k22.jpg


改名で最もポピュラーなのが「永年使用」を理由にしたものです。



永年使用は改名許可を得やすい面があり、既に永年使用で改名する準備をしている人もいるでしょう。



しかし、必ずしも永年使用で改名できるわけではなく、厄介なデメリットもあります。



一体、永年使用とはどんな方法なのか、永年使用の特徴や申し立て方法について解説します。



永年使用での改名って具体的に何をするの?



km25.jpg


永年使用で改名するためには、とにかく通称名を長く使い続けることです。



永年使用は、長期的に使用した通称名が社会生活で定着してしまい、今さら本名を名乗っても通用しない、周囲が困惑する、と判断された場合に許可がおります。



わかりやすい例として、芸能人や著名人がそれに当たりますね。



これを逆手にとって、一般人の場合は、あえて通称名を長期的に使い続けて生活をして、本名が通じず改名が必要な状況を作ります。



こうすることで簡単に永年使用での改名許可の条件が揃います。



なぜ永年使用は許可されやすいのか?



km25-1.jpg


永年使用で改名できる理由は、改名理由があまり重要ではないことが挙げられます。



人によって改名したい理由は違いますよね。



  • 難読で正しく読んでもらえない
  • 同姓同名がいる
  • キラキラネームで精神的に苦痛を感じる


改名の許可条件は一つだけ!最も認められやすい理由とは?」を見てもわかりますが、改名理由によって細かな判断基準があり、どこからが許可される範囲なのかまったくわかりません。



裁判官(審議官)も様々な考え方を持ち、この判断は非常に難しく厳しく審査されるため、難読、同姓同名、珍奇な名は、全て改名を認める条件に該当するにも関わらず、なかなか許可されない現実があります。



しかし、永年使用ならその言葉通り、通称名を使った事実や期間が最も重視されることがわかっています。



許可される基準が明白なので、改名の許可を得るための確実な準備ができ、誰でもその基準を満たして改名することができます。



しかし、デメリットもある、、



永年使用での改名は許可されやすい反面、厄介なデメリットが2つあります。



1.どれだけの期間を通称名で過ごせばいいのか(長期間を要する)



km25-2.jpg


永年使用は「通称名を長期的(永年)に使用した事実があること」と許可基準が明白ですが、永年を指す期間が裁判官によって異なります。



一般的には7年くらいで許可される傾向ですが、10年以上もの期間を必要とされることもあります。



簡単に言えば、、
永年使用は他の改名理由と比べて最も時間がかかるんです!!(@_@;)



ただし、赤ちゃんや幼い子供の場合は期間が短く済む傾向です。
>>赤ちゃんの改名は簡単!?大人よりも有利な理由



2.通称名がどれだけの範囲で使われているのか(通称名の浸透具合)



km25-3.jpg


単に通称名で長く生活すればいいのではなく、いかに通称名が本名よりも浸透しているのかを証明しなければいけません。



そのためには職場や学校だけでなく、公共料金や公的機関など、あなたの名前を登録しているあらゆる場面で通称名が定着している信憑性の高い証拠作りが重要です。



決して確実に改名できる方法ではない、、!?



km25-4.jpg


永年使用は誰でも比較的”改名しやすい理由”ですが、許可されるかどうかは別です。



改名が認められた具体例を紹介!過去の判例から見えた判断基準とは?」に書きましたが、永年使用で却下されることもあります。



却下された理由が「重大な支障があるとは認められないから」ですが、これは単に姓名判断のような改名理由として認められないものだったのか、通称名の使用実績が乏しかったのか、もしくは両方なのか。



申し立ての詳細がわからないので、却下の判断を下した根本的な理由を予想するのは難しいですが、永年使用は使用実績不足や使用期間不足で却下されるのが殆どです。



いずれにせよ、永年使用で改名の申し立てをすれば、他の改名理由よりもはるかに通称名の使用実績が厳しくチェックされるでしょう。



広く深く通称名が浸透していることを証明するために、本名で登録されているものが無くなるくらい徹底的な通称名の使用実績作りが重要です。



とは言うものの、それができたら改名は苦労しませんよね。(^_^;)
でも「今しかできない!最短期間で改名ができる方法」なら可能です。



また、通称名の使用に至った経緯、あなたの事情など、改名理由も重要な判断材料になります。



あくまでも、永年使用は許可基準がわかりやすく、他の改名理由より認められやすいだけで、その基準を満たすためのハードルの高さや、許可されるかどうかの"運的な要素"は他の改名理由と同じです。



決して「永年使用が確実に改名できる方法」ではありません。



万が一を想定して申し立てましょう



「永年使用」に限らず、どんな改名理由も必ず許可される保証はどこにもありません。



何なら、一発で許可される方が珍しいのす。(^o^;)



万が一、申し立てが却下された時のことを想定して、2回目以降の申し立ての対策をしておきましょう。



>>改名は一度却下されると致命的!?その理由と対策



まとめ



永年使用は、通称名が社会的に通用している事実が最優先されるので、あなたの本当の改名理由が何であれ改名できる可能性があります。



と言うより、許可基準が曖昧な永年使用以外での改名は、実質不可能だと思った方がいいかもしれませんね、、



一度却下されて、二回目以降の申し立てが「永年使用での改名」というのは、もはや定番のパターン。
(実際に改名している人は永年使用がダントツで多い)



改名はたとえ却下されても何度でも申し立てができます。



でも、一度受理されたら改名記録が最低でも5年間残ってしまうので、二回目以降の申し立ては時間をかけて慎重にならざるを得ません。



下手すれば5年もの時間を棒に振ってしまうことになりかねないので、時間に余裕がある人は、一発で改名するためにも最初から一番成功率の高い永年使用で改名するのが最良でしょう。



永年使用で改名したい人は、とにかく通称名で生活を始めて、既に通称名を使っている人は、今以上に広い範囲で使用して信憑性の高い証拠集めをしましょう。



通称名を長期的に使い続け、通称名の証拠作りに徹することが永年使用で改名するコツです。