k63.jpg


今やキラキラネームは珍しくありませんが、その名前のせいで嫌な経験をすることもあるでしょう。



中にはキラキラネームを改名したいと考える方も少なくない。



情報系の番組で名前に関する話題を取り上げることも増え、最近だと、王子様というキラキラネームを改名したということがニュースになりましたね。



実はこれに関連して、当サイトを通じて改名に関する取材の申し込みがありました。



前にも名前(キラキラネーム)に関する番組の制作会社から問い合わせがあり、改めてキラキラネームや改名への関心の高さを感じます。



ここでは、キラキラネームに関するメリットデメリットや改名するコツをまとめました。



キラキラネームはデメリットだらけ?



k63-2.jpg


メリット



キラキラネームは常識外の名前が目立つからか、あまり良くないイメージがありますが、メリットもあります。



  • 話題性が高い

変わった名前は話題性が高く、そこからコミュニケーションが生まれやすいです。



  • 個性を感じられる

名前が人と被らないので、特別な個性を感じられる部分があります。



キラキラネームといっても、固有名詞だったり、当て字だったり、読み方は普通でも変わった漢字の組み合わせだったり、いろんな種類があります。



キラキラネーム自体が全て悪いわけでなく、楽しく過ごして周りに親しまれている方もいます。



名前の響きや漢字がカッコいい名前も多いので、周りからいいな・・と憧れを持たれることもあるでしょう。



そんな名前を持つと嬉しくなりますよね。



そういった方ならキラキラネームでも自分の名前に誇りを持って名乗れるでしょうし、名前が好きなのではないでしょうか。



デメリット



  • イジメの対象になりやすい

固有名詞や常識を逸脱したような名前はからかいの対象になりやすいです。

イジメにっあっていたり、周囲の目が気になって精神的苦痛も大きくなる傾向。



  • 正しく読んでもらえない

名前を間違われることは、何度も確認されたり手続きもスムーズにいかないので、何かと面倒です。



  • 生活や将来に影響が出る

読めない名前や変わった名前は時に周りに迷惑をかけたり、自分へのストレスも大きくなります。

トラブルの元になりやすく社会問題にも繋がります。


>>キラキラネームは損!?医療現場や就職で増えている深刻なトラブル

  • 親子関係にヒビが・・

「なんで普通の名前にしてくれなかったんだ!」と親を憎んでしまい、親子関係が悪くなるケースがあります。

苦痛は子供だけでなく、名付けた親が後悔することも。



名は体を表すという言葉がありますが、名前からその人を勝手にイメージして、名前だけで判断されることがあります。



カッコいい!と憧れの対象になることもありますが、キラキラネーム=名付けた親の学力が低い・親の常識がない=子供も同様、という風に悪いイメージを持つ方が多いかもしれません。



どんなキラキラネームにせよ、普通の名前と比べて、悪目立ちすることが多いでしょう。



僕の名前(改名前)もキラキラネームではないですが、一般的な名前ではなかったのでその気持ちがよくわかります。



あなたの名前がキラキラネームなら、精神的苦痛や何かしら苦労されているのではないでしょうか。



キラキラネームは改名理由になるのか?



正当な事由に当てはまる



改名するためには正当な事由がないとできません。



改名が認められる正当な事由はいくつかあるのですが、キラキラネームが当てはまる理由があります。



  • 奇妙な名である
  • 難しくて正確に読まれない


この2つは正当な事由として認められる理由なので、キラキラネームも当てはまりますね。



中には、キラキラネームか微妙な名前という方もいると思いますが、その場合でも改名できる方法がありますので、「改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?」を参考にしてください。



許可されるかは、、?



キラキラネームは正当な事由に当てはまりますが、必ず改名が許可されるわけではありません。



改名は「普段の生活で戸籍名による甚だしい支障があること」が許可基準の一つであり、家庭裁判所によって判断も異なります。



>>なぜ認められない?改名が難しい理由



キラキラネームで改名する4つのポイント



k63-1.jpg


キラキラネームで改名するポイントとして、最低限、この4つは意識しておいた方がいいと思います。



戸籍名を命名した経緯を伝えよう



  • 誰がどういった経緯で名付けられたのか
  • 名付けの由来やどんな意味があるのか


子供の改名は命名の過程が問題になっていることが多く、そこを考慮して許可されることがあります。



キラキラネームが名付けられた経緯や事情も何かある場合は申立書に記入し伝えた方がいいでしょう。



実際に、名付けのトラブルが考慮されて許可された判例があるので「改名が認められた具体例を紹介!過去の判例から見えた判断基準とは?」を参考にしてください。



新しい名前の由来や経緯も大切にしよう



名前で嫌な思いをしたり苦労した分、新しい名前の由来や意味も大切です。



たとえば、キラキラネームを理由に改名するのに、新たな名前も変わった名前だと裁判官への心証が悪くなります。



意味にこだわりすぎも良くないですが、適当に名付けるのは避けて新しい名前の由来などを説明できるようにしておきましょう。



キラキラネームで苦労した具体的なエピソード



申し立てで重要なのが「改名に至る経緯」です。



  • なぜ戸籍名のままではいけないのか
  • 改名しなければいけないのか


キラキラネームがあなたにどんな悪影響を及ぼしているのか、あなたが現在苦労している具体的なエピソードを書きましょう。



>>一発で受理される!審査に通る改名理由の具体的な書き方



証拠を集めよう



証拠とは通称名の使用実績です。



名前を改名しても周囲が混乱しないか、新しい名前(通称名)の浸透度合いも改名審議で考慮されます。



ある程度の期間、可能な範囲で改名理由に合った有力な証拠を集めましょう。



さいごに



誰でも家庭裁判所が許可すればキラキラネームを改名することができます。



改名するなら、証拠を集めて準備をしましょう。