km54.jpg


「自分で改名するのは自身がない・・」

「改名手続を法律の専門家に依頼したい!」

「でも、弁護士は費用が高額で悩む・・」



そんな時に候補となるのが司法書士や行政書士だと思います。



弁護士よりも司法書士や行政書士の方が費用が安いイメージがありますが、実際はどうなのでしょう。



また、改名手続を依頼するにしても、司法書士がどこまで対応しているのか、行政書士と違いってよくわからないですよね。



実は行政書士と司法書士では取り扱う業務内容が異なります。



ここでは、司法書士にできることや行政書士との違い、改名手続の費用や依頼するメリットなどについて解説します。



行政書士と司法書士の違いとは?



行政書士と司法書士は、行政書士=総務省、司法書士=法務省と管轄しているところが違うため、仕事内容う取り扱える分野が異なります。



行政書士の仕事内容



行政書士は主に官公署(国や地方の役所)に提出する書類作成やその手続の代理業務があります。



飲食店の開業、建設業の営業許可など、市町村に提出しなければならいない許認可の書類作成、在留資格認定証明書や永住許可などが挙げられます。



また、行政書士には定められている独占業務として、官公署に提出する書類、事実証明(契約書・遺言書など)・権利義務に関する書類作成があります。



司法書士の仕事内容



司法書士は、不動産や商業登記など、裁判所に提出しなければならない書類作成が主な業務です。



裁判所への訴状や告訴状の作成、簡易裁判所での代理人業務などがあります。



個人や企業などからの法律に関連する書類作成や、手続きを代行する仕事になります。



改名手続を司法書士に依頼するメリット



km54-3.jpg


弁護士よりも費用を抑えられる!?



一般的に、弁護士よりも司法書士の方が費用が安くなるイメージがありますよね。



実際のところどうなのか、改名の手続き費用について調べてみました。



弁護士や司法書士による改名の手続き費用は主に2つあります。



  • 着手金
結果(成功・不成功)に関係なく、依頼した時点で発生する費用
  • 報酬
成功報酬なので、依頼者に利益が発生した際に支払う費用
内容証明文書の作成のように1、2回の手続で終了する案件は報酬ではなく、手数料として支払うことがある


これらを総合して、改名手続きの費用を調べてみると、弁護士も司法書士も約10万円〜20万円くらいが相場でした。



この金額よりも高いところがあれば安いところもあるでしょう。



法律事務所によって、成功報酬なしで着手金や手数料のみ発生する場合もありますが、それでも同じくらいの金額がかかります。



また、依頼内容や改名の難易度によって金額は変動します。



申立書の作成・家庭裁判所対応・同行など、全て対応してもらう場合はもっと高額になるでしょう。



さらに、大人と子供の改名で料金が違うこともあり、大人の方が約5万円くらい高くなります。



改名は、債務整理・過払金返還請求のように、弁護士・司法書士でほぼ同様に報酬の上限があるわけではなく、費用(報酬)を自由に設定できます。



病院の自由診療と同じように、各法律事務所(弁護士・司法書士)によって料金設定がバラバラで金額が大きく変わります。



一概に、弁護士だから高額、司法書士(行政書士)だから安いというわけではないのです。



費用だけで比べるなら、弁護士も司法書士も大差ない場合は、幅広く全ての法律業務を取り扱っている(代理)弁護士の方がお得な場合があるかもしれませんね。



依頼するのではなく、相談するだけの場合でも、約1万円〜料金が発生するので意外と高額・・



弁護士に近い最低限のサポートが可能!



弁護士は法律業務をすべて扱うことができますが、司法書士(行政書士)は最初にお伝えしたように、法律で定められた分野のみを扱うことができます。



具体的に司法書士が扱えない事件(相談・代理)は以下の通りです。



  • 請求訴訟額が140万円を超える民事事件
  • 行政訴訟
  • 家事事件
  • 控訴審・上告審
  • 破産・民事再生等の申立て

など



改名(名の変更)は家事事件に該当しますが、戸籍法は例外で家庭裁判所に提出する書類作成の相談は可能です。
(弁護士のように改名手続きを代行することはできません)



また、行政書士も司法書士も代行して戸籍の手続きが可能なので、改名許可が出た後の手続きで「平日は時間がない!」という方でも安心です。



改名に関する申立書などの書類作成のみといった、必要最低限の依頼内容で済むなら司法書士もしくは行政書士で十分対応できます。



難易度が高い改名が許可されるかも!?



