km61.jpg


生まれてくる子どもの名前をつける時、通称名やペンネームをつける時など、姓名判断と画数の意味って気になりますよね。



安易な考えから名前をつければ、わが子やあなた自身の運気が下がってしまうかもしれません。



今の名前の画数が悪くて不安な方もいるのではないでしょうか。



姓名判断は多くの流派があり、鑑定士によって占い方が違うため、結果も大きく異なります。



これでは名付けに迷ってしまいますよね。



さまざまな考え方がありますが、姓名判断の基本的な部分は共通しています。



ここでは、その基本・基礎となる部分や、名付けで重要な名前の画数の意味を徹底解説しています。



基本を知っているだけで、流派に左右されることがなくなり、良い名付けができるようになりますよ!



名前に使える漢字・使ってはいけない漢字の種類はこちら
>>戸籍登録できる名前とは?使っていはいけない漢字



姓名判断で何が分かるのか?占えるのか?



どの流派も姓名判断は、姓名の画数から運勢を判断するのが基本です。



何がわかるのか、どんなことが占えるのかというと、人生における重要な運勢が一通りわかってしまいます。



年代別の運勢



それぞれの画数(格数)から、幼少期・中年期・晩年期など、年代別の運勢がわかります。



気になる相手との相性



画数の吉凶から相手との相性がわかります。



本質や性格



あなたの基本的な性格(表)だけでなく、潜在的な内面(裏)までわかります。



総合的な運勢



上記を踏まえて、人間関係・適職・健康運・恋愛運・家庭運・財運など、幅広い総合的な運勢がわかります。



姓名判断の基本!画数の意味とは?



姓名判断とは、氏名の画数がそれぞれもつ「五格」をもとに鑑定される手法です。



五格には、天格、地格、人格、外格、総格があり、それぞれ影響する運勢の種類が異なります。



いずれも最高の運気と呼ばれる「大吉」まで運勢を引き上げられるように、画数を吉数にして名前を考えるのが一般的。



五格の意味
天格天格とは姓(苗字)の合計画数のこと。
祖格とも言われ、先祖から受け継いだ先天運・先祖運を表します。
晩年になるほど影響が強くなるとされています。
姓は先祖代打受け継がれ、あらかじめ決まっている画数なので、これだけで個人的な吉凶を占うことはありません。
人格苗字の最後の1文字と名前の最初の1文字を足した画数。
主格・主力運と言われ、姓名の中心である主運を表します。
その人の意思決定力、本質的な性格など、あらゆる運勢のバックボーンを表します。
外格総格から人格を引いた画数。
(苗字と名前を繋ぐ部分以外の漢字を使う)
副運とも言われ、対人関係・周囲の環境(家庭や職場)などを左右する。
地格地格とは名前の合計画数。
人生の前半部分(出生〜35歳)の基礎運がわかります。
幼少期の成長過程(人格形成)に強く影響し、親子関係や家庭環境などが判断できます。
他にも、人格が人の内面を表すのに対し、地格は「他人に対する自分の印象」を表します。吉数であれば、対人運が良く、他人から好意的に見られ印象も良くなります。
総格姓と名を全て足した総画数。
総画は総運として全体的な運勢に影響します。
努力することで花開く芸当、金銭との関わり・転機・健康・家庭運など。
総運が吉数だと人生を重ねるにつれて運勢が良くなります。


このように、苗字と名前のバランスが格の質(姓名判断結果)を左右します。



凶運を自ら招くような名前を付けると、その後の人生にも不可抗力でトラブルが付き纏うことになるため、避けるべきといえますね。



姓名判断で重要な格の優先順位



km61-1.jpg


姓名判断はどの格(画数)も重要ですが、中でも最重要とされる格の優先順位は、人格・総格・地格です。



人(鑑定士)によって、総画が最重要と言われることもあるので、姓名判断にこだわるなら人格もしくは総画が吉であることが必須と言えますね。



1.主運を表す人格



姓名判断で最も重要な画数は人格(主運)です。



人格は姓と名の双方の画数を用いることから、 姓名の中心・五格の中心を成し、一生の運勢を左右するからです。



姓名判断は5格のバランスが大切ですが、主運は運勢の中心的役割を担うため、人格が最も重要な画数とされています。



2.人生の総合運を表す総格



総画は、性格・才能・健康など、すべてを総合した全体運として、生涯を通じて影響するため重要な格です。



鑑定士によって総格が一番重要と言われることもあるので、人格と優先順位は同じです。



晩年に向かって影響する運気ですが、人生全体に影響するため、他の格に凶数があっても、総格が吉であればそれなりにバランスが取れるそうです。



たとえば、天格や人格が悪くても総画が良ければOKといった具合。



姓名判断でよくある、総画だけを気にして吉数にした名付け方は、あながち間違ってはないようですね。



3.成長過程に強く影響する地格



人格と総格以外に地格も重視される傾向です。



出生から35歳までの運勢ですが、地格も生涯に影響します。



人格も総格も苗字を含んで画数を計算しますが、地格は名前の画数なので、もし、あなたの苗字が変わる可能性があるなら、地格だけでも吉数にしておくと良いようです。



よく言われるのは、女性ですが、男性でも苗字が変わる可能性があるなら地格を吉数にしておきましょう。



姓名判断は画数だけで決めない



姓名判断はいろんな考え方が合うため、悩みがちですが、こだわりすぎたり、あれもこれもと欲張ることは禁物です。



優先したい運勢・格を選ぶ



姓名判断はバランスが大切ですが、単純に全ての画数を吉にすればいいというわけではありません。



いくらバランスよく吉数の名前にしても、鑑定士(流派)の間で結果が大きく変わります。



運勢を引き上げる名前の付け方とは、それぞれの格ごとの運勢を確認し、人格、総格など一生涯を送る上で関係性の深い部分を凶数にしないのがポイントです。



そして、あなたが何を重視するのか。



一生の運勢を左右する主運を考慮するなら人格を吉数にする、全てをカバーする総合運を考慮するなら総画を吉数にするなど、優先したい部分が何なのかを考えましょう。



こだわりすぎない



姓名判断の五格が全て大吉にするのは難しいです。



大吉に拘りすぎると、使える漢字が限られるので、漢字の組み合わせや読み方が奇抜になったりと、本来、あなたがイメージする名前とは程遠い名前になってしまいます。



完璧な名付けはなく、姓名判断で人生が全て決まるわけではありません。



姓名判断を上手く活用して、名前に込める願いや呼びやすさなど、あなたが大切にできる名付けを心がけてくださいね。



姓名判断が気になったときは、ネットを有効活用しましょう。



今はネット鑑定が主流なので鑑定サイトも豊富にあり、自宅にいながら本格鑑定ができる時代です。



ちなみに僕のオススメは「姓名判断といえばこれ!超有名な先生の鑑定サイト」で紹介しています。



姓名判断のド定番なので活用して損はありませんよ!



さいごに



姓名判断に共通する基本は五格です。



中でも人格・総格が重要視されているので、最低でも人格もしくは総格を吉数にするといいですよ!