k35.jpg


改名で重要になるのが証拠=通称名の使用実績です。



当サイトで「改名は長期的な通称名の使用実績作りが重要」と何度もお伝えしていますが、実は必須ではありません。



場合によっては、証拠集めが無意味になることさえあります。



「使用実績(証拠)がなにもない!」という方もいると思いますが、改名の特例に当てはまる場合を除き、証拠は絶対にあった方が良いです。



では、どんな改名理由なら長期的な通称名の使用実績が必要なのでしょうか?
詳しく解説しますね!



改名の特例(出家や襲名など)はこちら
>>改名の特例!出家して僧侶になると必ず許可される!?



通称名の使用実績は必ずしも必要ではない!?



km28-3.jpg


改名は通称名の使用実績がほとんどなくても許可されることがあります。



厳密には通称名の使用実績が少なかったり、通称名の使用期間が1ヶ月と短くても許可されるとゆうことです。



改名理由だけを見ると、本来、長期的な使用実績が必須になるのは「永年使用」くらい。



>>定番!永年使用は自力で改名できる唯一の理由?



それもそのはず、永年使用は永年、通称名で生活したことが理由になるので、その証拠として長期的に使用した通称名の使用実績がなければ話になりません。(^o^;)



でも、それ以外の理由はどうでしょう。



「同姓同名」「異性と紛らわしい」「難読」などは、純粋に改名理由だけを汲み取ると、わざわざ5年も10年も通称名で生活して、長期的な証拠を集める必要がないのがわかると思います。



そういった状況(理由に沿った状況説明)を証明する必要はありますが、通称名の使用実績に関して言えば、絶対に長期間の使用実績が必須ではないと言えます。



改名理由に合った強力な証拠の集め方や申し立てのコツなど気になる方はこちら
改名の裏技?!「としの独自特典」の受け取り方法



基本的には証拠があった方がよい



km28-2.jpg


改名は、新たな名前の浸透具合が改名審議に影響することがあるので、日常的に通称名を使って生活している、というのは改名では重要な要素です。



僕は実際に面談で聞かれています。



>>改名の面談(事前審査)は積極性がポイント!服装にも気を付けよう



いきなり改名をして名前を変えてしまうと、社会的に混乱を招いて不便になってしまうことが予測できるので、許可を出すのは難しいでしょう。



なので、証拠がゼロの状態では、申し立ての段階で不受理になったり、証拠不足で却下される可能性が高いです。



そういった状況を踏まえると、使用期間がどうであれ通称名の使用実績は必須と言わざるをえません。



また、改名している人の多くは永年使用です。



たとえば、一度目の申し立て理由が同姓同名で却下されて、2回目以降は永年使用で申し立てをする、というのは定番コースです。



>>改名は1度却下されると致命的!?その理由と対策



このように、万が一、最初の改名の申し立てが不許可になった場合、一から証拠を集めるのは時間も手間もかかるので、改名するなら最初から通称名の使用実績を作っておくのが最善なのです。



場合によっては証拠が不利な状況を招くことも、、



km28-1.jpg


前述したように、通称名の使用実績がゼロだと許可を得るのは厳しいです。
(襲名や出家などの特殊事情を除く)



有利か不利かで言えば、長期的な使用実績があることで不利になることは原則ありません。



しかし、それは改名理由に沿った場合のみ。



たとえば、「名前が珍奇だから」という理由で改名するにも関わらず、新たな名前(通称名)が同じように珍奇な名前だったら、、?



いくら長期的に通称名で生活しても、多くの証拠を集めたとしても、せっかく集めた証拠が通称名の使用実績として評価されないのは言うまでもありません。



そもそも、改名理由として通らないでしょう。



ただ単に使用実績を作るのではなく、改名理由に合った証拠作りが大切です。



最近増えている精神的苦痛での改名で重要な証拠集めやコツはこちら
>>診断書って効果あるの?精神的苦痛で改名するコツとは?



まとめ



長期的な使用実績は必ずしも必要ではないですが、証拠がゼロの状態ではまず認められないでしょう。



くれぐれも、改名理由に注意して使用実績作りを行ってくださいね!



極限まで効率化した証拠を作る方法はこちら
>>今しかできない!最短期間で改名する方法