稀ですが、改名に精通している司法書士もいるでしょう。



実績があれば、独自のノウハウを持っているので、素人では不可能な改名も可能になります。



たとえば、何回も却下されていたり、家族全員の改名をしたい、といった難易度がとても高くて自力では無理そうな改名でも、許可されるかもしれません。



行政書士と司法書士はどっちがいいの?



km54-2.jpg


あなたの依頼内容に適したところを選ぶ



報酬を得て、家庭裁判所への提出書類を作成できるのは、弁護士と司法書士だけ。



司法書士は、改名に必要な書類の代筆・作成ができますが、行政書士の場合は、サポート(相談)のみに限られます。



  • 行政書士
サポートを受けながら自分で申立書を作成する
  • 司法書士
家庭裁判所の提出書類の代筆を任せる


改名審議では、申立書の内容や書き方も重要な要素。



行政書士も司法書士も、改名に関するアドバイスや申立書の作成などについてサポートを受けた上で、自ら申し立てや改名手続を進めることになるので、あまり大差はありません。



正直、弁護士と比べても、すべてを一任して代理できるかできないかの違いだけで、改名のサポートは受けられるという点では、司法書士・行政書士とあまり差がないです。



あなたがどんなことを依頼したいのか。



サポートを受けながら全て自分で書類作成するのであれば行政書士、家庭裁判所の提出書類を代筆(作成)してもらうなら司法書士がいいでしょう。



申立書の書き方のコツはこちら
>>一発で受理される!審査に通る改名理由の具体的な書き方



相性も大切



上記のようにあなたの依頼内容に適したところだけでなく、行政書士や司法書士との相性も大切です。



行政書士と司法書士では対応できる仕事内容が異なりますが、改名に関してどこまで精通しているのか、能力も異なります。



しかし、それ以前に大切なのが相性。



例えば、改名に強い司法書士がいたとしても、あなたと相性が悪いとうまくコミュニケーションがとれないし、話もうまくかみ合わず、せっかくのサポートが台無しになってしまいます。



へたすれば、相性の良し悪しは改名の結果(許可・却下)に関わるので、相性は重要です。



改名に強い弁護士(司法書士・行政書士)の探し方や見極めるコツはこちら
>>改名相談はどこがいい?弁護士の上手な探し方と選び方



費用も手間も最小限にするなら自力改名が一番



km54-1.jpg


改名は自力でできるもの



改名するのに弁護士や司法書士に依頼しないとできない、と思っている方もいると思います。



ですが、そもそも改名は誰でも自力でできます。



その証拠に改名の許可率(成功確率)を「最新データはコレ!年度別の改名件数&成功確率」でまとめていますが、決して不可能ではない数字です。
(この数字は自力改名だけでなく弁護士などに依頼した方もすべて含まれていますが)



また、弁護士や司法書士に依頼したからといって、必ず改名が許可されるわけではありません。



何度も却下されたり長期的な時間や余計な手間がかかったりと、高額な費用を支払っても無駄になることもあるわけです。



自力で改名する方が早く済むこともあり、何度も却下されているなら依頼するのもいいと思いますが、最小限の手間と費用で済ませるなら、自分で改名することをおすすめします。



自力で早く改名する重要ポイントはこちら
>>誰でもできる!改名期間をギュッと短縮する3つのポイント



弁護士・司法書士・行政書士のどれを選ぶにしても、あなたに本当に必要なのか、利用する価値があるのかをしっかり考えてくださいね。



改名を引き受けてくれる事務所を探すのに一苦労する



改名のコンサルティングは、弁護士だけでなく、司法書士や行政書士でも取り扱っています。



ですが、弁護士と同じで司法書士も行政書士も、改名の相談自体を受け付けていなかったり、ほとんどが依頼を拒否します。



最近は改名を扱う法律事務が増えてきていますが、それでも少なくて見つけるのが難しいんですよね。



さいごに



改名手続で、司法書士と行政書士では対応できる範囲が異なります。



依頼内容にもよりますが、改名手続の代理や代行が必要な場合は弁護士が第一候補になると思いますが、アドバイスやサポートなら司法書士や行政書士の方が費用が安くなる可能性があります。



ただ、一概には言えないので費用だけで決めず、依頼するとなればどちらにせよ高額になるので、じっくり検討してくださいね。