km48.jpg


名前の画数や姓名判断を重視して改名をする人は多いですが、姓名判断が悪くても凶相を抑えて運を上げる開運印鑑(吉相印鑑)があります。



基本的に、実印は一度つくったら一生使うもの。
同じ印鑑を作るなら拘りたいって人もいますよね。



人気占いの姓名判断や風水ブームで開運印鑑は知名度が高くなり、縁起の良さだけでなく質の高さも支持される理由の一つですが、

「けっこう高いんでしょ?」
「敷居が高そう」

と感じる人も多いはず。



そこで、誰でも手軽にリーズナブルに作成できる人気&有名の開運印鑑ショップを紹介します!



ここでは開運印鑑とはなにか?素材選びや効果、デメリットなどをまとめたので参考にしてくださいね!



姓名判断が悪くても問題なし!?開運印鑑ってなに?



km48-3.jpg


名前の画数を変えることができる開運印鑑とは?



一般に言われる開運印鑑や吉相印鑑の開運方法は改名と同じです。



ただ、改名は名前(漢字)を変えることができますが、印鑑は法律上、戸籍名の文字を刻印するという決まりがあります。



勝手に刻印する字を変えたり、改名のように名前を変えたり、画数を増やして違う字を彫ることができません。



なので、開運印鑑は、字を変えるのではなく、印鑑の外枠に字の端を付け足して名前の画数を吉数にして彫ります。



さらに、吉相印材(縁起がいい素材)を使い、篆書体(てんしょたい/別名八方篆書)や印相体(吉相体)という書体で作成します。



他にも、運気を上げたい内容(目的)を考慮したり、ハンコ屋さんによって作成方法はさまざまです。



なぜ、開運効果があると言われているのか?



「開運印鑑を作れば運気があがる」といわれると、一見、怪しい感じもしますが、気になってしまいますよね。



印鑑は普段使いの三文判から、重大な契約や人生の節目に使う実印までさまざまありますが、特に実印は大切で「持ち主の分身」と言われています。



そのため、実印を印相学(吉相印材や書体)に基づいて作成すれば、自分で幸福を引き寄せ、人生の運を開いてくれるなど、開運に繋がるとされています。



何を効果と感じるのかは人それぞれですが、開運印鑑は高価で縁起が良いので、使用することで気合いが入って意欲的になれたり精神的に落ち着かせてくれます。



印鑑は日本人に馴染み深くよく使うものなので、運気アップの期待を込めて作りたいと考える人も多いでしょう。



どんな印鑑も重要なのは使用する人の心がけです。

そういった意味でも、前向きになれる開運印鑑は価値があるでしょう。



実印を開運印鑑にしたり、成人祝いや開業などで印鑑をプレゼントしたり、姓名判断が悪くて吉相印鑑を作成するなど、いろんな人がいますよ。



素材別!開運印鑑の選び方



km48-1.jpg


一般的に、開運印鑑を作るハンコ屋さんでは、柘(つげ)・黒水牛・象牙を扱っています。自然の霊気を受けたものが吉とされており、この3種類が主な吉相印材とされています。

昨今は、パワーストーンや新素材のチタンも人気が高いです。



象牙



本象牙は最高級品なので値段が高いですが、落ち着きのある気品の高さや重厚感があります。

朱肉がつきやすく、ハンコを捺したときの印影がキレイです。



黒水牛/白水牛(オランダ水牛)



黒水牛は貫禄がありとくに男性に人気があります。

耐久性に優れており、黒光りする雰囲気は強さと風格を感じますね。

頑丈で欠けにくく、象牙と比べると手に入りやすいです。



柘(つげ)



国内産の印材のみを「つげ・本つげ」と呼ばれ、古くから実印として愛されてきた王道の印材です。

いくつかの種類(グレード)がありますが、中でも薩摩本つげは高級品とされています。


木目が美しく繊維が緻密で硬度が高い印材です。

温もりや優しい印象を与え、男女ともに好まれます。

自然由来なので動物性の印材に抵抗のある方にオススメ!



天然石



最近は、タイガーアイなどのパワーストーンが印材としてジワジワと人気が出てきています。

印相学で宝石系は印材に不向き(マイナス)という説もありますが、自分の誕生石やお気に入りのパワーストーンはお守りにもなります。



九星気学(生年月日で割り出される)



基本的に、吉相印材ならどれでも大丈夫ですが、九星気学(一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白水星・七赤金星・八白土星・九紫火星)の観点から、相性がいいとされる印材があります。

素材選びに迷ったら参考にしてみるのもいいですね。



■ 素材が全てではない!開運印鑑の考え方はさまざまある



姓名判断などの占いと同じように、開運印鑑も職人によって考え方が違います。



■ 黒水牛は良いが白水牛は波瀾万丈で運気が下がる
■ 九星別(生年月日)による相性のいい印材はない


などと言われることもあります。
これらは縁起的なものなので何を信じるのかは「あなた次第」ですが、正直、実際に開運印鑑を使ってみないと運気の良し悪しや自分に合っているかどうかなんてわからないですよね。(^o^;)



どんな印材で作るのかはあなたの好みもあるので「これだ!」と感じた印鑑(印材)を選びましょう。



いくら評判が高い開運印鑑でも、あなたが気に入った印鑑でないと愛着が湧かないし大切に扱えませんからね。



開運印鑑の効果やメリット・デメリット



km48-2.png


高品質で縁起がいい



吉相で彫るだけでなく、縁起がいい素材を使っています。


印鑑は欠けたりすると運気が下がるなどと言われており、縁起が良くて耐久性を兼ね備えた素材に拘っています。


こだわり抜かれた素材と技術で印鑑を作成するため、品質が高く長持ちします。


どんな印鑑も欠けた印鑑は、大人の礼儀的にも絶対に良くないので品質は大切です。



セキュリティが高い



とくに銀行などに使用する印鑑は、偽造されにくいものを使うのが一般的です。


開運印鑑の書体は、通常の手彫りや機械彫りよりも偽造やコピーされにくい特徴があります。


職人の腕にもよりますが、吉相などを考慮して彫るので、通常の印鑑よりも複雑でセキュリティは高くなります。



お守りになる(運気アップ)



開運印鑑を持てば必ず運気がアップするとは限らず、安易に開運する!と言いたくないのですが、世の中には不思議な力があり、印鑑によって幸運を手にした人がいるのも事実です。


開運印鑑は縁起物でもあるので、持っていると気持ちが前向きになれるし、それがプラスに働くこともあるでしょう。



姓名判断を良くできる



開運印鑑は、印相学に基づき吉数にして作成します。

たとえ名前の姓名判断が最悪でも、改名せずに画数の良い吉相印鑑を持つことができます。



ちょっと高い



占いや開運といったものは、法外な料金設定も少なくありません。


開運印鑑は素材に拘る分、通常の印鑑よりもやや値段が高いです。
値段はピンキリですが、何十万もするようなあまりにも高額な印鑑は注意してくださいね。



開運印鑑の人気&有名店といえば?



開運印鑑(吉相印鑑)の有名店や安くて高品質な人気のお店を紹介します。



Inkans.com(はんこプレミアム)





価格重視派に人気!
Inkans.comははんこプレミアムが運営するパワーストーン系の開運印鑑の激安通販専門ショップです。



年間数十万本のハンコ作成を手がけ、熟練職人が印材選定から彫刻までを全て行い、通販専門店だからこそ低価格で高品質の印鑑が提供できます。



Inkans.comで扱う開運印鑑の印材は、主にクリスタル(水晶)や宝石です。(印材は水牛や柘なども扱っています)



邪念や邪気を浄化すると言われているクリスタル、恋を呼ぶ天然石として有名なローズクォーツなどの水晶が7種類、金運や事業発展のタイガーアイなど全4種類の宝石から作成できます。



特にローズクォーツは人気で、開運印鑑を作る女性が多く、Lnkans.comは安いだけでなくアフターサービスが充実しているのも多く人から支持される理由です。



10年間の保証付きで、保証対象内の破損、彫り直し、字体修正が無料!また、仕上がりを事前確認できるので、余計な心配もありません。



「Inkans.com」の開運印鑑は、愛情運、金運、成功運など上げたい運気を決め、姓名判断から吉数に調整して印相体で作成し、浄化までしてくれます。

ホームページには、基礎知識や選び方などが丁寧に解説されているので初心者でもわかりやすいですよ。



「Inkans.com」では水晶や宝石の開運印鑑だけでなく、個人印鑑、法人印鑑など、目的に合わせて多種多様な印材で印鑑を作成しています。



開運印鑑は1万円前後で作れるものがほとんどで、1日20本限定の黒水牛実印が45%オフの5000円と驚きの破格値で作れます。



まさに、安くて高品質な開運印鑑をお求めの方にオススメ!



開運印鑑自体が人気があり、在庫切れで再入荷が難しくなり、販売中止となったこともあるようなので在庫切れにご注意を!
(開運印鑑はPC版のホームページにアクセスした方が閲覧がスムーズです)



>>高品質&低価格!INKANS.COMの詳細はこちら



来夢堂





来夢堂はテレビ朝日系「ナニコレ珍百景」に取り上げられたり、今年で出店18年目と信頼がおけるショップです。

お店のレビューを見てもよくわかります。



名前の本格鑑定が可能で、ネット通販で完結する手軽さに人気があります!



印鑑はこだわりの開運手彫り仕上げで、名前、生年月日、使用目的などからみっちり鑑定します。



姓名判断をして、吉数の印鑑となるように吉相印鑑を作成します。



また、吉相印鑑の作成だけでなく、名前相談も可能です。



手彫り印鑑(吉相印鑑)の購入者は無料で、名前の吉凶判断、家族や恋人との相性診断などができます。



通称名(改名)や社名や赤ちゃんの命名相談だけでも可能なので、名前に関するお悩みを相談できますよ!



吉相印鑑も改名相談もリーズナブルで、印鑑は1〜2週間と早いのも嬉しいですね。



>>本格鑑定ができる!来夢堂の詳細はこちら



平安堂





平安堂は彫刻技術のクオリティが高く、印材がとにかく豊富!
番組(王様のブランチ)で取り上げられた有名店です!



開運印鑑の定番の水牛や柘をはじめ、象牙類、特選マンモス、特選カバなどの希少印材を幅広く扱っています。



他にも、パワーストーンや宝石類も多く、仕事運に強いタイガーアイ、お守りや厄除けになる水晶・オニキス・ムーンメノー、財を呼ぶ黄水晶など、宝石類だけで25種類以上の印材から作ることができます。



風水ブームもあって、パワーストーンの開運印鑑は人気があり、これだけの宝石を扱っているのは嬉しいですね!



平安堂では、縁起がいいと言われている八方篆書体を取り扱い、偽造や盗難防止が高く、印章用として優れている福印相です。



保証サービスも充実しており、驚異の象牙100年保証、無料で彫り直しができる100年保証、さらにはネット通販では珍しい印鑑の供養まで行っています。



開運印鑑はピンキリですが、3万円以内で作れるものも多く、比較的、リーズナブルです。



高品質の印材のみを厳選し、お祝いやお誕生日のプレゼントにふさわしいラグジュアリーな包装も行っているので、贈答用としても喜ばれています。



>>日本一の印材数!平安堂の詳細はこちら



まとめ



印鑑は重要な時に使用するモノだし、壊れにくいという耐久性においても、開運印鑑は価値があるでしょう。



特に開運印鑑は、縁起のいい素材を使っていたり、品質が高いので、印鑑に拘る人にピッタリですよ!