km42.jpg


姓名判断で名前の画数が悪かったり、大凶だと精神的に落ち込んでしまいますよね。



でも、たとえあなたの名前の画数が悪くても、運気をあげたり、悩みを解消する対処法があります!



名前の運勢は画数だけでなく、凶作用が強い漢字や名付け方法もあると言われています。
気になる方はこちら
>>絶対につけてはいけない名前とは?恐ろしい名付けランキング



姓名判断の画数が悪いときの凶対策



km42-8.jpg


姓名判断の画数が凶と最悪でも、自分でできる対処法・対策を紹介します。



注意点に気を付ける



km42-1.jpg


姓名判断の内容をよく読んで、悪い結果に対してどう対処すればいいのかを考えましょう。


「病気になりやすい」「事故に遭う」など、悪いことが書かれていても、必ずそうなるわけではありません。


ただ、自分で運を変えるためにも、鑑定でわかった内容に注意して改善を心がけることは大切です。


鑑定で悪い結果が出ても、努力や気を付けることで影響を最小限に押さえることができます。



落ち込みすぎない



km42-2.jpg


名前が凶数、もしくは、凶作用がある漢字を使っていても、必要以上に気にしすぎるのはよくないです。


自信をなくしたり、気落ちしてしまうと、身体的に疲れたり、余計な気を使ってしまいます。


自分で自分を追い詰めてしまい、姓名判断とは関係ない不運まで招くことがあるので、落ち込みすぎないことに注意しましょう。



謙虚な気持ちを心がける



km42-4.jpg


これは姓名判断が良くても気を付けたいことですが、謙虚な気持ちを持ち、心に余裕がある生活を心がけましょう。


姓名判断が悪くても、平穏な日々や良いことがある日もあります。


良い日も悪い日も、感謝の気持ちや謙虚な気持ちを持つことで、冷静になれるし落ち着けます。



開運グッズを持つ



km42-005.jpg


開運グッズの定番として、パワーストーン・お守り(護符)・印鑑があります。


どれも縁起が良く、芸能人や実業家の方々が愛用していることが多いですね。


他力本願になるのはよくないですが、開運グッズを普段から身に付けておくことで、意識を変えたり、精神的に落ち着くことができます。


お守りや護符は、いわば神様やご本尊様の分身のような存在なので大切に扱いましょう。


名前で開運できるおすすめの対策はこちら
>>名前に特化!画数が悪い時の最強の対処法



複数の姓名判断で調べてみる



km42-3.jpg


姓名判断は鑑定士によって結果が変わるので、複数の姓名判断で運勢を調べてみるのも、悩みの解決や現状打破のきっかけになります。


また、あなたが利用した姓名判断の結果が合っていなかったり、納得できない場合もあると思います。

複数の姓名判断で鑑定することで、自分に合う鑑定士(結果)を見つけることができます。


>>姓名判断といえばこれ!超有名な先生の鑑定サイト



パワースポットを巡る



km42-7.jpg


パワースポットはエネルギーが高く、良い気の流れが集まる場所です。


良い気やエネルギーを身体に取り込むことでご利益や開運効果があると言われています。良い気を最大限吸収するために、パワーストーンなどを持っていくといいそうです。


パワースポットは運気アップだけでなく、心身のリフレッシュになるので、時間があるときにあなたが気になる神社や場所を巡ってみましょう。


また、神聖な場所は生半可な気持ちで訪れると逆に運を下げたり、神社などはルールがあるので不敬にならないように注意してくださいね。



通称名を使う



km42-9.jpg


名前を変える一歩として、通称名を使う方法があります。


会社やプライベートなど、可能な範囲で通称名(戸籍名とは別の名前)を使って生活します。


通称名は誰でも自由に持つことができ、呼び名が変わるだけでも精神的にかなり楽になります。


また、呼び名を変えるだけでも効果的な開運方法になると言われていおり、「プチ改名」する人が増えています。



>>すぐにできる!?戸籍名を変えない「プチ改名」とは?



改名する



km42-6.jpg


名前によって精神的苦痛を伴うなど、日常生活に支障が出ている場合は、改名するのも一つの方法です。


改名は決して簡単ではないですが、名前の悩みを根本的に解決できる唯一の方法です。



改名効果が気になる方はこちら
>>改名効果は本当!?運気が上昇した体験談



姓名判断で100%人生が決まるわけではない



km42-9.jpg


姓名判断だけで運勢や人生が決まるわけではなく、同じ名前の人がいても全く違う人生を歩んだり、たとえ、姓名判断が悪くても良い人生を送る人もいますよね。



名前を占う姓名判断は、画数だけに意識がいきがちですが、実は名前に影響する要因がたくさんあります。



画数、生年月日、読み方(音)、漢字や文字の由来、家庭環境など、あらゆることが影響します。



たとえ、姓名判断が悪くても、それがすぐに影響したり、人生が決まるわけではないので、悲観しすぎないようにしましょう!



まとめ



姓名判断が悪いとどうしても気になりますが、凶運が強い名前や良くない漢字が名前に使われていても落ち込みすぎないことが大切です。



運が悪い名前でも、いろんな対処法がありますが、名前によって生活に支障が出ている方は、思いきって改名するのも一つの手段だと思います。