍名の免許証やパスポートなどでは使えません。



コンビニ受け取りは、本人確認が必要となっていても確認されないことが多いですが、担当者によって対応が違います。



改名したことをバレにくくする手続き



km29-2.jpg


正式に戸籍名を変更しても戸籍からバレにくくする方法があります。



分籍、転籍をする



未婚の場合は親の戸籍にあなたの改名記録が残るので、それを避けるために分籍や転籍が便利です。



親が改名するのを知っていても反対している場合は、親の戸籍を汚さないとゆう意味で分籍する人もいます。



結婚している場合は、夫婦の戸籍に改名記録が残りますが、転籍することで転籍後の戸籍に記載されません。



>>改名した記録は残る!履歴を消す方法はあるのか?



読み方のみ変更する



名前の読み方は、読み間違いが多くて不便などを理由に変更する人が多いです。



■裕司・・ひろし → ゆうじ
■ 新・・あらた → しん
■友梨・・ゆうり → ゆり


このような、読み方のみの変更だけならとても簡単にできます。



読み方だけの変更は、戸籍(抄本や謄本)は漢字表記なので反映されないため、戸籍を見ても読み方を変えたことがバレる可能性が極めて低いです。



ただ、戸籍や住民票の記載方法は各自治体によって違うので、フリガナ表記(ルビ)がある場合もあります。



>>改名は2種類ある!名前の漢字と読み方を変更する方法



100%隠し通すことはできない



km29-3.jpg


いくら細心の注意を払っても、通称名を使っていることや改名したことは、ひょんなことがきっかけでバレてしまいます。



たとえば、僕の場合は(改名準備中の話)、宅配業者のミスで新住所(引っ越し先)ではなく旧住所(実家)に通称名の荷物が送られてしまったことがあります。



こういった思わぬハプニングは防ぐのが難しいですよね。(^^;



ほかにも、選挙案内が家族連名で郵送されたり(地域によって違う)、遠い昔に登録したお店から急にダイレクトメールが届いたり、親は子の戸籍を見ることができるなど(戸籍からバレる)、あちこちに危険が散らばっています。



また、改名を隠すことは、あらゆることにかなり気を使うので精神的に疲れます。(^o^;)



家族だけでなく友達にも改名することを伝えない場合は、改名のサポートしてくれる人が誰もいないので相談ができず、堂々と証拠集めができなかったりと、周囲に協力者がいないと改名準備がやや非効率に、、



他にも、友達にのみ伝えている場合でも、友達からバレてしまう可能性があります。悪意がなくても他人の秘密を守るのはなかなか難しいですからね、、



バレないようにすることが第一ですが、バレてしまった時の対処も考えておいた方がいいかもしれません。



>>改名を反対する親を説得するコツ



まとめ



いろんな家庭事情から改名したことを伝えられない人、家族に反対されているなどの理由から、改名したことを伝えたくない人がいると思います。



今は隠していていずれ伝えるにしてもタイミングがあるので、それまでは隠したいなど、事情は人それぞれ。



改名したことを隠し通すことは極めて難しいですが、バレにくくすることはできます。



ここで紹介した内容は一部僕が実際に行ったことですが、他にも方法があれば書き足していきますね!



改名準備で苦労しない!改名方法はこちら
>>今しかできない!最短期間で改名する方法




最短で改名する方法

自力改名する方法

素人でも簡単!子供(赤ちゃん)から大人までどんな改名理由でも超効率的に証拠集めをして最も効果的な申し立て方法で最短改名を実現!
今なら当サイトの限定特典「目から鱗の改名マニュアル」付きです!!

>>特典付き!最短3週間で改名する方法の詳細はこちら

早く改名する方法
改名を成功させるコツ
改名の準備・手続き
2回目以降の改名(却下・不許可)
改名の予備知識
赤ちゃん・子供の改名
姓名判断・名前の開運方法
名付け・命名
キラキラネーム・ドキュンネーム
その他(雑学・疑問を解決)
検索ボックス
 
プロフィール
p1.jpg
■名前:とし
自分の名前が嫌でずっとコンプレックスでした。改名まで4年以上かかって念願の「理想の名前」を手に入れました!自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています!
■ お問い合わせ
>>お問い合わせはこちらをクリック
メールがうまく受信されないことがあります。基本的に24時間以内の返信を心がけていますが、3日以上返信がない方は、再度お問い合わせください。m(__)m
免責事項
当サイトの掲載内容については、個人的な知見を含み、可能な限り注意を払うよう努めていますが、掲載情報の正確性や効果を保証するものではありません。
掲載情報の使用によって生じた損害等に関して、当サイトは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
>>プライバシーポリシーはこちら
Copyright © 名前コンプレックスとおさらば!戸籍を改名する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます