km47.jpg


子供の改名は社会人(成人)と比べて、改名できるまでの期間が短く済むことが多いです。



ですが、社会人も子供の改名と同じように"あるタイミング"を狙えば、短期間で改名できる可能性があります。



一般的な改名の期間についてはこちら
>>こんなにも!?改名手続きの期間ってどれくらい?



社会人(成人)の改名は慎重に!



子供もそうですが、特に赤ちゃんの改名は「名前の影響」が少ないため、許可されやすい面があります。



>>赤ちゃんの改名は簡単!?大人よりも有利な理由



ですが、大人(社会人)の場合は、名前を使う機会が多く、深く戸籍名(本名)が根付いている現状があります。



改名による周囲への影響が子供よりも大きいので、名前を変えるのは慎重にならなければいけません。



通称名の使用範囲とは?実績(証拠)の作り方と注意点」に少し書きましたが、改名前の準備段階である通称名の使用も、下手すると社会的信用を無くすことがあります。



改名の準備は周囲の影響を配慮して行ってくださいね。



大人のベストな改名のタイミングは主に4つ



km47-2.jpg


早めの準備が重要!子供の改名のベストな時期」に書いたように、学生や子供には絶好のタイミング=節目がいくつもあります。



社会人の場合も子供のように少ないですが"節目"があります。



それは結婚・離婚・転職・引越しです。
他にも、作家などの特殊な職業なら、デビューに合わせて改名するなども節目にあたりますね。



こういった節目があると、新たな環境に身を置くことになるので、改名による周囲への影響が通常よりも少なくなります。



名前を変える最適なタイミングとして、改名の必要性を強く訴えることができ、子供の改名と同じように、社会人の場合も節目を考慮して寛容に対応してもらえることがあります。



具体的には、平均で3年くらいのようなので、一般的に言われている5年(通称名の使用期間)を待たずに改名できる可能性があるということです。



もし、そういったタイミング(節目)があるなら、改名の申し立てをチャレンジする価値があるので、積極的に生かしましょう。



節目を利用した改名は、新しい環境に新たな名前が馴染みやすく煩わしさも少なくなるので、節目の改名はメリットが大きいですよ!



改名期間を早くするコツもあります!
>>誰でもできる!改名期間をギュッと短縮する重要な3つのポイント



不許可になる可能性もある



節目を生かせば通常の改名よりも短期間で許可される可能性がありますが、必ず許可されるわけではないので注意してくださいね。



また、却下された場合の2回目の申し立ては、リスクや注意点があります。



詳細は「>>改名は1度却下されると致命的!?その理由と対策」を参考にしてください。



節目がなくても大丈夫!



km47-3.jpg


社会人の節目があればやや有利になりますが、節目がなくても改名ができないわけではありません。



あくまでも、短期間で許可される可能性がある、と言うだけです。



この節目がなくても特に問題はないので、通常通り、改名の申し立て準備を行いましょう。



いかに早く改名できるかは、運的な要素(裁判官の裁量)もありますが、どんな改名理由なのか、集めた証拠が重要です。



改名理由の詳細はこちら
>>改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?



まとめ



子供の場合は認められやすいですが、節目があると、短くても許可される可能性が十分あります。



社会人の節目がある人は、そのタイミングを狙ってチャレンジしてみましょう。



>>一発で受理される!改名審査に通る申立書の書き方